ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

笠りつ子が強気のパッティングで好スタート・・・古閑美保のアドバイスで??

2016-10-14 20:46:13 | 日記

富士通レディース 東急セブンハンドレッドクラブ西コース(千葉県)1日目

 

 同郷の先輩である古閑美保からのアドバイスを受けた笠りつ子が6バーディー、1ボギーの67でラウンド。堀琴音と並び、首位タイで大会1日目を終えた。

 

 「今日は終始良い感じでプレーできました。バーディーチャンスは他にも惜しいのがありましたが、内容は良かったと思います」。先週の『スタンレーレディスゴルフトーナメント』では上位争いに加わりながらも、36ホール決着となったため不完全燃焼で大会を終える形となった。そんな中で、パッティングをショートすることが多かった点を、ラウンドレポーターをつとめていた古閑に指摘された。

 

 「届かないと入らないよと言われ、今週は強く打つと言うか、カップに届かせることを意識してやっています。それでもまだショートすることはありますけど、まだまだのびしろがあると思って頑張りたいと思います」。

 

今週は賞金ランキングトップのイボミ、2位の申ジエが欠場となっているため、現在同ランキング3位につけている笠にとってはチャンスと言えるが、「こういう試合こそ、誰が勝ってもおかしくない展開になると思います」。好スタートに安心することなく、明日に向けて気を引き締めていた。

 

以上、日本女子プロゴルフ記事

 

 

勝負強い古閑美保から強気のパットを伝授されたようで強い味方がいて心強いですね。

 

現在のところ、日本人選手の一番手です。

 

ノーコック打法だから、ボールが曲がりにくい強みがあり、パットが入れば強いと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 片山晋呉“ドライバー封印”戦... | トップ | 選手コメント集/富士通レデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL