実力主義の漁業に挑戦だ!授業料は不要でもガッツは必要! 学園で漁師をめざせ! 漁業高等学園 園長ブログ

全国でも珍しい漁業の職業訓練校です。
学園生の様子、厳しさと魅力あふれる漁業の世界をお知らせします。

学園閑散...

2016年10月14日 08時56分41秒 | 学園紹介

今週は海技士免許の10月定期試験が行われています。
学園の生徒も、約半数が名古屋に受験に行っています。
熱心な生徒は、夏休み期間中もずっと試験勉強、2学期が始まってからも早朝に自主勉強を行ってきて、気合いが入っています!

学校に残っているのは半数。
それでも、残っている生徒に授業や実習が行われます。

残った生徒に対して、「コミュニケーション」について授業をしました。
漁船に乗ったとき、最初の試練が先輩船員とコミュニケーションが円滑に出来るかです。
コミュニケーション能力は蓄積で、一朝一夕にうまくなりません。
勇気を出して、周りの人に話しかけることを心がけることで、上達していくそうです。
「勇気を出して」が大事です。

【海技士試験の日程】
10月の定期試験は12日から26日にかけて行われています。
http://wwwtb.mlit.go.jp/chubu/sennin/H2810hikki.pdf
たとえば、航海5級の筆記試験を受けるときは、13日に午前中に「航海」、午後に「法規」、14日の午前中に「運用」と1日半の日程です。17,18日は同様な日程で航海4級、19,20日は航海3級と1級まで続きます。
受験費用の問題はありますが、10月だけで5級から1級まで全部受験できることになります。さすがに、そんな人はいないと思いますが、学園の生徒で5級、4級の重複受験をしている生徒はいます。上に書いた、自主勉強してきた人たちです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さば祭り | トップ | レーダー実習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。