感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

倉敷市中庄で棟換気システムを取り入れ屋根裏の熱気を排出

2013-06-29 23:35:09 | 住宅リフォーム工事物語
昨夜の雨も上り今日も絶好の晴天に恵まれた倉敷市、そんな週末の土曜日の朝も大工さんたちも担当する現場へ各々向かっていきます。

「まっちゃん」、「信くん」は岡山市中区の住宅新築現場での作業、今日で一際付けたいと懸命に取り組んでくれている様です。

「しんちゃん」、「小野くん」は昨日、基礎ブロックを設置した岡山市北区の某施設さんで鋼製物置を2台、組立てて設置する作業にあたってくれています。

そんな中、私は倉敷市中庄の屋根の葺替え工事現場へ出動。今日から板金屋さんが屋根材を葺いてくれる手はずになっており現場では早速、屋根材の荷上げが行われています。

今回、私が現場で作業したのは棟の換気口の開口が主な作業ですが・・・4月の終わり頃に初めてお客さんに依頼を受けた時の現地確認をした時に気になったのが、屋根の換気。

十数年前に外壁を塗装したとの事ですが、当時の塗装屋さんが知ってか知らずか?軒の天井部分にある有孔ボードの穴を殆ど塞いでしまっているのが気に成りました。

外壁にローラーで塗った塗装を塗装の手間を省く為なのか?、そのまま軒の天井まで塗り回して軒の天井ボードに無数に有るはずの1cm程度の穴は8割方ふさがってしまっているのです。

通常の健全な住宅ですと、この軒に無数に空いている穴から新鮮な空気を取り入れ換気しているのですが、これが2割程度しか機能していないとなると大きな問題。

夏場に日光により熱された屋根裏の熱気が逃げる場所がないのは暮らす人にとっては大きな問題。

天井板一枚はがした裏に断熱材が施工されているとは言っても、あくまで屋根裏の換気がキチンとできての断熱材の性能の筈。断熱材の性能以上の熱気に2階部分は冷房の効きも悪いお部屋に成ってしまっていたのではないかと推測できます。

今回は軒のボードを張り替える方法は相当に労力が必要な為に軒の有孔ボードの内、機能している2割は吸気口として活用。反対に隅棟部分に換気口を新しく取り付けてこちらを排気口として利用する事で屋根裏の熱気を上手く逃がしてやる工事を取り入れる事にしました。

屋根に排気口?って穴を開ける訳なら雨が漏るのでは?と疑問に思われる方もおられる事かと・・・

しかし、こちらの棟換気のシステムは屋根断熱工法などにした場合には当たり前に取り入れられる換気方法で当社も良く使う手法でもあり、これまでの経験からも雨が漏れたというがない方法なのでご安心ください。

さて、午後からは「しんちゃん」たちが工事する鋼製物置の組立の手伝いをしたり、倉敷市玉島の設計事務所さんへタイルのカットサンプルを届けたりと奔走。

デスクワークの方も先ほどやっと今月分の請求書をまとめれ無事に今日の業務ノルマを達成、これで明日の日曜日は何とか一日休暇に当てれる筈と・・・

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「適当」が何故、悪い?

2013-06-28 22:59:45 | その他
気が付けば、このブログサイトに移動してから一年。毎日、多くの人がこの私の作業日報の様なブログを見てくれている事に感激します。

基本的に仕事は家に持ち帰らないと決めた自分なりのルールの中での「ブログ」と言う枠の取扱は仕事の一貫。

家に帰ると全く仕事をしないダメな男なだけに是が非でもブログは会社で更新。なので私が過去に休日にブログを書いたことは只の一度もない筈、それでも此れくらい適当でないと続くものではないかも・・・

過去に何人も毎日更新と目標を掲げて、ブログを始めた人を見てきましたが真面目な性格の為か?、事実を偽って書こうとする為か?長続きする事は無かったようです。

何事も「適当」が一番、「それは適当にしといて!」などと使われる言葉では在りますが・・・「適当」とは決して悪い言葉ではなく文字のごとく「適切」、「適している」という事。

教科書がある訳でも決まった答えがある訳でもない人生だから、もっと「適当」でもよいのかも知れません。

「法」や「ルール」は最低限の人生の解答なのか・・・それとは別に自分自身で腹の中に括った「信念」が無いと新しい未来を手繰り寄せる事ができないのが現代の世の中。

「法」、「ルール」に頼るだけのマニュアル通りの人生では新しい未来を見いだせないかも・・・

「適当」に物事を済ませる事ができる人はある意味、自分の信念がそうさせるのか?

そんな意味をきちんと理解して間違えなければ、もっと評価されても良い言葉でもあるようです。

さて、そんな一日は倉敷市中庄で岡山の親子の大工さん二人と屋根の葺替え工事に取り組み、午後からは岡山市北区の某施設さんへ明日、設置予定の鋼製物置の架台のブロックを「しんちゃん」、「小野くん」と設置。

本体を設置した時に傾きがないようにレベル調整をしながらブロックを据え付けていき夕方には無事に作業完了、明日は本体を設置させていただきますので、明日もどうぞ宜しくお願いします。

夕方からは近所に住む友人宅の玄関扉の調子を見るために友人宅を訪問して扉の具合を確認。

こちらは扉は木製ですが、どうやら扉の重さに合わない戸車を使用していた為か戸車が変形していて交換せざる得ない様子、先ずは扉の重さに見合う戸車を注文する所から始めますので今しばらくのお時間の猶予をお願いします。

その後は、倉敷市中庄の屋根の葺替え現場に戻り屋根屋さんと下葺きのルーフィング張り、予報では雨が降る雰囲気ではなかったのですが、皆に無理をお願いして複雑な形状の1階の屋根だけはブルーシートで雨対策。

日も沈んだ時間から、やっぱり嫌な予感が当たり雨がパラパラと降りはじめた倉敷、気になるのでお客さんに電話で確認した所、「雨漏りはないよ」との事でしたが今夜は一応、ブルーシート持参で自宅に帰宅しておきます。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりの大工職人として想いを貫く事で繋がる未来を・・・

2013-06-27 21:26:01 | 林俊文の想い
4人の大工さんたちは岡山市中区の新築現場で造作工事の最後の追い込み作業に取り組む一日。

来月からは内装屋さんによって室内の壁紙などが貼られていく予定の現場なだけに皆が懸命に取り組んでくれ来月、早々に棟上げが予定されている某ゼネコンさんからの依頼での玉野市にて「蔵」の工事予定もあるだけに予定通りに現場に一区切りつけたい所。

そんな中、私は倉敷市中庄での屋根の葺替え工事現場へ向かいます。

お客さんの都合と先日までの雨の影響で二週間ほど空いた現場ですが今日から外装の改修工事の再スタート。

岡山の大工さん二人と先ずは屋根のカラーベストと呼ばれる葺上げ材を撤去するのですが、これが中々手ごわい・・・

カラーベスト自体を大きな釘で固定されているだけに釘を抜く作業も一苦労、更に何重にも重ねられた下葺き材のルーフィングも熱で溶けてしまい剥がすのにひと手間以上と思うほど作業が捗らないのは致し方ない所。

隅棟の部分は4~5重に重ね張りされていたルーフイング、ここまでする必要があるのか?と思う程の防水対策ではありますが・・・

成る程、それも其のはず表面の隅棟部分の板金が余りにもお粗末。

当初、新築したメーカーさんは雨が漏る事を想定してのルーフィングの施工だったのだと気が付くのですが・・・

北側の屋根に関しては、ここまでの防水対策をしているにも関わらず雨水の浸水もあったせいか屋根板はボロボロ・・・完全に腐った屋根板をそのままに作業を進める訳にもいく筈もなく、午後からは「しんちゃん」、「小野くん」に応援をしてもらい傷んだ屋根板は新しいモノに交換させていただきました。

こちらの物件の最初の計画を聞いた頃に、こちらの新築を手がけた某大手ハウスメーカーとの相見積もりだったのですが、確かに屋根の工事価格に当社と大きな開きがあった事を思い出します。

成る程、某ハウスメーカーは下地の補強は無視して既存の屋根の上にもう一枚新しい屋根材を被せる所謂、カバー工法を提案。

当社は既存の屋根材を撤去して下地の状態を確認した上での葺替え工法だったので当然、当社の方が高くなって当然ですが、私が当初の現地調査の時に目視で確認しただけでも屋根下地の損傷は想定できた事。

それをその家を最もよく知る新築を手がけた某メーカーさんが解らない筈もなく、その上で屋根のカバー工法を選択した事の意味とは・・・

真に暮らす人を思えば提案しなくては成らない筈の葺替え工法を提案しなかった理由とは?

考えられる範囲ではコストを押さえる事での受注、すなわち「売らないと成らない」為か?若しくは全くの無知な担当が現場を調査したか?しかし吹けば飛ぶような下地の上に、幾ら新しい高性能な屋根材を被せた所で暮らす人の幸せには繋がらないと言い切っても過言ではないのです。

「売らんが為の家づくり」の提案だとすれば・・・同じ建築でお客さんに喜んでもらう建築業界のひとりとしては寂しい所。

反対に考えれば、こうしたメーカーさんがあるからこそ、当社の様な小さな工務店でも真面目に「家づくり」をする事で多くのお客さんから支持してもらえるのかも・・・

そうして考えれば、自分の力では「売らんが為の家づくり」が横行する建築業界を変えれない現実に自分の力のなさを思い知りるのです。

しかし、当社を頼ってくれたお客さんには「営業下手」、「金儲け下手」と言われても真面目にコツコツと自分たちにできる最良の家づくりをお届けしていく事で自分たちの幸せを掴みたいと・・・

甘い理想だと笑われるでしょう、幸せも掴めないかもしれません。

それでも人生の最後までこの想いを貫く事で次の世代に「林建設の家づくりの思想」を伝えていければ、私が大工として生きた大工人生に意味が生まれる筈と、明日も小さな一歩を進む為にただ真面目に家づくりに取り組むだけです。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も一日お疲れさま

2013-06-26 22:39:31 | 家づくり職人物語
今日は朝から大雨で始まる一日でしたが、大工さんたちは今日も元気に岡山市中区の住宅新築現場へ向かいます。

造作工事も大詰めを向かえ段々と竣工の時が近づいてくるのは嬉しい様な寂しい様な複雑な気持ち。

それでも最後もまで気を抜くことなく取り組まなければ・・・

そんな中、私は今日も大工さんたちとは別行動、朝から倉敷市中島での住宅リフォーム現場ではクロスの貼替え工事がスタート。

今回はLDKの壁が主な範囲となるのですが、住宅では一般的に一番広い部屋だけに内装職人さんも二人で取り組んでくれていました。毎回、丁寧に施工してくれる内装業者さんだけにどの職人さんが来ても頼もしく感じるのはありがたい事。

職人さんも人間なので性格的にお客さんと「合う」、「合わない」と言うのは幾ら努力をしても無くなるモノではありません。それでも寡黙に丁寧に作業に取り組む職人さんの姿を悪く言う人は当社のお客さんにはいない事はありがたい事。

勿論、不用意な発言や手より口が多く動く職人ならば問題ありますが、当社の大工さんを始め協力業者の職人さんにそうした人が居ない事は林建設の良い所でもあるようです。

さて、その後は会社でデスクワークを行なう傍ら、明日からスタートする倉敷市中庄での屋根の葺替え工事の段取りをしたりと下準備を整えます。

夕方からは倉敷市中島の住宅リフォーム現場で本日のクロス工事のチェックをしたり、お隣との境界塀の新設工事に向けてお客さんの希望を確認したりと・・・

こちらの現場は少し時間が空いて来週から外構工事に取り掛かる予定、引き続き精一杯の努力を怠ることなく工事に取り組みますのでどうぞ宜しくお願いします。

取り敢えず溜まっていたデスクワークも殆ど片付きかなり身軽になった気分の本日、それでも新しい住宅リフォーム計画の図面が私のデスクの上に置いてあるのは・・・

家の社長はパソコンが使えないので全ての事務仕事がこちらに回ってくるのは些か大変なのですが、これも成長の為の試練と明日からこちらの物件の見積作成にも取り組んでいかねば・・・

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長いようで短い一日、短いようで長い一日

2013-06-25 21:51:48 | マンションリフォーム工事物語
終わってみれば今日も一日がとても短く感じます。反面、「朝は何をしたっけ?」と思い出さねば成らない程に遠い昔に感じる様な一日。

多分、人生の終わりもきっとこんな感じに思うのだろうな・・・と、「今」という一瞬がかけがえのない時間だという事を改めて感じます。

そんな一日の始まりを思い出せば会社でデスクワークに取り組んだ事を思い出すのですが、今日は岡山市中区で依頼されていた窓のリフォームでの減税措置を受ける為の申請書を設計事務所さんに作成してもらう為の必要書類の作成。

工事が終わって3ヶ月以内に役所へ申請すれば良いので時間はまだまだありますが、こうした面倒な手続きは早めにしておいた方が無難。

そんな作業もひと段落した後はお待たせしている見積書の作成に取り組むのですが、午後からは倉敷市のLマンションへ台所の床がフワフワするので直して欲しいとの依頼を受けて現地調査。

こちらはアリオ倉敷の近くの昔からあるマンションですが、マンションの上へ登れば見える範囲だけでも市内の至るところで工事がされている風景が見え今後の街の発展が期待できる雰囲気も・・・

さて、現場の方では問題の台所の床を確認したのですが、何せ床下の狭いマンションの造りなだけにキッチンからの排水管が通るルートの床下地が弱い事が想像できます。

この手の修理は過去に何十件もしている為に今回も同じ方法で修理する事で先ずは見積書を作成するところから始めます。

その後は倉敷から岡山市北区まで外構工事に使用する化粧ブロックのカタログを取りに納品業者さんの所まで移動して目的のカタログをいただ、お客様の所へ無事にカタログをお届けする事ができました。

夕方からは随分とお待たせしている倉敷市連島の住宅リフォームの見積作成に取り組み続け、先ほどやっと見積完成という事で先方に連絡して先ずはメールでお送りしました。

予算もあることでしょうし、先ずはご家族で工事範囲の確認を含めた会議をお願いします。

その後は倉敷市中島でリフォーム物件で追加でお話をいただいた壁紙貼替えの見積書を作成して明日の準備を整えますが・・・

あらら?

本日確認してきた倉敷市のLマンションの見積もりを作って無いことに、先ほど気が付いた有様に今夜、作ろうか?作らまいか?と・・・

只今どうしようかと考え中。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加