空野雑報

ソマリア中心のアフリカニュース翻訳・紹介がメイン(だった)。南アジア関係ニュースも時折。なお青字は引用。

漫画家が漫画アニメ表現規制問題に関わるのは表現の自由の矮小化・簒奪というものかどうか。

2020-10-28 13:14:29 | ノート
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』大ヒットに加藤官房長官「テレビで過去の放映は見た」 『進撃の巨人』は「全巻通じて読んでいる」https://t.co/UaWKuQFcca★最近の議員さん達は(与野党問わず)漫画アニメ好きが増えていて、表現規制しようなんて考えの人は減っている。今後もこの傾向は加速する。— 赤松 健 (@KenAkamatsu) October 20, 2020  これ . . . 本文を読む
コメント

イタリア・ロックダウン:発令に対して反対行動があっちこっちで勃発しているそうな

2020-10-27 20:12:27 | Newsメモ
月曜、イタリアで再度のロックダウン発令に対する抗議行動があっちこっちで発生。 BBC Covid: Protests take place across Italy over anti-virus measures 25 minutes ago  警官に火炎瓶をぶんなげるくらいの水準。警察側は催涙弾なんかでお出迎え。 「Protests took place across Italy on . . . 本文を読む
コメント

学習事項:英国海峡突破用脱法ボート利用料金の相場下落

2020-10-26 19:35:44 | Newsメモ
 ここ最近、物凄い勢いで需要が増えた結果、料金もえらく減ったそうな。他方で、それでも儲けを出す努力の一環としてか、ゴムボートに詰め込む人数も増えたっぽい―と。 「The cost of a place on dinghy had fallen from €4,500 to €3,000」  もとは4500ユーロもしたのに、最近は3000ユーロで済むのだとか。 BBC Smugglers 'c . . . 本文を読む
コメント

モザンビーク北部からタンザニア南部へmilitantsが越境

2020-10-26 09:34:43 | Newsメモ
 モザンビーク北部からタンザニア南部へ越境、militantsが現地住民を相当数殺害したという。 BBC Tanzania: 300 militants crossed over from Mozambique 23 Oct 2019 Aboubakar Famau  300人規模というから大したものだ。そういう「大したもの」はできるだけ小さいほうがよいだろうし、ないほうが好ましいと信じるが。 . . . 本文を読む
コメント

本を読むことがどのように何の抵抗になるのかは

2020-10-26 09:23:51 | Weblog
「ここまでひどい」の内容はさほど明らかではないが、まあそう考える・感じる思想の自由はある。そして表明できる。このまあまあ安全な状況は、まあそれなりに好ましいといえよう。 一国のリーダーと呼ぶにふさわしい知性が総理にあれば、日本はここまでひどい国にならなかったはずだ…『官邸前に登場した新しい戦い「本を読むことが抵抗だ」』https://t.co/zxd4NE2Zcx=25日、官邸前 撮影:田中龍作 . . . 本文を読む
コメント

「弱者男性」問題:「模範解答を見せてもらえませんか。あなた方が何を―」

2020-10-23 22:45:52 | ノート
 救済のされ方、救済の求め方、どういう救済を求めるはずであるか―そういうことを当事者に問わずに予め答えを決めておいて対論者に対する理解や温情をアピールし、さらには共闘を求める、そんな一例。 なんで努力なしの「チヤホヤ」を求めるのか…彼らのいう「チヤホヤ」とはなんなのか…女になればそれが叶うとまで思い込んでしまうアホさはどこからくるのか…その原因が「男性の苦しみ」なら男性はそれを女に向けてないでほ . . . 本文を読む
コメント (1)

韓国・本年第2Q:出生数激減と合計特殊出生率最低の記録更新中らしく

2020-10-22 22:07:25 | ノート
参照: 韓国:合計特殊出生率0.92を記録 2020-03-12 参照: 韓国の最大危機:出生率(と出生数、死亡数との兼ね合い) 2020-05-01  そのうえで本年、第二Qまでの数字が出ていたので、メモ。 聯合ニュース 韓国の上半期出生数 過去最少14.2万人(8月27日) 2020.08.27 08:39  出生数が昨年同期比9.9%減という、なかなかの数字。 「韓国統計庁が26日 . . . 本文を読む
コメント (1)

Kent難民流入:量的に飽和しつつある様子

2020-10-22 17:03:59 | Newsメモ
承前:「イギリス・ケント州は若年難民増加でいっぱいいっぱい(2020-10-18)」  さらにさらに100名ほどのボートが届き、その中にはsmall childというべき若年者が―と。 BBC Young child among migrants crossing the English Channel 20 Oct 2020 「A small child was among 100 mig . . . 本文を読む
コメント

ナゴルノ・カラバフ紛争(記事メモ)

2020-10-18 21:39:32 | Newsメモ
 停戦協定反故の最短記録を更新。前回は5分、今回は4分。 BBC Nagorno-Karabakh: Armenia accuses Azerbaijan of violating new truce 18 October 2020 「Armenia has accused Azerbaijan of violating a humanitarian ceasefire in the」  ア . . . 本文を読む
コメント

イギリス・ケント州は若年難民増加でいっぱいいっぱい

2020-10-18 21:27:36 | Newsメモ
 8月14日までに、今年だけで450名の、少年単独での難民希望者が到来し、その対応でいっぱいいっぱいになっている様子。少年といっても16-17歳で―要は18歳だと大人扱いになっちゃうし、少年という事で保護の手が期待できる、その機会をできるだけ利用したいという―個々人側の要請と、そうした「小さな声」を目いっぱいに聞き届けてあげる格好の人身流通組織のものっそい組織的な活動とが見て取れると。 BBC . . . 本文を読む
コメント

見ていた記事メモ(2020-10-16)

2020-10-16 16:38:50 | Newsメモ
コロナウィルス問題。ヨーロッパ方面は、3月あたりより一応多少は地味に第二波を経験している模様。 BBC Coronavirus: France reports more than 30,000 new infections 11 hours ago 「France has reported a large jump in new Covid-19 cases ahead of a night- . . . 本文を読む
コメント

リビア:人身売買業者を摘発・拘束

2020-10-16 16:19:43 | Newsメモ
 2018年に国連から制裁指名されたほどのお尋ね者、Abd al-Rahman al-Miladが拘束されたとのこと。 BBC Libya detains notorious people smuggler Abd al-Rahman al-Milad 18 hours ago  彼は、お仲間共々沿岸警備に属しており―その立場を利用して人身売買・違法移民業に従事していたと、そういうわけだ。 . . . 本文を読む
コメント

「森友問題」上司氏の音声データの公開の記事(メモ)

2020-10-15 23:18:12 | Weblog
 一時期延々騒がれ、これぞ安倍政権の暗黒政治の証拠! いたいけな官僚に自殺を結果させたアベ政治を許すな! という方向性で語られたりした、アレの記事。 NHK 【詳報】森友学園 改ざん経緯説明の音声データ その内容は 2020年10月14日 18時08分 「森友学園をめぐる一連の問題で決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した男性の上司が国有地の値引き売却や改ざんの経緯について男性の妻に説明した音声 . . . 本文を読む
コメント

「パワーカップル」問題。

2020-10-15 22:15:13 | ノート
 言われてみるとその通りである、というお話: 同性愛が社会に受け入れられていくのは時間の問題だと思えば思うほど、それと同じかそれ以上のスピードで女性の地位をあげないといけないとなーと思っちゃう。だって男×男のカップル経済的に強すぎるよね。海外ドラマのゲイが自然に受けいれられてる感じを見ていて、ふとそう思ったの。— ふぁじ (@fajfaj) October 12, 2020  とま . . . 本文を読む
コメント

ナゴルノ・カラバフ紛争の記事メモ

2020-10-12 20:51:49 | Newsメモ
BBC Armenia and Azerbaijan fight over disputed Nagorno-Karabakh 27 September 2020 BBC Armenia-Azerbaijan: What's behind the Nagorno-Karabakh conflict? 28 September 2020 「Nagorno-Karabakh is part of . . . 本文を読む
コメント