光と影のつづれ織り

写真で綴る雑記帳

和太鼓 批魅鼓 東京国立博物館に初詣#1 

2016年01月23日 | ダンス&ミュージック

今年も新年は、トーハクに初詣です。

 

 

イベントの楽しみの一つ和太鼓。  昨年は、湯島天神白梅太鼓(今年は1月3日に演奏)を堪能したので、今年は1月2日、10:30~と

13:00~の二回、演奏した「批魅鼓」を。

プロフィールをトーハクの公式サイトから、引用します。

”1990年1月に結成された、個性豊かな若い女性を中心とした和太鼓グループです。 国内のみならず、シンガポール、南アフリカ共和国、スペイン、
オーストラリア、中国などの海外公演も行っています。 舞台への出演のほか自主制作コンサートも手掛け、彩の国さいたま芸術劇場にて3回のコン
サートを開催しました。 シンプルな音をどこまで表現できるか、批魅鼓にしかできない演奏で果てしない進化を目指しています。”

 

紅のカーペットが白のコスチュームに映って、面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しい眼差しがさまになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はチケット売り場も入場ゲートも行列。

半分ぐらいは外人の方でした。 太鼓の演奏を聴く聴衆も外人が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりました。  長い拍手が続いてました。 また来年も聴きたいものです。

 

 

 

 

コメント

ダンスパフォーマンス、ゴスペルアンサンブル 上野恩賜公園噴水広場

2015年11月02日 | ダンス&ミュージック

11月1日(日)上野公園噴水広場で、素晴らしいパフォーマンスを堪能しました。

まずダンスパフォーマンス   14時50分頃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブレークダンス  私は、定番のこのファッションよりも、ダンス用のタイトなコスチュームがいいと思うけど。

 

広場一帯で、「創エネ あかりパーク2015」のイベントが開催されており、そのステージプログラムの一つでした。

出演は東京ダンス&アクターズ専門学校の学生の皆さんでした。

 

 

次のゴスペルアンサンブルが素晴らしい、無料で聴けて申し訳ないくらいです。

2曲目のソロをとる西〇〇さんが、スタート前の音合わせでステージ前方に出てきました。 落ち着いた雰囲気のある容貌がいいですね。

 

 

 

セッティングはバッチリとのご託宣。

 

 

1曲目が始まりました。

 

 

 

 

 

中央の方が、指揮、司会の方で、自身も歌います。 専門学校の宣伝もしましたので先生か、プロの芸能人のような感じがします。
(11月3日追補:専門学校の教員で”潤 豊先生、剛力彩芽のボイストレーナなどプロのミュージックタレントでもあります)

 

 

歌っている学生さんも表情がいい。 曲に乗っています。

 

 

 

 

 

 

2曲目のソロで歌いだしました。 いい声です。

 

 

 

曲はアメージング、  ゴスペルらしい魂の底を揺り動かすような曲でした。

 

 

少し高橋真梨子の声に似ています。 すーと伸びきって力強く美しい。

 

 

ゴスペルのバックコーラスもムードを高揚させます。

 

 

 

 

 

指揮者の表情は満足感の表れでしょうか。

 

 

連続して撮っています。  流れの中で、高揚感が感じられたら嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライマックスの熱唱

 

 

 

 

 

聴衆の心を完全につかみました。

 

 

 

 

 

ゆっくりと終唱していきます。

 

 

続いて、バラード調の曲。 歌っているのは韓国の青年。

 

 

 

 

 

静かな曲なので、ゴスペルに少し合わないかなと思いましたが、歌はうまいですね。

 

 

 

一生懸命に歌っています。

 

 

 

 

 

左右に女性、中央は男性の配置。  こちらは左サイドの女性陣。

 

 

 

 

 

次の曲のソロは、別の女性。

 

 

右サイドの女性ソロ。

 

 

 

 

 

男性ソロに変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

指揮者も思い切り歌います。

 

 

外国人の方も見えます。

 

 

新しい女性ソロ。

 

 

感極まって、抱き合っているメンバー。

 

 

 

 

 

 ラストの曲に入りました。 Oh-Happy Day・・・の曲が賑やかに歌われます。

 

 

こちらのサイドも抱き合っています。

 

 

 

 

聴衆側にも歌うよう声をかけ、マイクを向けています。

 

 

聴衆側も声がハモっていました。

 

 

 

終了直前。 嬉しそうな顔です。

 

 

退場していくメンバーとねぎらう指揮・司会者。   良かったですね。  

メンバーは、東京スクールオブミュージック専門学校の学生さん達かな。

偶然通りかかって聴いた、素晴らしいゴスペルアンサンブル、出演者の皆さん全員に幸あれ。

コメント