ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

ゴルフができる天候編 温暖化の嘘 猛暑の原因はCO2じゃなく、海水温だ

2015-08-31 12:04:07 | 日記

猛暑の原因はCO2じゃなく、海水温上昇である。外気が温まっても日本周辺の海水が冷ましてくれるという自然現象が成り立ってないことが原因です。

気象庁によるとエルニーニョ現象、ラニーニャ現象で海水温の高いエリアが移動するという考えである。

地球は自転しているため、赤道付近の南米ペルー沖からインドネシアの方向に東風が吹いており、強い場合、ラニーニャ現象、弱い場合エルニーニョ現象である。さらに強かったり、弱かったり変化することを南方振動と言われている。

私が単純に疑問に思うことがあります。それは、赤道近くの海水は太陽光で温められているのですが、太陽の活動は最近弱まわっており、小氷河期に向かっていると言われていますから、矛盾ですよね。

寒冷期に向かっているのなら、太陽光による海水温の上昇はないはずです。

それなのに海水温が上昇しているってエルニーニョとか、ラニーニャ現象では
説明つかない
と思います。

最近は、北海道沖も海水温が上がり、南方の魚が回遊しているとニュースで流れます。

別の要素が原因じゃないかと、私は疑問に思っています。

原発の排水のカロリーは凄く高いらしいです。福島原発の燃料棒を冷やした排水が北海道沖まで海水を温めているんじゃないか?

海底火山により温められているかも知れない。

最後に、気象兵器の実験を太平洋でやっているのかも知れない。

皆さんは、疑問を抱きませんか?



 

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフ理論37 今日8.30の練習 田中秀道スイングづくり

2015-08-31 11:06:37 | 日記

今夜、久ぶりに練習に行きます。


前回の練習の結果を基に整理したいと思います。

自分に合わないことは排除すると

①アドレスで左ひざから下を垂直に構え、バックスイング時も、左ひざはアドレスの位置に残す。

②安田春雄の左腰をフェイスと見立て振ることは上手くできた。

さらに 新たな発想で、左膝を軸に両股関節を振る感じが良かった。


左ひざをバックスイングで残す考え方は田中秀道が行っているものであり、当面は、谷將貴流ではなく、田中秀道流でスイングづくりを行いたいと思います。



結果は明日、報告しますね。

 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフができる健康な身体 不整脈手術 携帯心電計

2015-08-31 10:35:02 | 日記

5年前に不整脈の手術「カテーテルアブレーション」を受けました。

15年ほど前から、ゴルフした後など不整脈が発症し苦しんでいました。

不整脈が発症した時にタクシーで病院に行ったら、症状が治まっており、原因が分からないと、虚血性の血管つまりを疑われて検査を2回受けました。

放射性物質を使用したものとカテーテル検査を受けましたが、結果は異常なしという状況でした。

そこで、自分で原因を証明できないかと考えるようになり、オムロンの携帯心電計を35000円で購入して不整脈発症時に計測し、その情報を病院に持って行ったら先生からも間違いなく、不整脈だと認めてもらいました。

さらに24時間測定できる携帯心電計を病院から装着され、データが確認され、2か月後には手術となりました。

両足の付け根の血管から、カテーテルを挿入され、いわゆる漏電を起こしている患部に電極を当て50度くらいの熱処理するものです。電気的ないい方だと漏電工事完了というイメージです。



この手術により、元気よく心臓が動き始めて私にとって生き返った気分でした。

不整脈でゴルフするのが心配と言われる貴方、自分で携帯心電計を入手され、カテーテルアブレーション手術を受けられたら、「あの苦しみはなんだったのだろう」と思われることでしょう。

 

 



 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフができる天候編 温暖化の嘘 猛暑はCO2が原因か

2015-08-31 10:00:45 | 日記

猛暑の原因はCO2か?

最近は、夏場35度越えが当たり前になっています。

日本人は、もう当たり前のことだと不思議に感じてないと思います。

10年ほど前、私がシンガポールに旅行し、日本より涼しいことにおかしいなと疑問を感じました。(日本37度、シンガポール31、2度)世界の気温を毎年チェックしてみたら、やはりおかしいです。

基本的に内陸部の砂漠など、高温になって当たり前ですが、沿岸部は高温になることがおかしいのです。それは海水が冷やしてくれるため、高温にならないのです。

ところが、日本だけは世界の中でも猛暑地帯になってしまっているのです。
TVでは、CO2による温暖化と放送し、国民が洗脳されています。

CO2が原因だったら、大気中にどれくらいCO2が占めているのでしょうか?

この質問をしたら、普通「30?50%?」という回答をされます。

正解は、たったのCO2は「0.04%」です。知ってました?

こんなに少ないCO2ですから、これ以上少なくなったら植物は育たなくなるのではないでしょうか?光合成は、日光とCO2が必要です。

中部大学の武田教授は人間が化石燃料を使うことになったことは革命的なことであり、これで植物が救われたと言われています。

CO2悪玉論でだれが得するか、エコに関する税金2兆円もあり、天下り役人、太陽光発電などに税金が使われています。

エコカーにも使っていますが、皆さん騙されてないですか? 

太陽光発電の売電の仕組みも立派な家を持って太陽光発電して2倍3倍で売電すると貧乏な庶民が支える仕組みになっています。

エコカー減税も高いエコカーに乗れない人が税金で負担しており、不公平じゃないでしょうか?

最近CO2の嘘がバレてきているので、TVでもあまり言わない風潮になっているように思えますが、皆さん、騙されているんですよ。

猛暑の原因は、日本周辺の海水が高温化していることが原因なのです。


そのことは次回、お話します。

なぜ、海水が高温になっているのか?

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフ理論36 田中秀道8 飛ばせるバックスイング4

2015-08-30 19:41:55 | 日記

田中プロいわく、
「アドレスで伸ばした腕の長さをバックスイングでも保つためには、上半身の前傾角度を保ちボールとの距離を変えないことであると述べている。
さらに、バックスイングでは「右肩甲骨を背骨の方へ寄せる」ことを意識していると田中プロは言う。





スイング中、前傾角度を保持しないといけないことは、谷將貴コーチも述べており、一番重要であり、田中プロの場合、肩甲骨を背骨に寄せる点がユニークです。

もし、これができると肩甲骨の稼働域が広がり、もっとヘッドスピードを上げることに繋がると思いますが、練習が必要ですね。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加