ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『オーストラリア』

2009-02-14 22:00:02 | 新作映画
(原題:Australia)


----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。
もう公開まで2週間しかないじゃニャい。
「いやあ、3時間近い映画は
どうしても腰が引けてしまうんだよね」

----でも監督がバズ・ラーマンだし、
その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの。
「うん。でも彼の作風がこの叙事詩に果たしてあうのか、
そこが恐れていたところでもあったんだけどね」

----観てみてどうだったの?
「前半は、
たとえばシルエットの主人公たちを
まばたく星空の大地に立たせた姿を大ロングで捕えたりと、
まるで絵画のように美しい映像が次々登場。
一瞬、どんなお話なのか分かりかねる導入部とも合わせて
『おおっ』と思ったんだけどね。
いかんせん、やはり長すぎる。
後半は要らなかったんじゃないかな」

----そう言われても分からないよ。
前半と後半ってどう違うの?
「簡単に言うと、
前半はロンドンからオーストラリアにやってきたサラ(ニコール・キッドマン)が、
そこで夫が殺されていることを知り、
彼の遺志を継いで
1500頭の牛を遠く離れたダーウィンの港まで運ぶというもの。
もちろん、そんなことが彼女一人でできるはずもなく、
カウボーイのドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)の助けを借りる。
そんな彼らのじゃまをするのがニール(デヴィッド・ウェンハム)
彼は、火を放って牛を暴走させたり、川に毒を入れたり。
反発しあいながらも結ばれるサラとドローヴァー。
と、これはハリウッド映画の常道だね。
さて、後半は幸せな家庭を築いたふたりが、
ちょっとしたことから諍いを起こし、
離ればなれになってしまう。
そこに太平洋戦争が勃発。
日本軍の大空襲の前に炎上するダーウィンの街。
果たして彼らは生きてめぐり逢うことができるのか?」

----それは確かに一大叙事詩だ。
「タイトルが『オーストラリア』と言うくらいだから、
あれもこれも詰め込みたいのは分かるけど、
後半はもう物語を語るのに精一杯という感じ。
余裕が感じられなかったね。
なにせ、ここに
オーストラリアの先住民族アポリジニの話を絡ませているんだから。
というよりも、本当はそれが軸になっているんだけどね。
でも、そこについて喋り出すと、とりとめがなくなる。
というわけで、今回はあくまで
オーストラリア出身のこの2大スター中心に…」

----そういえば、えいは以前から
ヒュー・ジャックマンが若い頃の
クリント・イーストウッドみたいだと言っていたよね。
「そう。
今回はカウボーイのお話だし、
それを観ていると、
ぼくの言っていたことも
まんざら間違ってもいないかなと。
一方のヒロイン、サラの造型、鼻っ柱の強さも
まるであの頃の西部劇のヒロインみたい。
ただ、あそこまでツッパリきれていないところが、
現代の視点だからか、
それとも舞台がオーストラリアだからか…?
まあ、ニコール・キッドマンはイメージがピッタリだったけどね」

----でも、その牛の大暴走とかはスゴいんじゃニャいの?
「う~ん。でもこれが悲しいことに
『どうせCGなんでしょ』と…。
アポリジニの(血を引く)少年が崖に追い込まれたりするんだけど、
あまりハラハラしない。
高いところだと、ホンモノの観覧車の方がよっぽど怖いや」

----ニャに、それ(笑)。

           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「もし『ジャパン』だったら、どうなるのかニャ」気持ちいいニャ

※オーストラリア出身の俳優は、ほんと多い度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『イエスマン“YESは人生のパ... | トップ | 『鈍獣』 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アポリジニ (ともや)
2009-02-15 19:53:15
こんばんは、えいさん♪
本当はアポリジニでも白人でもない少年を軸に、アポリジニの歴史や考え方の素晴らしさを描きたかったんでしょうね。
でもそれでは地味なので、ニコールの恋の話をいれたりして迷走してしまった感じですね。
…で、気がつくと2時間45分の大長編に!
きっと裏ではものすごい攻防があったんでしょうね。
『もっと削れ!』『これ以上削るとオーストラリアの素晴らしさを語れない』…的な。
そこそこ楽しかっただけに、もうちょっとコンパクトにまとめてほしかったですね~。
■ともやさん (えい)
2009-02-15 20:50:56
こんばんは。
あわてて修正しました。
そうそう、あの少年はアボリジニの血を引いているだけでした。(汗)

さて、アボリジニのことを描くとしたら、
あのふたりのロマンス、そして冒険は確かに余計。
言いたいことが拡散してしまった気がします。
しかもアボリジニは、
あのキング・ジョージしか出てこないし…。

しかし、後半はほんとうに疲れました。
普通な映画 (ボー)
2009-02-15 22:48:33
こんばんは。
大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマンなので期待しすぎたかもしれません。
後半は、ただメロドラマのようでしたしね。ニコール好きですし、私は飽きはしませんでしたが。
■ボーさん (えい)
2009-02-16 23:53:44
こんばんは。
『ムーラン・ルージュ』は
ほとんどがセット撮影でしたが、
こちらは反対にオール・ロケ。
どちらかというと『ロミジュリ』に近いはずですが、
あのスピード感は残念ながらなかった気がします。
でも、3時間近くを見せきるところは
(ちょっと後半ダレたけど)
並の監督じゃないですよね。
オーストラリアカフェ (pelle)
2009-02-17 19:07:56
はじめまして!
オーストラリアのあのエリアで、あの服装は暑すぎるなんて思いながらの映画でしたが、オーストラリアコーヒーが飲めるカフェがあるってご存知でしたか?

神田小川町ペレは、オーストラリアメルボルンにあるペレグリーにというカフェがモデルです☆

是非ご来店下さい!
www.dfv.jp
■pelleさん (えい)
2009-02-21 21:49:35
はじめまして。

オーストラリアのコーヒーというのがあるんですね。
ご紹介ありがとうございました。
小川町は、もう何年も行っていませんが、
機会があったらうかがいたく思います。

ありがとうございました。
こんにちは! (たいむ)
2009-02-25 16:58:28
えいさん、こんにちは。
アレもコレもって監督の気持ちだけはビンビン伝わってきた感じ。
私は、この手の作品での常道や定番は安心して見ていられるので好きです。
なげーなぁ~・・ではあるけれど(^^;
■たいむさん (えい)
2009-02-26 20:57:51
こんばんは。

この映画、もちろん、そんなに悪いという映画ではないです。
でも、バズ・ラーマンだし……とか、
どうしても欲が出てきます。
こんばんわ! (maru♪)
2009-02-28 03:04:59
面白くなくはないのですが、長かったですね・・・(笑)

前半部分と後半部分と違うタッチで描こという意図での、
ナラのナレーションだったのだと思うのですが、
ちょっとバランスが悪かったように思います。
大好きなインド映画でよく使われるパターンですが、
伝えたい事が明確にあるなら有効ではない気がしました(笑)
多分描きたかったのであろう後半部分が駆け足過ぎて大味な印象でした。

語りたいことが次々浮かんでしまって、どんどん語ってしまい、
結局相手にざっくりとした事しか伝わらなかったという感じがしました。
と言ったら厳しいでしょうかね(笑)

自然とか映像はキレイでしたし、ナラ役の男の子も良かったのですが・・・
キング・ジョージもせっかくの素材を生かしきれていない印象で残念でした(涙)
牛追いのシーン (にゃむばなな)
2009-02-28 15:52:27
あのシーンはCG丸分かりなのがちょっとキツかったですね。
壮大な景色を見せているんですから、あそこはもう少し映像に気をつけてもらわないと!
■maru♪さん (えい)
2009-03-01 22:21:07
こんばんは。

後半部分は、ほんと駆け足。
そのためバズ・ラーマンらしさが
まったくと言っていいくらい
消えてしまっていました。
ここまで欲張らなくてもよかったのに。

ぼくはキング・ジョージ、ダメでした。
よく知らないからかもしれないのでしょうが、
いつも片足で立って見守っているけど、
ふだんは、どんな暮らししているのか、
ほかの人たちはなぜ出てこないのか?とか、いろいろ考えてしまいました。

■にゃむばななさん (えい)
2009-03-01 22:34:45
こんばんは。

僕もそう思います。
まあ、こっちがCG慣れしてきたせいもあるかもしれませんが、
実写で西部劇の牛の暴走を観てきた世代としては
やはりちょっと残念です。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-03-01 23:48:17
えいさん、こんばんは^^
思ったより楽しめましたが、やはり長い
ですよね(^^ゞ
後半いらなかったですよね^^

本当に最近オーストラリア俳優多い
ですよね(+_+)
以前はメルギブソンくらいしか思い出せ
なかったのに(笑)

えいさん、観覧車怖い?高所恐怖症ですか?
ちなみに私もです(笑)
■ひろちゃんさん (えい)
2009-03-04 10:47:56
おはようございます。

こういう映画はこんな感じ(笑)という、
まさにそのままでした。
大河ロマンと割り切って楽しめば
それはそれで満足ですが、
大味だったことは否めません。

オーストラリア出身の俳優は多いですよ。
英語圏で、ロケ地も豊富で、
映画には抜群の環境が備わっていると思います。


ひろちゃんさんも観覧車ダメですか?
ぼくは『嫌われ松子の一生』にも出てきた岩田屋の屋上での
幼児体験がトラウマになっています(汗)。
こんばんは (ノラネコ)
2009-03-04 23:26:33
えいさん力抜けてますね(笑
まあ何というか、いろいろ詰め込みすぎて具がはみ出しちゃってる様な映画でした。
前半と後半別の映画だし・・・
ただ、個人的にはこういう作家が暴走して想いが迸っちゃってる映画は嫌いではありません。
何だかんだで三時間飽きずに見られたので、まずまず良かったかな。
まあアメリカでコケたのは良くわかります。
オーストラリアの田舎で「風と共に去りぬ」をやられてもねぇ・・・というあたりではないでしょうか。
ノラネコ (えい)
2009-03-06 18:44:27
こんんいちは。

あらっ。
力抜けてましたか。
いや、それは特に映画のせいではないかも。(笑)

ほんと、前半と後半は別の映画。
ノラネコさんがおっしゃるように、
それだけ作家の思いが強かったということでしょう。

そうか、アメリカでコケましたか。
そういえば噂はほとんど聞かなかったですね。
ハッピーエンド! (ミスターシネマ)
2009-03-07 22:00:45
こんばんは!ミスターシネマです。
トラックバックありがとうございました!

僕は、165分という上映時間が長く感じないくらい見入ってしまいました。
オーストラリアの壮大な自然のスケールの大きさは圧巻でしたね。

特に、火事に驚いて何頭もの牛が逃げるシーンが一番好きですね。
何頭かの牛は崖から転落していましたが、あれはCGなんでしょうか…。

この映画の良さはみんながハッピーエンドで終わることですね。
最後は「良かった、良かった」と思えましたので。

何気に一番気になったのはアボリジニのまじない師のキング・ジョージですね。
ナラのおじいちゃんにあたるわけですが、一番目立ってた気がします(笑)

終盤に日本軍兵士がアボリジニを銃殺するシーンがあることから、批判的なコメントが多く見られますが、僕としてはいい作品でしたし、また見たいと思える作品でしたね(^0^)/

僕も映画のブログを作っています。
時間の空いているときなどに遊びに来てください♪
■ミスターシネマさん (えい)
2009-03-08 12:37:19
こんにちは。

こちらこそありがとうございました。
あの大自然はぼくも圧倒されました。
カンガルーはホンモノなのか、
少し気にはなりましたが…。
牛の暴走シーンはCGですよ。
もし、崖から落としてたりしたら大問題。
よく映画の最後にクレジットで、
「この映画では動物を傷つけてはいません」といった趣旨の
英語が出てきます。
この映画も確認はしていませんが、
おそらくそうではないでしょうか?

ハッピーエンドで終わるところも、
ベルエポック期のハリウッド映画の趣。

ブログ、これからもオジャマします。
こちらこそよろしくお願いいたします。
長かった (ノルウェーまだ~む)
2009-03-08 18:47:18
えいさん、こんばんわ☆
長い映画でしたね。
私も前半部分で充分楽しめたと思いました。
オーストラリアらしさを出すためのアボリジニなら、後半の戦争部分を省いて、凝縮したらよかったかも~
でも美男美女カップルは見ているだけでウットリしちゃいました。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2009-03-09 15:10:23
こんにちは。

長い長い。
でもちょっともったいないです。
別の映画を2本観ている感じ。
それが得したような感じになればいいのですが、
後半はあまりにも駆け足。

でも、おっしゃるとおり、
美男美女という意味では
彼らの組み合わせはベストでしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オーストラリア /AUSTRALIA (我想一個人映画美的女人blog)
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オー...
オーストラリア (ともやの映画大好きっ!)
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら...
「オーストラリア」を観る (紫@試写会マニア)
2月の興業作品は、ハリウッド・スターの興行収益や人気番付のランキング上位ばかりが出てくる作品が目白押し!(こっちは財布が寒くなる訳だ) ウィル、アンジーときて、今度の試写はキッドマン&ジャックマンのラブ・ロマンス「オーストラリア」。オーストラリア国家が...
「オーストラリア」 (或る日の出来事)
監督バズ・ラーマン、主演ニコール・キッドマンという、私が大好きな「ムーラン・ルージュ」コンビの映画なので楽しみにしていたが、いまひ...
オーストラリア (まぁず、なにやってんだか)
昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。 2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました~。 名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています...
オーストリー (movie-highway編集部!のブログ)
みなさまこんにちは! Movie-Highway 編集部のTannyです オーストラリアを舞台にした、オーストラリア出身俳優ふたりが主演した映画『オーストラリア 』がもうすぐ公開を迎えます。 そんなオーストラリアとよく似た国名の「オーストリア」が日本語表記を「オー...
『オーストラリア』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大...
「オーストラリア」みた。 (たいむのひとりごと)
コピーどおりの壮大でワイルドなスペクタクル作品。燃え上がるロマンスに友情や家族愛、先住民(アボリジニ)によるスピリチュアルな雰囲気までをも漂わせた、何から何までがギュギュギューっと詰め込まれたドラマチ
【オーストラリア】★ニコール・キッドマン★ヒュー・ジャックマン (猫とHidamariで)
本当の自分に出会える場所。  それはここではない、     遠いどこかかもしれない・・・前に進むための涙もある。オーストラリアHPオーストラリア シネマトゥデイ英題:AUSTRALIA製作年:2008年製作国:アメリカ/オーストラリア日本公開:2009年2月28日上映時間....
映画「オーストラリア」 (Andre's Review)
Australia アメリカ オーストラリア 2008 2009年2月公開 試写会鑑賞 先日、試写会に当選して観てきました。実はバズ・ラーマンは結構ファンです。 時は第2次大戦前夜。イギリス貴族夫人のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は1年間帰ってきていない夫...
『オーストラリア』 (・*・ etoile ・*・)
'09.02.08 『オーストラリア』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。母親が見たいと言うので応募。なのに本人行けないと… 試写状届いたのが木曜日。試写会は日曜日ってことで、これは一人鑑賞かなぁと思いながら友達に連絡。次々断られて5人目でやっと見つかった...
☆「オーストラリア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。
「オーストラリア」美男美女共演!でも…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[オーストラリア] ブログ村キーワード  ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演。監督・バズ・ラーマン『オーストラリア人のオーストラリア人によるオーストラリア人のための映画??』「オーストラリア」(20世紀FOX)。美男美女の共演、そして名監督の演出なん...
劇場鑑賞「オーストラリア」 (日々“是”精進!)
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...
『オーストラリア』 (めでぃあみっくす)
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロ...
オーストラリア (そーれりぽーと)
もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア...
オーストラリア (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/オーストラリア 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン    ヒュー・ジャックマン    デヴィッド・ウェンハム    ブライアン・ブラウン    ジャック・トンプソン ヒュー・ジャックマンにヒューヒ...
オーストラリア (LOVE Cinemas 調布)
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリ...
オーストラリア (Peaceナ、ワタシ!)
- 本当の自分に出会える場所-。 ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンの話題作『オーストラリア』の試写会へ行ってきました。監督は『ロミオ+ジュリエット』『ムーランルージュ』のバズ・ラーマン! 上映時間が2時間45分という長丁場だったんですが、内容が2部...
「オーストラリア」 物語る本能 (はらやんの映画徒然草)
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。
オーストラリア/Australia (いい加減社長の映画日記)
映画サービスデーとはしご観キャンペーンということで、2本観ようと思ったんだけど。 「UCとしまえん」で新規公開されるのは、「オーストラリア」だけ^^; スケールの大きさは感じるけど、分野的には、ちょっと苦手な感じで、不安を抱えながらも鑑賞。 「UCとしまえ...
オーストラリア (勝手に映画評)
第二次世界大戦直前のオーストラリアが舞台。オーストラリアの所有牧場に来たイギリス貴族婦人が、数々の困難に直面しながらも牧場の運営をする事になると言う話。まぁ、そう言う説明だとイマイチ的な雰囲気も感じますが、オーストラリアの雄大な自然と人間の戦いを描いた...
[映画『オーストラリア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オ...
オーストラリア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャ...
オーストラリア (悠雅的生活)
虹の彼方に・・・
★オーストラリア(2008)★ (CinemaCollection)
AUSTRALIA前に進むための涙もある。目を覆うほどに壮大で、空想をかきたてる叙事詩のようなオーストラリアの大自然が1人のイギリス人女性の人生を一変させる・・・。上映時間165分製作国オーストラリア公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/02/28ジャンルドラマ/ロマ...
オーストラリア (Recommend Movies)
『オーストラリア』 キッドマン×ジャックマン 大自然のオーストラリアを舞台に描かれる愛の物語 【出演】 ニコール・キッドマン、ヒュ...
【オーストラリア】 (日々のつぶやき)
監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く
オーストラリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔...
映画「オーストラリア」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。
『オーストラリア』 (Cinema★まにあ)
前に進むための涙もある。 英題: AUSTRALIA 製作年: 2008年 製作国: アメリカ/オーストラリア 日本公開: 2009年2月28日 上映時間: 2時...
オーストラリア (心のままに映画の風景)
イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、 オーストラリアの領地に旅立ったまま1年も帰ってこない夫に会う...
オーストラリア・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
国名そのものをタイトルにした映画というのは、極めて珍しいのではないかと思う。 オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が、同じくオース...
オーストラリア (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:オーストラリア 監 督:バズ・ラ
オーストラリア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な...
オーストラリア (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[オーストラリア] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年21本目(19作品)です。 第2次世界大戦を目前に控えた1939年のオーストラリア。 夫を訪ねて、ロンドンからやってきた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、到着した夫の領地...
「オーストラリア」試写会 大自然の迫力! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫...
【オーストラリア】 (+++ Candy Cinema +++)
【AUSTRALIA】 【監督・製作・脚本】 バズ・ラーマン   【脚本】 スチュアート・ビーティー、ロナルド・ハーウッド、リチャード・フラナ...
オーストラリア (Yuhiの読書日記+α)
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオース...
オーストラリア◇AUSTRALIA (銅版画制作の日々)
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオースト...
オーストラリア (ケントのたそがれ劇場)
★★★  オーストラリアの監督の、オーストラリア出身のハリウッドスターによる、オーストラリアのための歴史スペクタル風ラブロマンス映画とでも言っておこうか。主演はニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンである。 1940年代を背景として、美形の男女二人...
「オーストラリア」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
これぞオーストラリアという風景は見応えありました
mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の...
映画評「オーストラリア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年オーストラリア映画 監督バズ・ラーマン ネタバレあり
『オーストラリア』 (『映画な日々』 cinema-days)
オーストラリア [DVD] 1939年、英国貴族夫人が音沙汰知れずの夫を頼りに 単身、オーストラリアの牧場にやって来た... 【個人評価:★★ (2.0P)...