私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

ロジャバ革命を支持しよう

2016-09-14 19:31:27 | 日記・エッセイ・コラム
 北部シリアの風雲はまさに急を告げています。前回に、ロジャバのクルド人とアサド大統領政権との協調の可能性の兆しについて語ることを約束しましたが、使用するつもりであった記事の数々が消されてしまいました。PDFにしておけばよかったのですが、後悔先に立たず。

 以下に掲載する署名アピールの記事もアクセスできなくなっていると思いますが、PDFを取っていましたので紹介します。アピールの主文を訳出し、次に原文を写します。発起人リストの中には、私が常々信頼するJeremy Corbyn, Noam Chomsky, John Bergerなどの名前が含まれています。

https://libya360.wordpress.com/2016/09/09/urgent-call-to-stop-turkish-massacres-in-rojava-and-northern-syria/

**********

クルディスタンの平和、クルド問題の政治的解決に向けてのキャンペーン

トルコのジャラブルス侵攻はISISと戦うという口実の下になされた。しかし、真の目的は明白である;クルド軍を攻撃してロジャバの民主的行政機構を破壊するのが目的なのである。ロジャバの民主的行政機構は、民主、平等、多元的共存というその地域で切望されている諸原則の希望のかがり火として屹立している。このアピールに対して、すでに200を超える署名を寄せていただいているが、我々はさらに多くの署名を是非ともお願いしたい。この極めて重大な書類にあなたのお名前を加えていただけるかどうかをお知らせいただきたい。ロジャバは我々の支援と連帯を必要としている。

我々、知識人、作家、芸術家、政治家、人権擁護者はトルコ国の北部シリアとロジャバへの侵攻について緊急の注意を喚起する。

2016年8月24日、トルコ軍は、反ISIS作戦を口実に使って、北シリアの都市ジャラブルスを襲撃した。それはシリアのアルカイダ(ジャハトファタアル-シャム)分隊やアラルアル-シャムなどのグループなどの共同作戦であった。

 ISISは都市ジャラブルスを、ただの一発の銃弾も発砲せずに、明け渡した。これは、ジャラブルスがサラフィ・グループの軍事拠点のままにとどまることで当事軍団の間で事前の了解があったことの明白な表れである。従って、ジャラブルスは外国の戦闘員がシリアに入って訓練を受け、それからまた、ヨーロッパや世界各地に分布されるために戻ってくるための回廊にとして留まるであろう。

作戦の三日目(8月26日)から先は、攻撃はクルド人部隊、ジャラブルス軍事委員会、ミンビジュ軍事委員会に向けられた。これらのクルド勢力が、米国統率下の国際連合勢力の支援を得て、北部シリアからISISを追い払ったのだった。こうした軍事勢力を攻撃することによって、トルコはISISに対する戦いを妨害遮断し、ISISを強化しているのである。タイイプ・エルドアンと他のトルコ当局者は、当初から、ISISとクルド人勢力の両方を攻撃すると公式に表明していた。トルコ軍は民間地区に空爆と砲撃を加え、ジャラブルスの南の二つの村落で少なくとも45人を殺害した。入手した現地からの報告と映像によれば、トルコ国軍とその同盟勢力は化学兵器を使用している。

状況の現実は、USもEUもこうした攻撃を見て見ぬ振りをするだけでなく、幾つかの国はこのトルコ国家の作戦行動に対する支持をすら発表している。このやり方は道義に悖る政治行動であり、直ちに放棄されなければならない。

トルコ国の攻撃はすでに存在する地域的混乱をさらに大きくし、内戦を深刻化し、新しい難民を作り出し、新しい人道的悲劇への道を開く。この事態は終わらせなければならない。

ロジャバにおいて、クルド人その他の民族は、他民族(アッシリア人、シリア人、アルメニア人、アラブ人、トルクメニスタン人、チェチェン人)、他の宗教(イスラム教、キリスト教、ヤズイディ教、アレヴィ教)との平和的共存を中心概念とした、民主的な行政機構を築き上げてきた。この行政機構は、これらの人々と民主的勢力が建設を望んでいる民主的シリアの初めての中核的模範であり、支持されなければならない。

上記の攻撃に反対決起することは、民主的な人々と人権の擁護者すべての道義的義務である。我々は呼びかける:

●  民主主義と人道的価値の側に立つすべての人々はトルコ国の卑劣なやり
   方と侵略に反対の声を上げなければならない。
●  国際勢力、とりわけUSとEUは、トルコ国の企てへの支持を撤回し、その反対に回らなければならない。
●  安定した世界とISISの敗北を目指して、我々は、トルコ国による外国干
   渉に反対しなければならない。


Peace in Kurdistan, Campaign for a political solution of the Kurdish Question

The Turkish incursion into Jarablus was made under the pretext of fighting ISIS. But the real purpose is clear; to attack Kurdish forces and to try to destroy the democratic administration in Rojava, which stands as a beacon of democracy, equality and pluralism in a region that is in desperate need of these principles. We already have over 200 signatures for this appeal but would dearly like to have more. Please let us know that we can add your name to this crucial document. Rojava needs our support and solidarity.

URGENT APPEAL

We, intellectuals, writers, artists, politicians and human rights defenders, seek to draw urgent attention to the Turkish state’s invasion in Northern Syria and Rojava.

The Turkish army invaded the Northern Syrian City of Jarablus on 24 August 2016, using anti-ISIS operations as a pretext. The operation was in collaboration with the Syrian arm of Al-Qaida (Jabhat Fatah Al-Sham) and groups like Ahrar Al-Sham.

ISIS handed over the city, Jarablus, without a single bullet being fired. This is a clear indication that there was a prior agreement between the parties that Jarablus would remain as a base for Salafi groups. Therefore, Jarablus will remain as a corridor for foreign fighters to cross into Syria to receive training and then to cross back over in order to be distributed throughout Europe and the rest of the world.

From the third day of the operation (26 August 2016) onwards the attacks have been directed at Kurdish Forces, the Jarablus Military Council and the Minbij Military Council. Northern Syria has been largely cleansed of ISIS by these forces with the support of the international coalition lead by the US. By attacking these forces, Turkey is both interrupting the fight against ISIS and strengthening ISIS. Tayyip Erdogan and other Turkish authorities officially announced the purpose of the operation, at the outset, as the targeting of Kurdish forces alongside ISIS. The Turkish army has engaged in airstrikes and shelling of civilian areas, killing at least 45 in two villages south of Jarablus. According to local reports and footage received, Turkish state forces and their partners are using chemical weapons.

The reality of the situation is that the US and EU have not only turned a blind eye to these attacks but some states have even declared support for the Turkish state operation. This approach represents improper and dishonest politics and must be abandoned immediately.

The Turkish state’s attacks are furthering the existing chaos in the region, deepening the civil war, creating new refugees and making way for new human tragedies. This must end.

The Kurdish people and other ethnicities have established a democratic administration in Rojava, with peaceful coexistence with the other ethnicities (Assyrians, Syrians, Armenians, Arabs, Turkmens, Chechens) and beliefs (Muslims, Christians, Yezidis, Alevis) at its heart. This administration is the first core example of the democratic Syria these people and democratic forces want to construct and should be supported.
It is the moral duty of all democratic people and advocates of human rights to stand against these attacks. Our call is:
• All people on the side of democracy and human values must raise their voices against the Turkish states dirty games and invasion
• International powers, especially the US and EU must withdraw their support and stand against the Turkish state’s attempts
• For a stable world and the defeat of ISIS, we must act against the foreign intervention by the Turkish state.

Supported by
Your NAME
Your ORGANISATION
Your PROFESSION

Peace in Kurdistan
Campaign for a political solution of the Kurdish Question
Email: estella24@tiscali.co.uk
www.peaceinkurdistancampaign.com
Contacts Estella Schmid 020 7586 5892 & Melanie Gingell – Tel: 020 7272 7890

Patrons: Lord Rea, Lord Dholakia, Baroness Sarah Ludford, Jill Evans MEP, Jean Lambert MEP, Jeremy Corbyn MP, Hywel Williams MP, Kate Osamor MP, Elfyn Llwyd, Sinn Fein MLA Conor Murphy, John Austin, Christine Blower, NUT International Secretary, Simon Dubbins. UNITE International Director Bruce Kent, Gareth Peirce, Julie Christie, Noam Chomsky, John Berger, Edward Albee, Margaret Owen OBE, Prof Mary Davis, Dr Thomas Jeffrey Miley, Mark Thomas, Nick Hildyard, Stephen Smellie, Derek Wall, Melanie Gingell

**********

クルド人の中心的指導者オジャランについては、このブログでかなり詳しく紹介したことがあります。1999年以来孤島イムラルの独房に監禁されているオジャラン(1948年4月4日生まれ)からの久しぶりのメッセージがトルコ東部の都市ディヤルバキールで9月12日発表されました。これはロジャバのクルド人、いやクルド人全体、にとって重大な事件です。正直なところ、私は、もうオジャランは死んでしまったのではないか、と心配していましたが、公然としたトルコ軍のシリア北部への侵攻が開始された今という妙な時点で、獄中のオジャランにその弟さんが面会を許され、その弟さんにオジャランのメッセージが託されてディヤルバキールに持って帰られたのですから、私も、身構えを整えざるをいません。
 獄中のオジャランとの接触を要求してディヤルバキールで断食ストライキを続けていた50人のクルド人有志たちの前で、弟のメーエメット・オジャランが読み上げ、断食ストライキは終了したそうです。

下記のサイトにその記事が出ていますが、

http://bianet.org/english/human-rights/178672-hunger-strike-ends-following-meeting-with-ocalan

ここに出ているのがメッセージの全文であるのかどうか、はっきりしませんし、内容も漠然としています。オジャランが身体的に健在なのは何よりの朗報ですが、今度のこと全体が、老獪なエルドアン大統領の詐術でないことを祈ります。メッセージの英訳は次の通り:

Öcalan's message
Abdullah Öcalan's message read out by Mehmet Öcalan is as follows:
"We work together with the three friends who are here. The isolation is ongoing but we have no physical problems.
"We have projects. If the state is ready, let it send two people and we solve this issue [Kurdish question] in two months.
"People die everyday. This country doesn't deserve it. This is a blind war. No one will defeat anyone. Let this bloodshed stop.
"This solution cannot be realized one-sided. The greatest side is the state.
"If the state is ready, it may send me that delegation again.
"Tomorrow is the Sacrifice Feast. If 40 people die in a country per day, there can't be a bairam there. I wish everybody a happy bairam but this is not ethical".

生贄祭りはイスラム教のお祭りで、bairamはお祭りを意味するようです。

「これは盲目の戦争だ。勝者は無い。流血を止めようではないか。」
オジャランは自分の中で叩き上げた革命思想から全くブレていないと私は信じます。その思想は、いまや既に、ロジャバ二百万のクルド人の血肉と化し、ロジャバの北に位置するトルコ東部の同胞数百万の心にもしっかりと根付いてしまいました。この歴史的革命運動が、エルドアンの思惑通りに扼殺されてしまうとは、私には、到底思えません。今後のシリア情勢は、そしてやがては中東情勢全体が、クルド人問題を旋回軸として展開されるでしょう。

<付記>:オジャランのメッセージについての別の記事を見つけました。それによると、上に訳出したのは短い要約のようです。下を見てください:

http://anfenglish.com/news/ocalan-the-issue-will-be-resolved-in-6-months-if-the-state-wants-update

ロジャバの人民防衛隊が今回の北シリアでの停戦協定の全面的支持を宣言しました:

https://syria360.wordpress.com/2016/09/13/kurds-support-us-russia-ceasefire-agreement-in-syria/


藤永茂(2016年9月14日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロジャバ革命の扼殺 | トップ | ニュースではない。宣伝である。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。