【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

JBBAが【カラヴァッジオ(Caravaggio)】の導入を発表

2022年10月14日 | 種牡馬情報
JBBA日本軽種馬協会は2022年10月14日(金)、現役時はコモンウェルスC(英G1)フィーニクスS(愛G1)のスプリントG1競走を2勝し、種牡馬としては2021年欧州ファーストクロップリーディングサイアーに輝いた【カラヴァッジオ(Caravaggio)】(2014年生、8歳、米国産)の導入を発表しました。
CARAVAGGIO to stand at JBBA stud in Japan.
種牡馬カラヴァッジオ(Caravaggio)導入決定のお知らせ(by JBBA)

カラヴァッジオ(Caravaggio)は、父Scat Daddy、母Mekko Hokte(母父Holy Bull)という血統の米国産8歳牡馬。
現役時は、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎から2歳4月にデビューし、6月のコヴェントリーS(英G2)で重賞初制覇を果たすと、8月のフィーニクスS(愛G1)を4馬身差の圧勝で制し、デビュー4連勝でG1初勝利を飾りました。翌3歳初戦のラッケンS(愛G3)を4馬身3/4差で楽勝すると、続くコモンウェルスC(英G1)では後にチャンピオンスプリンターとなるハリーエンジェル、ブルーポイントを下しG1・2勝目を挙げ、デビューからの連勝を6に伸ばしました。同年秋のフライングファイヴS(愛G2)を勝利した後、英チャンピオンズスプリントS(英G1)3着を最後に現役を引退、通算10戦7勝(重賞5勝)という成績でした。

動画:英G1-コモンウェルスC(2017年)

動画:愛G1-フィーニクスS(2016年)

2018年からアイルランドのクールモアスタッドで種牡馬入りし、初年度の種付料は3万5000ユーロに設定されました。2015年に急逝した名種牡馬スキャットダディの後継として期待を集め、初年度は217頭の牝馬と交配し、その後、ダートへの適正を買われ米国のアシュフォードスタッドに移動、2021年には178頭に交配、2022年には3万5000ドルの種付料で154頭の牝馬と交配し、米国でも人気を集めています。
初年度産駒は今年3歳、昨年産駒がデビューし23頭が勝利、初年度産駒から2歳G1チヴァリーパークS勝馬のテネブリズム(Tenebrism)などが活躍し2021年欧州ファーストシーズンリーディングサイアーに輝きました。日本ではアグリがJRA2勝(2歳未勝利/芝1600m、1勝クラス/芝1500m)を挙げています。
現在、米国のアシュフォードスタッドにて繋養中、日本には11月下旬に輸入され、輸入検疫の後12月下旬に静内種馬場に到着予定です。
種牡馬カラヴァッジオ(Caravaggio)導入決定のお知らせ(by JBBA)


写真:カラヴァッジオ(Caravaggio)
Photo by JBBA

動画:Caravaggio

 <お問い合わせ先>
  公益社団法人 日本軽種馬協会
  〒105-0004 東京都港区新橋4-5-4 JRA新橋分館3F
  TEL 03-5473-7092 FAX 03-5473-7097
  ⇒公式ホームページ
  ⇒2022年度種牡馬展示会
  ⇒2021年度種牡馬展示会
  ⇒2020年度種牡馬展示会
  ⇒2019年度種牡馬展示会
  ⇒2018年度種牡馬展示会
  ⇒2017年度種牡馬展示会
  ⇒2016年度種牡馬展示会
  ⇒2015年度種牡馬展示会
  ⇒2014年度種牡馬展示会
  ⇒2013年度種牡馬展示会
  ⇒2012年度種牡馬展示会
  ⇒2011年度種牡馬展示会
  ⇒2010年度種牡馬展示会
  ⇒2009年度種牡馬展示会
  ⇒2008年度種牡馬展示会

 <参考>
  ・JBBAスタリオンズ
  ・種牡馬情報検索

by 馬市ドットコム

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2017年度NAR年度代表馬【ヒガ... | トップ | チャンピオンズCなどダート重... »
最新の画像もっと見る

種牡馬情報」カテゴリの最新記事