真夜中のつぶやき <murmur to oneself at midnight>

日々のちょっとした楽しみに・てんてんの書籍買物&萌review♪
ブログ内キーワードは【ブックマーク】からGO!

身体からでも『恋愛実験カラダから恋に落ちる?』

2007-11-30 | 読了本review
最近の通勤のおともは某参考書のみなのでさすがに禁断症状が
寝る前にすこしづつ文庫本を読み潰しています。

真崎ひかるさん『恋愛実験#01カラダから恋に落ちる?』
 恋に落ちる時、心が先か、身体が先か?
 モテモテの攻君に【実験】に付き合わされた受君の運命は?

かんべ先生の絵が可愛かったですが、
森本先生のお話でも名前が同じキャラを書かれていて
どっちもかわいい系の受君偶然にびっくり!

黒崎あつしさん『王子様は誘惑する』
 元カノの誤解から臨時教師を努める為に向かった高校で元カノの弟と再会。
 彼に好きだと言われて付き合い始めるが、それこそが元カノの陰謀?!

前回までのルチルと違って軽ーい感じの主人公でした。
その軽い感じがまた面白かったです

明日から12月ですが、
まだ読んでない本、買ってない本、欲しい本がたーくさん
コメント

CD『honey』

2007-11-29 | CD・DVD
本日、通販購入のドラマCDが到着♪

雪代鞠絵さん『honey』
発売延期になって待っていた品早速聴きます。

雪代鞠絵さん『honey』
 両親を失い天涯孤独の身となった受君。エリート外科医に引き取られるが
 同居生活三年目のある日、階段から転倒して、別人格になってしまう。
 切なくもすれ違う二人のピュア・ロマンス!

雪代さんのお話は受君がちょっとかわいそうっぽいお話が多いような。
かばってあげたい系というか、かよわい系の受君のお話は好みじゃないですね。
それならノーマルなカップリングでもと思ってしまいます。

まぁそれだけって事はないですが、
受様も「男性的な強さ」で攻様を支えて欲しい
そういう意味で雪代さんはお話の好き嫌いがある作家さんです。

このお話も親の不倫やら交通事故やらかわいそうな事項沢山の受君に
ちょっと引き気味でしたが、
記憶喪失で忘れてしまった日々で攻様が悩み、
記憶喪失中の【秘密】を抱えながら受君と
新たな生活を始めようとするとこが良かったです♪

お相手に秘密を抱えているといつバレルかハラハラですよね。
【相手にいえない秘密】を抱える関係もツボなのでした

コメント

『C★N25』を探して

2007-11-28 | 小説
本日のGET

津守時生さん『揺らぐ世界の調律師2』
榎田尤利さん『アバルトマンの王子』

先日買い逃した『C★NOVELS創刊25周年アンソロジー』
いつもの本屋さんではもう入荷分は完売で、入荷未定と言われました
前回の時に既に売り切れていたのですね。

明日から他店をグルグルです。
でもレーベル的にも価格的にもあまり入荷してないような・・・。買えないかも
コメント

プリズム文庫全サ『えっちな番外ストーリー』

2007-11-27 | 全員サービス
本日は全サ小冊子の準備をば

プリズム文庫創刊2周年記念『えっちな番外ストーリー』
 10,11月の発刊作品の番外短編集

最近、雑誌に限らず文庫の発刊記念冊子サービスが多いですよね。
応募券が数冊いる時はいつも買わない作家さんを買ったりしますが、
レーベルによって当たり・はずれは激しいです。

でも時期モノなので、
逃すと某中古書店やオークションに頼らないとならず・・・。
数売りが出版社の狙いかーーーーと思いながらも買いますが、
ただでさえ欲しい本が多い時は辛い。
せめて対象時期は応募が必要な冊数の3倍くらい出して欲しい
2枚必須で4冊のみとか

えっとお題のプリズムの全サ、
掲載数と低負担でとは思いますが、
前回の創刊記念本、他社よりお手軽藁半(というか雑誌用)紙冊子。
せめて雑誌付録程度にはして欲しいですね

内容は良かったので、今回はレベルアップを期待

ゆうちょになって小為替手数料(10倍は暴利だ!!)が上がりましたが、
お好きな作家さんがいれば『全サ小冊子』はお薦めです♪
コメント

シリーズ最新刊『クラッシュ・ブレイズ』

2007-11-26 | 読了本review
本日の購入品

茅田砂胡さん『クラッシュ・ブレイズ夜の展覧会』
水名瀬雅良さん『アンバランスな熱』
妃川螢さん『不条理な接吻』

水名瀬雅良さん『アンバランスな熱』
 強引かと思いきやワンコな年下君にほだされてしまったのですね。

水名瀬さんの絵はすっごく好みなんですが、
お話は良い時とあんまりって時があります。
キャラ掲載時からお兄ちゃんとくっつけばと読んでいたので、
今回は残念ながらちょっと後者でしたが、描下し目当てで購入♪

買い漏れ品
『C★NOVELS創刊25周年アンソロジーC★NOVELS編集部編』
『クラッシュ・ブレイズ』の後書きを読んで買い忘れに!
25周年記念で今までの作品の短編集だそう

茅田砂胡さん『クラッシュ・ブレイズ夜の展覧会』
 金と銀、そして黒い天使。3人の破天荒な天使たちが揃った現代。
 女王と海賊をも巻き込む破天荒なSFファンタジー。

金の天使の他次元世界でのお話・ディルフィニア戦記、
女王と海賊のお話・スカーレット・ウィザード。
両者合併のクラッシュ・ブレイズ。

茅田さんのディルフィニアシリーズを最初に買ったのは大陸書房の時。
この時はキャラクターもそれほど多くなかったですね。
地元のもうないデパートの書籍コーナーで沖さんのイラストに惹かれて購入

大陸が倒産、中央公論社で新シリーズになって
もう終わり間近かって時にまた倒産。
(角川で持ち直しましたので倒産は正しくないかもですが)
それなのにこんなに続くなんて思ってもいませんでした。
それだけ面白いって事ですね

ディルフィニアは文庫にもなってます、長いですが
それぞれのシリーズだけ読んでも◎です。
コメント

CD『彩雲国物語』

2007-11-25 | CD・DVD
作日、某オークションにてお譲り頂いたドラマCDが到着♪
ドライブのお供にと思っていましたが、ただ今のBGMに

彩雲国物語セカンドシリーズ ドラマCD2番外編
 ドラマ2本+@「裏か表か~静蘭と燕青と悠舜~」
 「楸英と絳攸~誰かに手をひかれ~」

今回は「裏か・・・」のドタバタな展開が面白かったです。
静蘭のタケノコは昔からだったのが笑えました。

彩雲国のドラマCDの短編は、
原作のちょっとした隙間をうまくうめる感じで、
出るたび聴きのがせません。

しかし、
アニメ化されてからアニメの番外ドラマCDとラジオCDと、
原作ドラマCDとがいろいろ出ていています。

結構続けて出るので何を持っていて
一見ではドレがどのシリーズで、どうつながっているのか
何が新譜なのかも判らなくなっている状況

結城さんの「少年陰陽師」シリーズもかなりいろいろ出てますが、
そちらは草々に諦めましたので、せめて「彩雲国」は欲しい
コメント

BL小説誌『小説Chara』

2007-11-24 | 雑誌
禁断症状にたえきれず、昨夜読んでしまいました。

BL小説誌『小説Chara』
 ぼぼ読みきりのBL系小説雑誌
 文庫の続編掲載も要チェック

榎田さんのシリーズ目当てでしたが、
他の方も結構面白かったです

今日は天気が良いので洗濯して、掃除して、勉強・・・。
コメント

貴族世界の常識『ソフィアの宝石』

2007-11-23 | 読了本review
本格的に読んでみました『ミシュラン東京』。
うーん、やっぱりお値段が素敵
詳しくないのでホテルやビルの名称でも
「おお」って感じです

最後にホテルガイドが載ってて
本家のガイドブックも見てみたくなりました。
フランス語もできませんが

素朴な疑問、とっても素敵な写真はどうやって撮ったの?
載るのは予め判ってるのでしょうか?

本日の読みかけの本を読完。

渡海奈穂さん『ソフィアの宝石 乙女は、謡う』
 両親を亡くし、引き取られた先は貴族の館。
 貴族社会の生き方に反発し、自由に振舞うリディアだったが
 母親から受け継いだ「古き力」を巡り、事件が巻き起こる。
2巻めでしたが、1巻の内容をスコーンと忘れておりました
まだ謎が多いので仕方が無いのか、主人公の性格なのか、設定なのか、
異世界ファンタジーなのに妙にリアルな生活感
主人公が待ち育ちで貴族社会の話なので、
まわりの人の展開とちがうせいか、つっかかりながら読んでいる感じ。

彩雲国者も結構庶民派な主役ですが、
ファンタジーは実際と違う世界でどっぷりしたい私
次巻を買うか微妙です
コメント

高いのか安いのか『ミシュラン東京』

2007-11-22 | 雑誌
本日は買っただけです

ミシュラン『東京2008』
BL小説雑誌『小説Chara』
真崎ひかるさん『恋愛実験#01カラダから恋に落ちる?』
柊平ハルモさん『心理療法家の愛罪 遠い恋花火、めばえる渇恋』

ミシュランは午前中に本屋さんに取り置きの電話をし、
昼に取りに行ったら最後の1冊でした。

やはり入荷数が少なく、何人かに聞かれた方もいたそうで
見つからないように棚の脇のほうにこそっと取っておいきましたとの事。

しかも次の入荷予定は未定のよう。ギリギリセーフです
まぁそのうち見かけるようになるかとは思いますが、
本好きとしては《初版》も大事

ミシュランのみパラパラと見ました。読んだんじゃなくて《見》です。
本そのもののお代もですが、お食事の値段がすごい!
ランチの値段がディナーの予算だ
今は電話もなかなか通じないそうですが、かかっても行けないわ。
コメント

久しぶりの参考書

2007-11-21 | 雑誌
来月ハジメの試験ため、本日のお供は某資格試験受験教科書
先月講習は受けたけどそろそろ『漬け』体制に入らないと
試験勉強なんて会社入って受けた某試験以来、○○年振りです。

参考書なので当たり前ですが見慣れない漢字が沢山な上、
しかも化学式の計算が
しばらくは趣味の本はお休みします

でも買わないと気になってストレスなので買うだけは買う!!

それに明日は「ミシュラン東京」の発売日!
行けませんけどとりあえず、『小説Chara』と一緒にGET予定。

思ったより格付けが良く、三ツ星店は電話が殺到とか。
興味が無い人もいるのかな?
地方書店では今買わないと次の入荷がわからない気がするのです。
コメント

WEBサイン会『花嫁は黄金に攫われる』

2007-11-20 | 小説
本日は某通販の水瀬結月さんWEBサイン会に申込み。
お品は水瀬さんの花嫁シリーズ第四弾『花嫁は黄金に攫われる』

地方に住んでいるとなかなかリアルなサイン会は
日付的に参加できない事が多いので、WEBサイン会は要チェック◎。

この通販書店さんは結構頻繁に企画があって何回か申込みしてますが、
作家さんによっては開始直ぐで売り切れって事も・・・。

今回も旅行中に開始だったので半分無理かなぁと思っていて
どうなったかとりあえず確認と思って今朝みたら
「締め切り」の文字が無い即申込みです。
10時過ぎには無事「注文完了」メールが届きました。

発売は来月なので届くのは年明けてからのようですが、
書き下ろしのSSペーパーも着くので、二重にお得
今から楽しみです。

 水瀬結月さん『花嫁は緋色に囚われる』
 香港黒社会との関係が噂される家の家宝に龍の紋章を
 浮かび上がらせることのできる人物こそ、一族に繁栄をもたらし、
 次期総帥の花嫁となる。その条件を満たしてしまった受様は?!
 ウェディングロマンス
攫われてムリヤリ系の花嫁モノです
緋色、翡翠、紫と続いて今回黄金、新展開だそうです。

こちらのシリーズは第一弾からドラマCDになっていて、
今月末に第三弾の「花嫁は紫龍に乱れる」が発売予定

『緋色』からは考えられないラブラブいちゃいちゃっぷりに加えて
時間制約の為ノベルズと展開が多少違うとの事。
こちらもすごっく楽しみです

もちろん今までの2枚は持ってますので
新作も財布に余裕があれば店頭で、無ければオークション買い予定。
ただ今月後半に他にもCDと新刊が出るので、オークション買い濃厚
コメント

ツボなカッポー「YEBISUセレブリティーズ」

2007-11-19 | 読了本review
本日は久しぶりに本屋さんに♪
昨日の心配どおりビーンズ以外の新刊のみ買ってしまいました

岩本薫さん『YEBISUセレブリティーズ5』
黒崎あつしさん『王子様は誘惑する』
和泉桂さん『ファーストステップ』
渡海奈穂さん『ソフィアの宝石 乙女は、謡う』

岩本薫さん『YEBISUセレブリティーズ』
 東京恵比寿のデザイン事務所「Yebisu Graphics」には
 ルックスもビジネスも一流の男達が集う。
 そんな彼らの恋のお相手は?!

不破さんの漫画ともども大人気なシリーズ
今回はクールビューティな秘書様と無頼漢なデザイナー
1thカップルに続いてツボな設定です。

実は私、岩本さんのお話はあまり好きではありません。
今のところ持っているのもこのシリーズのみです。

岩本さんのファンの方にはゴメンナサイですが
攻様が強引というか俺様系で、
受様が流されてというか押されてカップル化っていうお話が多くないですか?

そんなイメージが着いていたので
エビリティも読んだきっかけは不破さんのイラスト&漫画版でして、
正直、最初はこんなに長くなるとは思いませんでした。
ビブロスの前作達は企画物っぽく
「この時だけよ」とばかりに1冊で終わってるので。

コレの前のコラボ企画(四谷さんと藤井さんのお話)は、
どちらの作家さんも好きで結構おもしろいと思いましたし、
揃いの精鋭SPのお話でキャラも多かったので
まだ連作すればカップリングは出来たと思うのですが、続かずでしたね。
ちなみに藤井さんは関連同人誌も出されます。
書き足りなかったらしい・・・

ところがこのエビリティは、びっくりするくらい続いてます。

私も読んだら、1thカップルがツボな組合せのど真ん中
続いた漫画版より、その次の小説版の方がまた好みな設定で、
その上、ノベルズになると1thカップルからみの番外が付いたりする。
すると収集癖も刺激され、ホイホイと買ってしまう

倒産がらみもあってこのシリーズはノベルズ&コミックスは新旧、
ドラマCDから全サCD、はてはサイン会の同人誌まで
ほぼコンプリ状態な私どっぷり沈み込みです。

漫画がこの前の雑誌連載で終わりましたが、
小説版も終わりは見えてるのかな
間があいてもシリーズとして続けて欲しいです。アンケートもがんばろ!!

自宅にはコミックスとの連動企画全サ『ビーンズエースCDコレクション』も到着

『ビーンズエースCDコレクション』
 彩雲国物語&クレイム・ブレイカー&胡鶴捕物語&
 やさしい竜の殺し方&貴族探偵エドワード

5作の詰合せでしたが、3作読んでいれば持ってなくちゃ!!ですよね。
読まない雑誌を買ったカイが有ると嬉しい。
早速、聴きますぞ♪
なんか、本日も昨日の片付けは出来そうも無い
コメント

記念買い『恵比壽名流男仕』

2007-11-18 | 漫画
本日、帰りの飛行機のお供は
月本ナシオさん『花に降る千の翼 水の中の太陽』

月本ナシオさん『花に降る千の翼』シリーズ
 精霊の加護厚き国で「虚の者」として誕生した王女の
 愛と冒険を描く南国ファンタジー
 著者デビュー作

雑誌掲載作ですが、漫画付で得な感じ♪
シリーズ最終巻で、短編集になります。
次のシリーズはどんなお話か判りませんが、楽しみな作家さんです。

これでやっと買った分のビーンズは読破。
明日また残り2冊を買いに行く予定ですが、
新刊もポロポロあるんだろうな

本日の購入品in某空港内書店
 不破慎理さん『恵比壽名流男仕④』
旅先でまで買うなと言われそうですが
市内の本屋さんでは結城さんの「少年陰陽師」シリーズとか、
秋月さんの本も見かけました。

小説は日本版と違って挿絵は無く、サイズも大判でした。
作家名が微妙に違う方も多かったので
名前かタイトルを判ってないと探し難いですね。

購入品もセリフは全く読めません、記念ということで!
本日は洗濯と片付けして
また明日からまたちょこちょこ書きます。
コメント

ますますお笑い系に『三千世界の鴉を殺し13』

2007-11-15 | 読了本review
本日しばらくぶりに飛行機に乗ります 
最近事故は聞かないけど、ちょっとドキドキ

本日のお供はこのために取っておいた1冊、
津守時生さん『三千世界の鴉を殺し13』

津守時生さん『三千世界の鴉を殺し』
 辺境基地に着任した新任大尉は、軍情報部の大物将校を父に持ち、
 自身も最高勲章三つを胸に飾る男だか、すこぶるつきのトラブルメーカー?!
 
SFファンタジーです。
宇宙軍の英雄ルシファー君の楽しい軍隊生活

CD特典で本編終了後のお話も読んでいるので
最後は「こうなるのね」っておぼろげに判っていますが、
何せ歩くだけで災厄を呼込む主人公・ルーシーのおかげで
日常生活でもポロポロっと事件が起こり、小事も大事に!!
次巻を待って早13巻!なかなか巻が進まない 
読み終えるたびヤキモキですが、飛行機の中で堪能します

スニーカー文庫の喪神の碑シリーズともリンクしてますので、
合わせて読まれると楽しさ倍増ですよ♪
コメント

BL小説誌『The Ruby vol.3』

2007-11-14 | 雑誌
《めっきり寒くなったので冬のテンプレートに変更》

昨日本屋さんに行けなかったので、退社後にダッシュです!!
雑誌もいろいろ出てましたが、今月後半の新刊ラッシュを考えて
本日は『The Ruby vol.3』のみ購入。

『The Ruby vol.3』
 ルビー文庫の読切りBL小説雑誌。
正しくは『ザ・スニーカー』の増刊誌です 
『ザ・ビーンズ』が好調なので、
二匹目はルビー?!って感じな創刊でしたが、
他誌のように大御所人気作家が中心ではなく、
新人さんの続編が沢山なとこがお気に入りです。

まぁ、ルビー文庫はほとんどが書下ろしなので
大御所さんの原稿の余地が無いのかも・・・ですが

今回も新人さんの番外編が沢山
羽鳥さんでしょ、黒崎さんでしょ、渡辺さんでしょ
パラパラみたらドレも文庫を持ってるような

なので、よくよく見たら
秋月さんと岩本さんと天野さん(宇宮さんは無いんで)以外は
全部持ってる作家さんのお話でした!!

秋月さんもイラスト変わる前(って第何部?)までもってましたし、
天野さんはシリーズが多くてまだ買い途中、
岩本さんは某シリーズ以外はちょっと読むのを悩み中。

雑誌を丸読みしない私が全部読むのは珍しいのですが、
それほどツボな1冊です!
私はこれからゆっくり眠くなるまで読みます
コメント