お茶のある生活

富士のふもとのお茶屋“小野園”の若女将がお茶を楽しむ生活の提案をしています。日常生活のエピソードや一期一会の大切さ・・・

リフレッシュ(^^)

2014年03月13日 23時56分06秒 | わたし
趣味でやっている書道ですが、創玄展の二科に応募して、準二科賞でした。

まだまだ未熟な私ですが、多くの方々の作品を観て勉強しようと思い、東京まで行ってきました。

始めに六本木の国立新美術館へ・・・




恩師の鳥宮先生の作品・・・(^-^)


午後から、自分の作品が展示されている上野の都立美術館へ・・・




方丈記の一節・・・


同期の華織ちゃんの作品・・・


今回入賞したので、来年は、二人揃って一科の応募資格ができました。国立新美術館に展示されるように二人で頑張ろうねと話しています。

まだまだ道は遠いなぁ(^^)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« もう一つ、春ですね | トップ | 桜、富士山、小野園のお茶 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (香桃)
2014-03-16 17:02:38
はじめまして。ブログ読ませていただいたら、鳥宮先生のお名前が。。。
御殿場生まれ、御殿場育ちで、横浜在住です。
小学生の頃、鳥宮先生の書道に通ってました。懐かしさがこみあげます。
そして、相変わらず素晴らしい書ですね。
書道、頑張ってください。
香桃さんへ (sachi)
2014-03-23 18:45:54
遅くなってしまいましたが、コメントありがとうございます^^

鳥宮先生は、大らかで立派な方と思い、尊敬しております。私も怠けないで、努力しなければと思っていますが、なかなか・・・・・

こんな私ですが、今後ともよろしくお願いします。


コメントを投稿