ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



テヘランのイラン政府は核施設が攻撃された場合に備えて8つのイスラム原理主義組織に資金援助してアメリカ・イギリスへの報復を準備したとロンドンのアラブ日刊紙が報道した。報復の実行はイラン核施設攻撃後、ただちに次の6段階を経て行われる。
1 イラクとペルシア湾岸のアメリカ基地へのミサイル攻撃
2 イスラム教諸国の志願者によるアメリカ大使館・軍事施設・アメリカ、イギリスの石油関連施設・アメリカの同盟国への自爆攻撃
3 イラク国内の革命的分子によるアメリカ・イギリス軍事施設への攻撃
4 イスラエル内の選別標的へのロケット爆弾発射
5 アメリカの攻撃が終わらない場合、50以上のミサイルのイスラエルへの発射・アメリカ、カナダ、ヨーロッパ国内に対する50のテロ攻撃とミサイル発射
6 生物・細菌兵器による民間人への無差別攻撃
イラン政府はこの報復攻撃の開始日を”審判の日”と名づけている。
WorldNetDaily
にほんブログ村 トラックバックテーマ 海外ニュースへ海外ニュース





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« アメリカ内戦... 戦争写真家 »