~~ あまくさ ~~  スコタコ ブログ

Ama-Biz 天草松島 津教会 大江天主堂 イルカ ハイヤ 気嵐
切支丹館 殉教公園 島原の乱

阿蘇山とイルカ観光が上位 

2019-03-26 19:28:33 | 日記
阿蘇山とイルカ観光が上位 
下のキーワードを検索して下さい。
1 熊日 阿蘇山とイルカ観光が上位 アジアの旅行者対象、九州の関心度調査

阿蘇山とイルカ観光が上位 アジアの旅行者対象、九州の関心度調査
2019/3/26 12:00
©株式会社熊本日日新聞社
 九州観光推進機構(福岡市)がアジア地域の旅行者を対象にした九州観光の関心度調査によると、北京(中国)と香港では阿蘇山への関心が最も高かった。上海(同)では天草のイルカウオッチングがトップだった。

 韓国や台湾、タイ、シンガポールなど11の国・地域を対象に、日本を訪れた経験がある150人にインターネットでアンケートを実施。九州各地の観光資源50件を写真と説明文で紹介し、「行ってみたい」と思う観光地や体験を選んでもらった。中国は北京と上海に分けて聞いた。

 阿蘇山は台湾、フィリピン、マレーシア、インドネシアでも3位以内に入った。イルカウオッチングは韓国と香港で3位。このほか、球磨川のラフティングが上海とインドネシアで3位に入った。

 韓国、中国など東アジアでは温泉や体験型観光が人気だったのに対し、東南アジアでは自然景観や、「福岡の屋台」「果物狩り」といった食関連への関心が高い傾向にあった。

 同機構は「調査結果を踏まえつつ、ニーズに合った旅行商品の展開、受け入れ環境の整備を検討していきたい」としている。(宮崎達也)




コメント

1 かかし五輪 2 遠藤周作文学館

2019-03-26 09:39:06 | 日記
1 かかし五輪 2 遠藤周作文学館
下のキーワードを検索して下さい。
1 読売 かかし五輪「開幕」 天草宮地岳

かかし五輪「開幕」 天草宮地岳
表情豊かなかかしが並ぶ「宮地岳かかし村」表情豊かなかかしが並ぶ「宮地岳かかし村」
 天草市宮地岳町の国道266号沿いの広場に、約420体のかかしでつくった実物大ジオラマ「宮地岳かかし村」が24日、「開村」した。

 地元の宮地岳地区振興会の主催。2009年に高齢者の生きがいづくりの一環として、地元有志が6体を展示したのが始まりで、かかしは毎年増え続け、町の人口(約500人)に迫っている。

 今年は高齢者ら約50人が海岸に打ち上げられた発泡スチロールなどの廃材を利用して作った約50体を追加。来年開かれる東京五輪・パラリンピックにちなんだ「かかし村オリンピック」をテーマとした。

 かかし村には、体操や重量挙げなどに挑む躍動感あふれる選手や、声援を送る表情豊かな観客を表現したかかしが並んだ。足袋をはいて力走する「金栗四三かなくりしそうかかし」も登場した。

 開村式では、かかし村の碓井弘幸代表(80)が「かかしたちに、以前のにぎわいを取り戻してもらった」とあいさつ。小学生らが聖火リレーし、「聖火台」に点灯した。5月6日まで。問い合わせは、宮地岳地区振興会(0969・28・0001)へ。


2 西日本 遠藤周作文学館人気上々 長崎市 昨夏改装「思索空間」心つかむ 「沈黙」イメージ…窓に角力灘、音楽や書籍 [長崎県]

遠藤周作文学館人気上々 長崎市 昨夏改装「思索空間」心つかむ 「沈黙」イメージ…窓に角力灘、音楽や書籍 [長崎県]
2019年03月26日 06時00分
思索空間アンシャンテでは、外海の眺望が満喫できる
思索空間アンシャンテでは、外海の眺望が満喫できる

写真を見る

館内の本棚には「沈黙」や「死海のほとり」など約100冊の本が並ぶ
館内の本棚には「沈黙」や「死海のほとり」など約100冊の本が並ぶ
 かつて潜伏キリシタンが多く暮らした長崎市東出津町にある遠藤周作文学館が、昨夏のリニューアル以来、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録も相まって来館者を伸ばしている。人気のコーナーは、隣接する喫茶店を改装した「思索空間アンシャンテ」。代表作「沈黙」をイメージしたつくりが、ファンをはじめ幅広い世代の心をつかむ。

 空間に踏み入れると、ガラス窓の向こうに青い角力灘(すもうなだ)が広がり、木管楽器パンフルートの即興曲「グレゴリアンの調べ」が流れる。遺品の中のレコードにあった曲だ。

 遠藤作品を中心に約100冊の本が置かれ、カウンター席やソファで手にする来館者の姿も。広さ約120平方メートル。木目調の壁が心を落ち着かせる。「忙しい生活から少し離れて、ゆっくりと時間を過ごしてほしい」。遠藤の遺族が、この地を訪れる人たちに願った思いを具現化している。

 信者の暮らしを撮り続けて35年になる写真家の吉永友愛さん(74)。文学館には何度も来ており、新しくできたこの空間もお気に入り。「心が洗われるような気持ちになれる」と表現する。初めて子どもと訪れた30代主婦は窓の外を眺め「近所なので見慣れた景色だけれど、改めて雄大さに感激した」。感性を揺さぶる何かがこの空間にはある。

 文学館の2016年度の来館者数は2万442人、17年度は2割増の2万4335人。世界遺産に登録された18年度は、15日現在で既に前年度を29人上回っている。以前は高齢者の来館が多かったが、リニューアル後は外国人観光客や家族連れも増えている。文学館は「文学や人生、さまざまなことに思いを巡らせませんか」と呼び掛ける。遠藤周作文学館=0959(37)6011。

=2019/03/26付 西日本新聞朝刊=

3 西日本 島原・天草一揆幕府軍の砲弾出土 原城跡二ノ丸 16日に現地説明会 [長崎県]

島原・天草一揆幕府軍の砲弾出土 原城跡二ノ丸 16日に現地説明会 [長崎県]
2019年03月09日 06時00分
「島原・天草一揆」当時のものとみられる弾丸などの遺物が確認された原城跡・二ノ丸の発掘現場
「島原・天草一揆」当時のものとみられる弾丸などの遺物が確認された原城跡・二ノ丸の発掘現場

 世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する原城跡(国史跡)の「二ノ丸」で初めての発掘調査を進めている南島原市は8日、江戸時代初期に起きた「島原・天草一揆」(島原の乱、1637~38年)当時のものとみられる砲弾などの遺物を確認したと発表した。16日に現地説明会を開く。

 市世界遺産推進室によると、本格的な発掘調査は2006年度に本丸の発掘調査を終えて以来。二ノ丸の多くは農地でほ場整備も行われていることから、本年度は二ノ丸西側の21カ所で試掘し、地中の遺物や遺構の残存状況を調べた。

 二ノ丸は一揆軍が幕府軍とにらみ合った最前線。幕府軍が撃ち込んだとみられる鉄製砲弾(直径約4センチ)や鉛製銃弾(同約1センチ)、古銭、瓶や皿などの陶磁器片、丸瓦などが出土した。6発の銃弾が見つかった試掘坑もあった。

 今回の発掘成果を踏まえ、文化庁などと協議して詳細な調査を進め、22年度をめどに報告書をまとめる。伊藤健司学芸員は「農地化が進んだ二ノ丸から遺物が出土したことは今後の調査につながる」と話した。

 現地説明会は16日午前10時半、11時半、午後1時、2時からの4回。小雨決行。市世界遺産推進室=0957(73)6706。

=2019/03/09付 西日本新聞朝刊=


コメント

1 たった1人の卒業式 2 任期は全う

2019-03-26 02:17:20 | 日記
1 たった1人の卒業式 2 任期は全う
下のキーワードを検索して下さい。
1 TKU 上天草市の湯島小学校でたった1人の卒業式

上天草市の湯島小学校でたった1人の卒業式
2019.03.25 18:55

上天草市の湯島小学校で22日、たった1人の卒業式がありました。全校児童6人のうち唯一の6年生・松尾和華さんが「中学校では勉強や部活を頑張ります」と述べました。在校生5人が学校生活や行事などで助けてもらったことなど松尾さんとの思い出をそれぞれ発表。松尾さんも6年間の思い出を披露すると、思わず涙がこぼれました。「中学校に行ってもみんなと会えるので、あまり悲しくないかと思っていたけど…」と松尾さん。4月から小学校と併設されている湯島中学校に入学、これからも一緒に学校生活を送ります。

2 RKK 天草市議が車検切れの車を運転

天草市議が車検切れの車を運転
2019年03月25日 19:08 現在
去年、車検切れのトラックで公道を走ったとして警察に摘発された天草市議会議員が、議員を続ける考えを明らかにしました。

この問題は去年10月、天草市の宮下幸一郎議員が、車検と自賠責保険が切れたトラックで公道を走ったとして警察に摘発され、その後、罰金35万円の略式命令を受けていたものです。
警察によりますと宮下議員が所有していた車検切れのトラック2台うちクレーン付きトラックの車検と自賠責保険は、22年前の1997年にはすでに切れていました。
また宮下議員は、その事を認識した上で、友人にもトラックを貸していたということです。
問題発覚後、25日が初めての公の場となった宮下議員は、一時は辞職する考えもあったとしながら、続投を決めたことを明らかにしました。
「市民のみなさんと話し合うなかで『任期は全うしてくれないか』という事もあったので、恥をしのんで、もうしばらく頑張ってみようかな。と」(宮下議員)


コメント

宮地岳かかし祭り始まる

2019-03-25 16:04:43 | 日記
宮地岳かかし祭り始まる
下のキーワードを検索して下さい。
1 RKK 宮地岳かかし祭り始まる

宮地岳かかし祭り始まる
2019年03月25日 11:55 現在

天草市宮地岳町では昔の農村風景を「かかし」で再現した「かかし村」がお目見えしました。

今年で6回目を迎えた「宮地岳かかしまつり」。
今年のテーマは来年の東京オリンピックを盛り上げようと「かかし村オリンピック」です。

初日のきのうは聖火ランナーが聖火台に火を灯し開幕しました。
地元住民が生きがいづくりなどを目的に作り始めた「かかし」も今では420体に増え、会場には鉄棒やハードル、平均台などオリンピック競技に挑む躍動感あふれるかかし達が再現されています。
中には日本マラソンの父とされる金栗四三を思わせるかかしも見られました。

「かかし達の元気な姿で自分も元気をもらってもらいたい、かかしと一緒に楽しんで笑顔になってほしい」(かかし村代表碓井弘幸さん)

地区の人口に迫るほど増えたこの「かかし村」は5月6日まで展示されています。

コメント

かかし村

2019-03-25 15:32:21 | 日記
かかし村
下のキーワードを検索して下さい。
1 NHK 熊本県のニュース|NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/

地域ぐるみの催しかかし村
03月25日 05時59分

熊本県天草市で、地域の人たちが手作りしたかかし420体を展示する催し、かかし村が始まりました。

催しは、熊本県天草市宮地岳町の地域ぐるみのイベントとして毎年、この時期に行われていて、ことしも、広場や川の土手などに地域の人たちが手作りしたかかしが展示されています。

このうち、かかし村オリンピックというテーマの展示では、鉄棒や綱引き、ハードルなどに取り組むかかしとそれを応援するかかしたちが並んでいます。

また、祭りの行列や釣りを楽しむ姿など、のどかな農村の風景もかかしで再現されています。

ことし展示されているのはあわせて420体で、これまででもっとも多いということです。

宮崎県から訪れた70代の男性は「最近はあまり見られなくなった昔の農村風景を見ることができてうれしいです」と話していました。
かかし作りの中心メンバーの碓井弘幸さんは「昔を思い出していただければと思います」と話していました。
かかしの展示は5月の大型連休まで行われています。

コメント