びわこオオワシ夢日記

びわ湖で越冬するオオワシを追って28年、オオワシを通じて「人とひと」の出会いと自然を大切にしたいと思っています。

破れ傘クマママ

2020-08-09 | クマタカ
今日は日曜日、2店舗へスイカの出荷を終えたのが10時。
じゃ午前中鳥撮、山道は土砂崩れでどこも入れないし、その工事l中でクローズ。
おっ!今日は日曜日、工事は休みのはず。
じゃっこっそりと。
何とか観察ポイントにたどり着いた。
車はドロドロ😢
待つ事、15分、出てきた。

やっぱり破れ傘だ。

旋回してくれる。

徐々に高度を上げて。

遥かへ消失。

巣の近くをサシバが通ったが無反応。
若の声も聞こえなかった。
工事休みの日、お盆かなぁ。また来よう。
でも、暑かった。
くま1 サシバ1 オオタカ1 後は小っこいの5つほど。
コメント

パパとママ

2020-08-05 | 小物
葉刈りの道具を整備していたら我が家の上でイソのママが鳴きだした。
久しぶりだから写す事に。

子離れしたのかリラックス模様。

飛び出したら隣の庭へ。虫探しだ。

枯れツルのようなものをなぶっていた。

近くへ車が来て飛び去ってしまった。
夕方またママが来て鳴きだした。

盛んに鳴くので辺りを見渡していたらパパが来た。

ママとパパの距離は6-7m

暫く鳴き交わしている。何かを喋っているみたい。
想像すると、
あんた、今晩何処で寝るの?
わしゃいつものところだ。
じゃ私もそこにしょうかしら。
かまわんけど。
じゃお先に。

と今夜は私の頭の上のシャッターケースの上で久しぶりの愛の語らいかなぁ(笑)
今夜は満月だそうだ。
イソちゃんごちそうさま。

コメント

お庭に巣

2020-08-03 | その他
庭の剪定をしていたら、梅の木に何かある?よく見たら🐦の巣です。暫く離れて様子見たら、もぬけの殻で空き家でした。それじゃと良く見える様にして📱でカシャカシャと。
もし、子育て中だったら?
はい、作業中断しその庭は後回しにします。そして遠くから観察します。
巣の大きさから多分ヒヨでしょう。
来年ここで栄巣する事はありません。
安定第一です。
コメント

お寺の松

2020-08-01 | その他
ようやく長いトンネルから抜けた。待望の夏の到来。
明日はお寺さんの清掃作業、生憎私は用事で不参加。
毎年松の葉刈りは私の仕事にあてがわれている。
それじゃと私の担当分を前々日にすることに。
before

after

で帳消しにしていただこうかな?

一つのトンネルは抜けたが、長い長いコロナのトンネル、いつ抜け出せるやら。
コメント (2)

出穂

2020-07-28 | その他
世間はコロナ騒ぎをしている間に、田んぼではもう出穂が始まっています。
勿論極早生品種です。後ひと月ほどで稲刈りですが、その頃はコロナどうなっているんかなあ
コメント

葉刈りの合間に

2020-07-27 | 小物
他所の庭の葉刈りを初めて今日で5日目、普段なら1.5日で完了がこの雨で、1時間、30分、等々小刻み作業の繰り返しで
足かけ5日だ、それでも小雨は作業してきた。
今日こそはと馬力掛ける。
休憩していたら、カタカタカタとイソヒヨの鳴き声、近くに来ている、じゃ!と軽トラのカメラ片手に待っていた。
カエルの横に来た。ママだ。

葉刈りのゴミを入れるコンテナをのぞき込んでいる。

飛び降りて何かを咥えてきた。

アブラゼミだ。

土の中からやっと出て来たのにもう餌だ。可哀そう。(セミ側から)

さあご馳走だとヒナのところへ(鳥側から)
これが自然、厳しいなぁ。
休憩を終わりもうひと頑張りして夕方一丁終わり!

疲れました。
コメント

一日☂

2020-07-25 | ミサゴ
長浜市もコロナが出て、暗いニュースにこの雨だ。
しかし天気が悪いと人の出が悪く(逆に密になるかなあ)コロナには幸いの雨か?
気晴らしにドライブ。
ミサゴの若が餌をもらって食べていた。

食べ終わったら、誰に教えてもらったか、ちゃんと嘴掃除だ。 大したもんだ。

ご馳走様とでも言っている様。

10分ほどの鳥撮、雨はずーつと今まで降り続いている。
なぜかヒグラシも寂しそうな鳴き声だ。
コロナ野放し状態、誰が責任取るのか。政治は動かない。
一旦緩めてしまうともう戻れない。
コメント

おや、まあ!

2020-07-23 | ノスリ
雨の止み間に、山を見ていたらトビやカラスでない鳥が現れた。
急ぎ写す事に。
おや、まあ! 何とノスリだ!

湖北では夏場のノスリは見聞きしたことが無い。
隣の岐阜県では栄巣しているそうだが、どうも関ヶ原近辺が南限のようだ。
だとすると湖北でも繁殖?
とりあえず今の時期で珍しいから写す事に。

尾羽が抜けている。
独身の鳥か?

風に乗って上空遥かに。
もう2か月ほどすると渡りだが、今ではちと早い。
コメント

梅雨の中休み

2020-07-22 | ミサゴ
梅雨の中休みにあちこちミサゴを見にドライブ。
こちらではカラスにまつわりつかれたり

ランデブーだったり。

ある所では遠くを通過したり。

またある所では
こんなに近くを飛んでくれたり。

もひとつおまけも。

風があるとよく飛んでくれたミサゴドライブでした。

コメント

葉刈り

2020-07-22 | その他
昨日でようやく我が家の庭の葉狩り作業が終わりました。
赤松は樹齢300年以上の松です。
葉刈りの作業は足場の設置で決まります。

時には三脚へ足場板を掛ける危険作業も。
延べ4日がかりでした。

今日はお休みして明日から外回りの巡業です。
密にならないよう、家の人が居られない日を選んで出かけます。
今日は両腕パンパンで休養日。
コメント

雨の止み間に

2020-07-18 | ミサゴ
7/18 その2 雨の止み間にミサゴへお散歩。
現場に着いたら霧雨だ。
割と低いところに居たが雨で写すか迷う。とりあえず。

すぐ横の木にも。

おや?ここに移動か?

親が魚を持ってきて巣にポイっと。
それを見て1羽が受け取りに行き、巣から持ち出した。

大きな茂みの中へ

多分完食だろうが雨が降り出したのでお散歩おしまい!
雨の止み間のミサ日記でした。

コメント

破れ傘

2020-07-17 | クマタカ
7/18 今朝も雨音で目覚めました。 無論セミも小鳥たちの鳴き声は無い。
少しの止み間に畑へ、途中山本山が奇麗だったので1枚パチリ。

一昨日の葉刈りで腕と肩がパンパン、よって昨日はお仕事はお休み。
天気は終日曇りマーク、それじゃとクマタカ見にと意気込む。
殆どの林道は山崩れ(山抜け)や林道が川に成りえぐれて道じゃない状態に。
唯一たどり着ける取って置きの観察ポイントへ。
暫くしたら稜線向こうにクマが出た。

遠く高くで旋回して消失。
暫く沈黙が。
また出てきた。

おやまあ!破れ傘状態のぼろぼろ。
子育てでお疲れ気味か?

5分ほど旋回して再び稜線へ消失。
その後小雨、しばらくしたら本降りに、そこまでと濡れる前に撤退しました。
次回は晴れの日に来たい。
コメント

夏場所初日

2020-07-16 | その他
長雨で葉刈り作業が大幅遅れ、スタートは我が家を終えてから他所回りにしているが納期の迫る所からのスタートに。
木之本地蔵の境内にある春渓寺の松が夏場所初日となった。
樹齢300年以上の黒松の銘木で横から見ると龍のようで、私は龍松と呼んでいる。
bifo-

after

で疲れました。
毎年なら私が葉刈りをしていると、参拝者の方から声を掛けられる、仕方を教えてとか、木が弱っているとか。
大体7-8人は居られたが今年は0でした。大体参拝客が1/10以下でした。
それと、ここは大きな寺院で毎年イソヒヨが子育てしていて、若がちょろちょろ飛び回る頃。今年は気配もなし。
ここにもコロナの影響でしょうか。
go toトラベルキャンペーンをコロナばら撒きキャンペーンとは良く言ったもんだ。

無観客の初日でしたが、さすがに疲れました。
歳を考え無理せずに、明日はお休みにしょう。
コメント (5)

雨の後は大雨警報

2020-07-15 | ミサゴ
今日もまた朝から雨が降り続く。
今朝は初めてミンミンミンミーの声を聴きました。ヒグラシの朝鳴き。
今年はセミも自粛して鳴かないのかと思ってたが?ようやく聞けました。
でもまだ走りでか、マスクして鳴いているのか?静かな弱弱しい少数団だった。
で、今日も1日雨、昼過ぎには大雨警報が出る始末。結局大雨にはならなかったが、
霧雨的な雨と、本降りの繰り返しでした。
ストレス溜まるのでちょっと息抜き。
ミサゴファミリーへ。
遠いからどれが親や若か肉眼で識別できず、とりあえず写す事に。
2つ居た。

ここにも。

親がどこからか帰って来た。

留まった。

今度は割と低いところを。

Uターンして。

留まるぞ。

風が無いのでああえらかった。

北が雨で真っ白になりかけ大急ぎで撤収、30分のミサちゃんでした。

コメント

今日も☂

2020-07-13 | 風景
雨が降り出す前にクマを見に行こうと準備中にもう雨だ。
じゃどうする? 手間がかかり普段出せない野菜の出荷準備をし、出荷の帰り道の寄り道だ。
今日もミサゴファミリーへ。
雨の中、全家族が留まっていたが雨のザラザラで写真にならない。

ここにも、

飛ぼうか?

どうするんや!

若は興味津々雨にもめげず動き回る。

そら!

気持ちいい!

何処に留まろうか?

等とは知らないが若はよく動いていた。
何日か後になると、若を連れて狩りの練習が始まる。
それにしても今年は良く降るなあ。明日も雨の予報だ。



コメント