ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『デスノート the Last name』

2006-11-05 20:56:36 | 映画
----おおっ。ようやく映画紹介だね。
でも、もう始まって3日目。
だれよりも早い紹介を心がけていた
えいにしては、ちょっとね。
「まあ、文句言わない。
まずはこのあたりから。
どれから始めようかと思った時、
この映画がパッと頭に浮かんでね。
『デスノート 前編』を紹介したんだから、
ちゃんと最後まで見届けなくてはと……」

----その割には、画像が『虹の女神』のストラップだったりする(笑)?
「いやあ、これがよくてね。
思わず買ってしまっちゃった」

----で、映画はどうだったの?
ニアとメロは出てくるの?
「いや。原作では途中で消えてしまうLを
最後まで引っ張って行く。
前編では、Lとライトの駆け引きが少なく、
そこがぼくは不満だったんだけど、
今回はけっこう<対決>を見せてくれたよ。
しかも原作のエピソードを巧みに脚色している。
なかでもクライマックスは目が覚めたね。
それこそ<the Last name>とはだれのことで、
その名をだれが書くのかね」

----けっこう、ほめているようにも見えるけど・・・。
「いやあ、正直言うと金子修介の演出は平板。
途中、何度か欠伸が出てしまった。
あっ、出目川ディレクターを元ジョビジョバのマギーが演じているんだけど、
ここまで出ずっぱりの役は初めてじゃないかな。
彼は、ちょっとだけ顔を出す方が味が出る気がする。
全体的にキャスティングはあんまりいいとは思えなかったね」

                                       (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「次は『20世紀少年』だニャ」複雑だニャ

※トラックバックのお返しが遅れて申し訳ありません。
コメントにはなるべく早くお答えします。
懲りずに遊びにきてね。

※さあ次は何かな度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『未来世紀ブラジル?』 | トップ | 『スキャナー・ダークリー』  »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
L 大活躍の巻 (starless)
2006-11-06 00:05:17
やはり名探偵には最後に大見得を切ってもらいたいもの。個人的には予想を遙かに上回る、満足のいく映画でした。
Lは別人? (パフィン)
2006-11-06 00:32:30
えいさん、こんばんは♪
どうやら私が惹かれたLは映画用に
脚色されたLのようですね?

芝居がかった対決でしたが、小学生も
夢中で観ている様子でした。

お忙しいようなので、ご自愛ください。
□コメントありがとうございます。 (えい)
2006-11-06 10:14:04
■starlessさん

なるほど<大見得>ですか?
原作では
Lはそれをやることができなかったですものね。
ラストは一抹の寂しさを感じましたが、
それでもLファンとしては嬉しかったです。


■パフィンさん

こんにちは。
Lは映画用に脚色されたというほどではなく、
原作のイメージをそのまま受け継いでいて
かなりファンには満足ゆくものだったと思います。
ただ、活躍の時間を延ばしたということかな。
あの長い原作を、なるほどこうまとめたのか
という点では、とても感心しました。

いま、忙しさの中から、
ようやく自分を取り戻しつつあります。
ご心配おかけして、
申し訳ありませんでした。
徐々に復帰しますのでよろしくお願いします。



Unknown (kayamariyon)
2006-11-06 17:33:44
映画的にはすごく良くまとまっていたと思います。
ニアとメロを出すには、ドラマのように
長いスパンが必要になってきませんか?
アメリカに行くシーンがないのもいいです。
映画をみてしまったんで、夜中のアニメを楽しみにしています。
こんばんは (ノラネコ)
2006-11-06 21:31:22
前半より数段面白かったです。
脚色は、なるほどこう来たかという感じですね。
私は前半で、月をここまで悪にしてしまって良いのか?と疑問を感じたのですが、ここへ来てそれが生きている。
複雑な原作を、かなり巧みに纏め上げていると思います。
仰る様に金子演出はいつもと変わらない印象でした。
Unknown (mig)
2006-11-07 14:57:50
こんにちは、えいさん

出来良かったですね
コミック版を読んで、メロとニアは
あまり不要だと思ってしまった派なので
ラストまで二人の対決が観られたのは良かったです。
■コメントありがとうございます。 (えい)
2006-11-07 21:33:58
■kayamariyonさん

こんばんは。
ぼくもアメリカに行くシーンがあったら、
まとまりがつかなくなっていただろうと思います。
今回は、シナリオの勝利でしょうね。


■ノラネコさん

確かに、後半の盛り上がりはなかなかでした。
ただ、正直、少し長すぎたと感じました。
最近の金子監督は手堅すぎて面白みに欠ける気がします。


■migさん

ぼくも原作でメロとニアが出てきた時は、
仕切り直しの感じがして、
なんだか、どっと疲れた記憶があります。
映画の方が分かりやすくてよかったかも。
お話はおもしろかった (あかん隊)
2006-11-08 01:33:16
こんばんは。お疲れさまです。
初日観賞組が、大勢だったかもしれません。劇場では、かなり当て込んで2スクリーンを割いて上映したりしていましたが、2日目のレイト(深夜)ともなるとさほど混雑していませんでした。(^^;)
松山ケンイチは、割と好きな俳優さんだし、原作もお借りして読破して望んだ今回は、「L」が活躍してくれて良かったと思いました。彼以外のキャストは、あまり印象に残りませんでした。(注:藤原くんは、タイプではないのです)(爆)
■あかん隊さん (えい)
2006-11-08 09:14:50
おひさしぶりです。

ぼくも劇場で観たのですが、
そのシネコンでは、いちばん大きいスクリーンをあけていました。
普段、そこではいちばん隅っこの小さなスクリーンでばかり観ていたので
とても新鮮でした。
子供たちが多く、ひょっとこのお面にやたらと反応していました。
集約したのが正解かも(笑) (にゃんこ)
2006-11-11 18:58:42
こんばんは~
原作全部を映画化しなかったのが正解だったような気がしますね~
Lが原作でいなくなってしまってから、どうもズルズルな気がして
いまいちだったので、今回月vsLの対決で最後まで行ってくれて
ある意味うれしかったりします。
小学生でひとりで来てた男の子が斜め前方にいて、ちょっとびっくり(笑)
そっかぁ、漫画原作だものねぇ~ジャンプだものねぇ~
と、変な納得してました(笑)
保護者と来ている小学生も多かったので、その彼は
きっと将来映画バカになるんだろうなぁ~(笑)
でも、なんとなくにんまりしちゃいました^o^
■にゃんこさん (えい)
2006-11-11 21:29:26
原作のLの扱い方には驚きました。
そりゃあ、ないだろうって感じ。
ぶつぶついいながらも最後まで読みましたが(笑)。

小学生の男の子と言えば、
その昔、『風の谷のナウシカ』を名画座で観た時、
知らない小学生の男の子に
「よかったね」と声かけられて、
思わず涙が出そうになったことがありました。
彼、いまどうしているんだろう?
きっと・・・ (にゃんこ)
2006-11-12 00:41:12
その小学生だった男の子も、映画道を極めているかな?(笑)
案外、映画blogをやっていたりしてね~^^
■にゃんこさん (えい)
2006-11-12 11:35:00
あっ、それ、ぼくも思いました。
で、実はここにもコメント書いてくれていたとしたら、
それは素晴らしいことですよね。

ちなみに、その名画座は銀座並木座でした。
エルを持ち上げた形の結末? (Ageha)
2006-11-14 15:26:13
なんていうか、ひょっとこのお面にしても
「ファンです」ってミーハーぶりを見せるのも
そして夜神のお父さんに
父親というものを理解するエルも、
・・とにかく彼のいろんな面を見せつつ、
僕は命はって事件解決すんねんっていう
決意も含めてやたら人間ぽく、かっこよかった気がします。
(人間ぽいっていう言い方は失礼ですが。
前編では捜査のためとはいえ死刑囚の命を
利用してたわけですからね・・・。)
■Agehaさん (えい)
2006-11-14 21:44:49
こんばんは。

前編のポスター(キー・ビジュアル)を観たときから、
これはLの映画だなと思いましたが、
まさしくその通りの結末となりましたね。

原作のLファンとしては嬉しい限り。
ほかにもそう思ってられる方は
たくさん、いらっしゃるのではないでしょうか?
もぅ、たまらん!! (ゆぅこ)
2008-02-17 18:38:29
てか、単刀直入に言うと。...L可愛ヨイィ
■ゆぅこさん (えい)
2008-02-18 22:08:13
こんばんは。
コメントありがとうございました。
L人気は、本当に高いですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
DEATH NOTE デスノート the Last name (Kinetic Vision)
月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)。犯罪のない世界を望むという点では一致しているはずなのに、犯罪者と探偵という立場で対決することになる。もちろん、決定的に異なるのは、犯罪を抑止する手段としてデスノートを使うこと
「デスノート the Last name」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
丸の内ピカデリー1で先日公開になった 「デスノート the Last name」を観てきました。 「週刊少年ジャンプ」で連載されショッキングなストーリーで 話題となった大人気コミックの映画化の続編。 前編に続き今度の続編は書き込んだ名前の人間に死をもたらすことが ...
DEATH NOTE  the Last name (sailor's tale)
月かLか。最後の戦いが始まる。
デスノート the Last name (パフィンの生態)
新しいデスノートが登場し、新たなルールも明かされるため、 CPO捜査官Lとデスノートの所有者月(ライト)との頭脳対決の緊張感は 前作より増しており、小学生から大人まで楽しめる{/kaeru_fine/} エリート大学生、夜神月(ライト)=藤原竜也 月の父、刑事局 ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (Cinemermaid)
週末は久々の温泉旅行のためにDVD鑑賞をしなかったので、今日は映画館まで足を運んだ まんまと【日テレ】の策略にハマってこの作品を選んだ 前編を観てまだ日が浅いので最初からテンションは上がってた( ̄m ̄〃)
原作を超えた?!「デスノート後編」 (着物アロハ・茅kaya最新NEWS)
  お友達が試写会の会場で   撮ったリュ-ク人形! 満足!!拍手!!最高!ヽ(^o^)丿 原作を忠実に再現しながら オリジナルストーリーでよくぞここまで! と、拍手してしまうほど、うまくまとめた映画。あっぱれ! この続きはちょっとだけネタバレ有 ...
DEATH NOTE the Last name/デスノート 後編 (そーれりぽーと)
前編のガッカリにめげず、半ば期待して『DEATH NOTE the Last name』を観てきました。 ★★★★ エロいアナウンサーのお姉さんが良かった。 じゃない! 意外や意外、今回は文句なく楽しめてしまった。 前編がコミックス2巻くらいまで(うろ覚え)を中心に丁寧に ...
デスノート the Last name・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
六月に公開された「デスノート 前編」の続き。 前編は、原作の面白さに頼りきりの展開で、正直あまり芳しい印象ではなかった。 この後編もあまり期待はしていなかったが、結論から言うと、前編よりも数段面白い。 野
デスノート the Last name/DEATH NOTE the Last name (我想一個人映画美的女人blog)
もともとのストーリーが面白いからね~{/hearts_red/} 「誰も知らない結末」とは何なのか?? 一体、どう原作と変えているのか?? というのがやっぱり気になって、、、、。 「名前を書かれた人は死ぬ」ノートを巡ってLと月(ライト)、正義はどちらなのか。 コミッ ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (カフェ☆小悪魔)
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆涙は流れませんが、パーラー状態のLの部屋を見ていると危うくヨダレが流れそうになります。          パーラーLへようこそ今回は和菓子もたっくさん出て ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (映画雑記・COLOR of CINEMA)
L(松山ケンイチ)と月(Light)(藤原竜也)の直接対決。そして新たなキラ。原作とは違ったエンディング。「DEATH NOTE デスノート the Last name」(金子修介監督)は2時間20
ひょっとこの正義。~「DEATH NOTE ーThe Last nameー」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、これをネタバレしないで どうやって書けって言うんですかと。 あ~~~~しゃべりたいしゃべりたい。(笑) 前編のレビューの時にグッズにノートがないって話を 延々と書いたんですが、 今回のパンフレットってミサミサのノートをデザインしたもんに なって ...
【劇場鑑賞124】DEATH NOTE デスノート the Last name (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
The human whose name is written in this note shall die. このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 誰が死に、誰が生き残るのか。 月(ライト)は〔新世紀〕を照らすことができたのか?
『デスノート the Last name』 (映画館で観ましょ♪)
夜神 月に扮する藤原竜也くんももちろん良いのですが、 愛のある死神レム(声=池畑慎之介さん)も気になる存在ではありましたが、 でも、 やはり、 私の『デスノート』の一番は彼です! 【L】になりきっ
「 デスノート/ the Last name(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 金子修介 出演 : 藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さく
DEATH NOTE-デス・ノート-the Last name☆独り言 (黒猫のうたた寝)
公開当日・・・すっごく混んでいて^^;さすがというかんで、見送り~決定!!!そして観に出かけたのは・・・水曜レディースディの夕方満席ではないものの、ほぼそれに近い状況結構小学生とか来てるのよね~・・・でなんとなくビックリ(ぉぃぉぃ)『DEATH NOTE ...
期待と興奮と 映画『デスノート the Last name』 (海から始まる!?)
 金子修介監督のサイト(http://www.shusuke-kaneko.com/main/)を見ると、『デスノート the Last name』の初日舞台挨拶の興奮が伝わってきますね。観客側の、舞台挨拶する側の、そして、特に松山ケンイチの。 『デスノートthe Last name』に関しては、本編を観 ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (2006) 140分 (極私的映画論+α)
 映画ではどういった終わり方がするかが、メチャ興味があったんだけど・・・って、この原作の読者はみんなそうだよね(笑)
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (いもロックフェスティバル)
映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を観に行っ
DEATH NOTE デスノート the Last name (ちわわぱらだいす)
行ってきました~初日朝一番~ 瑠璃姫と一緒に見てきました。 この映画館では初めて見る満席の張り紙。。。すごい列が出来てました。 予約してて良かったわ~ いや~よかったよ~。 原作も知らないけど、最後まで誰が生き残るのか・・・ 帰ってからま ...
★「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。 今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。 そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。
DEATH NOTE デスノート the Last name (Diarydiary!)
《DEATH NOTE デスノート the Last name》 2006年 
正義 vs 正義!?  【DEATH NOTE the Last name】 (犬も歩けばBohにあたる!)
待ちに待った後編「DEATH NOTE デスノート the Last Name」
デスノート the Last name (勝弘ブログ)
映画 デスノート 後編前回の感想はこちら見てきました。さすがに金曜ロードショー効果ってところでしょうか?17:40の回を見たのですがそれなりの人の入りでした。高校生がいっぱいなのが印象的。前編より人が多かったよ
「DEATH NOTE デスノート the Last name」☆☆☆☆☆ (Thanksgiving Day)
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!! いや~予想通り、かなり面白かったですよ! 前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンで ...
デスノート完結編 (minaの官能世界)
☆映画館の状況 久しぶりに映画館に行った。 公開直後の3連休の最終日ということもあって、映画館はとても混雑していた。 しかも、そのほとんどはデスノートを観に来た人たちだ。 やはり、完結編公開直前に、前編を地上波放映したのが効奏したのだろう。地方都市 ...
DEATHNOTE ~theLastname~<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
前編をこないだ TVで観たばっかりなんで頭に入ってるし直ぐに続きが観れてラッキーなワタクシです前編は大まかなストーリーを知っていたのだが 後編は全くの未知で原作コミックは読んでないし ホンマにドキドキの展開でどうなるんやろ どうなるんやろ って ...
DEATH NOTE入荷しました。 (好き好き大好き!)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ...
☆ 『DEATH NOTE デスノート the Last name』 ☆ 今年85本目 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
待ちに待ってた『デスノートthe Last name』、公開から1週間遅れで観てきました~\(^O^)/ 松山ケンイチ演じるL(エル)は、今回も素晴らしかった!! 月(ライト)との頭脳戦を前回同様、飄々と繰り広げつつ、キュートさも更にアップで魅せてくれた(^-^) 特 ...
DEAT NOTE the Last name 06年228本目 (猫姫じゃ)
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、 ...
DEAT NOTE the Last name 06年228本目 (猫姫じゃ)
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、 ...
映画~デスノート DEATH NOTE  (きららのきらきら生活)
   公式サイト「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」この不思議なノート“デスノート”を所有する天才青年、夜神月(やがみライト)と、彼を追うもう1人の天才、L(エル)との壮絶な頭脳戦、、、遅ればせながら原作読んで、テレビで前編観てスクリーンで後 ...
死亡筆記 ~DEATH NOTE~ (じゃんす的北京好日子)
死亡筆記とは「DEATH NOTE(デスノート)」の中国語名です。映画の前編を見ました。L役の松山ケンイチは初めて聞く名前でしたが、原作のLのイメージに合っていてなかなかハマリ役だと思いました。ミルクティーに角砂糖入れてチュッパチャプスでかき混ぜるしぐさや ...
映画「DEATH NOTE - the Last name -」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
前回はさほど興味がなかったので観ていなかったのですが、 後半公開前にTV放映されていた前半を録画して観て続きが気になって…、 悶々とした日々が続いていたのでついに耐えかねて一人観に行きました(笑)
DEATH NOTE デスノート the Last name (mama)
2006年:日本 原作:大場つぐみ・小畑健 監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、中村獅童、戸田恵梨香、鹿賀丈史、片瀬那奈、津川雅彦、藤村俊二、上原さくら、池畑慎之介 死神リュークが落としたデスノートを拾い、野放しになっている凶悪犯を次々と粛清...
『DEATH NOTE デスノート theLast name』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじミサミサこと弥海砂(あまねミサ=戸田恵梨香)の前にもう一人の死神レムのデスノートが落ちてくる。家族全員を殺された過去を持つミサは、犯罪者を容赦なく殺害するキラを救世主と崇める一人だった。そのキラのために、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える「...
デスノート the Last name (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰が死に、誰が生き残るのか。』  コチラの「デスノート the Last name」は、6/17公開の前編「デスノート」の後編で11/3公開になり1週目は国内興行成績1位となり、本年度邦画No.1のオープニング成績を収めたんですが、ついに観てきちゃいましたぁ~♪  そんな感...
【DVD】DEATH NOTE デスノート the Last name (新!やさぐれ日記)
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 前編を見たら続けて後編が見たくなった ▼感想 この緊迫感! ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。恋...