事務員さんのブログ

フジキ建設でお世話になっている事務員さんのブログです!
大好きなシュナ家族に囲まれ、毎日癒されております♪

バスツアー<IN草津温泉 最終章>

2018年11月02日 | 旅行記

要約・・・

最終となったこのタイトル


この日は
※雲場池(スワンレイク)
※妙義山パノラマパーク

を散策して帰路しました





~~~雲場池~~~



所在地
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字旧軽井沢



雲場池(くもばいけ)は、
長野県北佐久郡軽井沢町の六本辻近くにある池。
地元では「おみずばた」と呼ばれ、「スワンレイク」という愛称も持つ。


細長い形状からデーランボーという
巨人の足跡という伝説が残るが、
大正時代、この周囲一帯を別荘地として開発した
貿易商野澤組の野澤源次郎がホテル鹿島ノ森の敷地内の湧水
「御膳水」を源とする小川(雲場川)をせき止めて造った人造湖である。

一帯は雲場川風致地区に指定されており、
池畔に遊歩道が廻らされるなど池の周囲は
雲場池園地として整備されている。
周辺に点在する外人墓地や美術館等の
施設とともに軽井沢の観光コースとなっている。


wikipedia引用

--------------------------------------------




この湖畔に映える紅葉が、本当に
凄かったんですよ~


それでは
事務員さんが
プロった(?)紅葉の
をお楽しみ下さい








その中でも、BESTショットは
この3枚
まずは第3位からのお披露目です






息を呑むほどに美しい~

正に逆さ紅葉

そして




この、奥行き間が良いでしょ~?


そして、文句無しの




空と、木々のコントラストが
湖面を介して違う色合いを奏でた
素敵なショットです

おまけ


(↑わざと手前の紅葉に、ピント合わせをしてみました





ど~ぉでしたか

事務員さんの、腕前違った

見事な紅葉
(勿論、一切の加工無しですからねっ



さて、素敵ななPICも撮れたところで
車中にてお弁当タイム~



軽井沢で買った、地ビール片手にねっ


その後、旅の締めくくり
※妙義山パノラマパークにて
コスモス畑を満喫









以上の工程で
楽しかった1泊2日のバスツアーは
無事に終了致しました



~~恒例の(?)お土産披露~~~


<浅野屋で購入>
ラスク詰め合わせ






<お土産センターで購入>

事務員さんの、ごはんのお供
木耳の佃煮~





日本3大うどんの、水沢うどんと
浅間酒造の奈良漬、そばかりんとう





でもね・・・

今回のお土産で、一番のヒットとなったのが

実はコレ↓







ホテルの浴室に、お試しにて設置してあったのですが

面白いように、古い角質が


取れる~
取れる~



で、お買い上げっ


娘や母にも貸してあげたら

皆、目から鱗で

諦めていた古い角質が
簡単に取れたと
大喜びしてましたよっ


証拠の



ねっ?
フローリングに落ちた古い角質が
見事に物語っているでしょ?!
・・・

但し、使用の際には新聞紙等を敷いてから
お試し下さいね



それでは、皆様
長い間、お付き合いして下さり
有難うございました~

もぅ、今回の旅レポは無いから
安心してねっ




~~~職場へのお土産;今日のおめざ~~~



この、生どら焼き

生地が、ふわっふわっで
とっても美味でした~

コメント

研修旅行in台湾;高雄<2日目 台南 前半>

2018年04月23日 | 旅行記
さぁ~

いよいよ3日目となりましたが
明日は、帰国だけの移動日

と、なると台湾を満喫できるのは
今日が最終日です

ガイドブックを見直すと、既に
高雄を堪能しきってしまったので
ココはガイドさんに意見を伺お~


前日、ガイドさんにお聞きしました

「明日の予定は無いのですが、
何かおススメのスポットとかありますか?」



「タイナン、オススメ~!
トッキュウデンシャナラ、1ジカンデ
イケルヨ!」


と、いう事で

ガイドブックと、Googleマップを片手に
今日は自力にて
高雄から台南へ繰り出した事務員さん’s

ちなみに、工程表は(笑)
コチラを参考にしました


コースチャートの所用時間は5時間30分
高雄⇔台南の往復(2H)も考慮したら、全ては回れないので
①~⑥と⑨に的を絞りました


ホテルを8時に出発し
高雄駅にて、乗車券とビールを買って~








こ~なるよねっ

1時間程すると
そこは<台南~>



何故か、高雄より熱く感じる

それもそのはずで

9時過ぎの時点で、29.9℃


(↑見難いけれど


まず、タクシーにのり
向かった先は①「赤崁楼(せきかんろう)」です。


-------------------------------
オランダ人によって建てられていたものですが、
その後歴史と共に何度も改修が加えられてきました。
そのため、赤レンガと中国様式の建物が組み合わされた、
独特の景観を楽しむことができるのです
-------------------------------










コイが沢山~






さっ!先は長いよ~
次、行ってみよ~

②祀典武廟
③大天后宮

-----------------------------------
17世紀半ば(1647年~1683年)に建てられた
祀典武廟(大関帝廟とも呼ばれる)は、台湾における
関帝廟の総本山だそうで、廟内には三国志で
おなじみの関羽が祀られています。

武廟に祀られている関羽は、簿記法を発明
したことから「商売の神様」
として台湾の人たちの信仰を集めています。

また、祀典武廟、台南大天后宮、
大観音亭、重慶寺は4大月老(=月下老人)
を祀る霊験あらたかな寺廟。
単に縁結びをするだけでなく、
それぞれに専門分野を持ち、悪縁を断ち切る力や
恋愛の悩みに関する数々を解決してくれます。

-----------------------------------








商売繁盛と、良縁の神様で、かなりのパワースポット
なのね~


じゃ、ここは本腰入れて
しっかりと参拝しないとねっ



って事で、長―いお線香を購入して
参拝っ








ってさ~ぁ


あまりにも祀られている神様、多過ぎて
参拝しまくりぃ~



さて、ココからは少し歩いて
④新美街へ

------------------------------------
レトロでおしゃれな建物が数多く並ぶ小さな路地。
全長300mほどの路地には、築200年以上もの
古い建物が立ち並んでいます。
これらの古民家を
リノベーションしたカフェやギャラリー、
ショップなども多く、
懐かしさと新しさが融合した
おしゃれスポット。
------------------------------------


Googleマップ片手に、歩いたものの
まさかの迷子っ



何故なら、予想以上に
小さな路地だったからでちた(笑)



生憎、ガイドブックに載っていたような
アートには遭遇できず






↑こんな感じの壁面アートは
みっけましたよ~





その後も、レトロな街並みを満喫しながら
またまた、徘徊散策~



今日は、お時間の都合で
ココまで~

次回はココ↓
⑤永楽市場

から掲載しま~す
コメント

研修旅行in 高雄<OP観光;後編>

2018年04月20日 | 旅行記
昨日に引き続きOP観光の続きで~す



★①九曲橋→②龍虎塔⇒③飲茶の昼食⇒④忠烈祠⇒
⑤イギリス人領事館⇒⑥高雄85ビル⇒⑦愛川(ナイトクルージング)
 ⇒⑧美麗島駅⇒⑨六合觀光夜市★

今日は
④忠烈祠から、一気に⑨六合觀光夜市
まで巻で掲載しちゃいますっ


④忠烈祠

------------------------------------
中華民国建国及び国共内戦・抗日戦争等で戦没した
烈士(英霊)を祀る神社。
日本統治時代のこの場所には高雄神社が建てられていた。
忠烈祠の特徴は、まず豪華絢爛な宮殿様式であること。
風水的な意味から、風通しが良く、見晴らしの良い場所が
選ばれているのそうで、ここ高雄の忠烈祠も
内や海を見渡す山の上にあり、眺めは抜群です。
------------------------------------







strong>⑤イギリス人領事館

------------------------------------
1865年にイギリス人によって領事館官邸として
この地に建てられました。
現在台湾に存在する洋館の中で最古のものと言われています。
「打狗」という名前は、高雄の原住民である平埔族が
このあたり地域を「Takau」と呼び、その後中国大陸から
移住してきた人たちがその音の聞こえから
「打狗」(ダーゴウ)の文字を当てたことから
この名が付きました。
そしてその後、日本統治時代に入った1920年、
発音が似ている「高雄」に再度改められました。
日本統治時代には、高雄海洋観測所 。
------------------------------------





偶然にも軍艦船が来た~っ



⑥高雄85ビル
------------------------------------
高雄市で最も高い建造物。台北市の台北101が
完成するまで台湾で最も高かった。
現在は台湾で2位。世界では21番目。

オフィスフロアを中心に、住宅フロア・商業フロア・
ホテルフロアがあり、37 - 85階には5つ星ホテルの
君鴻國際酒店(85 Sky Tower Hotel)が入居している。
74階の展望スペースからは高雄市内を360度見渡せます。
------------------------------------


丸印部分は、高雄空港
街のど真ん中なので、着陸する時が
ちょっと怖かったぁ~




お土産コーナー





台湾の16民族が展示されてました







↑おっと!!
高雄にもあったのね~

ハイ!IKEAとコストコを発見しちゃいましたヨ


以上でOP観光の工程は全て終了~


かなり強引な巻き、巻き、にて掲載しましたが
この日だけで
高雄の観光名所は殆ど堪能した事務員さん’s


1日お世話になったガイドさんとは一旦お別れし
ホテルで暫しの休憩後


愛河のクルージングに出かけましたよ~

⑦愛


------------------------------------

台湾が主権を回復してからは、
河原の両側に河川敷公園が整備され柱も立てられました。
ケーブルで囲まれた沿岸は緑あふれる
美しい公園へと生まれ変わり、そこは愛を語り合う恋人たちの
デートスポットになりました。
これが愛河という名がついた由来です。

------------------------------------


が。。。

暫し、夜景にはまだ日が高く
お腹も減ったし~、喉も乾いたね
って事で
辺りが暗くなるまで



事務員さん達が選んだ場所は
その名も<東京酒場>




日本語メニューに対応しています







100元(約400円)均一的なっ?居酒屋


意外にも、お刺身が美味しかった
さすが、港町






これさぁ~焼酎なのにストロー付き
思わずヨッパした事務員さん



さぁ~
ほろ酔いになり、辺りも良い雰囲気になったところで

女子(おばちゃん)二人での、ナイトクルーズへ









その後、地下鉄に乗り
⑧美麗島駅

---------------------------------
台湾を震撼させた民主化運動の美麗島事件から
名付けられている。この駅のパブリックアートは
Maestro Narcissus Quagliata(
中国語:水仙大師)による祈りを表現した
「光之穹頂(The Dome of Light)」
と題した見事なステンドグラス作品。
---------------------------------














本当に、息をのむ程に素敵なステンドグラスには
圧巻されました


⑨六合觀光夜市

------------------------------------
1950年代、現在の高雄市新興区大港埔近くの
空き地に小吃の屋台が出店し始め、その数を徐々
に増やしていったことから、大港埔夜市と
呼ばれるようになった。その後、
さらに出店数は増え続け、名前を現在の六合夜市
と変え、現在では138の屋台が軒を連ねている
------------------------------------





なんと
市場に入ってすぐに見つけた
MEID iN 台湾? シュナちゃ~ん



そこは、ペットの屋台





どれも可愛いけれど、我が家のワンズには
規格外の為、スルー





その後、市場を満喫し帰路した事務員さん達


ふ~う
何とか、ハードスケジュールを熟した事務員さん’S



最後に、足マッサージをして、ホテルに戻った後は

もちろん・・・

爆睡~

明日は2日目
どんな1日になるのかな~


で。次回へ続くっ




コメント

研修旅行in 高雄(OP観光編;前半)

2018年04月19日 | 旅行記

今日は、OP観光にて

①九曲橋→②龍虎塔⇒③飲茶の昼食⇒④忠烈祠⇒
⑤イギリス人領事館⇒⑥高雄85ビル⇒⑦愛川(ナイトクルージング
⇒⑧美麗島駅⇒⑨六合觀光夜市

①~⑥までは、OPですが、その先は
自力での予定
それにしても、かないハードなスケジュール
大丈夫かなッ




その前に、ホテルで
しっかりと腹ごしらえして





後は
出発まで時間があったので
ホテルから徒歩15分程にある
<駁二芸術特区>へお散歩
-----------------------------
「前衛」「実験」「イノベーション」をテーマに
旧倉庫街をリノベーションした複合アートスペース。
-----------------------------
 

残念ながら、OPEN前で
お店はしまっていたので、アートのみ鑑賞しました







近くには、路面電車が走ってましたよ~



さすが
アートスペース
マンホールの蓋さえも
お洒落~~


お天気⇒快晴
気温⇒30度弱

そんな中、歩く歩く事務員さん



さぁ~

ホテルに戻り、ツアーバスに乗り込んだ事務員さん’s

まず最初に向かった先は

①九曲橋

-----------------------------
澄清湖にあるジグザグに曲がった橋で
魔除けでもあるそうです!
(魔物(邪気)は、まっすぐ走れなないので、曲がることで難を逃れられる)
また、この橋を渡ると
健康成就できるそうです。
-----------------------------




ここでも、歩く歩く事務員さん





7重の塔に、ひるむ事なく
階段を上り(結構、キツイから~
苦労した後の、絶景~






次の目的地


②龍虎塔
ここは、高雄では唯一の見所だそうで
竜の口から入り、虎の口から出る間に
願い事をすると叶うと言われているパワースポット











↑真後ろから見ると、こんな感じ(笑)

で、またまた7重の塔~


勿論、階段で上るよ~



最上階からの眺望










龍虎塔正面にある、お宮さんで
チョイ休憩~



すると・・・

何故か、強制的に?!
釈迦頭が出てきたっ



仕方なく、頂く~っ


って、これ
甘くてメチャクチャ美味しかったぁ


さて、お腹も空いて来た事で!

次は、ランチタイム




③飲茶の昼食


某ホテルの中のレストランへ案内され
飲茶コースを頂きました







う~ん
何を食べても、美味しい~

朝から
食べて、歩いて、上って、食べて
またまた、
食べて、歩いて、上って、食べる?


この3ループに完全に
ハマっている事務員さん’Sの前半編でしたね~


時間の都合で
今日はここまで~

後半は次回へ続くっ



~~~今日のおめざ~~~





事務員さんが選んだのは<練乳プリン イチゴ

コメント

研修旅行in台湾<高雄編>①

2018年04月16日 | 旅行記
今週も始りました~


今日からは、タイトルにあります
台湾<※高雄>の旅行記に付いて
ポチポチ掲載していきたいと思いま~す


(かなり、引っ張るかもよぉ

さて今回、店休を利用して
男性陣は、宮古島へ
女性陣は(今回は、事務員さんと奥さんだけでした
台湾<高雄3泊4日の旅>へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<※高雄>はこんなトコ
台湾第二の都市で、商工業都市として栄える高雄は
世界有数の港町でもある。

港からは、アルミニウム、肥料、セメント金属
などが輸出されている。


市街地は2エリアからなり、愛河より西側は老舗ホテルや
商店が並ぶ旧市街、東側はレストランやデパートが集まる
新市街とよばれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事務員さん達は、以前の社員旅行で<台北>
には行った事はあったので
今回は、高雄に目的地を定めたのでした




では。。。


<1日目>
リムジンバスに2時間ほど揺られ
成田に到着したのはフライト3時間前の午後3時


空港内を、ふらふらと、散策したり
(↑空港内の雰囲気って、何度来ても良い感じっ



諸手続きを済ませた後は


「4日間、宜しくね」の
お決まりの乾杯~

さぁ~18:00
いよいよ、フライトですっ






高雄空港に着いたのは、21;10
入国検査後、ホテルに到着は
既に、23時近くで
その日は荷解きだけ済ませて就寝


さぁ~
明日は1日OP観光を楽しんで、
夜は夜市に繰り出すハードなスケジュール


どんな1日になったのかは
次回へ続くっ



コメント