光と影のつづれ織り

写真で綴る雑記帳

伊万里、鍋島、唐津、織部 東京国立博物館(2015.6.20)

2015年08月28日 | アート 陶磁器

6月20日に行った東京国立博物館の陶磁器です。

伊万里焼・・・秀吉の朝鮮出兵(1592-1598)時に、朝鮮から渡来した陶工が開いたもの。

初期伊万里と呼ばれるものは、1610~1630年頃に制作された磁器をいうとか。 

このブログの古い記事でも採りあげていました。

風雅なデザインです。

 

 

 

 

 1670年代に「濁手」(にごしで)と呼ばれる乳白色の素地が作られるようになり
この濁手の素地に色絵で絵画的な文様を表したものを「柿右衛門様式」と呼んでいる。

ヨーロッパの貴族に人気だった。

 

 

 

 柿右衛門様式はきれいだとは思いますが、それ以上の感慨はわかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1640年代に鍋島藩が藩窯による制作を開始。

 

 

 

 

 唐津は、九州の唐津で焼いた陶器と思っていたのですが、肥前の国の広範囲な窯で

焼かれたものなんですね。  朝鮮唐津は朝鮮の陶工から伝わった黒釉と白釉をかけたスタイルを

いうのだとか。  味があります。

 

 

 

 

 

 

 

 毛色が替って織部です。  好みではないのですが載せました。

 

 

 

 日本の茶人からの注文でつくられた朝鮮陶器。 いろんな由緒があるのですね。

 

 

 

 祥瑞って、ごちゃごちゃ描きこまれていて、見る気もしない・・・ってならない、なにかポップアートの感覚がある。

 

 

 

 トーハクでは何回も見ている花入れで、そんなに感慨はなく見ているのですが、重文の重みでしょうか

写真を撮ってしまいます。

  

コメント

山田晶展 -猩々緋- LIXILギャラリー

2014年08月03日 | アート 陶磁器

LIXILギャラリーの第3展示室では 

「山田晶展-猩々緋-」 が展示されていました。


会期 2014 年7 月15 日(火)~8 月21 日(木)

会場光景

 

ギャラリーの公式サイトから引用します。

山田晶は滋賀県大津市の琵琶湖のほとりに工房を構え、個展を中心に作品を発表して
います。本展では、幾つもの工程を経てつくり出される漆のような鮮やかな朱色が美
しい代表作「猩々緋(しょうじょうひ)」シリーズから約6 点を展示します。

*猩々緋
「猩々緋」は日本古来の伝統色のひとつで、赤みの強い赤紫色のこと。猩々とは、中国の伝
説上の生き物で猿に似ており、酒好きで、顔だけでなく体毛も赤く、その血はとても赤いと
される。猩々は日本では能や歌舞伎、日本舞踊でも演じられ、猩々緋は猩々の鮮明な赤い色
に由来する。

 

会場内の照明の影響でしょうか、実物はもう少し暗めの感じでした。  

柔らかなフォルム

 

 

 

縄文土器のようなフォルムと、クールな赤と黒。

コメント

国立近代美術館(2013.11.16) 工芸館 

2014年01月07日 | アート 陶磁器

延々と国立近代美術館(2013.11.16見学)の作品紹介を続けましたが、今回でラストです。

工芸館の企画展は<クローズアップ工芸>として、2013年9月14日(土)-12月8日(日)までの期間で
 
開催されていましたが、今回紹介するのは、人間国宝・巨匠コーナの展示作品です。

 

トップは青磁大鉢の清水卯一。   トーハク東洋館で見た、南宋時代の官窯作品、貫入の入った青磁を思い出しました。

 

 

 

河井寛次郎の作品。  渋いようでいて、お洒落。

  

 

 

ルーシー・リーの作品展を数年前に観ました。  肉の薄い椀に線刻が好きなんですね。

  

 

 

螺鈿がきれいな中次茶器

  

 

 

中央部が籃胎(竹細工を染たもの)の蝶。  漆でもこんなにカラフルになる!

  

 

 

 ガラス工芸家の高橋禎彦の作品。   雰囲気がいい。 中央の円錐状のものはパンチングメタルかな?と思ったら

  

 

 

ガラス細工です。  一昨年、東京都庭園美術館で開かれた<皇帝の愛したガラス展>のクラシックガラス作品と対照的な

モダンな作品です。

コメント

東京国立近代美術館 工芸館 陶磁器

2013年08月20日 | アート 陶磁器

陶磁器の紹介です。

この容器に何を入れようか?と自問すると、最初は骨壺のイメージもありましたが、考えるほど難しい。  これは、やはり実用のものではなく、飾るための磁器ですね。

 

 柔らかな雰囲気で、手になじみそうな茶碗です。

         

 

 森正洋は日常に使う食器のデザインで素晴らしい作品を残している。

このG型しょうゆさし、1961年(昭和36年)にグッドデザイン賞を受けています。   何の変哲もない醤油さしですが、機能美とシンプルさがいい。  ちなみにキッコーマンの醤油卓上びんが出るのが

1961年で、もはや戦後ではなくなった日本の、元気がみなぎっていた時期です。

 

 

 

同じく森の「平型めしわん」

浅底の飯椀ですが、いろんな柄があって、楽しい。 

    

 

 三浦小平二の青磁花瓶 「ヒミコB,C,D」です。  ボディを意識した形がユニーク。

   

 

 以前、陶芸家のルーシー・リーの展覧会を見に行ったとき、リーの工房でしばらく手伝っていたのが、ハンス・コパーで、その作品を写真で見ただけで、実物は今回初めてでした。

古代の陶器のような素朴な質感、キュッと絞った首と高台の安定感。  無駄をそぎ落としたフォルム・・・・思っていたより、小さな作品でしたが、存在感は大きかった。

  

コメント

東京国立博物館(H25.6.15) 茶の美術

2013年07月06日 | アート 陶磁器

トーハクの茶の美術コーナの展示から。

茶道については詳しくないので、作品写真はそれほど撮っていませんが、花生けを記事にして以降、気にして撮るようにしています。

まず解説を。

 

水指です。  照明が面白く、机に反射する光が美しい。

  

 

楽家四代目の一入の作「赤楽茶碗」。  初代の長次郎の「黒楽茶碗」とは違い、華はあるし、けれんみもある。

  

 

中国 景徳鎮窯の作品が多い。  ブランド信仰は昔からあったようです。 作品としては面白いデザインでお気に入りの一つ。

 

 

故郷の福岡の窯で、秀吉の朝鮮侵攻で連れてこられた陶工・八山が開いた窯。  帰国を嘆願しますが聞き入れられず、日本で亡くなった方です。

そのこととは無関係でしょうが、作品名が意味深です。

 

 

こちらも景徳鎮窯の優品です。

 

 

景徳鎮窯。  解説のとおり、日本からの依頼でつくられたものとわかります。

 

 

この徳利は以前にも紹介しました。 面白いデザインです。

 

 

木の葉型のデザイン、当時の日本の茶人は、他の人が持っていないものを注文して、自慢したのでしょう。

 

コメント

国立博物館(2013.4.20)京焼、伊万里、鍋島、現川焼

2013年06月03日 | アート 陶磁器

昨日の黒楽茶碗と打って変わって、華やかな京焼です。

現代の作品としてもおかしくないような、モダンさを感じます。

 

 

茶の湯には無知で、涼炉も知りませんでしたが、なるほどといわせるデザイン。  実際に使ったのでしょう煤煙で汚れたところもいい。

  

 

この鉢も何回か紹介していますが、道八の会心の作で、花の美の結晶のような作品。

 

 

伊万里らしい赤絵の華やかさと、端正さを感じる作品。

 

 

鍋島デザインの典型的な作品。  飾られることを目的とした皿ですが、これに筑前煮を盛って食べてみたい!

 

裏から

 

現川焼きは知りませんでした。  解説に九州の仁清と呼ばれるとありますが、この作品だけではそんな感じは受けないのですが。

 

コメント

国立博物館(2013.4.20) 中国陶磁、楽茶碗

2013年06月02日 | アート 陶磁器

国立博物館(2013.4.20)の作品展示の続きで、陶磁器を紹介します。

最初に、東洋館の中国陶磁です。 1月2日の東洋館リフレッシュオープン以来、東洋館に行って、中国陶磁も多く撮影していますが、今回は

南宋官窯の名品「青磁輪花鉢」を撮りました。

 

 

ヒビが全面にはいっており、青磁の色あいの美しさは絶品です。  薄い生地なのによくつくったものです。

 

もう一品。  景徳鎮の民窯です。   小さいものですが、愛着がわきそうな、デザイン、色あいです。

 

 

一転、日本の渋好みの茶碗、楽茶碗です。  NHKのドキュメンタリで楽家の当主の日常を取材した番組を見たとき、楽茶碗の創始者の長次郎の茶碗が紹介されてい

ましたが、その茶碗と当然ですが似ています。  奇をてらわず、手捏ね(てづくね)で成形した茶碗は、利休の目にかない茶の湯用の茶碗として、楽家の代々の当主が

茶碗を製作してきた。  現在の当主は、第15代で、その作品を近代美術館の工芸館で見たことがあります。  黒を基調としていましたが華やかさもあり、長次郎のこ

の「尼寺」とは異質でした。   

トーハクの陶磁器のコーナでも、注意して見ないと、見過ごしてしまいます。 目立たない茶碗ですが、作者は、澄んだ境地でこの茶碗をつくったというのが、伝わります。 

 

つづいて京焼などを、載せるつもりだったのですが、尼寺の茶碗のあとにのせるのに、引っかかるところがあり、ここで閉めることにします。 

コメント

国立博物館 東洋館 朝鮮室 陶磁器

2013年05月23日 | アート 陶磁器

朝鮮の美術品では、陶磁器が素晴らしい。 

 

 清楚な美しさ!

 

 

 これも素晴らしい。

 

 

 色合いと奥ゆかしい蓮華のデザインがいい。 

 

 

 渋いけど、品があります。

 

 

 今なら筆箱に当たるものですが、文人は凝ったものが好きですからね。

 

 

醤油さしのようなものですが、凝ったデザインです。  上流階級が使ったのでしょう

 

 

 5世紀頃の陶器ですが、造形が素晴らしい。

 

 

解説にもある通り、楚々とした朝鮮独特の感性が現れた作品。

 

 

 形が面白い。

  

  

 色合いがとデザインがいい。

 

 

 清楚で品のある作品、素晴らしい。

 

コメント

国立近代美術館 工芸館(2013.3.23) 陶磁器 

2013年04月22日 | アート 陶磁器

工芸館の陶磁器作品のラストです。

鈴木 藏(おさむ)(1934ー)  

「志野水指」 1991  陶器

加藤土師萌や荒川豊蔵に師事して、志野焼一筋の加藤藏の作品。  まさに志野焼、堂々たる力を感じます。

 

 

白磁の人間国宝、井上萬二の作品。  

柔らかい釉薬の調子は独特ですね。

 

絵柄部分をアップで撮りました。

 

初代宮川香山の作品は、好きで数多く採りあげてきました。   この作品も以前、採りあげましたが、再度、撮ってみました。

 

中央部をアップで撮ってみました。

 

久保田厚子の青白磁は、西洋感覚の美しい作品。 

 

 

島田文雄は東京芸大の陶芸専攻科を卒業し、現在は同大学の教授として活躍している。

さすがに作品も正統で格調高い。  どんな料理を載せても、おいしく見えるだろう。

 

 

富本憲吉は独学で陶磁を学び、人間国宝になった陶芸の大家。  近代美術館での、作品の展示も多い。

素晴らしい作品が多いのですが、この作品は、私にとってはしっくりきません。  アザミのとげとげしさが肌にあわないのかなー。

 

同じくアザミを主題にした飾筥(かざりばこ)。   こちらは、京都五条坂に窯をもつ京焼の藤平伸の作品。  若い頃に結核で4年間療養し、その間に銅版画を学んだようです。

そのせいか、絵付けにも線描版画的な雰囲気が感じられ、詩情を醸し出します。

 

 

佐藤敏の鉢。  遊び心にあふれていますが、私としては黄色の線描がなければ、落ち着いた感じで絵柄もユニークだし、もっと好きになれると思った次第。

 

 

カラフルな作品。   これで酒を飲むとすれば、日本酒よりも泡盛とか、芋焼酎があうかな。

佐藤敏   「キセル徳利、盃」

コメント

国立近代美術館 工芸館(2013.3.23) 陶磁器 柿右衛門 今右衛門 魯山人 松井康成 田村耕一

2013年04月21日 | アート 陶磁器

国立近代美術館 工芸館の、「花咲く工芸」と題した企画も、5月6日までです。 

素晴らしい作品が堪能できますので、是非、行かれることをお勧めします。

陶磁器の紹介を続けます。

十四代柿右衛門の作品。 「濁手 つつじ文鉢」

濁手(にごしで)のにごしとは、佐賀地方の方言で米の研ぎ汁のことをいい、研ぎ汁のような柔らかい乳白色をした生地の色をさします。

この濁手にぴったりと合うのが、柿右衛門の赤なのです。 

 

 

十四代柿右衛門を中心とした製陶工房の作品です。

 

 

 

鍋島焼を今に伝える、今泉家十二代当主の作品。

 

 

13代当主は薄墨を得意としています。

 

 

北大路魯山人の作品.

篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家・・・多彩な顔を持つ天才気質の人だが、不遇な生い立ちがあり、屈折した人生を歩んでいる。

作品の色絵牡丹文鉢、一見はすがすがしい緑と白と赤の配色と配置が美しい。  しかし、赤い牡丹の花の描き方に、重さやドロドロしたものを感じます。

 

 

松井康成の練上作品。  以前にも練上げ技法の作品を紹介していますが、今回は玻璃光という技法で、練上げをダイヤモンド等で磨き上げ、光沢を出したものとのこと。

実物の美しさは格別でした。

 

 

普通の練上げ作品。   渋い配色と厚みのあるデザインがいい。

 

 

やはり、人間国宝の田村耕一の作品。   銅彩の茶色に味があります。   松井康成の師匠でもあったようです。

 

 

染付は淡い藍色ですが、上品です。

 

 

コメント   トラックバック (1)

国立近代美術館 工芸館(2013.3.23) 陶磁器 荒川豊蔵、清水六兵衛

2013年04月18日 | アート 陶磁器

国立近代美術館 工芸館の陶磁器の紹介に戻ります。

志野焼を追求した荒川豊蔵の作品。

色合い、デザインともに味があります。

 

 

古志野を追求して、独自の志野焼を作り上げた。

 

 

デザインが可愛らしい。

 

 

 

 

 

京都 清水焼の六代目当主の作品。   素朴な雰囲気のなかにも華があります。

 

 

花にちなんだ工芸展なのでどれも花柄です。  鑑賞しながら思うのですが、この皿にのせる料理は何があうのかな?・・・と。  上品な京料理もいいのでしょうが、私は、サンマの塩焼きが似合うと思う。   大根おろしにスダチを乗っけて・・・うん、おいしそうだ。

 

コメント

国立近代美術館 工芸館(2013.3.23) 陶磁器 加藤土師萌

2013年04月04日 | アート 陶磁器

国立近代美術館 工芸館の陶磁器展示品の紹介です。

まず、人間国宝 加藤土師萌の作品から 

デザインがすっきりして、上品なななかにも華がある、いい作品です。 

 

 若い頃は画家を志していたり、図案を学んだりしていた加藤土師萌、絵描きとしての才能も十分ですね。

 

これも上品さを感じます。 

 

 加藤土師萌は、中国明代の黄地紅彩金襴手の技法を解明し、金襴手の華麗な陶磁器をつくっている。

私は、いかにも中国といった感じのこのデザインは好きではありませんが、作品としては、芸術性の高さを感じます。

 

コメント

国立東京博物館(2013.1.2及び13) 中国の陶磁

2013年01月16日 | アート 陶磁器

今日は中国の陶磁器を(トーハクの東洋館3Fに展示)。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

東京国立博物館(2012.7.28) 京焼、近代

2012年08月15日 | アート 陶磁器

明石焼きの作品ですが明らかに京焼の体裁です。

 

讃窯(さんかま)の作品ですが、京焼の陶工を招いての作品なので、京焼といってもよいでしょう。

 

平成館「日本の考古」東京大学(本郷)からの出土品の紹介コーナの展示品です。  加賀前田藩の大名のコレクションだったのでしょう。


 

この作品も同様です。


 

変って、近代の人間国宝だった加藤卓男の作品。  色柄など完璧ですね。

 

富本憲吉も優れた作品がおおいのですが、本作は私の好みからは外れます。


コメント

東京国立博物館(2012.7.28) 伊万里 九谷

2012年08月14日 | アート 陶磁器

古九谷は伊万里で焼かれたものだという説が有力なようです。  九谷焼きは、てっきり石川県の焼き物で古九谷もその範囲で考えていましたが、素人のはかなさですね。
最初、解説プレートにある伊万里(青手古九谷)を見て?と思ってしまった。

 

 こちらは、九谷焼きの再興を目指した再興九谷のなかでも最有力の吉田屋窯の作品。  深みのある色が美しい。

 

 昔、山中温泉に泊まったことがあるのですが、九谷焼の窯があったところなんですね。
この作品も色や柄がいい。

 

 こちらも、伊万里の青手古九谷   独特の雰囲気がある作品です。



コメント