平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第2回「崖っぷちの姫」~井伊を潰さず、鶴とも夫婦にならない方法

2017年01月16日 | 大河ドラマ・時代劇
「井伊を潰さず、鶴とも夫婦にならない方法」
 おとわ(新井美羽)はひたすら考える。
 父親や母親のように思考停止にはならない。
 おとわは「答えはひとつ」ではなく、山の頂上に登るにはいくつものルートがあることを知っているのだ。

 自分の父親が犯した罪に悩む鶴丸(小林颯)に対しても、
「それは鶴がやったことではなかろう。鶴の父親がやったことで、鶴を恨むことではなかろう」
 と、しっかり区別して考えている。

 聡明なおとわ。
 和尚(小林薫)など、周囲の大人たちの言葉をスポンジのように吸収する理解力もある。

 腹も据わっている。
 今川の武将に問い詰められても目をそらさない。
 亀之丞(藤本哉汰)を逃がすために囮になった件でも、
「竜宮小僧を捜しておったのです」
 と言ってのける。

 それと行動力。
 こうと決めたら、迷うことなく突っ走る。
 亀之丞に笛を届け、囮になり、自分の存在が障害になると考えれば家出をし、「井伊を潰さず、鶴とも夫婦にならない方法」として髪を切る(=男になる)。

 これがヒロインなんですね。
 いささかデキすぎな感じもするが、君主やリーダーになる資質を備えている。
 おとわはどんな大人になるのだろう?
 現在は直虎登場までのネタをいろいろ仕込んでいる感じ。
 ………………

 作品としては、どこかファンタジーな雰囲気があるなぁ。
 竜宮小僧や井伊谷の自然のせいだろうか?
 和風ファンタジーのプリンセスが山の中を駆けまわっている感じ。
 このあたりは従来の大河ドラマファンには違和感がありそう。

 井伊直虎に関しては、資料がほとんどないらしい。
 脚本の森下佳子さんもインタビューで、
「年表もすっかすか。どうすんねん! って思った」
 と語っている。
 つまり森下さんは、すっかすかな分、おとわやまわりの人々を自由に描けるのだ。

 森下佳子さんの代表作と言えば、『仁-JIN-』や『天皇の料理番』。
 主人公を歴史や歴史上の人物と絡めて描くのがお得意な脚本家さん。
 この作品『おんな城主直虎』も、井伊直虎という資料的に真っ白な人物を戦国時代に放り込んだら、どんなドラマが生まれるかというモチーフで描かれているのだろう。
 こうした大河ドラマには、『花燃ゆ』や『八重の桜』があるが、果たしてどうなるか?

コメント (1)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

嫌われる勇気~アドラー心理学×ミステリー! 皆さんがどう思おうが、それは私の課題ではありません

2017年01月13日 | 推理・サスペンスドラマ
 アドラー心理学×ミステリー。
 面白い発想ですね。

『すべての悩みは対人関係の悩みである』
『他者がいなくなれば、あらゆる悩みはなくなる』

 アドラーは<他人の目を気にするから悩みが生まれる><幸福になるためには他人の目から解放されなくてはならない>と説いている。
 これを刑事・庵堂蘭子(香里奈)ふうに言うと、こうなる。

『皆さんがどう思おうが、それは皆さんの課題であって私の課題ではありません』

 現実にはかなり難しいでしょうが、こう他人に言い切れる境地にはなりたいですね。
 徹底した個人主義
 天上天下唯我独尊
 ……………

 さて、第1話の犯人は、
 モデルの天野真紀(南野陽子)が社会的に偉大な存在であることが自分のステイタスになっている人間だった。
 だから真紀が落ちぶれそうになると、出版社に脅迫文を送ったり、ライバルのモデルを蹴落とそうとする。
 挙げ句の果てにはライバルのモデルを殺してしまった。
 犯人にとっては、天野真紀はつねに輝く偉大な存在でなくてはならないのだ。

 哀しくてつらい人物ですね。
 まず、自分が他人からどう見えるかというステータスにこだわっている所が自由でない。
 しかも、その拠り所が<天野真紀>や<ブランド品のコート>であるなんて。
 完全に自分を生きていない。

 もっとも、こうした心象は現代日本に多く見られる。
 たとえば、日本をやたら礼賛する人。
 日本が偉大な国であれば、自分も偉くなったような気分になっている。
 現実の自分はちっぽけな存在でしかないのに。
 これは結構イタい。

 そう言えばアメリカでも「偉大なアメリカを取り戻す」と主張したトランプ氏が大統領になるんだよな~。
 世界はあきらかに国家主義的な方向に向かっている。
 こうした流れの中で、徹底した個人主義を唱える<アドラー心理学>が注目されることは有効だろう。

コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

相棒15 「アンタッチャブル」 ~これでいいのか、『相棒』?

2017年01月12日 | 推理・サスペンスドラマ
 中園参事官(小野了)のヒントで、目撃者を確認し、目撃者の証言で犯人を捕まえた。
 ただ、それだけの話である。
 ここには謎解き要素やトリックはまったくない。
 昔は、あっと驚く犯人や名推理があったのにね。
 今回の右京さん(水谷豊)は目撃者の眠っていた記憶を引き出しただけ。
 しかも目撃者は不自然すぎるくらいに犯人のことを覚えている。
 これでいいのか、『相棒』?

 青木(浅利陽介)も相変わらずの便利キャラ。
 後に伏線があるとはいえ、目撃者・市原里奈(桜田ひより)のことをペラペラ話す。

〝偶然〟要素も2回あった。
 中園がそば屋で事件を追っている旧友の刑事に〝偶然〟出会う。
 右京たちは高校生が空き家に出入りしているのを〝偶然〟目撃する。
 シナリオ学校とかでは〝偶然〟を多用するな、って教わるのになぁ。

 というわけで、
 これでいいのか、『相棒』?
 ドラマとしても薄っぺらだし。
 ドラマにするなら、もう少し里奈を掘り下げようよ。

 今回のエピソードは、衣笠副総監(大杉漣)との戦いの序章という位置づけで見ればいいのだろうか?

コメント   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

声優総選挙2017~声優さんの凄さを知れ! 藤原啓治さん、沢城みゆきさんもランクイン!

2017年01月10日 | 監督・俳優・歌手・芸人
 昨日、テレビ朝日でやっていた『声優総選挙2017』
 現役の声優200人が投票して選ぶ声優ランキングであるため、単なる人気投票に終わらず、実に興味深かった。
 そのランキングは!

☆第1位  山寺宏一さん
☆第2位  野沢雅子さん
☆第3位  藤原啓治さん ←おおっ!!
☆第4位  沢城みゆきさん←何とっ!!
☆第5位  関 智一さん
☆第6位  田中真弓さん
☆第7位  高山みなみさん
☆第8位  中尾隆聖さん
☆第9位  古川登志夫さん
☆第10位  大塚明夫さん

 声優を含めて、芸能人という職業は<個性><オンリーワン>であることが大事で、ランキングをつけられるものではないと思うが、納得のベスト10だ。
 特に嬉しいのは、「おおっ!!」と「何とっ!!」というリアクションを入れた、第3位 藤原啓治さんと第4位 沢城みゆきさんのランキングだ。
 僕もこのふたりは本当に上手いと思っているから。

 番組でも紹介されていたが、藤原啓治さんは役によって声を変えない。
 ほとんど地声で、演技でキャラクターの違いを表現する。
 具体的には、
『クレヨンしんちゃん』の父ひろし
『鋼の錬金術師』のヒューズ中佐
『ダークナイト』(バットマン)のジョーカー
 どれも同じ藤原さんの地声だが、まったく違う上の三人を見事に演じ分けている。
 本当に上手い声優さんだ。

 一方、沢城みゆきさんは七色の声。
『ルパン三世』の峰不二子、『ハンター×ハンター』のクラピカ、萌え系美少女、子供、あるいは『報道ステーション』のナレーションと声を使い分けて、あらゆる役をこなす。
 野沢雅子さんや田中真弓さんは、野沢さん、田中さんがやっていることはすぐにわかるが、沢城さんはエンドタイトルを見るまでわからない。
 妖艶な峰不二子と子供の声が両立できるっていうのもすごい。
 おまけに演技が的確。
 プロデューサーなら、作品のクォリティを保つために、ぜひ作品に入れておきたいと考える声優さんだ。

 あと僕が好きなのは、
☆平田広明さん~ジョニー・デップ、マット・デイモン ←上手いよな~。
☆森川智之さん~トム・クルーズ ←本当にいい声!
☆若本規夫さん ←口パク無視の若本節!(笑)
☆花澤香菜さん ←『PSYCHO-PASS サイコパス』の常守朱に痺れた!

 日本のアニメは海外でも人気で、高い評価を受けているが、実は声優さんもスゴい!
 皆さん、とんでもない技術をもった人たちだ。
 今回の番組のように、もっと声優さんの凄さにスポットを当てるべき!

 最後にゲストとして乃木坂46の生駒里奈さんが出演していた。
 生駒ちゃん、相変わらず見事なワイプ芸。
 アニメが大好きだからランキングの発表に目を輝かせていた。
 本人もソフトバンクのCMのギガちゃんで声優をやってるんだよな~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おんな城主直虎 第1回 「井伊谷の少女」~幼年期の終わり、とわたちに大人の世界がやって来た

2017年01月09日 | 大河ドラマ・時代劇
・とわ(新井美羽)
・亀之丞(藤本哉汰)
・鶴丸(小林颯)
 作品はこの三人の物語になっていくのだろう。
 三人がそれぞれの役割を果たし、友情、愛情を育みながら井伊の家を盛り立てていく。
 そんな作品全体が予想される第一回だった。

 それにしても子供が野山を動きまわる姿を見るのは心地よい。
 冒頭、とわたちがおこなっていたのは大きな山や谷を舞台にした鬼ごっこ!
 小さな公園でしか鬼ごっこができない現代と比べると豊かだな~。
 しかし、彼らも無邪気ではいられなくなっていた。
 亀之丞は病気がちで何の取り柄もない自分に悩んでいる。
 鶴丸は井伊家における自分の父親の立場に薄々気づいている。
 一方、とわは……?
 まだ無邪気!(笑)
 普通、女の子の方が早熟なんだけど……(笑)
 しかし、聡明なので、婚姻の話など説いて聞かせればすぐに理解する。
 亀之丞の良いところもしっかり理解していた。

 そんな三人に<大人の世界>がやって来た。
 今川を裏切り、北条に内通しようとする亀之丞の父・直盛(宇梶剛士)。
 それを阻止せんとする鶴丸の父・小野和泉守(吹越満)。
 結果、直盛は今川によって殺され、亀之丞も命は危うくなる。
 鶴丸は自分の父親がしたことに違和感あるいは嫌悪感を抱く。
 彼らは、謀略と権力争いに明け暮れる<大人の世界>を垣間見てしまったのだ。
 そんな現実を前に、三人はどんな大人になっていくのだろう?
 ………………

 今回のもうひとつの主人公は<井伊谷>だろう。
 一面の緑。
 川が流れ、畑があり、山に足を踏み入れれば豊かな森がある。
 山には水が溢れ、滝もある。
 洞窟もあれば、井伊家発祥の井戸もあり、本当に〝竜宮小僧〟が住んでいそうだ。
 近くには菩提寺の龍潭寺があり、生活と寺が一体化している。

 脚本家の森下佳子さんは、もしかしたら今回、一番これを描きたかったのかもしれない。

コメント (4)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

下町ロケット ガウディ編 再放送~技術者、医者、ジャーナリストのプライドと情熱

2017年01月04日 | 職業ドラマ
『下町ロケット ガウディ編』の再放送。
 すでに見ている作品なので少しだけ見るつもりだったのだが、結局、最後まで見てしまった。
 やはり『下町ロケット』は燃える!

 再見して思ったのは<仕事をする人間のプライドと情熱>だ。
・技術者は少しでも良い品をつくるために精魂を傾ける。
・医者は患者の命を救うために全力を尽くす。
・ジャーナリストは弱者のために権力に立ち向かい、正しいことを報道する。
・官僚(PMEAの審査員)は公正平等な判断をおこなう。
・経理担当者(佃製作所の経理部長)は会社の正確な財務状況を経営者に伝え、やりくりする。

 こんなふうに、それぞれが自分のフィールドでプライドと情熱を持って仕事をしていれば、社会はより良くなるだろう。
 しかし、現実は……

・データ偽装
・出世争い
・権力への迎合、忖度(そんたく)
・接待と賄賂
・粉飾決算

 日々のニュースを見ていると、これらのことがはびこっているように思える。
 権力を持っている強者は圧倒的に強く、弱者は泣き寝入りか、媚びを売るか、排除されるしかない。
 これでは<希望に溢れる社会>など、つくれるわけがない。
 ………………

 <規制緩和>についても言及がなされた。
 サヤマ製作所の椎名直之(小泉孝太郎)は、物事に100%はなく、10人の患者のうち4人が命を落とすかもしれない薬を使うべきだ、と語る。
 その薬を使えば、4人は命を落とすかもしれないが、6人は救われるからだ。
 だから規制だらけの日本はダメなんだ、とも語る。
 これに対して、佃航平(阿部寛)は明確な反論ができない。
 技術者として100%に近づける努力をするだけだ、とだけ語る。
 確かに佃が反論できなかったように、白黒を明確にすることは難しいだろう。

 ただ、椎名の考え方には危険がともなう。
<大きなものを生かすために小さなものは犠牲になってもいい>
 という発想に発展する可能性があるからだ。
・会社を守るために個人が犠牲になる。
・国家を守るために個人が犠牲になる。
 これらのことが当たり前になる社会になってはいけない。
 そうした社会にならないために、個人の自由や人権にこだわらなくてはならない。
 ………………

『下町ロケット』の世界は、ある意味、理想社会だ。
 技術は裏切らず、ロケットや心臓の弁は成功するし、悪は罰せられる。
 皆が自分の仕事に誇りを持っている。
 この作品を見ることで、人は自分の仕事を見直し、社会をもう一度、信じてみようという気になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相棒15 「帰還」~恨みとか憎しみとかじゃなくて、楽しいって動機じゃダメなんですか?

2017年01月02日 | 推理・サスペンスドラマ
「恨みとか憎しみとかじゃなくて、楽しいって動機じゃダメなんですか?」

 ついに『相棒』にもこういう犯人が出るようになってしまったのか……。
 犯罪や暴力を楽しむ犯人。
 狂気の犯人。

 これに対して、右京(水谷豊)は〝あなたが一生知り得ないこと〟として、犯人にこう語る。
「人間はいつもギリギリの縁に立っています。
 誰だって人の体が簡単に壊れること、心が簡単に操れることを知っているんです。
 それでも自らの意思でそうなしないことを選んでいる。
 間違いを犯せば後悔し、自分を責め、縁の下から這い上がろうとする。
 そういう人間そのものの姿をあなたは知らない。
 あなたは永遠に理解できない。
 あなたが人生の本当の楽しみを知ることはない、今までもこれからも。
 哀れな人だ」

 人は誰でも過ちを犯す。
 そして、それを悔い改めることが人間であり、生きることだ、と右京さんは言っている。
 今までの『相棒』の犯人って、反論することはあっても、犯した罪に対して何らかの後悔や反省があったんですよね。
 動機にもそれぞれ一応の理があった。
 ところが今回の犯人にはそれがない。
 人として決定的なものが欠けている。

 こうした犯人像という点で、今までの『相棒』とは異質なエピソードと言えるだろう。
 松本清張は〝犯罪の動機こそが人間ドラマだ〟と主張していて、『相棒』もそれを踏襲していたが、今回はそれを放棄。
 これから右京はサイコな快楽殺人者とも向き合うことになる。
 ときどき『ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子』のエピソードが出てくるようになるのだろうか?
 ………………

 亘(反町隆史)は思いとどまった。
 怒りや憎しみの中で犯人を銃で殺すこともできたのだが、逮捕の道を選んだ。

 おそらく、これは甲斐亨(成宮寛貴)のダークナイト事件に対するアンサーだろう。
・思いとどまった亘。
・踏み込んで実行してしまった亨。
 成宮寛貴さんが芸能界を引退して、亨の再登場が難しくなってしまったため、『相棒』としては〝思いとどまる亘〟を描いておく必要があった。

 サイコな犯人の登場といい、亨の件の決着といい、『相棒』の転機となるエピソードだった。

コメント   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

SMAP解散~「世界でひとつだけの花」を歌う5人のそれぞれの顔、それぞれの思い

2016年12月27日 | 監督・俳優・歌手・芸人
 SMAP×SMAPの最終回。
 SMAP5人が揃う最後でもある。

 中居正広さん。
『世界で一つだけの花』で、自分のパートでない所も歌っていた。
 まるでSMAPであることをひとつひとつ噛みしめるように。
 5本の指を一本一本立て、最後に手を手を振ってバイバイ、さようならのメッセージ。
 歌い終わると背を向けて涙。
 言葉はなかったけど、中居くんの思いは伝わってきたよ。

 香取慎吾さんは込み上げる感情を抑えて、顔がこわばっていた。
 時折、自分のパートでない所も歌っていた。
 中居くんのように泣いてもよかったのに必死に我慢していた香取さん。
 慎吾ちゃんもSMAPを愛してたんだろうな~。
 中居くんもよかったけど、慎吾ちゃんの表情が一番グッと来た。

 草彅剛さんは吹っ切れたのか冷静だった。
 おそらく、さまざまな葛藤をし、心の整理を経て、ここに来たのだろう。
 冷静に客観的にラストステージを味わっていた。
『世界で一つだけの花』は剛くんは主演を務めたドラマの主題歌だったし、気持ちはすでに役者としての<草彅剛>にシフトしているのかもしれない。

 稲垣吾郎さんは目に涙を浮かべていた。
 でも自分の顔がカメラで抜かれていることに気づくと、急に顔を作った。
 吾郎ちゃんらしいな(笑)
 稲垣吾郎は常に<稲垣吾郎>だった。

 木村拓哉さんは複雑だろうな。
 他の四人との隔たり。
 居心地悪さ。
 左端。
 こうしたラストを迎えたことへの苦さ。
 おそらくキムタクの中にあったのは、応援してくれた人たちへの感謝とプロ意識だろう。

 ラストでも5人5様の表情を見せたSMAP。
 5人はこれで心の清算をして、それぞれの道を歩いていく。
 <中居正広><木村拓哉><稲垣吾郎><草彅剛><香取慎吾>として生きていく。
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

勇者ヨシヒコと導かれし七人 最終話~魔王を倒したヨシヒコはムラサキたちと新たな旅を始める

2016年12月24日 | その他ドラマ
 ついに魔王ゲルゾーマを倒したヨシヒコ(山田孝之)!
 ギャラが高くてスケジュールも取れない七人の玉人も何とか揃った!
 途中、逃げて勇者をやめようとしたことや、逃げたことを正当化するためにあれはゲームの世界だったんだと思い込もうとしたこともあったけど、何とか成し遂げた!

 しかし……

 ヨシヒコは魔王のとの戦いで大切なものを失ってしまった。
 メレブ(ムロツヨシ)
 ムラサキ(木南晴夏)
 ダンジョー(宅麻伸)
 が死んでしまったのだ。

 悲嘆に暮れるヨシヒコに仏(佐藤二朗)はもうひとつのエンディングを用意する。
 時空を歪めて、ヨシヒコをダンジョーたちに出会った時代に戻したのだ。
 始まりの時に戻せばヨシヒコはふたたび三人と旅をすることができる。
 あのおバカな日々が戻ってくる。

 ヨシヒコにとっては、魔王を倒すことより三人と過ごした日々の方が重要だったんですね。
 結果より過程。
 多くの人は<結果>を重要視するけど、実は物事は成し遂げてしまうと味気ない。
 目的をかなえるために試行錯誤する<過程>の方が面白かったりする。
 まして、いっしょに戦ってきた仲間がいなくなってしまうことがエンディングなら尚更だ。
 確かに。
 僕も魔王を倒したエンディングよりも、胸がタイラー将軍のムラサキを見れなくなってしまうことの方が悲しいですし。

 始まりに戻ってしまったヨシヒコ。
 ヨシヒコはふたたび三人と旅をする。
 でも、その旅の行き着く先が三人の死だとわかっているヨシヒコの気持ちは複雑だろう。
 それとも結末は変わるのか?
 時空が歪められたことで新たな魔物が出現したらしいし、別の物語とエンディングがあるのかもしれない。

 時間
 パラレルワールド
 あるいは、仏教の因果応報

 そんなテーマをヨシヒコらしく描いたラストだった。
 ヨシヒコの旅は続くのだ。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

逃げるは恥だが役に立つ 最終話~いい日も悪い日も、いつだってまた火曜日から始めよう

2016年12月21日 | 恋愛ドラマ
 今までの契約ではうまくいかなくなってきた平匡(星野源)とみくり(新垣結衣)の現実。
 これまでは、〝火曜日はハグの日〟といった追加で何とかなっていたのに今は違う。
 そこで、ふたりは新しい契約形態をつくろうとする。
 <共同経営責任者>という形態だ。
 ふたりは話し合う。
 真田丸~~! で話し合う。
 しかし、どうも的確な契約形態をつくれない。
 そりゃあ、そうだよね。
 今までは<雇用主と家政婦さん>の拡大版で収まっていたけど、ふたりの間には<愛情>という要素が入ってきてしまった。
 とても契約書の文面で対応できるものではない。
 愛情を文書化するなんて、もともと無理な話。

 でも、ふたりはこれにこだわる。
 フツーの人なら、結婚したら家事の分担はこうで、お財布はこうで、と何となく決める所だが、ふたりは<共同経営責任者>という形で話し合う。
 理屈っぽいふたりならでは。
 でも、このやり方が平匡とみくりの始まりであり、ふたりには一番しっくり来る。
 夫婦の形は、さまざまなのだ。
 ……………

「生きていくのって面倒くさいんです」
 これは名言ですね。
 恋愛でも仕事でも人間関係でも放棄してしまえば楽なのに、みんな、面倒くさいことをしてる。
 みくりの<青空市>なんかもそう。
 別にやらなくてもいいのに、積極的に苦労を買って出ている。
 でも、これが〝生きる〟ということなんだろうな~。
 平匡が言っていたけど、
「面倒を避けていったら死に近づく」

 そして、自分がやった面倒なことを評価し、感謝してくれる人がいるっていうのはすごい喜び。
 みくりの青空市も感謝してくれる商店街の人がいて、評価してくれる平匡がいるから、嬉しくなる。
 人は、面倒を繰り返し、他人からちょっと褒められて、喜びを感じて生きていくのだろう。
 ………………

 <呪縛>ということも語られた。
・49歳だから17歳下の男と恋愛できない。
・おっさんのゲイだから会えない。
 百合(石田ゆり子)も沼田(古田新太)も、そんな呪縛に囚われている。

〝不自由な大人たち〟

 それは平匡やみくりにも当てはまる。
・平匡は〝30男の童貞〟という呪縛。
・みくりも〝小賢しい女〟という呪縛。
 でも、みくりは平匡が童貞であることにまったくこだわっていなかった。
 悩んでいたことがバカらしいほどに、あっさりと受け入れてくれた。
 平匡も同様だった。
 平匡はみくりに言う。
「小賢しいって相手を下に見ていることですよね。
 僕はみくりさんが小賢しいなんて思ったことはありません」
 みくりが<呪縛>から解放された瞬間だ。
 平匡がみくりによって〝童貞〟という呪縛から解放されたように、みくりも平匡に拠って解放された。
 これで、ふたりは本当のパートナーになったのだろう。
 ………………

 最後はこれ。
「みくりさんが閉じたシャッターは、いつか僕が閉じたものと同じかもしれない。
 だとしたら、僕は開け方を知っている。
 何度も何度もあきれるほど見捨てずにノックし続けてくれたのは他の誰でもない、みくりさんだ」
 ノックし続けること。
 これも大切だな~。
 百合と風見(大谷亮平)のことだって、風見がノックし続けたから、ああなった。
 逃げるは恥だが役に立つ。
 でも、時には逃げずにノックし続けることも大切。

 平匡とみくり。
 ふたりはこれからもいろいろ衝突して生きていくのだろう。
 でも、ふたりは大丈夫。
〝火曜日はハグの日〟は復活したし、〝寝る前のハグ〟も〝休日のキス〟もシステムとして確立した。
 さまざまな経験を経て、問題が起きた時の解決方法もある程度わかっている。
 そして何より
 ふたりは<面倒くさい日々が愛おしいこと>を知っている。

コメント (6)   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加