アンダンテ ~私の歩幅で~

季節のこと、音楽のこと、誕生日シリーズなど

100日咲き続ける花

2021年08月31日 | 季節の風景


今年の夏。
暑い日はありましたが、猛暑日は少なかった東京です。

夏を彩る花の1つに、百日紅がありますね。
百日紅と書いて「サルスベリ」。

「百日紅」は、約100日間、紅い花を咲かせることから。

といっても、同じ花が100日ずっと咲いているわけではなく、
咲いては散り、咲いては散って、
全体として花が絶えないから。

「サルスベリ」は、木登りが得意な猿でも滑るくらい
木の表面がツルツルしていることから。

どこに着目するかによって
つける名前が違ってくるんですね。

「百日紅」と書いて「サルスベリ」と読ませる日本語も凄い。

景色は、もうしばらく夏が続きそうですが、
虫の声が聞こえてきたり、
暑さの中にも爽やかな空気が感じられたりと、
少しずつ、秋の気配が漂ってきています。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 春分って何? | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

季節の風景」カテゴリの最新記事