日々茫然

猫・本・アート・日常生活などを、つれづれと思いつくままに記録

4月21日(金)のつぶやき

2017-04-22 | Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月に読んだ本

2017-04-04 | 本と漫画の話

早い・・・
もう新年度ですかぁ・・・
プロ野球も開幕しちゃったよ・・・
そうこうしてたら、ユズが亡くなって1年目もあっという間にやってくるのであろう・・・
ネコ抜きの生活に慣れてしまって、それがつらいです。
そんな4月突入です。

 あ、ちなみに骨折は、全治3週間で、きっちり治りました!
サポーターのようなもので胸部を固定していたので、息苦しさとか鬱陶しさがありましたが(ちょうどアンダーバストの辺りが折れたので、胸が邪魔で、肝心の幹部はしっかり固定できず、ないよりは(痛みが)マシ程度でしたが)、おかげでジャスト3週間目には完全に痛みゼロに!
もう折れたのも忘れるくらい。人間の回復力万歳!笑


 

 3月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:1894
ナイス数:233

あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス)あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス)
★4 こんなにどぎつくて時々下品なギャグ漫画なのに、ネタが尽きないところがすごい。そりゃ1巻を読んだ時のインパクトはもうないし、その回の内容がツボかそうでないかにもよるけど、それでもコンスタントに笑える。このまま突き抜けたおバカクオリティを維持して欲しい。
読了日:03月02日 著者:涼川りん
 
ケーキ やけました (講談社の創作絵本)
ケーキ やけました (講談社の創作絵本)
★4 チーズケーキ、バウムクーヘン、アップルパイ…木版画とは思えない、美味しそうなケーキ。言葉は少しだけ。絵を楽しむ絵本。スポンジのふわっとした感じ、程よい焼き色、木版と焼き菓子がこんなに相性がいいとは。他のシリーズも読み(見)たい。
読了日:03月05日 著者:彦坂 有紀,もりと いずみ
 
鬼灯の冷徹(23) (モーニング KC)
鬼灯の冷徹(23) (モーニング KC)
★3.5 漢さん、エジプト地獄へルーツを辿る旅!ネコだらけ!宋帝庁での猫の役割と、エジプトのバステト神との共通点などの話は、知識としても面白かった。
《紫式部、清少納言と歌合せ/漢さん連れてエジプト出張/地獄の大食いチャレンジ/獄卒も恐れる最恐の虫!/獄卒や亡者の体感時間/叫喚地獄の東京研修/結婚は人生の墓場?/心霊ボランティア募集の謎/漢さんギックリ腰》

読了日:03月06日 著者:江口 夏実
 
山怪 弐  山人が語る不思議な話
山怪 弐 山人が語る不思議な話
★3.5 山にまつわる実話怪談(怪異)集。登山ではなく、マタギや林業など山で働く人々から聞いた話が中心で、狐狸妖怪系の不思議な話が多い。怖がらせようとする過剰な演出を加えず、語り手の感じた(解釈)そのままに淡々と書かれているので、読みやすかった。語り手が狸と言えば狸、狐だと言えば狐、妖怪だと言えば妖怪、幽霊なら幽霊とそのまま書く。地域性も出ていて、民俗学的な話の集め方。そのため怖さはあまりなく、類話も多いので、好みはあるかも。
読了日:03月07日 著者:田中康弘
 
無貌の神
無貌の神
★4.5 短編6本、堪能。元々短編が好きなこともあり、このくらいの短さでしっかり独特の世界を作り上げ、のめり込ませ、完結させてくれる恒川さんは大好物。恐ろしくも妖しい魅力が凝縮。表題作と、『死神と旅する女』『カイムルとラートリー』が特に良かった。
《『無貌の神』迷い込んだ村には、近づくと怪我や病を癒す顔のない生き神がいた。アンナはあまり近づくなと言うが…/『青天狗の乱』 伊豆島々に流された罪人の元へ家族からの見舞いの品を届ける男。ある罪人に青い天狗のような面を届けたが…/ 『死神と旅する女』成り行きで不思議な男の命じるままに77人殺す羽目になった少女フジの数奇な人生/『十二月の悪魔』長い刑期を終え茫漠とした日々を送る男。ある日腹を刺され血だらけの男に遭遇し「やつらに騙されるな、早くここから逃げろ」と言われ…/『廃墟団地の風人』透明な風のような存在の“私”は、廃墟団地で自分が見える少年に出会い、交流が始まる/『カイムルとラートリー』珍しい“崑崙虎”の幼獣が人間に捕えられた。カイムルと名付けられた幼獣は人語を話すようになり、皇帝に差し出され、第三皇女に与えられる。》

読了日:03月07日 著者:恒川 光太郎
 
水族館で働くことになりました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
水族館で働くことになりました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
★3 水族館で働く“マユミ”が主人公のコミックエッセイ、と紹介してあったけど、水族館で働く人達に取材して、漫画だけ作者が描いているようなので、エッセイというより「水族館のお仕事紹介漫画」。フィクションが多めなのか、人物にリアリティがないような。漫画も、動物は可愛くて結構上手いのに、人間や背景のデッサンが粗くて(はっきり言うと下手…素人かと思ったら肩書きマンガ講師…)気になった。あと、1話目で主人公“早番”で始まってるのに、仕事上がる時は“日勤”になっていたので、ちょっと混乱した。全体に内容が薄味かなぁ。
読了日:03月10日 著者:日高 トモキチ
 
一夜漬け日本美術史 (BT BOOKS)
一夜漬け日本美術史 (BT BOOKS)
★4 「能書きなしで、いきなりガブリ!」といけと。確かに、知識が邪魔することってあるからなぁ。第1章では、デカイ、かわいい、長い、怖い、グロいなど、とにかく飛び抜けた作品を紹介してグッと掴み、第2章ではこれから注目のアーティスト、といっても現代作家ではなく、これまであまり評価されていなかった人を紹介。第3章は本格派美術館とお宝ガイド、第4章では一夜漬けプラスα的に、日本美術史特別講座として、中国美術の影響を専門家と対談。「日本美術史」の勉強の役には立たないけど、日本美術の面白さや楽しみ方はバッチリです。
読了日:03月11日 著者:
 
野良猫を尊敬した日
野良猫を尊敬した日
★3.5 穂村さんのエッセイは、ゆるっと読めるからいい。でもたまに普通の人とは違う独特の感性がチラッと覗いて、おおっ、と思う。そして読んでて不快になることもほぼない。脳が楽できる読書(いい意味で)。
そんなゆるっと読書の中で、今回インパクトがあったのは、大人になって判明した、子供の頃にした転校の真実。お父さんの転勤のせいだと思っていたら、まさかのお母さんが原因。衝撃的すぎる。お母さん、我が子のため、という方向性が斜め上だった。自分ならちょっとお母さんを恨むかも…。
自宅にネットを繋ぐ手続きが面倒くさくて、何年も漫喫通った話、ちょっと分かる。目先のちょっとした面倒くささをやっつけるのを先延ばしして、現在進行形の不都合を受け入れたままダラダラと現状維持してしまう。ダメだよね〜。

読了日:03月11日 著者:穂村 弘
 
岩合光昭×ねこ旅
岩合光昭×ねこ旅
★3.5 ベネチア×シチリア×カサブランカ×イスタンブール×ミコノス島×小樽×鎌倉×尾道×竹富島etc.まさに「世界ネコ歩き」。判型は小さめだけど、写真のボリュームはたっぷり。岩合さんのネコ写真を堪能できる。
読了日:03月12日 著者:岩合 光昭
 
ガストン (講談社の翻訳絵本)
ガストン (講談社の翻訳絵本)
★3.5 《プードルの4匹兄弟の中で1匹だけ明らかに違うガストン。いわゆる“醜いアヒルの子”状態。上品なお母さんや兄弟たちの中で、1匹だけガサツだし。でも一番頑張り屋でいい笑顔。ある時、公園でブルドッグの家族と遭遇。向こうにはなんと…!》
「え?もういちど聞きたい?」っていうくだりがちょっとツボ。ごきげんな感じが伝わる絵も可愛い。「いやいや、ありえないし、名前の付け方もおかしいしw」とツッコミを入れる自分もいるけど、そこも含めてなんだか面白かった。可愛らしくてオシャレな絵柄も良かったのかな。

読了日:03月18日 著者:ケリー・ディプッチオ,クリスチャン・ロビンソン
 
フワフワさんは けいとやさん フワフワさんのいちにち (日本傑作絵本シリーズ)
フワフワさんは けいとやさん フワフワさんのいちにち (日本傑作絵本シリーズ)
★3.5 『きょうはマラカスのひ』が楽しかったので、続編にワクワクして読んだ。“クネクネさんのいちにち”に続いて、今度は“フワフワさんのいちにち”。
《毛糸屋さんで働くフワフワさん。毛糸を売る以外にも、注文で編物を作ったり、編物教室も。クネクネさんも参加する教室の日、あるお客様の注文品が…》
うーん、マラカスほどのインパクトはなかったなぁ。絵は相変わらず素敵なんだけど、マラカスのリズムのあのシュールさには敵わなかった。次は“パーマさんのいちにち”もあるのかな、期待。

読了日:03月21日 著者:樋勝 朋巳
 
えへん、龍之介。 (KCデラックス BE LOVE)
えへん、龍之介。 (KCデラックス BE LOVE)
★3 あとがきに「芥川が描きたいと思って20年」とあるので満を持しての作品だと思うのだけど…。まとまりがないというか、エピソードは面白いのだけど断片的。芥川のファンで人間関係や人生を一通り知っている人ならいいのかもしれないけど、個々のエピソードのその後が描かれないので、消化不良感の連続で、最後も「ここで終わり?」という感じ。2巻があるのかと。さすがに最終的に自殺に至ることは周知の事実だけど、それでもまだエピソードの足りなさ、尻切れ感が残った。
読了日:03月21日 著者:松田 奈緒子

読書メーター

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月2日(日)のつぶやき

2017-04-03 | Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月20日(月)のつぶやき

2017-03-21 | Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月13日(月)のつぶやき

2017-03-14 | Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加