ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『幸せへのキセキ』

2012-05-22 23:24:50 | 新作映画
(原題:We Bought a Zoo)

※注:この映画の「キー」についても喋っています。
少し、見どころのネタバレになっていますので、
鑑賞ご予定の方は、それから読まれた方がいいかもしれません。




----最近、この“幸せ”をタイトルに持ってくる映画って多いよね。
「うん。
観る前までは少し安直な気もしたけど、
これはこれでいいんだろうな」

----でも、どうして“キセキ”って
わざわざカタカナが使われているの?
「ん。これは
よくあることで、
おそらく“奇跡”にするか“軌跡”にするか迷って、
結局ダブルミーニングということで、
これにという形に落ち着いたんじゃないかな」

----それにしても原題の「We Bought a Zoo」とは、あまりに違う。
“動物園を買う”って?
「実を言うと
この映画のストーリーは簡単。
オフィシャルに載っている次の言葉で要約が出来ちゃう。
『最愛の人を亡くし、悲しみのどん底にあった主人公が
廃園寸前の動物園の再生を通じて自らの再生も果たしていく』。
で、これにもう少し補足すると…次のように。
主人公はコラムニストのベンジャミン(マット・デイモン)。
半年前に妻キャサリンをなくした彼は、
悲しみをいやす間もなく子育てに追われる日々を送っている。
息子のディランは、反抗期に加え、
母を失った寂しさから非行に走るようになっていた。
天真爛漫な娘のロージーの笑顔も曇りがち。
そんな中、彼は上司から本意ではないWEBへの執筆をすすめられ嫌気がさし、
衝動的に会社を止めてしまう。
時同じくしてディランが退学処分に。
妻との思い出の多いこの町を離れようとベンジャミンは郊外をめぐり、
ある邸宅を見つける。
しかし、それは2年間閉鎖状態が続いている動物園付きの物件。
とても無理と思った彼だが、
クジャクとはしゃぐロージーの姿を見て、
ここを買い取ろうと決意。
かくして、動物園の新オーナーとなったベンジャミンは、
ケリー(スカーレット・ヨハンソン)ら飼育員たちとともに
動物園再建に乗り出す…」

----あらら。
いくら映画とは言え、
これはありえない話だニャ。
「いや、ところがこれは
実話が基になっている。
妻が亡くなった時期、
あるいは購入しようとした動機など、
若干の違いはあるけどね。
でも、巧いのは、
その実話をここまで
魅せる映画にまとめ上げていること。
とにかく、この映画、そのセリフがいい。
動物園の再建と並ぶ、もう一つの大きな問題。
ベンジャミンと息子の絆の回復――。
歯車がうまく回らない父と子が
いかにして心を通い合わせていくか?」

----う〜ん。
どうせ、本音で感情をぶつけあうんでしょう?
よくあるパターンのような気がするけど…。
「確かにそれはそうなんだけど、
その後が少し違う。
ここで父は息子にある提案をするんだ。
『お互いが喜ぶことを言い合おう』と。
これ、実際に使えるなって思ったね。
あと、息子がケリーの従姉妹リリー(エル・ファニング)を
好きだと言うことを知った父が彼に言う『20秒の勇気』。
これは、この映画で最重要な言葉である『Why not?』とともに、
ラストでまた使われる。
ただ、この『Why not?』は予告編では意訳しすぎ。
『約束だから』ではなくそのままの意味でいいと思う。
そう言う意味では
チラシの中の
“ベンジャミンが動物園を買った本当の理由が明かされる、
かつてないラストシーン”というくだりも少し違うような気もするんだけどね」

----あらら。
それにしては、けっこう感動しているようだけど?
「うん。
その内容よりも映画の作りがね。
この違うシチュエーションで使われている『Why not?』が
伏線となって最後で生きてくるオモシロさ。
そして、開園の日の見せ方。
これは途中から『もしや』と思ったら、ほんとうにその通りに。
ここは『フィールド・オブ・ドリームス』

----あらら。それ言いすぎ。
でも、あちらはファンタジーだし…。
「そこ、そこなんだよね。
実は、この『フィールド・オブ・ドリームス』風のシーンの後に、もうひと山が。
そこである信じられない『キセキ』が起こる。
それは昨年公開された日本映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』と同じもの。
あの映画の中の、
“見えないはずのモノが見える”『キセキ』を
映画のファンタジーとして受け入れられる人には、
このラストはほんとうにたまんないと思うよ」



                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ヨンシーの音楽がまたいいらしいのニャ」身を乗り出す

※監督が『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウだけにね。これは胸にグッとくる度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『メン・イン・ブラック3』 | トップ | 『かぞくのくに』 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2012-05-25 10:13:49
こんにちは。
キャメロンクロウ監督ファンなので
期待してましたが裏切られず。

良かったですねー。

>「ん。これは
よくあることで、
おそらく“奇跡”にするか“軌跡”にするか迷って、
結局ダブルミーニングということで、
これにという形に落ち着いたんじゃないかな」

ほんとそれはわかるのですが、邦題だけ聞くとまったく惹かれません。

20秒の勇気、すごく名言ですね。

お久しぶりです (ミッシー)
2012-05-25 18:48:28
この映画、今回機内で色々観た中でのベストワンです♪

音楽と脚本にいつもやられるパターンが多いのですが、この映画はまさに私のツボにハマりました。

思春期の甥と母親の代わりにゴタゴタしたり…なんて時期とも重なって、あらゆるシーンに心が掴まれした。
20秒の勇気 (ミッシー)
2012-05-25 18:51:05
立て続けにすみません。

実は私も20秒の勇気的なことを良く実践していたので、過去の自分のドキドキも思い出してしまいました(#^.^#)

■migさん (えい)
2012-06-02 08:12:32
おはようございます。

ぼくの知人にも
「キャメロン・クロウは外さない」と言っている人がいました。
ぼくは彼の作品では『あの頃ペニー・レーンと』が好きです。
タイトル、評判よくないですよね。
人気があるのは
『私が、生きる肌』、これは確かにうまいですね。
■ミッシーさん (えい)
2012-06-02 08:14:08
おはようございます。

「20秒の勇気」のようなことを
実際にやってられたのですか!?
それはスゴイ。
ぼくなんか、気が弱くてとてもとても…。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-06-08 21:28:44
「Why not?」の使い方が本当に巧いですよね。
ラスト、そのセリフが来ると分かっていても心がほっこりする。
やっぱりキャメロン・クロウ監督はいいっすわ〜。
幸せの・・・ (悠雅)
2012-06-09 16:38:01
という邦題は、的外れなものもたくさんあるけれど、
これはこれでよし、と思ったりもしてます。
というのも、
>“見えないはずのモノが見える”『キセキ』
があったことで、今回は「これでいいじゃない」と思ったりもしました。

ホントに「Why not?」の使い方が巧いですね。
いつか実践したい (メビウス)
2012-06-11 21:32:02
えいさんこんばんわ♪

なるほど、ダブルミーニング♪確かに単純に『奇跡』と掛けてたら『幸せの』で通りますが、『軌跡』込みだと『幸せへの』となるのも納得・・・と今更ながらに気付いたり^^;『うわ、幸せのちからっぽい・・』なんて思っちゃってた自分って一体・・(汗

お恥ずかしながらキャメロン・クロウ監督の作品はエリザベス・タウンしか観てないのである意味マット・デイモン目当てだったのですが、そのマットも含めて温かみのあるストーリーは笑って泣けてな感じで自分も好きでしたね。20秒の勇気、あれは自分も何時か実践してみたいです(告白以外ですけどw)
現実との比較 (JK)
2012-06-12 00:34:24
公開前日にテレビでモデルとなった家族を取り上げていましたね。
動物が逃げた映像が残っているはいかにもいまどき
母親は途中で亡くなるのですが、映画のあの設定OKかと。
印象が違うのは父子、映画の彼らは「男の子」っぽくて、
そこにキャメロン・クロウの味を感じました。
あとは監督の離婚経験ですかね。
■にゃむばななさん (えい)
2012-06-12 10:39:10
途中で出てくる「Why not?」が
あのラストに繋がっていく構成。
これは脚本が本当に巧い。
キャメロン・クロウは裏切らない…は
ほんとうですね。
■悠雅さん (えい)
2012-06-12 10:41:05
こんにちは。
観る前までは、ぼくも腰が引けていたのですが、
評判を聞いて観に行って、
なるほど『キセキ』もありかと…。
「Why not?」、同意していただき嬉しいです。
■メビウスさん (えい)
2012-06-12 10:42:39
こんにちは。
「20秒の勇気」…
なんだか、そういうのを使うシチュエーションがパットと思い浮かばなくて…。
やはり歳ですね(汗)。
■JKさん (えい)
2012-06-12 10:44:48
こんにちは。
そう、これTVでモデルの話をやっていたというのを聞きました。
それで、なあんだ違うじゃないかと…がっかりされる方もいるのかもしれませんが、
ぼくは、それをここまで映画として仕上げた
脚本力に感服します。
監督に離婚の経験?それは知らなかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきた パパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く 監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トムちんの「ザ・エージェント」「....
「幸せへのキセキ」zooっと (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・?
映画:幸せへのキセキ We Bought a Zoo 妻を亡くした家族が、立ち直るために試みたユニークな方法とは。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
主役マット・デイモン。 彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。 ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」 ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。 ネットで調べると、けっこう賛否が別れてい...
映画:幸せへのキセキ We Bought a Zoo 妻を亡くした家族が、立ち直るために試みたユニークな方法とは。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
主役マット・デイモン。 彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。 ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」 ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。 ネットで調べると、けっこう賛否が別れてい...
映画「幸せへのキセキ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「幸せへのキセキ」観に行ってきました。イギリスの新聞コラムニストであるベンジャミン・ミーの回顧録を元に製作された、マット・デイモン主演の人間ドラマ作品。回顧録という...
『幸せへのキセキ』試写会。 家族の話としては『ダーク・シャドウ』より手堅いつくり (エミー・ファン!ブログ)
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo 2012/06/08公開 公式HP:http://www.foxmovies.jp/sk/ 『ファミリー・ツリー』のアレキサンダー・ペイン監督について書いたときと同じことを書いたのですが、キャメロ...
幸せへのキセキ (Memoirs_of_dai)
“20秒の勇気”と“Why not?” 【Story】 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で...
幸せへのキセキ (Memoirs_of_dai)
“20秒の勇気”と“Why not?” 【Story】 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で...
幸せへのキセキ/We Bought a Zoo/本当にイイ俳優が揃いました! (LOVE Cinemas 調布)
愛する妻を亡くした主人公と2人の子供たちが、その想いの篭った街を離れ郊外に閉鎖した動物園付きの家を買い、動物園の再興を通じて家族が心の傷から立ち直る姿を描いたヒューマンドラマだ。監督は『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウ。主演はマット・デイ...
幸せへのキセキ (あーうぃ だにぇっと)
幸せへのキセキ@よみうりホール
オトコに見せたいこの映画『幸せへのキセキ』#movie /第81週(火曜担当/松村 知恵美) (menstrend.jp)
愛する人を亡くした時、人はどうやって立ち直るのか...。これはなかなか難しい問題だと思います。方法はたくさんあると思いますが、この映画『幸せへのキセキ』で、マット・デイモン演じるベンジャミン・ミーがとった方法は、かなり変わっていました。その方法は、「動物...
幸せへのキセキ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】家族が再生するお話でしょ?と思ってい
劇場鑑賞「幸せへのキセキ」 (日々“是”精進! ver.F)
“20秒間の勇気”を、持とう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206080003/ 幸せへのキセキサントラ SMJ 2012-05-30売り上げランキング : 21768Amazonで...
『幸せへのキセキ』私は<軌跡>のほうで。 (Healing )
幸せへのキセキ We bought a zoo ★★★★ 妻の死、ママの死。 それぞれに必要な グリーフワークは動物園にあり 妻の死から半年。 コラムニストのベンジャミン・ミーが一念発起して 荒廃した動物園を購入。 まったく知識も元手もない中で その動物園の再建を目指すお話で...
『幸せへのキセキ』 (こねたみっくす)
動物園を買ってもいいじゃなイカ。だって冒険したいんだもん。 映画そのものがサントラのキャメロン・クロウ監督最新作は、妻の死から心機一転とばかりに動物園付きの家を買って ...
父親と息子の関係。『幸せへのキセキ』 (水曜日のシネマ日記)
閉鎖した動物園付きの家を買った家族の物語です。
幸せへのキセキ (悠雅的生活)
“Why Not?”。自動巻尺。20秒の勇気。
幸せへのキセキ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:We Bought a Zoo監督:キャメロン・クロウ出演:マット・ディモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニングあいかわらずセンスない邦題だけど・・・キャメロン・クロウ監督のセンスはいい!
幸せへのキセキ (to Heart)
原題 WE BOUGHT A ZOO 製作年度 2011年 原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊) 上映時間: 124分 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ 監督 キャメロン・クロウ マット・デイモン/スカーレット・ヨ...
幸せへのキセキ       評価★★★68点 (パピとママ映画のblog)
妻を亡くした悲しみにくれていた一家が、引っ越し先である閉鎖中の動物園を周囲の人々や亡き妻からのプレゼントに支えられながら再生させていくとともに立ち直っていく過程と奇跡を描いた感動作。イギリス人コラムニストの実話を「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェ...
幸せへのキセキ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WE BOUGHT A ZOO】 2012/06/08公開 アメリカ 124分監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・....
「幸せへのキセキ」 20秒の勇気 (はらやんの映画徒然草)
邦題の「幸せへのキセキ」、最初聞いた時は「幸せのキセキ(奇跡)」の方が日本語とし
幸せへのキセキ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 『幸せへのキセキ』このキセキって奇跡か軌跡か。
幸せへのキセキ (心のままに映画の風景)
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に、新しい人生を切り開こうと郊外へ引っ越した。 購入した理想の邸宅には、閉鎖中の動物...
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (勝手に映画評)
実話に基づいた映画。いやぁ、アメリカって何でもアリなんですね。家に動物園が付いてくるとは。 主人公のベンジャミンは、マット・デイモン。いいパパと言う、これまであまり見たことの無いマット・デイモンもいいですね。そして、有能なチーフ飼育員はスカーレット・ヨ...
幸せへのキセキ/WE BOUGHT A ZOO (いい加減社長の映画日記)
マット・デイモンといえば、ジェイソン・ボーンなんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 LAの新聞社に勤めるコラムニストのベンジャミンは、半年前に最愛の妻を亡くし、14歳の長男ディランと7歳の娘ロージーの子育てに追われている。 反抗期で問題...
幸せへのキセキ (充実した毎日を送るための独り言)
・映画 幸せへのキセキ (6月8日より上映 マット・デイモン・スカーレット・ヨハンソン出演)閉鎖されていた動物園を買い取り家族とともに再建した英国人ジャーナリスト、ベンジャミン・ミーの回顧録をもとに、最愛の妻を亡くした男が動物園を立て直すことで悲しみを乗...
幸せへのキセキ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】キャメロン・クロウ 【出演】マット・デイモン/スカーレット・ヨハンソン/トーマス・ヘイデン・チャーチ/エル・ファニング/パトリック・フュジット/コリン・フォード/アギー・エリザベス・ジョー...
「幸せへのキセキ」 (或る日の出来事)
“Why not?” がキーワード!?
幸せへのキセキ (風に吹かれて)
動物園を買うという冒険をしました公式サイト http://www.foxmovies.jp/sk実話の映画化原作: 幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語 (ベンジャミン・ミー著/興陽館)監督: キ
動物園を買ったなら〜『幸せへのキセキ』 (真紅のthinkingdays)
 WE BOUGHT A ZOO  冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡 くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変え るべく引っ越しを考...
『幸せへのキセキ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハ...
幸せへのキセキ (だらだら無気力ブログ!)
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。
幸せへのキセキ (こんな映画見ました〜)
『幸せへのキセキ』---WE BOUGHT A ZOO---2011年(アメリカ)監督:キャメロン・クロウ 出演:マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット 、エル・ファニング 、ジョン・マイケル・ヒギンズ 、コリ....
幸せへのキセキ (映画的・絵画的・音楽的)
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。  物語は、半年前に病気で妻を亡くし...
優しい音楽と陽だまり 『幸せへのキセキ』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
幸せへのキセキ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
幸せへのキセキ '12:米 ◆原題:WE BOUGHT A ZOO ◆監督:キャメロン・クロウ「エリザベスタウン」「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェント」「セイ・エニシング」 ◆出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリッ...
映画『幸せへのキセキ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-54.幸せへのキセキ■原題:We Bought A Zoo■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:石田泰子■観賞日:7月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ□脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作:ベンジ...
幸せへのキセキ (いやいやえん)
素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との
幸せへのキセキ (We Bought a Zoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っこ...
映画評「幸せへのキセキ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督キャメロン・クロウ ネタバレあり