空波とともにⅢ
NC750X(初号機)とPCX(二号機)のカスタムとツーリングの「私的記録庫」です。(「空波とともに」の第三段♪)





2018/10/28(日)から30(火)にかけて初号機NC750Xで出かけた

「東海道・城攻めキャンプツーリング」の10です(10/28)


位置関係がよく分からない甲府周辺の4城

なのでイエラくんに事前登録しておきました

こうしておけば比較的広範囲を表示する2.5㎞スケールでも

登録地点が画面上にプロップされます


新府城は離れてますが

他の3城は甲府駅の周辺3㎞ほどの圏内

甲府市へ



翌日も朝駆けなので給油して



R20を南進



すっかり黄葉してます




甲府市の中心・県庁前



コレかなぁ~と甲府城の石垣を右手に眺めながら駐輪場を物色

この左手に「要害山城」があるとのことだけど異人館?

ぐる~っと駅の北エリアを回って



先ほどの石垣の周りへ

無料の駐車場の隅に初号機を停めて



「舞鶴城公園管理事務所」



随分と広い石垣・公園ですが



コレはすぐに分かりました





この後バイクに戻って



「要害山城」「観光案内所」「武田氏館」と回ってから

再度「甲府城」へ



下から見あげたオベリスクが気になったので(笑)



駅の駐輪場に初号機を停めて



歩きます



今度は北側から



石垣を登ると芝生に寝っ転がった



うら若き女性二人(笑)



何か楽しそうwww

町の中心の良き公園カナ


天主台まで登ると



丁度夕日をバックにした尖塔



盆地の街をぐる~っと






塔の下まで行ってみると



「謝恩碑」???

逆光で消えかけた文字は判然としませんでしたが



「明治天皇」との文字が・・・

天皇の行幸啓の記念碑だったのかな?




※帰宅後確認すると

水害対策の治山事業用地として御料地の山林が明治天皇から山梨県に下賜されたことに感謝した碑の様です。「信玄堤」の古事もある様に水害に悩まされた地域だったんですね・・・
高さ60尺(18.2m)のオベリスクが搬送出来ず、切断して鉄筋コンクリートで串刺ししたおかげで関東大震災の震度6にも耐えたとか・・・


◆25 甲府城 77/200  ☆

遺構:石垣、堀、再建造物:天守閣、櫓、門
天下統一後の秀吉が羽柴秀勝、加藤光泰に築城させた城
関ヶ原後、家康は一門の城とし、後年、柳沢吉保が城主と成り城と城下町が整備された。
※スタンプは「舞鶴城公園管理事務所」(055-227-6179、無料、~17時、月休)
※滞在時間:15:15~15:25、16:15~16:40


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





2019年

新年早々に緊急入院した実家の母

覚悟をと医者から告げられてましたが

敗血症の病状もほぼ回復

来週には内科から整形外科へ

病棟を移転できそうwww

数カ月はリハビリのため入院生活が続きますが

とりあえずはホッと

ということで



2018/10/28(日)から30(火)にかけて初号機NC750Xで出かけた

「東海道・城攻めキャンプツーリング」の9です(10/28)


諏訪湖の渋滞に後ろ髪を引かれながら南へ転進

「新府城」まで65㎞

中央道は左右どちらを見ても山並み

東が八ケ岳

西は駒ケ岳

インターの名前を見てですが(笑)


韮崎ICで



降りて



気持ちの良い道♪



ですが太陽が低いのでまぶしい



山を上がって行きますwww




チト寂しい所に



「民族資料館」




14時半に到着

北進は諦めましたので時間に余裕も

駐車場で乾パンを食べながらノンビリと景色を眺めていると

庭木の手入れをしていたオネエサマが

名城ですか?

どうぞどうぞと中へ

ゆっくりしていってくださいねぇ~とウエルカムしていただいたので

早々に立ち去るわけにも行かず館内を



散策して




この日の残る3城は甲府駅周辺

16㎞ほどデス



◆127 新府城 76/200  ☆

信長の甲州侵攻への防衛拠点として武田勝頼が築城したが、信長の侵攻により在城68日で自ら火を放ち逃れた。
遺構:土塁、堀(山梨県韮崎市中田町中条)
※スタンプは「韮崎市立民族資料館」(0551-22-1696、無料、~16時半、月休)
※滞在時間:14:30~14:50



コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/28(日)から30(火)にかけて初号機NC750Xで出かけた

「東海道・城攻めキャンプツーリング」の7です(10/28)


昼過ぎに飛び込んだ諏訪湖の南

街中は車だらけ

前方の信号が青になっても2台くらいしか進まない状態に

渋滞・擦り抜けを想定してサイドパニアはオミットした

スリムな姿で出かけてきましたが反対車線も同様に


この日「諏訪湖マラソン大会」と(汗)

やっとの思いで「高島城」にたどり着くと既に13時前



堀の周りをぐるっと回って

チト変わった都市公園然と囲まれた中に



くぐって入ると



デンと天守閣の



平城




コチラは入館料が必要とのコトなので素直に払って







渋滞で火照った体を天守で冷やして



しかし・・・

松本城まで行けるかな?


気になるのは景色より



道路状況???



◆130 高島城 75/200  ☆

元々、諏訪社の神職・諏訪氏の居城
徳川氏の関東入により、築城の名手・日根野高吉が築城後、諏訪氏に返還され、高島藩三万石の藩主として明治維新まで治める。
遺構:堀、門、再建造物:天守閣、櫓、門
※スタンプは「天守閣資料館」(0266-53-1173、300円、第二木休)
※滞在時間:12:50~13:20



コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )





018/10/28(日)から30(火)にかけて初号機NC750Xで出かけた

「東海道・城攻めキャンプツーリング(CT)」の5です(10/28)


朝から「岩村城」「苗木城」と片付けて10時過ぎ

次の「高遠城」まで104㎞

当初の予定ではそのままR19から

中央道と併走するR153を北上して伊那市

R361を東進して「高遠城」と思ってました


ダム巡りでさんざん走った

山間・川沿いを走る片側一車国道

交通量はしれているので気持ちの良い道ですが

ヤハリ時間を優先するかな

中央道へ乗り上げることに


時間を金で買う感じだなぁ~と思って乗り上げた高速は



いきなりの大渋滞?



コンクリートブロックの中央分離帯の移設工事で

二車線が一車線に



これはとバイクの特権を活用して(謝)





中央道を降りると



紅葉真っ盛り♪




高遠ダムに11時半に到着



企業局管理事務所



「持って帰れ方式」になってましたので



ダムカードをいただき



隣接する「歴史博物館」も入口脇に置かれたスタンプを押して



昼前ですが

ナビで確認すると諏訪湖まで33㎞


諏訪湖・高島城から北上して

現存天守の松本城を14時までに切り上げられれば

奈良渡ダム等3ダムまで


往復で諏訪湖から100㎞プラスなので

諏訪湖から90㎞の甲府に16時前には

何とかなるかな



結局、今回は見ておこうかなと思っていた高遠城の遺構

入口の看板だけで割愛して



次の「高島城」へ向かいマス





◆30 高遠城 74/200  ☆☆

遺構:石垣、土塁、空堀、門
高遠頼継を攻略した武田信玄が改修した城
勝頼の弟・仁科盛信が城主となるが信長に攻められ落城
江戸時代は徳川・譜代大名の居城となる
「タカトオヒガンザクラ」の名所
※スタンプは「伊那市立高遠歴史博物館」(高遠ダムの北、0265-94-4444、玄関前に設置、月休)
※滞在時間:11:30~11:50


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )






018/10/28(日)から30(火)にかけて初号機NC750Xで出かけた

「東海道・城攻めキャンプツーリング(CT)」の4です(10/28)


朝イチから「岩村城」登山で眼を醒まして

次の「苗木城」を入力すると25㎞と

事前にヤフーの地図で確認すると10㎞ほどだと思っていたのに

チト時間を取られるかな?

来た道を戻って



画面に表示されたルートに



従うだけ




10時過ぎに到着した「遠山資料館」



建物前の駐車場は既に満杯



登山服姿の人がうじゃうじゃと



コチラも有料施設ですが

券売所でスタンプを尋ねると快く


事前学習では岩場の山頂に木枠組の天守閣が再現されている様ですが



三大山城を堪能したので

コチラは看板の画像だけで



失礼して先を急ぎます




◆142 苗木城 73/200  ☆

1520年代に遠山一雲入道昌利が築いた。
信玄、信長の戦いに翻弄されるが遠山氏は幕末までこの地を治めた。
自然の岩盤を巧みに取り入れた天守、櫓があった。
遺構:石垣、堀、井戸、門部材、再建造物:天守建物(柱組)
※スタンプは「中津川市苗木遠山資料館」(0573-66-8181、320円、9時~、月休)
※滞在時間:10:10~10:15



コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )






018/10/28(日)から30(火)にかけて初号機NC750Xで出かけた

「東海道・城攻めキャンプツーリング(CT)」の3です(10/28)



「岩村城」に8時40分到着

流石高地???ボチボチ紅葉してます♪



地図で



確認



資料館の入口を



山の方へ細いスロープを登っていくようです




流石「三大山城」



いきなり息が切れますが



退屈しない様に



案内表示やVR



楽しむ余裕はありませんが(汗)


100m毎に立てられた統一意匠の標識



心の安寧???励みに♪


ボチボチ紅葉も始まって山歩きには良い季節



天主台の「六段壁」が見えてきました♪



やはりコレは見ておかないと



でも

これって攻めるほうには攻めやすい様な???



だだっ広い天主台



こんなのとか



片隅には井戸



この高さまでと言うことは相当深いのかな?


これで三つとも制覇

満足して駆け足で下山



ひときわ紅葉してたのはコレ



資料館は既に開館

入場料は400円ですが

名城スタンプだけなら結構ですと



何処かの「新宮城」と違って大人の対応♪


建物外の喫煙所



灰皿の所に城の配置図

そうそう♪こういうのが嬉しい大人の配慮だよねぇ~


満足して次へ向かいマス






◆38 岩村城 72/200  ☆☆☆【日本三大山城】

標高717mの日本一高い地に築かれた山城
遠山氏の居城だったが、信長の家臣・川尻秀隆、森長可が治め大改修し難攻不落の城とされた。
本丸北東面の「六段壁」が見所
遺構:石垣、郭、井戸、移築門、再建造物:藩主邸
※スタンプは「岩村歴史資料館」(0573-43-3057、400円、9時~、月休)
(注)金額を見え消ししているのは、入館料を払わなくてもスタンプが押せる施設
※滞在時間:8:40~9:30


コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の18です(10/08)


郡山城から自宅へ250㎞ほど

帰路の途中の福山城まで85㎞なので

「しまなみ街道」攻めに回しても良いかと思っていたけど

片付けておくか


下道を走って

恐竜発見♪



変な雲



デスよねぇ~



尾道の北

山陽道・三原久井ICから



秋をワープ



尾道を横目に



福山西



ICで



山陽道を降りて



福山方面へ





福山の街



お城は中心に♪



15時40分着

振り返ると



どう見てもゴシック建築の教会ですが・・・



ホテル?


天守台まで駆け足~



立派な天守閣



手前の樹



チョット茂りすぎ???

必殺・イナバウアー撮り?!




再建天守は美術館?



特別展開催中の様でしたが



スタンプは入口でOK♪




自宅まで200km



山陽道・福山東から



一気にワープ



ペースアップwww



一服一回の距離



兵庫県入とともに黄昏てきました



家路を急ぎ



三木・小野IC



あと10km1ほどですが



気を引き締めて


18時半過ぎに帰宅

1050㎞ほどの旅でした♪




中国地方はあと山口の「大内氏館」



高速活用は時間短縮にはなりますが

走って楽しいわけでもない・・・


ハイペースではありましたが

暑くなっても低調な燃費が気になるなぁ~





今回のお土産は津和野のコレだけ(汗)





◆71 福山城 71/200  ☆

1619(元和5)年、大阪の陣の後、西国大名監視・防衛拠点として、福山に入封した徳川譜代大名・水野勝成が新たに築いた城。
遺構は伏見櫓、筋金御門、本丸、石垣
※スタンプは天守(0824-922-2117、200円
※滞在時間:15:40~16:00





コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の17です(10/08)


日本海側の浜田城から

中国山地の郡山城

北へ南へと三角に走ってるなぁ~



ココは予定通り浜田自動車道・浜田ICから



ワープ



燃料はあと一本ですが



毎度のことなので高速下りるまでは大丈夫?



「土師ダム」が近いけどなぁ~と心を惹かれつつ



千代田JCで中国縦貫自動車道と繋いで



SAで一服



中国道・高田ICで降りて



まず給油



でかい王様の看板が???と思っていたら



お隣が目的地の「民族資料館」



88㎞を走って14時丁度

スタンプは入館料ナシでも押せる親切対応

言わずと知れた毛利氏の居城

配置図をみて



近くまで行けるかな???と山道を上がって

石碑前で記念撮影だけ(汗)




この時間なら福山城も片付けておくか



◆72 郡山城 70/200  ☆

14世紀頃、土着した毛利氏が郡山(標高390m)に居城として築いた。
元就の時代に大拡張され山頂の本丸を中心に放射状に大小の曲輪が築かれた。
遺構は曲輪跡、堀切跡等
※スタンプは「安芸高田市民族資料館」(0826-42-0070、300円


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の16です(10/08)


津和野から



浜田城へは下道で73㎞



快走して



道の駅で一服



綺麗に乗られてますね♪



日本海へ出ます



浜田ダムのカードをいただきに何度も足を運んだ浜田ですが

初めての市街地(笑)

何処???と思うようなコースで



小道を上がって




スタンプは「浜田護国神社」



広い駐車場のフツーの神社

12時25分に到着して



ココだよね?



社務所で尋ねると

休憩用のテーブルの上に



先を急ぐのでスタンプだけネ



慎重に



坂を下って



(´▽`) ホッ



◆170 浜田城 69/200  ☆

長州毛利氏と境を接する亀山(標高67m)に1620年、石見に5万余石を得た古田重治が築いた。
本丸には天主台を築かずに三層三階の天守閣が建設された。
幕末1866年、第二幕長戦争(石津口の戦い)時、長州軍の攻撃で落城。
遺構は本丸、石垣など
※スタンプは「浜田護国神社社務所」(0855-22-0674)



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の15です(10/08)


津和野城のスタンプは



駐車場から階段を十段ほど上がったリフト乗り場にありました♪




ここで次へ進んでも良いのですが

昔ながらのリフト



チト怖そうですが乗りたい衝動に(笑)

往復料金450円を払って

山頂まで10分足らず

上がるほどに足下の地面が遠くなって



高所恐怖症のオヤジはムズムズと



もうちょっとの我慢(汗)



地に足が着いてホッ



ヤハリ置いてあるということは



使えと言うことでしょうと(笑)


天主台へは架設足場





に注意して



石段を登って







登って







15分ほどで



ようやく山頂



天守台ですwww





山頂から向かいの山が印象的





リフト乗り場へ戻って



一服しながら尋ねると



青野山です。紅葉が綺麗なのでまた来てください。」

下りるのはいきなり怖いな・・・




リフトに何か荷物が乗ってる?と思ったら



お仕事中のクマちゃんでした(笑)



チョット非日常でした♪





◆66 津和野城 68/200  ☆

鎌倉末期に創城された中世城郭を関ヶ原で軍功のあった坂崎直盛が入城・大改築した。
遺構:本丸、石垣等
本丸上に築かれた人質櫓台の算木積石垣が見所
※スタンプはリフト乗り場(0856-72-1771、450円)
※滞在時間:10:20~11:10


コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の13です(10/08)


島地川ダムのキャンプ場から

萩城

9時からと思っていたのでまったり走ってましたが



24時間とのことなのでペースアップ



流石に山越えのこの道では



ハイペースとはいかず



雲海を



突っ切って



飛ばします♪



R9に出ましたが



「大内氏館」は山口ICの近くなんだけどなぁ~

でも9時まで待てないし




北へ



一服



チト良い雰囲気♪



日本海までもう少し



仰々しいゲート



海まで抜けました



8時20分



萩城に到着♪



石垣を廻って



大手門



堀を渡ると



仮設の様な券売所



コチラでスタンプはいただけましたが



24時間開いているとは思い難い???



城址公園にはいつでも入れそうですが



天守台からの眺め







バイクに戻りますが



ん???



コチラはまだ夢の中




今回活躍した乾パンを口に放り込んで



大手門前で



ナビを津和野城



セットして



9時10分にスタート♪

52kmデスwww



◆75 萩城 67/200  ☆

関ヶ原で戦わずに破れた毛利輝元が1604年(慶長9年)に築城。
遺構は本丸、二の丸、石垣、堀等
※スタンプは料金所(0838-25-1666、210円)



コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の9です(10/07)


広島城を14時前に出て



次のターゲット岩国城まで44km

ココから岩国までの下道



渋滞のメッカ???なので

素直に



ワープwww



イエラくんの指示通り大竹ICで



下りて



錦帯橋へ





ロープウエイ乗り場の横に停めて



駆け足でセーフ???



積み残しも出るほどの盛況デスwww



イイ子で待っといてね~と初号機に別れを告げて



対向車も満員だなぁ~



矢印のトコロが錦帯橋



山上駅からまだあります



ウサギとカメのルートがありますが

当然急ぎますwww



山登りと言うほどのことはありませんが



やがて



天守



オーバーハングの変わった形状???





スタンプはお代を払わなくても押せましたが

折角なので

①錦帯橋+②ロープウエイ+③岩国城の三施設共通チケットはありますが

何故か②③セットは無いので

登城代を払って



ここの展示は



ナカナカ充実?



錦帯橋の構造模型



てっぺんから現物を



ズームwww



もはやトレーニングの様に



駆けまわって

コチラ「大釣井」




下りも積み残しがでる盛況ぶり





錦帯橋をバックに



次の目的地は平瀬ダム



到着予定時刻17時(汗)

日没までに家を建てられるか・・・微妙???

急ぎますwww



◆74 岩国城 66/200 ★★

関ヶ原後、毛利輝元の家臣・吉川広家が新領地・岩国の横山山頂に築いた城。
完成から7年後、「一国一城令」により破却。
四階・六階部分が張り出した四層六階建ての天守閣がSRCで復元されている。
築常時に建設された本丸下の「大釣井」(井戸)は、非常時の脱出口を兼ねたとされる。
※スタンプは天守入口(260円)
※ロープウエイ乗り場(0856-72-5116、往復550円)










コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の8です(10/07)


でカード3枚をゲットして

次のターゲット広島城まで27km



気持ちの良い道



R2が続きます



中心部に入ると赤いユニフォーム一色(笑)



この日はデーゲームだったのかな???




広島城は街中に



どらさんの名城スタンプにお付き合いしてきましたが

もう随分前

確か天守閣のすぐ下に停められたよねぇ~



停めて



登城します♪



スタンプは天守内の



こちとらの売店



オネエサマが手を添えて

コレで綺麗に押せましたよ♪

スタンプを外してみると・・・汗



初失敗(笑)

反対側のページにインクが付かない様に付箋を貼っていたのが災いに

まあイイんですけど


中を見学♪

ウサギさん発見!!



最近LINEのスタンプで愛用してますwww

カッパさんも♪



と・・・

撮ってしまってから

撮影禁止のマークに・・・汗

まあ・・・やってしまったものはしょうがない???


天守からの眺め



気持ちの良いをいただいて

淡泊に

次へ向かいますwww





◆73 広島城 65/200 ★★

秀吉の支配を受けることとなった毛利輝元が郡山から本拠を移し築いた城。
関ヶ原後、毛利氏は萩へ移封され、福島氏、後に浅野氏が入城した。
遺構は本丸、二の丸、石垣等
聚楽第を模したとされる天守閣がSRCで復元されている。
※スタンプは天守1F「ミュージアムショップ」(082-221-7512、370円)








コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の5です(10/07)


三原城から次の新高山城のスタンプ配置場所・生涯学習センターまで11km

R2で10分ほど



山陽本線の本郷駅の前を通って

城址は正面の山かな???



線路沿いに本郷図書館と・・・

ココかな???と入ってみると



同じ敷地内・西側に隣接してました♪



珍しく?

丸いスタンプ

初めてかな???


新高山と言えば

「ニイタカヤマノボレ トラトラトラ」

真珠湾攻撃発令の暗号

何処かな???と思ってましたが

広島県

呉海軍工廠関連???


丁度10時

城址は直ぐ近くではありますが

事前調査では結構な山登りなので

予定通りオミットして

まで56km



◆173 新高山城(にいたかやま) 64/200 ★

小早川氏代々の居城・高山城に隣接して隆景が1552(天文21)年に築城し、1596(慶長元)年に三原城に本拠を移転するまでの居城とした。
三原城築城の際、石垣等は建築資材として活用されたため、櫓跡等が現存するのみ。
小早川家の菩提寺・匡真寺跡がある。

※スタンプは本郷生涯学習センター(0848-85-0701)





コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )





2018/10/07(日)-08(月・祝)に出かけた

「中国制覇CT(キャンプツーリング)」の4です(10/07)


通常であれば下道4時間200kmの尾道



岡山から倉敷の渋滞エリアを

想定外のスムースさで抜けて

尾道を越えて

三原城に到着♪



バイクを停められるところを探してグルグルと周りましたので



15分ほど回りましたが9時過ぎ




城そのものは迷うことなき駅に隣接?



新幹線も停まるでかい駅ですので

マンホールカード配布の観光案内所は分からず

改札で尋ねて(笑)



無事ゲット♪




名城スタンプは駅の南側・ペアシティ西館1Fに



ハイコチラ♪



無料の観光施設ですが



駅前再開発の空き店舗対策施設と言った感も(汗)


バイクへ戻って



であるかぁ~



駅舎がめり込んだ様な天守台



チョットかわいそうというか

良く残したね
と次は新高城デスwww




◆172 三原城 63/200 ★


1567(永禄10)年ころに毛利三川の小早川隆景により整備が進められ、天正8(1580)年から10年に拡張後、新高山城から本拠を移転。
瀬戸内海を軍事的に掌握するための城郭と軍港の機能を備えた城。
隆景の死後、関ヶ原合戦後には福島正則が広島城、養子の正之が三原城に入城。
本丸北側の先端部に江戸城と同規模の天守台が設けられたが、天守閣は建設されなかった。
1619(元和5)年に福島正則の改易後、紀伊和歌山藩主・浅野長晃の一門・浅野忠長が入城し広島城の支城として幕末まで利用された。
明治27(1894)年、山陽鉄道三原駅建設に伴い、城地は駅用地に、石垣は糸崎港建設用材として大部分が撤去される。
その後、国道2号の敷設の埋め立てにより港から離れ、昭和50(1975)年の山陽新幹線開業、高架化により本丸、天守台が寸断され現在の姿となった。

※スタンプは「みはら歴史館」0848-62-0450(ペアシティ三原西館1階)







コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧