カニさんのブログ

お酒やラン、旅行、写真など好きなことのブログです
ブログはかめぞうからの移転です。

流氷散歩とオホーツク流氷クルーズ 2日間

2017-03-08 08:16:54 | 
3月6、7日と流氷散歩とオホーツク流氷クルーズ 2日間に行ってきました

日程は

中部国際空港(13:25発)--女満別空港(15:15着)--○北浜駅(オホーツク海に一番近い駅)--△流氷街道--知床ウトロ温泉(泊)

知床ウトロ温泉--○斜里(流氷の上を散策)--○濤沸湖(白鳥の飛来地)--網走港--(◎流氷砕氷船「おーろら」乗船/約60分)--網走港--網走(海鮮市場でお買い物)--○天都山テラス(冠雪の知床連山や流氷オホーツク海を眺望)--女満別空港(15:50発)(--中部国際空港(18:00着)

北海道滞在時間は24時間35分


まずは7日の天気が悪そうなので先に天都山テラス





う~んかなり流氷は遠くに



ズーム200mm望遠で撮ってますから近くに見えても距離はありそうです



北風がかなり強く吹かないと近づかない

明日はおーろら号からの流氷はダメかも

知床連山



網走監獄





知床に近づくと流氷も多くなってきます(バスからの眺め)





ここまで来ると流氷もたくさん留まっています



知床プリンスホテル 風なみ季 生ビールと赤ワインハーフ



部屋で寝る前に




斜里(流氷の上を散策



雪も降っていて空は灰色、まるで白黒写真の様



雪が積もって流氷の凸凹がわからない いきなり足がずぼっとはまることも









沖合へ行こうと思うも足が雪に埋もれて歩きにくくていけない

深く足が入るのは流氷の隙間

ここに足がはまるとちょっと嫌なのでそれ以上前に進みませんでした

結局近くで終わりました

もし行く機会があればドライスーツ着て歩くツアーがいいな~

バスの車窓からオシンコシンの滝







濤沸湖




流氷砕氷船「おーろら」乗船



氷泥





港湾内に残された流氷







結局、流氷は近づかず時間内に流氷まで行けないので差額のお金返してくれました(涙)


北浜駅    今日はずっと雪でした





駅舎の中 天井まで貼ってあるがどうやって貼ったのかな?



めったに来ない列車、見れました 北海道って感じします♪





10時40分発 この1本前は3時間43分前の始発6時57分、1本後は何と4時間48時間後の15時28分 

すごいタイミングで見ることが出きました(上りの列車が11時38分にありますが)



途中でも見えましたがピントが窓に・・・・





鳥やキタキツネ鹿も見ますがバスの移動中からの撮影は難しかったです



オジロワシの子供



大鷲とオジロワシ



アップで写した瞬間電柱が・・・・・(涙)





白鳥も



おーろら号から



鹿が檻にかかっていました すごい数です いつかは食べられてしまうんでしょうね



初日に通った時ガイドさんが言っていました

明日にはもっとたくさんの鹿が入っていますよ

何も食べるものがないので餌につられた入ってしまいます

鹿は食べるものがないので木の皮でも食べますが栄養になるわけでもなく

ただ空腹を満たす為に食べるそうです

被害が大変ですがちょっと可哀そうですね

栄養状態が悪くて内臓脂肪が0なので栄養をつけてから・・・・・・・・



海鮮市場で食事と買い物

セントレア空港に着いてバス待ちの時間が一番寒かった

24時間の北海道の旅それなりに良かったです


2週間前のツアー、ホテルが原因のノロウイルス

43名中25名が体調を崩し旅行会社から見舞金5千円送金するそうです

自分もちょっと胃腸風邪のような痛みがありました

滅多にあり得ないことに遭遇しました

流氷観光砕氷船おーろら号のホームページによると、翌日は(水曜日)所要時間を最大30分延長して流氷帯をご覧いただきました。延長する際はweb、お電話などでご案内しておりますのでご確認下さい。との事

う~ん我々の時も延長して行って欲しかった

ここのホームページからの写真をお借りしました







タイミングが良ければ ↑ こう見えるはずだったのに



にほんブログ村
コメント (6)