事務員さんのブログ

フジキ建設でお世話になっている事務員さんのブログです!
大好きなシュナ家族に囲まれ、毎日癒されております♪

研修旅行in台湾(最終日)

2018年04月25日 | 旅行

最後の晩餐後は、地下鉄にのり




移動した先は 巨蛋駅



今日の夜市は 、巨蛋駅から徒歩5分にある

「瑞豊夜市」(ルイフォンイエシー)です
-----------------------------------

コチラはガイドブックに載っていない
地元高雄の人に愛されていて
訪れる人の大半は若者!
高雄の流行の発信地の一つでもあるそうです。
-----------------------------------





とにかく、歩くのも大変なほどの
凄い賑わい




トスゲームや




輪投げなど、若者が遊べる屋台が
目白押しでした





クレーンゲームも大流行みたいで
スパイダーマンが呼び込みしていたっ



夜市からは、ホテルへ直帰し
帰りの荷造りをして

勿論?就寝~








これで、楽しかった
台湾ともお別れデス

朝一で、空港に向かうと



きゃ~
風での影響で遅延してるっ






飛行機大丈夫~



慌てても仕方ないので、スタバでコーヒーブレイクして

(↑インスタ映えしてない?






いざ出発~
って、コレ違った(笑)



帰りのはコチラね

30分遅れで搭乗し。。。




やっぱり・・
帰路もこうなるっ


風の影響は無く、遅延した割には
予定時刻に帰国出来た事務員さん’sでした




今回の旅、<高雄&台南>ですが

レトロかわいい『台南』
台北よりも人がゆったりとして、交通量も少なくて
急ぎ過ぎていなうえに、昭和初期を思わせる素朴ながらも
素敵な街でした

出会う方々も、とても親切で
穏やかな人たちが多く感じれました

それに、治安も良く物価も日本1/3と、
タクシーや、食事、
お土産にしてもお財布に優しい国です。

また、いつか行けると良いな~
と思わせてくれる国❗️

以上、事務員さんの台湾レポでした









~~~おまけの1枚~~

ドラックストア2Fにあった、
日本の名店(?)シリーズ








~~~今日のおめざ~~~




神戸ショコラ




明日かGWの方も多いですよね~

事務員さんも3連休に入りますっ

お出かけ予定の方は、くれぐれも
事故や怪我に気を付けて、
素敵な連休をお過し下さいね

コメント

研修旅行in台湾(台南 後半)

2018年04月23日 | 御朱印
さぁ~、
今日は<台南;後半>に付いて掲載していきますね~

炎天下の中を、一気に散策してましたが

そろそろ水分補給したいよね~

と、市場に向かいながら
それなりのお店を探すものの
一向に見つからず
着いてしまった、目的地⇓

⑤永楽市場


---------------------------
民族路から民権路のやや手前にかけての
國華街沿いにある市場。
台南でも屈指のグルメスポットで
美味しいものが集結している
グルメスポット。
---------------------------





お店はたくさんあるけれど
飲食店は、全くなくて。。。
たまに合っても、OPENは11時からと
なんとも、のんびりした街なのでした


さぁ~
次を目指して、炎天下の中
またまた歩く~!

朝から4時間も歩きっぱなしで
既に限界を超えながらも
フラフラ歩いていると。。。




やっとOPENしていた飲食店を見つけました


オアシスさながらに飛び込んだ
事務員さん’S

取りあえず、ビールは注文出来たものの
メニューを見てもチンプンカンプン






慌ててて翻訳アプリを起動させて
すったもんだしていると


店員さんが自分の翻訳アプリを出してきてくれて
親切丁寧にやり取りしてくれました


ホント、前回の台北でも実感しましたが
ココ、台南の人達も人情味が熱くて
親切な人達が多いんですよね~


お蔭で、美味しい料理にもあり付けました


って、2名でこれだけ?
って思うでしょ~?

その絡繰りは、夕飯に解明しますねっ



暫しのオアシスで、生き返った事務員さん達


さて、次の目的地↓


⑦神農街((神農老街)センノンジエ)


------------------------------------

レトロでおしゃれな建物が数多く並ぶ小さな路地、

全長300mほどの路地には、築200年以上もの
古い建物が立ち並んでいます。これらの古民家を
リノベーションしたカフェやギャラリー、ショップなども多く、
懐かしさと新しさが融合したおしゃれスポットとなっているんです。

------------------------------------











もう、やっつけ仕事並に
散策して~



いよいよ最後の↓


⑨林百貨店

-------------------------
林百貨店は、台南土産におすすめ

日本統治時代の1932に山口県出身の
林方一氏によって創立されました。
現在でも、日本統治時代のノスタルジックな
雰囲気を感じることができます。
-------------------------










最上階にあるテラスで、アイス休憩




バンザ~イ

これで全ての工程を制覇満喫した事務員さん’s





列車に揺られて、高雄に戻り
同じく足マッサージを受けて、ホテルにて休憩後


少しは早めの夕飯へ出かけましたよ



<老三海産>
ココは、事前にガイドさんに依頼しておいた地元民
御用達のシーフード料理店










豪華ディナー(?)の為に
昼食は軽めにして、最後の晩餐を迎えたのでした


勿論、日本語NGなので
ガイドさんに通訳して貰い
おススメの鮮魚をチョイスしながら
料理方法を選びました










アワビのガーリックソティーに、エビやイカの塩焼きや
お刺身に白身魚のフライ・・・
ガイドさんおススメの雲丹チャーハンも
全てが日本人好みでとっても美味しく頂きましたっ



食事の後は、地下鉄に乗り
またまた、夜市に出かけましたよ





食べて、歩いて
飲んで、歩いて
またまた
食べて、歩いて・・・

それにしても、朝から夜まで
凄すぎる、このパワーですよね~



時間の都合で
今日はここまで~


次回は、
<夜市と最終日>の掲載です



~~~今日のおめざ~~~





くまもん
クレープ







コメント

研修旅行in台湾;高雄<2日目 台南 前半>

2018年04月23日 | 旅行記
さぁ~

いよいよ3日目となりましたが
明日は、帰国だけの移動日

と、なると台湾を満喫できるのは
今日が最終日です

ガイドブックを見直すと、既に
高雄を堪能しきってしまったので
ココはガイドさんに意見を伺お~


前日、ガイドさんにお聞きしました

「明日の予定は無いのですが、
何かおススメのスポットとかありますか?」



「タイナン、オススメ~!
トッキュウデンシャナラ、1ジカンデ
イケルヨ!」


と、いう事で

ガイドブックと、Googleマップを片手に
今日は自力にて
高雄から台南へ繰り出した事務員さん’s

ちなみに、工程表は(笑)
コチラを参考にしました


コースチャートの所用時間は5時間30分
高雄⇔台南の往復(2H)も考慮したら、全ては回れないので
①~⑥と⑨に的を絞りました


ホテルを8時に出発し
高雄駅にて、乗車券とビールを買って~








こ~なるよねっ

1時間程すると
そこは<台南~>



何故か、高雄より熱く感じる

それもそのはずで

9時過ぎの時点で、29.9℃


(↑見難いけれど


まず、タクシーにのり
向かった先は①「赤崁楼(せきかんろう)」です。


-------------------------------
オランダ人によって建てられていたものですが、
その後歴史と共に何度も改修が加えられてきました。
そのため、赤レンガと中国様式の建物が組み合わされた、
独特の景観を楽しむことができるのです
-------------------------------










コイが沢山~






さっ!先は長いよ~
次、行ってみよ~

②祀典武廟
③大天后宮

-----------------------------------
17世紀半ば(1647年~1683年)に建てられた
祀典武廟(大関帝廟とも呼ばれる)は、台湾における
関帝廟の総本山だそうで、廟内には三国志で
おなじみの関羽が祀られています。

武廟に祀られている関羽は、簿記法を発明
したことから「商売の神様」
として台湾の人たちの信仰を集めています。

また、祀典武廟、台南大天后宮、
大観音亭、重慶寺は4大月老(=月下老人)
を祀る霊験あらたかな寺廟。
単に縁結びをするだけでなく、
それぞれに専門分野を持ち、悪縁を断ち切る力や
恋愛の悩みに関する数々を解決してくれます。

-----------------------------------








商売繁盛と、良縁の神様で、かなりのパワースポット
なのね~


じゃ、ここは本腰入れて
しっかりと参拝しないとねっ



って事で、長―いお線香を購入して
参拝っ








ってさ~ぁ


あまりにも祀られている神様、多過ぎて
参拝しまくりぃ~



さて、ココからは少し歩いて
④新美街へ

------------------------------------
レトロでおしゃれな建物が数多く並ぶ小さな路地。
全長300mほどの路地には、築200年以上もの
古い建物が立ち並んでいます。
これらの古民家を
リノベーションしたカフェやギャラリー、
ショップなども多く、
懐かしさと新しさが融合した
おしゃれスポット。
------------------------------------


Googleマップ片手に、歩いたものの
まさかの迷子っ



何故なら、予想以上に
小さな路地だったからでちた(笑)



生憎、ガイドブックに載っていたような
アートには遭遇できず






↑こんな感じの壁面アートは
みっけましたよ~





その後も、レトロな街並みを満喫しながら
またまた、徘徊散策~



今日は、お時間の都合で
ココまで~

次回はココ↓
⑤永楽市場

から掲載しま~す
コメント

研修旅行in 高雄<OP観光;後編>

2018年04月20日 | 旅行記
昨日に引き続きOP観光の続きで~す



★①九曲橋→②龍虎塔⇒③飲茶の昼食⇒④忠烈祠⇒
⑤イギリス人領事館⇒⑥高雄85ビル⇒⑦愛川(ナイトクルージング)
 ⇒⑧美麗島駅⇒⑨六合觀光夜市★

今日は
④忠烈祠から、一気に⑨六合觀光夜市
まで巻で掲載しちゃいますっ


④忠烈祠

------------------------------------
中華民国建国及び国共内戦・抗日戦争等で戦没した
烈士(英霊)を祀る神社。
日本統治時代のこの場所には高雄神社が建てられていた。
忠烈祠の特徴は、まず豪華絢爛な宮殿様式であること。
風水的な意味から、風通しが良く、見晴らしの良い場所が
選ばれているのそうで、ここ高雄の忠烈祠も
内や海を見渡す山の上にあり、眺めは抜群です。
------------------------------------







strong>⑤イギリス人領事館

------------------------------------
1865年にイギリス人によって領事館官邸として
この地に建てられました。
現在台湾に存在する洋館の中で最古のものと言われています。
「打狗」という名前は、高雄の原住民である平埔族が
このあたり地域を「Takau」と呼び、その後中国大陸から
移住してきた人たちがその音の聞こえから
「打狗」(ダーゴウ)の文字を当てたことから
この名が付きました。
そしてその後、日本統治時代に入った1920年、
発音が似ている「高雄」に再度改められました。
日本統治時代には、高雄海洋観測所 。
------------------------------------





偶然にも軍艦船が来た~っ



⑥高雄85ビル
------------------------------------
高雄市で最も高い建造物。台北市の台北101が
完成するまで台湾で最も高かった。
現在は台湾で2位。世界では21番目。

オフィスフロアを中心に、住宅フロア・商業フロア・
ホテルフロアがあり、37 - 85階には5つ星ホテルの
君鴻國際酒店(85 Sky Tower Hotel)が入居している。
74階の展望スペースからは高雄市内を360度見渡せます。
------------------------------------


丸印部分は、高雄空港
街のど真ん中なので、着陸する時が
ちょっと怖かったぁ~




お土産コーナー





台湾の16民族が展示されてました







↑おっと!!
高雄にもあったのね~

ハイ!IKEAとコストコを発見しちゃいましたヨ


以上でOP観光の工程は全て終了~


かなり強引な巻き、巻き、にて掲載しましたが
この日だけで
高雄の観光名所は殆ど堪能した事務員さん’s


1日お世話になったガイドさんとは一旦お別れし
ホテルで暫しの休憩後


愛河のクルージングに出かけましたよ~

⑦愛


------------------------------------

台湾が主権を回復してからは、
河原の両側に河川敷公園が整備され柱も立てられました。
ケーブルで囲まれた沿岸は緑あふれる
美しい公園へと生まれ変わり、そこは愛を語り合う恋人たちの
デートスポットになりました。
これが愛河という名がついた由来です。

------------------------------------


が。。。

暫し、夜景にはまだ日が高く
お腹も減ったし~、喉も乾いたね
って事で
辺りが暗くなるまで



事務員さん達が選んだ場所は
その名も<東京酒場>




日本語メニューに対応しています







100元(約400円)均一的なっ?居酒屋


意外にも、お刺身が美味しかった
さすが、港町






これさぁ~焼酎なのにストロー付き
思わずヨッパした事務員さん



さぁ~
ほろ酔いになり、辺りも良い雰囲気になったところで

女子(おばちゃん)二人での、ナイトクルーズへ









その後、地下鉄に乗り
⑧美麗島駅

---------------------------------
台湾を震撼させた民主化運動の美麗島事件から
名付けられている。この駅のパブリックアートは
Maestro Narcissus Quagliata(
中国語:水仙大師)による祈りを表現した
「光之穹頂(The Dome of Light)」
と題した見事なステンドグラス作品。
---------------------------------














本当に、息をのむ程に素敵なステンドグラスには
圧巻されました


⑨六合觀光夜市

------------------------------------
1950年代、現在の高雄市新興区大港埔近くの
空き地に小吃の屋台が出店し始め、その数を徐々
に増やしていったことから、大港埔夜市と
呼ばれるようになった。その後、
さらに出店数は増え続け、名前を現在の六合夜市
と変え、現在では138の屋台が軒を連ねている
------------------------------------





なんと
市場に入ってすぐに見つけた
MEID iN 台湾? シュナちゃ~ん



そこは、ペットの屋台





どれも可愛いけれど、我が家のワンズには
規格外の為、スルー





その後、市場を満喫し帰路した事務員さん達


ふ~う
何とか、ハードスケジュールを熟した事務員さん’S



最後に、足マッサージをして、ホテルに戻った後は

もちろん・・・

爆睡~

明日は2日目
どんな1日になるのかな~


で。次回へ続くっ




コメント

研修旅行in 高雄(OP観光編;前半)

2018年04月19日 | 旅行記

今日は、OP観光にて

①九曲橋→②龍虎塔⇒③飲茶の昼食⇒④忠烈祠⇒
⑤イギリス人領事館⇒⑥高雄85ビル⇒⑦愛川(ナイトクルージング
⇒⑧美麗島駅⇒⑨六合觀光夜市

①~⑥までは、OPですが、その先は
自力での予定
それにしても、かないハードなスケジュール
大丈夫かなッ




その前に、ホテルで
しっかりと腹ごしらえして





後は
出発まで時間があったので
ホテルから徒歩15分程にある
<駁二芸術特区>へお散歩
-----------------------------
「前衛」「実験」「イノベーション」をテーマに
旧倉庫街をリノベーションした複合アートスペース。
-----------------------------
 

残念ながら、OPEN前で
お店はしまっていたので、アートのみ鑑賞しました







近くには、路面電車が走ってましたよ~



さすが
アートスペース
マンホールの蓋さえも
お洒落~~


お天気⇒快晴
気温⇒30度弱

そんな中、歩く歩く事務員さん



さぁ~

ホテルに戻り、ツアーバスに乗り込んだ事務員さん’s

まず最初に向かった先は

①九曲橋

-----------------------------
澄清湖にあるジグザグに曲がった橋で
魔除けでもあるそうです!
(魔物(邪気)は、まっすぐ走れなないので、曲がることで難を逃れられる)
また、この橋を渡ると
健康成就できるそうです。
-----------------------------




ここでも、歩く歩く事務員さん





7重の塔に、ひるむ事なく
階段を上り(結構、キツイから~
苦労した後の、絶景~






次の目的地


②龍虎塔
ここは、高雄では唯一の見所だそうで
竜の口から入り、虎の口から出る間に
願い事をすると叶うと言われているパワースポット











↑真後ろから見ると、こんな感じ(笑)

で、またまた7重の塔~


勿論、階段で上るよ~



最上階からの眺望










龍虎塔正面にある、お宮さんで
チョイ休憩~



すると・・・

何故か、強制的に?!
釈迦頭が出てきたっ



仕方なく、頂く~っ


って、これ
甘くてメチャクチャ美味しかったぁ


さて、お腹も空いて来た事で!

次は、ランチタイム




③飲茶の昼食


某ホテルの中のレストランへ案内され
飲茶コースを頂きました







う~ん
何を食べても、美味しい~

朝から
食べて、歩いて、上って、食べて
またまた、
食べて、歩いて、上って、食べる?


この3ループに完全に
ハマっている事務員さん’Sの前半編でしたね~


時間の都合で
今日はここまで~

後半は次回へ続くっ



~~~今日のおめざ~~~





事務員さんが選んだのは<練乳プリン イチゴ

コメント