オーストラリアに住んでみれば

南国暮らしに憧れて、住み始めたオーストラリア。
住んで、暮らして、初めて分かる、色々な体験談をお披露目いたします。

オーストラリア 道路事情

2017-07-29 01:31:18 | 日記
オーストラリアは、日本より20倍も広い国土であり、人口は6分の一、なので、



何処へ行くにも、自動車が不可欠です。


子供の学校への送り迎えだって、日本のように、鉄道やバスが行き届いて居る訳ではないので、


やはり、自家用車での送り迎えが必要で、学校の始業終了時間の間際には、学校の近隣の道路は、子供を迎えに来たお母さんたちの


車でごった返します。


早めに迎えに来ても、すでに行列は始まっていて、30分くらいは待たなくてはいけないことも、ザラではありません。


その時間帯の学校周辺の道路は、お母さんたちの楽しいおしゃべりタイムでもあり、スピード制限にもなるので、



子供たちが見当たらないから気づかずに、うっかりいつものスピードで走ったりすると、


お巡りさんたちは、嬉しそうに、切符を持って駆け寄って来るともあるので、気をつけましょう。



軽く、2万円ぐらいのお支払いになります。



朝の忙しい時間帯でも、ここ、ゴールドコーストは、リタイアの方々が、多く、


そういった方々は、実に用心深く、ごゆっくりと運転されるので、



その後ろを沢山の車が、幅寄せしたり、窓から顔を出したり、ライトをパッシッングするなど、無駄あがきをしながら、



大人しく、行列してゆくのをよく見かけます。



こういう、忙しい時間帯は、その時間に出なくていい人は出控えて欲しい、、、、と、叫びそうな気持を抑えつつ、



さわやかな朝のスタートです。


以前、耳の悪いご年配のご婦人が、制限速度の半分の25kmで走行されていたのですが、さて、家について駐車したとたんに



後ろから、ずっと付いて来ていたお回りさんが、切符をくれました。



良かったですねー…何が?



アウトバックで、時速 100キロ以上、なんていう、最低速度規制、と言うものがあるのは、



聞いたことがありますが、だって、ぐずぐず走ってたら、死んじゃうでしょ?



忙しくてせっかちの日本人には必要無い最低速度規制でしょうね?



次に、心しておくことは、



ご年配の方は、親切にされることに慣れておられます。



しかし、人間は年取ると、ぐずぐずする癖に、結構せっかちになって参りますので、道の譲り合いは、



〝お先にどうぞ〝 ではなく、〝お先にどうも〝 なので、うっかり先に出ないように気をつけましょう。





あと、日本ではあまリ馴染みのない、’RUNDABOUT" と言うものがあります。



これは、交差点のように待っている必要が無くて、誰もランドアバウトの中に入っていなければ、入って良い、



などと言うルールがあり、交差点の信号より、効率が良いのですが、



昔やった縄跳び遊びの、〝お嬢さんおはいりなさい〝みたいなもんで、



慣れないうちは、いつ入って良いかタイミングがつかめず、後ろに待っている車に迷惑をかけることになります。



私は、夜、これをやるのが苦手で、いつも後ろに続く車たちからの、殺気を感じております。



どなたか、対向車のライトの動く速さで、どうやって距離感分かるんだか教えてくれますか?






最後に、



色々、海沿いを走る美しい道路の多いゴールドコーストですが、



そういう道路を走るときは、追突しない、されない様に気をつけましょう。




だって、海を見ているのはあなただけではなく、沢山のサーファーたちが、


波のよいところを探しながら海を見て走っていますので、



屋根にボードをのせて走っている車を見たら、ここは潔く諦め、前の車をしっかり見据えて運転しましょう。



以上、どうか皆さま、オーストラリアにいらした際は、楽しい安全な運転をなさって下さいね!








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーストラリア 正見 | トップ | オーストラリア ディナーダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL