A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

【10月20日 金 開催】異端音楽DJハロウィン・パーティー『盤魔殿 Disque Daemonium 圓盤を廻す會 vol.6』

2017年10月10日 00時39分54秒 | 素晴らしき変態音楽


盤魔殿 Disque Daemonium 圓盤を廻す會 vol.6 
Halloween Havoc 
 

2017.10.20 fri
19:15 open / 19:30 start
Charge ¥1,000 incl. 1 drink
Shibuya DJ BAR EdgeEnd
http://www.edgeend.com/
住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-12 野々ビル 2F 03-5458-6385 (tel&fax)
Address:2F Nono Bldg. 1-17-12, Dogenzaka Shibuya-ku,TOKYO 150-0043 JAPAN
TEL:03-5458-6385
E-Mail:inqiry@edgeend.com

DJカルチャーの終末を祝う異端音楽&映像のバースデス・ハロウィン・エクスペリアンス。
Avant-garde, Noise, Industrial, Dark Ambient, Neofolk, Punk, Hardcore, Idol, Black Metal, Middle-east, Ethnic, Ritual, Medieval, UnderGround,… Everything Weirdness About Music!

★来場者にZINE「盤魔殿アマルガム」準備号を無料配布(限りなく予定)
★ゲストDJに元ZEITLICH VERGELTERのケロッピー前田氏が登場。
★新企画「Undergroud Music Battle DJ Time」スタート。ふたりのDJが左右に分かれて音源を掛けあうDJバトル。
★今回もVJ Qliphothによる異端映像たっぷり。
★DJ Athmodeus(aka 持田保)はお休みですが、フライヤーデザインで参加。
◆DJスペース&フロア禁煙(喫煙場所あり)

<TIME TABLE>
19:15 開場
19:30 DJ Paimon パイモン(aka Moppy)
20:00 DJ Qliphoth クリフォト(aka 宇田川岳夫)
20:30 DJ Bothis ボティス(aka MSS)
21:00 Undergroud Music Battle DJ Time - DJ Bothis vs DJ Paimon
21:20 DJ Necronomicon ネクロノミコン(aka 剛田武)
21:50 DJ Kerorin ケロリン(aka ケロッピー前田)
Visual : VJ Qliphoth


【異端DJたちの聴かせどころ】

●DJ Paimon パイモン(aka Moppy)
EM Records。サイケデリック、ドローン、ニューエイジ、スピリチュアルジャズ、ダブ、インド音楽、タイ音楽から神楽まであらゆるジャンルの異端音楽を主宰江村氏の独自の感性でリリリースし続けている、日本が世界に誇るレーベルです。日本の地下音楽ではサボテンや陰猟腐厭をリイシューしています。
そんなEM Recordsが次に仕掛けるのはルーマニアの現役インダストリアル女子、アレキサンドラ・アトニフ。彼女のブルータルでリズミックなインダストリアルサウンドは注目です。リリースに合わせ11月に来日も決定。
今回はそんなEM Recordsのカタログを中心に選曲します。

Sheriff Lindo And The Hammer - Eastern Bloc


Alexandra Atnif - Ephemeral Moments Of Mental Clarity



●DJ Qliphoth クリフォト(aka 宇田川岳夫)
J・A・シーザー作曲編曲演奏などシーザー縛りで

死者田園祭 (田園に死す) 預告


身毒丸 天井桟敷 


J・A・シーザー 2014-08-30 @ 山に上りて告げよ (三沢)


シーザー合唱曲100年気球メトロポリス 5 エピローグ



「青ひげ公の城 」DVD SPOTmovie



シーザー合唱曲100年気球メトロポリス 6 エピローグ



●DJ Bothis ボティス(aka MSS)
今回のテーマは「トライバル」そして「リチュアル」アーティストとしては、元white hospitalの桑原智禎による音楽プロジェクト「VASILISK」を中心に考えています。2014年に出版された初期音源4枚をまとめたBOXセット「Musick For Liberation And Ecstasy」も記憶に新しいですが、2017年10月下旬にその中の一枚「Live Blood」が単体で再販されると出版元の「Steinklang Industries」よりアナウンスが行われています。正式な日にちは未定ですが、国内ですといつもお世話になっている「DISK UNION」で現在予約受付中です。

Vasilisk - Pagan Ritual



●DJ Necronomicon ネクロノミコン(aka 剛田武)
DJ Necronomicon in collaboration with John Duncan "Music - You Finish"
70年代から現在に至るまで世界を横断して活動する異端音楽&映像パフォーマー、ジョン・ダンカンの来日記念。
「ピナコテカ・レコードから 1982年に出版されたジョン・ダンカンのカセット "Music -- You Finish" は他者が音を被せて完成させるというとても今日的なもの。これまでに実際にそれを行ったのは大阪のざ・びびたんずだけだった」(坂口卓也氏)
2014年3月に当時大阪在住だったサックス奏者・橋本孝之氏が挑戦したこの音源に、DJプレイで挑戦するという無謀な試み。ノイズ、前衛ロック、即興ジャズ、ミュージック・コンクレートに加え、地下アイドル楽曲もスピン。ノイズフェチ、アヴァンギャル&ギャルソンからドルヲタまで、気軽に遊びにきてくださいネ。

Takayuki Hashimoto in collaboration with John Duncan "Music - You Finish"



●DJ Kerorin ケロリン(aka ケロッピー前田)
音による“クレイジートリップ”、音響体験で意識は覚醒するのか?
カウンターカルチャーを追う男・ケロッピー前田は、DJ Kerorinとして、ツァイトリッヒ・ベルゲルターのメンバーだった1980年代から、昨今の“JOMON TRIBE”に至る時代の流れを連なる音響体験として披露する。自身の音源と同時代の先端サウンドが交錯し、切り開かれた覚醒に“未来の音”の可能性を探求する。

ZEITLICH VERGELTER - Schlagen



RYOICHI KEROPPY MAEDA & DJ TKD - sound of “JOMON TRIBE”


レコードの
収穫祭が
始まるよ

噂のシューゲイザーアイドル「・・・・・・・・・」(通称ドッツトーキョー)の・ちゃん(ニックネーム水道)が宣伝してくれました!

・・・・・・・・・について
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不失者@KOENJI HIGH 2017.10.... | トップ | 【Disc Review】ヒカシュー『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

素晴らしき変態音楽」カテゴリの最新記事