アメジストネックレス

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

紫陽花いろいろ~郵便局~美容院

2017年06月22日 13時54分55秒 | 日記
大雨だった雨が上がり、今朝はたくさんの洗濯物を洗った。こういうふうに洗濯物が多いときは全自動に洗ってもらう。

さて洗濯が終わった後、よい天気なので、昨日届いた「短歌研究」という短歌総合誌の年間購読料を支払いに行くことにした。

これが、私のささやかな散歩だ。^^

  ささやかな散歩郵便局までの十分あまりゆつくり歩く  biko

途中さまざまな色の紫陽花が咲いているのを写しながら行った。

郵便局まで、ふだんと違う道を行くと、ふだんと違う紫陽花の花々が見られる。


土の酸性度で花の色が異なってくると聞いたことがあるが、同じ町の紫陽花でも、こんなに色が違う。


  ちがふ道あるけば違ふ紫陽花の花が見られて赤、青、紫 biko

ふだんと違う道から行くと郵便局の入口も違う。


  目的の郵便局は同じでも違ふ道から違ふ入口  biko

帰途は、いつものように、小戸神社で拝んできた。


  木の鳥居ぬけてきました郵便局用事が済めば拝んで帰る  biko

小戸神社の隣の家の紫陽花は、用水路の脇に咲いているので、風情がある。


紫陽花の横には、ヤマモモの実が成っていた。

ふるさとの高知はヤマモモの木が多くて、今時分になると、日曜市などで売っている。

  ふるさとの土佐はヤマモモ食べる土地日曜市で売られてゐたり

私は大好物だった。

この家の人もおいしく食べるのかな?^^

大阪にいたころは、マンションの横の公園に毎年このヤマモモの実が成っていたが、農薬がいっぱいかかっていて食べてはいけないことになっていた。

熟れたまま食べられないヤマモモの実が道路に落ちて、歩く人に踏みつけられて道路を汚すのが痛々しかった。

  熟れしまま食べられざりしヤマモモの実は道に墜ち踏まれるばかり

と、思いながら駅前の美容院に行くため、駅に向かった。

昔は、この小戸地区はお屋敷町だったので、この写真のような豪邸ばかりが並んでいた。

が、最近は、豪邸は維持するのが大変なのか、あるいは相続で切り売りされるのか知らないが、一区画を四つくらいに分けて分譲されるケースが多い。

昔のお屋敷町を少しでも知っているだけに、寂しく思う。

  豪邸のありし宅地は切り売りをされて家数(やかず)は多くなりゆく

このあと、美容院でカットしてもらって帰った。

以前は二か月に一度くらいパーマをかけて、間に一度カットしてもらっていたが、白髪染めをするようになってからはカットだけにした。


  白髪染めし始めパーマはしなくなり代わりにカットしばしばとなる  biko

パーマと白髪染めの両方をすると髪が痛むから。

その代わり、20日に一度くらいの割合でカットに行く。

パーマをかけていると、少し髪が伸びても、それなりに形が整うが、現在のようにベリーショートカットにしていると、少し伸びただけでも見た目が悪くなる。

ほかに贅沢はしていないので、髪の毛くらいは整えておきたい。

  短めの髪の毛カットの回数を要して今日も切りに行くなり  biko

今日は、夫の昼食が要らないので、何かおいしいものを食べて帰ろうと思ったが、一人でレストランに入り慣れていないから、結局、スーパーで、お寿司とてんぷらを買って帰って家で食べた。

  一人では外食できぬわたくしの専業主婦なる貧乏性よ  biko

昼食も終わったので、昨日届いた「短歌研究」7月号でも読みながら昼寝をするか。^^


  楽しみは朝の散歩と昼飯とその後の昼寝あるひは読書  biko
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水張田(みはりだ) | トップ | 夜明け前の散歩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは、bikoさん。 (田舎親爺)
2017-06-22 16:38:56
そうなですね、土によって
紫陽花の色もかわって
いろいろな色が楽しめますね。

紫陽花は遠くに出かけ
なくても楽しめる花

田舎親爺達の花の郷にも
いっぱい、咲いてます。

田舎親父さんへ (biko)
2017-06-22 16:46:09
田舎の自然の中に咲いている紫陽花の花は、ひときわ綺麗でしょうね。

また、あの吉野からの国道を走ってみたいです。^^

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL