平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花燃ゆ 第23回「夫の告白」~内容が薄すぎ!

2015年06月08日 | 大河ドラマ・時代劇
 久坂(東出昌大)と辰路(鈴木杏)、挫折した者どうしの共感。

 辰路は言う。
「出会うた時からわかってました。同じ匂いしましたさかい、寂しいお人やと。
 幸せなあんたさんの奥方は、あんたの心の本当の真ん中には触れられん。
 うちには、そのお顔、見せてくれはってもいいんどすえ」

 一方、文(井上真央)は何とか久坂の心の真ん中に触れようとする。
 しかし……。
「京の女と情を通じた」

 今回は、ただこれだけの話である。
 あとは、弟・敏三郎(森永悠希)の奇兵隊入り。
 八月十八日の政変~七卿の都落ち。
 内容が薄過ぎ!
 不倫話も、敏三郎と滝(檀ふみ)の親子話も使い古されたパターンだから面白くない。

 仮に話がパターンで単調でも、いい作品には引っ掛かるシーンやせりふがあるんですけどね。
 今回、敢えてそれを挙げるとすると、<凶>のおみくじのエピソードかな?
「ついとらんの。そげな人間はそげなふうに生まれついとるんじゃ」
 かつて、ついていない男・久坂が希望を見出したのは文だった。
 やはり今回も文によって、何らかの希望を見出す所まで描いてほしかった。
 別に希望ですべての雲が晴れなくてもいい。ほんのひと筋の光明でも。
 だが、ラストで描かれたのは、畳の上に置かれた、文がつくった食事の御膳。
 <凶>のおみくじが、まったく活きていない。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AKB選抜総選挙~たかみな... | トップ | 戦争法案は違憲~この憲法学... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最低の男 (TEPO)
2015-06-08 19:16:20
先週書いた通り、「現代人の後知恵」から評価すると松陰とその門下の言動は基本的に「不正解」(先週はバツ印が文字化けしてしまったので使いません)である中でも、特に久坂は全く○の要素のない貧乏くじ男。
しかもそうした運命を「英雄的に耐える」わけでもなく、腐りきってしまうダメ男。

>やはり今回も文によって、何らかの希望を見出す所まで描いてほしかった。

それもできないのでしょう。
辰路の「落とし文句」は悪魔の呪文のようなもので、文が良妻であればあるほど久坂にとっては辛くなる、という「心の真ん中」なのでしょうから。

「心の闇」を描く、という点では確かにドラマになっていたと思いますが、「大河」の準主役の描写としては情けなさすぎですね。
久坂自身「俺は最低だ」と呟くわけですが、その言葉通りだと思います。

私はもともと松陰嫌いでしたが、ある時期からはそれにも増して「いい加減さっさと処刑されないか」と思うようになりましたが、今の久坂についても「さっさと禁門の変にならないか」という心境です。

このような男たちがヒーロー-単にヒロインゆかりの人物というだけの意味だとしても-に据えられている段階で企画の失敗でしょうね。
俳優さんが気の毒な気がします。
丁寧に描いていれば (コウジ)
2015-06-09 09:16:44
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>「大河」の準主役の描写としては情けなさすぎですね。

おっしゃるとおりですね。
作家としては、久坂玄瑞という人物を掘り下げたつもりでしょうが、どこか上手く描けていない。〝情けなさ〟ばかりが目立ってしまう。

今回の件でも、もっと三条実美や帝を動かす過程や対抗する会津、薩摩の動きを丁寧に描いていれば、印象はもっと違っていたと思うんですけどね。
作家の力量のなさを感じます。
おっしゃるとおり、俳優さんが気の毒ですよね。

辰路に関しては<心の迷い>で、やはり最終的には、文が<心の真ん中>であってほしいですよね。
禁門の変あたりで、気づくのでしょうか。
文も久坂のまわりをウロウロしているだけでは、主人公ではない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
花燃ゆ #23「夫の告白」 (昼寝の時間@R)
文(井上真央)は、弟・敏三郎(森永悠希)が高杉晋作(高良健吾)の率いる奇兵隊に入隊したいと言い出し、驚く。耳が聞こえない敏三郎が危険な戦地に出向くことに反対する文だった...
【 花燃ゆ 】第23回 「夫の告白」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
文(井上真央)は、弟・敏三郎(森永悠希)が高杉晋作(高良健吾)の率いる奇兵隊に 入隊したいと言い出し、驚く。 耳が聞こえない敏三郎が危険な戦地に出向くことに反対する文だったが…。 その頃、京都にいた久坂玄瑞(東出昌大)は、長州藩の動きを嫌った会津・薩...
【花燃ゆ】第23回感想と視聴率「夫の告白」 (ショコラの日記帳)
【第23回の視聴率は分かり次第、追記予定】副題「夫の告白」新聞ラテ「夫の告白 長州最大の危機に家族をも巻き込む秘密が」サブタイトルの夫の告白とは「京の女と情を通じた」とい...
花燃ゆ 第二十三回 (レベル999のgoo部屋)
『夫の告白』 「夫の告白・長州最大の危機に家族をも巻き込む秘密が」 内容 単独で京へ向かった夫・久坂(東出昌大)を心配しながらも、 文(井上真央)は、女たちと協力し台場づくりに励んでいた。 そんななか弟・敏三郎(森永悠希)が、下関に行くと言い始める。 高....
「花燃ゆ」 第23回、夫の告白 (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第23回、夫の告白。 弟・敏三郎が奇兵隊入り。 八月十八日の政変と七卿落ち。 久坂の告白。
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹23玄瑞またも苦杯を舐める・・・長州は京から追い出され追い込まれる立場に立たされた (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第23話は玄瑞が京で攘夷実行を行おうと京に潜伏していたが会津、薩摩の策略により長州は三条実美と共に京を追われてしまった。一方長州では奇兵隊の強化と ...