【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

朝日杯フューチュリティSなど重賞4勝馬【サリオス(Salios)】がスタッドイン

2022年12月21日 | 種牡馬情報
2022年12月21日(水)午前8時、2019年の朝日杯フューチュリティS(G1)など重賞4勝馬【サリオス(Salios)】が、種牡馬として繋養される「社台スタリオンステーション(SHADAI STALLION STATION)」(北海道勇払郡安平町)に到着しました。
SALIOS arrived in SHADAI STALLION STATION.


写真:到着したサリオス(Salios)

サリオス(Salios)は、父ハーツクライ、母サロミナ(母父Lomitas)という血統の5歳牡馬(生産牧場:ノーザンファーム)。母のサロミナは独オークス(G1)勝馬、半姉にサラキア(G2-アイルランドT府中牝馬)やサロニカ(OP-エルフィンS)、半妹にサリエラ(G2-ローズS2着)がおり、ブエナビスタ、ソウルスターリング、シュネルマイスターなどを輩出している「ドイツのSライン」に属する名牝系です。
現役時は堀宣行厩舎(美浦)所属(馬主:有限会社シルク)で、2歳時6月のデビュー戦(東京・芝1600m)を2馬身差の完勝で飾り、続くG3-サウジアラビアロイヤルカップ(東京・芝1600m)を1分32秒7の2歳レコードをマークして重賞初制覇、そして臨んだG1-朝日杯フューチュリティステークス(阪神・芝1600m)では1分33秒0のレースレコードで完勝し無傷の3連勝でG1初制覇を成し遂げました。3歳時は皐月賞と東京優駿をコントレイルの2着、秋のG2-毎日王冠(東京・芝1800m)では初の古馬相手に3馬身差で完勝し重賞3勝目を飾り、5歳時のG2-毎日王冠(東京・芝1800m)では1分44秒1のコースレコードで重賞4勝目を挙げました。
通算16戦5勝(重賞4勝)という成績で引退が発表され、2023年度種付料は近日発表予定です。

動画:朝日杯フューチュリティS(2019年)

動画:毎日王冠(2022)

【サリオス(Salios)】
父ハーツクライ 母サロミナ(母父Lomitas)
2023年度Fee:近日発表
競走成績:16戦5勝(重賞4勝、G1-朝日杯フューチュリティSやG1-毎日王冠(2回)など)
種牡馬成績:2023年より供用開始。初産駒は2026年度デビュー。


写真:到着したサリオス(Salios)

 <種付に関するお問合せは>
  社台スタリオンステーション
  〒059-1432 北海道勇払郡安平町早来源武275
  tel:0145-22-4581 fax:0145-22-4583
  ⇒公式ホームページ
  ⇒2022年度スタリオンパレード
  ⇒2021年度スタリオンパレード
  ⇒2020年度スタリオンパレード
  ⇒2019年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2018年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2017年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2016年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2015年度スタリオンパレード
  ⇒2014年度スタリオンパレード
  ⇒2013年度スタリオンパレード
  ⇒2012年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 ]
  ⇒2011年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 ]
  ⇒2010年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 ]
  ⇒2009年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4 | Vol.5 ]
  ⇒2008年度スタリオンパレード[ Vol.1 | Vol.2 | Vol.3 | Vol.4 ]

 <参考>
  ・種牡馬情報検索

by 馬市ドットコム

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スプリンターズSなど重賞3勝... | トップ | 【レックススタッド】の「202... »
最新の画像もっと見る

種牡馬情報」カテゴリの最新記事