== 毎晩パコパコ せっかちでドジなひらりんの言うたもん勝ち ==


ひらりん気まま日記




12/21亀岡~京都イルミエール
うちは外食はほとんどしないので、その代り、近場で1泊ゆっくりほっこり、どっか行こうか。
京都南丹市園部のるり渓温泉イルミネーションを見に行きたかったので、亀岡の里山の宿「烟河(けぶりかわ)」に宿泊。
自宅からは2時間かからんというところなので、雨も降っていたし、午後3時半に出発。
じゃらんで「京都烟河」のイルミエール送迎付きのプランを予約したので、夫の危うい夜の運転をせずに済んでホッ。

広々ときれいなロビー


ゆったりゆるりルームのベッドは低いので、ベッド嫌いの私でも大丈夫。
畳敷きにこたつがあって、くつろげた。
先にお風呂に入って、夕食が6時。送迎バスは8時に出してくれる。
辺りは濃霧と霧雨に包まれて、こんなんでイルミネーション見えるやろか。

新館のレストランの個室で夕食。
チマチマと、そんなに小さく盛りつけなくても…(笑)器も料理の内ね。
丹波牛と玉葱の石窯焼き、猪のトマトすき焼き、ふぐ雑炊など美味しくいただきました。
送迎用のマイクロバスのお客は私たち2人だけの貸切で、もやった山道をイルミエール会場まで30分走ってもらった。
盆地の亀岡は霧がたまりやすく、標高の高いるり渓温泉のある場所まで来たら、空が晴れて来て、星もチラチラ。
お楽しみのイルミネーションはきっかり1時間の鑑賞で、9時半まで運転手のおじさんが待ってくれる。
1時間で充分やって夫は言うので、その覚悟でカメラ写さんと。
kissX7 EF-S55-250mm(望遠)とSONY NEX-5 18-55mm(広角)の2台持ちで写すつもりが、NEXはすぐに電池切れ。
あれ?と思ったら、サークルクリスマス会の手話劇で動画撮影してたのを忘れてた。
kissX7は広角レンズも持って来ていたので、イルミネーションはだいたいはこれで写せた。

夫が入り口でチケット渡したら、係りの人がなんか言ってたのか、夫はすぐに小走りで行ってしまう。
ゆっくり写真撮れへんやん!と怒ってたら、「早よ、来い!、始まってる」って。
ちゃんと説明してくれんとわからんやんか。

いちばん奥で、3Dプロジェクションマッピングをやっていたのだった。
このイベントはけっこうあちこちでやるようになって、少々飽きているが、人工の煙を空に流してそこにオーロラのみたいな映像を映すのはちょっと面白かったかな。
けど、煙がきれいに立ち込めないので、オーロラが空いっぱいに広がるというわけにはいかず。
10分の上映で、残り50分で周らんと。

ピーターラビット風



おなじみスノーマン


噴水とブタちゃん


ペンギンと白クマ


ハートになってたんやと、今頃気づいた


メインツリー


きらめく光の原に白馬が跳ぶ。空には半月



今どきのLEDイルミネーションは電球そのものが複雑な形をしているのね。


妖精の形のイルミは初めて見た。同じランプが色変わりしているみたいだ。



10時に宿に戻ったら、やっぱり濃霧と時雨れていた。
もういちど温泉に浸かって、ぽかぽかの体で寝床に。
丹波冬の旅2


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 丹波篠山散策 おからの炊いたん »
 
コメント
 
 
 
ロマンティックね~~ (ささゆり)
2015-12-23 23:43:45
ひらりんさん、年末に素敵なデートでしたね!

綺麗なイルミネーション楽しませて頂きました♪
来る新年もよろしくお願い致します。
 
 
 
ささゆりさんへ (ひらりん)
2015-12-24 20:14:04
夫同伴なら、1時間が限度ですが、キラキラきれいでした。
暖かかったですしね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。