真夜中のつぶやき <murmur to oneself at midnight>

日々のちょっとした楽しみに・てんてんの書籍買物&萌review♪
ブログ内キーワードは【ブックマーク】からGO!

今日はルビー&ビーンズ

2008-03-31 | 小説
今日は新刊です

伊藤たつきさん『アラバーナの海賊たち幽霊船は婚約者を惑わす』
流星香さん『少年伯爵は闇夜を駆ける』
清家未森さん『身代わり伯爵の決闘』
黒崎あつしさん『貴公子は恋を夢みる』
成宮ゆりさん『奪いたいのはアナタだけ』

火崎さんの本も良かった
最近は沢山買いますが、買っただけ読んでいます。
徐々に未読の山も読破中快挙

コメント

特典はどう付くのか発表して欲しい!

2008-03-30 | CD・DVD
本日は通販購入品が到着
ドラマCDと特典付文庫本です。

亜樹良のりかずさん『ハート・ストリングス』
火崎勇さん『純愛のジレンマ』

ガッシュの特典は特定書店だけかもと
CDと合わせて通販したのですが、
初版に挟込みでドコでもGETできたのでした。
いつもの書店なら割引がきくのに・・・
待っただけ損した感じです
でも来月刊も特典付なので次回は発売日に

ガッシュ文庫、
<最強BL情報局>のお題で公式サイトを立ち上げた割りに

フェア情報・現在、フェアの予定はございません。

新刊文庫の「3周年記念特典付」販売をフェアといわずして
何を<フェア>というのか疑問。
リンクスとかビーボーイで特典付フェアが有る時は、
どうやってたら入手できるのかを発売前から予告打ってるのに。

新刊あらすじ載せるだけじゃ通販会社の情報にも負けてますね。
コメント

文庫フェアでGET

2008-03-29 | 抽選プレゼント
当たりました

コバルト文庫冬のフェア『コバルト文庫カレンダーブック2008』
昨日手元に届きました
携帯応募だったので当選メールをもらっていましたが、
沢山買っても当たらないのに今年はあまり買わなかったし、
「発送を持って発表」なので届くまでは半信半疑でした。

ちゃんと届いてよかったです。綺麗なイラストばっかり
「炎のミラージュ」も有りますよ
本仕立なので実際に使うには書き難いし見難いような
個人的にはポスカ式の1枚づつのカレンダーのほうが
飾りやすくて好きですね。

でも何と言っても当たってこその頂き物です。
あまり言うと来年が怖いので希望はこっそり
コメント

付録にCDが!!気付かなかった

2008-03-28 | CD・DVD
本日はメイトさんを散策・・・のはずが

小説ウィングス冬号
鬼塚ツヤコさん『ご主人様と犬2』

雑誌の棚を何気なく見たら、えCDが付いてる

「三千世界の鴉を殺し」オリジナル・ミニドラマCD

だ、だって今月号じゃないよね
季刊誌だから次に出るなら『春』でしょチェック漏れだ

来週も新刊もりだくさんですが、
付録CDは今買わないともう後がないでしょう

という訳で急いでレジに
途中新書のコーナーでBBCの封入POPをチェック
門地さんのPOPの絵が可愛かったのでGET
コメント

第三弾♪ウキウキでキャラ

2008-03-27 | 小説
本日も買う気満々

火崎勇さん『楽天主義者とボディガード』
和泉桂さん『水面に睡る月』
帰りがけに少し読んじゃいました
昨日のアルルも良かったので家でも読みま~す
コメント

受様の頑張りに拍手『愛の還る場所』

2008-03-26 | 読了本review
本日のお供は当然火崎先生の新刊です

火崎勇さん『愛の還る場所』
 ある事情からなりたての恋人と別れて以来8年が過ぎても
 誰にも本気になれない攻様。人事異動で現れたのはその彼で?!

分かれた二人が再開するというスチュエーションって
「偶然の再会」が有る意味王道ですよね。

本作は攻様の一人称での展開なので、
最初は王道の「偶然の再会」かと思わせるのですが
最後の山場で受様の頑張りで再会した事が判明します。

もちろんその場に至るまでの展開で離れた事情は判っているので
ホントに頑張ったんだと思わせますよ
もう今後攻様がお尻に引かれた生活をしても当然と思われます。

続編というより後書きの受様視点のお話もぜひ読みたい
コメント

これからまさに連続発刊♪

2008-03-25 | 小説
本日は大好きな火崎さんの本目当てで

火崎勇さん『愛の還る場所』
高殿円さん『銃姫9』

今月は大好きな火崎先生のお話が沢山発刊されます
今日はアルル、明後日はキャラ、週末にガッシュ
そして来月初めにショコラなので、先日のクロスから数えると5冊
先生&出版社様、ありがとう

ガッシュは特典が欲しいので通販しますが、
他は発売日には本屋さんに
どんなに遅くなっても行かねば帰れません
コメント

まだまだ買うのに・・・

2008-03-24 | 小説
本日は予定外で

茅田砂胡さん『クラッシュ・ブレイズ サイモンの災難』
水名瀬雅良さん『吐息よりも優しい 』
妃川螢さん『密恋 -MiRen』
森本あきさん『ホテル王は誘惑する』

水名瀬さんのコミックスだけ買いに行ったのに・・・
茅田さんは捨てられん、妃川さんも
ついでだ!森本さんもかうぞ
明日は火崎さんだけ買えるかしら

お昼にはリンクスの全サ「5周年記念プレシャスBOOK」も
申込みしたのでお財布は軽いのなんの・・・
でもお財布がかるくなっただけ気分は浮上
花粉に負けない元気の元は
コメント

童話になぞらえて『雪のマーメイド』

2008-03-23 | 読了本review
《杉に負けずに気分を明るく・・・スィーツのテンプレートを変更》
天気の良い日はお洗濯日和なのに
春はにっくき「杉」っちのせいで窓さえ開けられません
大人しく見読本の整理を・・・

妃川螢さん『雪のマーメイド』
 未婚の母のスキャンダルから逃れる為の行き先として、
 大好きなアンデルセンの国を訪れた受様。でも着いた早々無一文になり!!

作者初のレーベルにて担当者様のツボにのっとって書かれたそうで、
久しぶりのかわゆい系受様
イラストのみろくさんの絵もベリキュート

お題通り「人魚姫」に絡めた台詞がいっぱいのロマンチック系
でも実態は、年端も行かない受様を
悪い大人の攻様が絡め取っていくお話

私は基本的にショタ系はムリヤリっぽくて好きじゃないのですが、
絵的にロリータな感じがもお話にはピッタリだし、
最近の大人カップルとはまた違うテイストで
攻様が受様にメロメロなので許せるかなぁって感じです。
コメント

擬音がエロい『ありす白書』

2008-03-22 | 読了本review
昨夜の本で

五百香ノエルさん『ありす白書』
 双子の妹の付き添いで行った研究室で攻様に一目惚れした受様ですが、
 フェロモン男の彼が選んだのは妹のほう。でも視線は追いかけて・・・

俺様な攻様に下向きすぎるくらいの受様なので
まとまるまでは攻様に振り回され、
まとまれば受様に振り回れ・・・なカップルでした。

五百香さんは作品によって好き嫌いがある作家さんだと思います。
性格の暗い設定のキャラはいっそ天晴れな位暗いですし、
擬音いっぱいのシーンは好き嫌いがあるかな。
受様はベットの中では伏字じゃないのという過激さですし
今回はBL系レーベルなので判ってて読む方が対象ですが
パレットの某作品でやられた時はよくOKでたねと思いました
私も作品によって選んで買ってる作家さんの一人です。
コメント

やっぱり全サは続いてました

2008-03-21 | 小説
本日は昨日の全サを確かめる為仕事上がりで即本屋さんへ
続いていました
ただより高いものはないの見本のようですがとりあえず買っておく

雑誌だけでは淋しいので文庫もGET

五百香ノエルさん『ありす白書』
香月沙耶さん『神破の姫巫女・龍笛に啼く』
椹野道流さん『貴族探偵エドワード・濃藍の空に躍るもの』
小説リンクス4月号
来週もまた買うのにと思いつつ・・・週末に読めるかな
コメント

全サ『リンクスmini vol.1』

2008-03-20 | 全員サービス
本日は昨日届いた全サについて

『リンクスmini vol.1』全員プレゼント

雑誌「小説リンクス」のアンケートに答えた方全員に
無料でプレゼントされた小冊子です。
該当雑誌掲載作品と近刊ノベルズの番外編3編収録。
懸賞頁に記載があったらしいのですが全然気付かずでした
私が小冊子の散在を知ったのは番外編を書かれた作家さんのHPです。

私はアンケは欠かさず書いているので
知らなくて「応募」して今回頂けましたが、
懸賞に興味のない方は見もしない部分のような
こういうプレゼントは初めてですので
作家さんによっては欲しかったって方もいるのでは
そして「VOL.1」って事は
今号のリンクスもアンケで同様な全プレがあるのかもです。
明日本屋さんでチェックしないとです。
コメント

ブログの楽しさ『キミログ』

2008-03-19 | 読了本review
読み終えなかったので前に読んだ花丸で

高将にぐんさん『キミログ』
 偶然見つけたブログに書かれていたのは俺のこと?!
 でもコレってこいつの好きなこのことじゃないの?

たまたま見つけたブログの内容が自分のことだった事で
意識していなかったクラスメイトの思いが溢れていたら
毎日気になって気になってしかたないのはもうお約束ですよね
それに書かかれているブログの文章も面白い
本作はオンライン作家様のWEB作品の文庫化ですが、
WEBの楽しさも溢れていますね。
こんなブログがあったら私も通うぞ

両思いになった時点で終わっているので、
どちらがどちらか判らず、それも気になる
続刊、他のお話も読みたいです
J庭の新刊もしっかりGET致しましたよ

この作家さんも前に他の作品を見たことあった方でした。
やっぱり気になった時にはチェックしておかないとですね。
コメント

掲載雑誌を探索中に『天女の眠る庭』

2008-03-18 | 読了本review
本日のおともはリンクスで

鳩村衣杏さん『天女の眠る庭』
 恋人を事故でなくしてから人と関わることに臆病になっていた受様、
 茶道を習いに来た画家の攻様と出会い、強引に絵のモデルを頼まれるが?!

ちょっとツンデレ系なカップルで、
クールビューティな受様は私のツボ押し捲りです

鳩村さんを知った時には既に雑誌2冊に掲載されており、
やっと雑誌を1冊買ったとこで
ノベライズされた嬉しいような悔しいようなお話です
昔のお話なので大幅に加筆修正されているそうで
そういう意味では良かったですけどね。

今回はもう1冊

若狭萠さん『アラビアン・ルビー紅鳥は夜に舞う』
 踊り子の受様は、恩人の借金返済に攻様に買い上げられる。
 踊ることは生きることと同じの受様に踊りを禁じた攻様の思いとは?

オンライン作家さんの文庫デビュー作です。
荒削りっぽいとこも有りますが、わりと無理なく読めました。
ただこのままだと攻様がお嫁さんを取らなきゃならないと思うのですが、
そしたらどうなるの的なとのがかなり気になりました

作家の若狭さんって昔よく言っていたHPの
管理人さんじゃないかと思うのですが、
検索しても引っかからず、判りませんでした
すごく気になります



コメント

第三者の思惑『恋の眠る夜』

2008-03-17 | 読了本review
本日は昨日読んだクロスノベルズで

火崎勇さんさん『恋の眠る夜』
 ベストセラー作家の受様はかつて同棲していた彼の裏切りを
 忘れられずにいた。恋心を封じて過す日々になれた頃、
 出版社の社長としてかつての恋人が現れる。

別れる時にナゼと問わなかったばかりに
すれ違ってしまった二人のお話です。
ちょっとリンクスの「最悪にして最高の抱擁」系。

「最悪・・・」は完璧お互いのすれ違いでしたが、
他の脇キャラに対する悪意が
二人の関係を巻き込んでより複雑になっております。
わかる人には「某氏の悪意」がわかる展開でも、
最後までドキドキでした

今月はあとアルルとキャラとガッシュ、3冊も火崎作品が出ます
大好きな作家さんなのでもう嬉しくて嬉しくて
花粉も撃退です
来週はもう足が地に着いていないかも
コメント