暑さ対策!“熱を逃がして優しく冷ます”貯まった脂肪を“何とかしたい人”に 簡単に出来る「新常識!」

ダイエット・痩せる?「褐色脂肪細胞」の寒冷刺激が簡単にできる。背中の通気層熱を熱を逃がして放射冷却で冷ます背中クールタイ

30分歩いて消費カロリーを増やす方法は恒常性の体温調節が応援します。

2017-12-18 | 30分ウォーキングで痩せやすい体質に 体温調節が応援します

 

30分歩いて消費カロリーを増やす方法は恒常性の体温調節が応援します。

孫の手は掻くと痒みは消えます。背中に入れるだけでダイエットが期待出来ます。

 

 

背中クールタイ内部を下から見た空気の流れの想像動線です。

 

 

10分から15分ほど震える寒さを感じるとエクササイズ1時間の消費カロリーと同じ効果が!

オーストラリヤのシドニー大学のポール・リー先生と

アメリカからの少し背中を見せた方が体重は増えにくいの

動画youtubeでご覧ください。

  

 

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると活性化して脂肪燃焼することが海外からの研究からも

わかりますね。

 


 30分歩いて消費カロリーを増やす方法は恒常性の体温調節が応援します。

 

運動による消費カロリーの計算ではMETS(メッツ)の単位で計算されています。

背中クールタイの比較実験で同一運動をして痩身差はメッツでは合いません。

どのように計算をすればよいかわかりませんでした。

カロリー計算は酸素量から計算されるようです。

悪玉と言われる脂肪を燃やして体重が減ってもカロリー計算が成り立たず探していたのです。

やっと現れました。

ともかく同じ現象があったのです。

寒さで震えを感じると10分~15分と1時間分のエクササイズをしたのと同じ効果がある。ことが

シドニー大学のポール・リー先生が学会に発表されていました。

 

論文からわかりやすいように解説図にしました。

 

運動しての燃焼消費カロリーと

体熱を維持する燃焼消費カロリー

との違いは?

見つかりませんでしたた。

解説図の⑤の熱産生と⑥エネルギー消費をみての通りです。

そしてこの熱産生するときにミトコンドリアが活性され所が

注目されています。

研究者は"夢の痩せる薬"も求めています。

でも不思議です。

背中クールタイの比較実験でも如実に痩身差で表れます。

  

ある意味で外国での学会に発表された内容と比較実験が合致したことで

背中に不思議発見です。 

 


 

30分ウォーキングが良いと言うのは「背中クールタイ」を着けてのことです。

寒い季節0℃~6℃において運動すると体が温まり発汗するまで要する時間です。

おもしろい比較実験データがあります。

40分ウォーキングで溜まっている脂肪の燃焼が運動後に痩身差で表れます。

信じられません。

運動中の温度・湿度の関係を見れば体温調節の切り替わりも判ります。

比較グラフをご覧ください。奥が深いです。

 

 

 

衣服内気候を変えて環境、痩身差を見る実験です。

何もつけない普通のウォーキングは背中の衣服内温度が安定しており体が温まると体温調節で

発汗が始まります。

この時のエネルギーは摂取した食べ物のATP脂質が先に消費されますので脂肪燃焼は

その後と言われています。

 

背中クールタイ着けたウォーキング及び

背中クールタイ着けて胸もと開けてのウォーキングは背中の衣服内の温度が下がり、

背中に入った冷気で交感神経が働き、体熱を作るのに優先的に脂肪を燃やしてくれるのです。

ダイエットにはうれしい味方です。

その結果40分後に痩身差がそれぞれ50g、100g、250gと出るのです。

胸もと開いて背中クールタイを着けた場合痩身差が多いのは首回りにも褐色脂肪細胞がある

からです。

このことは脂肪を落とす目的のウォーキングであればより効果が出るので参考にしてください。

健康な体を目的で運動されるお方は背中クールタイはネックウォーマを巻いて暖かい恰好でも

比較実験で効果は出ています。

 

このように寒さを負荷しても恒常性の体温調節で元の温度に戻ります。

ここで注目されるのは、衣服内の温度を下げて脂肪を燃やして体温を上げることは

血流が体の隅々まで運び基礎代謝を高めることになると医学書に書かれています。

 

ウォーキングをして最初から溜まる脂肪を燃やしてくれる方法は他にははありません。

あるとすれば背中丸出しで散歩するか寒中水泳して寒冷刺激をする方法です。

 

「背中クールタイ」の効果ですので、皆さんの未だどなたも知らないことです。

 

恒常性の体温調節ですから、

暑い時は汗を掻き、気化熱で体を冷ましてくれますよね。

そこで問題です。

寒い時、体を温めてくれるのは?

□ 体が自然にやってくれてる。

□ 考えてもみなかった。

□ 体が脂肪を燃やして熱を作ってる。

 

温めるヒーターが必要ですから脂肪を燃やして体を温めてくれるのです。

こんな簡単な道理です。

   

「背中クールタイ」を着けて30分運動すると恒常性の体温調節を促し体に良いことがたくさんあります。

背中ハッピーは参考にしています。

一つ一つ紹介していきます。

勿論専門家の声です。

 

「がん劇的寛解例に学べ」

・・・・・すぐに吸収されて血糖値を上昇させる白米などの大量摂取は、がんには禁忌なのです。

私がなどを患者に進めるのはその為です。   

過去の臨床経験や論文研究などから「がんは生活習慣病である」と考えています。

こちらからご覧ください

 和田洋巳からすま和田クリニック院長(BUNGEISHUJU 2016.6)

 

アンチエイジングの新常識毛細血管ケア 

NHKためしてガッテンの番組です。

血流を書き込みました。こちらからご覧ください。

 

脳科学が証明したボケない秘訣

瀧靖之 東北大学加齢医学研究所教授

睡眠、運動、趣味・・・・・認知症は予防できる時代に

「将来認知症になる確率の高い脳」が画像上の変化でわかる可能性が出てきたようです。

全世代の脳全体を見てきた医師が脳の一生をトータルな視点で研究されています。

脳はどのように「老化」するのでしょう。

続きを読む・・・

 

腰痛、毎日3秒で苦痛から解放

 平浩 東京大学医学部付属病院特任教授 (文芸春秋)

健康寿命の大きな壁になっている腰痛の治療法に、いま大きな変化が起こっている。

NHKスペシャル「腰痛・治療革命」にも出演して反響を呼びました。

腰痛は長らく日本人を悩ませ続けてきました。実は、レントゲンやMRIなどで原因が特定できる腰痛は、

椎間板ヘルニア骨折、がんによるものなどわずか15%にすぎません。残り85%は原因の特定が難しい

 「非特異的腰痛」だと言われています。

続きを読む・・・

 

 しわ、 シナモンが若い肌を保つ

高倉伸行大阪大学微生物病研究所教授 

「人は血管とともに老いる」これは19世紀、カナダの医学者であるウィリアム・オスラーが残した

言葉です。彼の言う通り、肌の老化も血管、特に毛細血管の減少が大きく関係していると考えられて

います。毛細血管は全血管の99%を占め、体内の細胞に栄養素や酸素を送り届ける役目を持って

いますが、年齢を重ねるごとに減っていきます。特に40代半ばから急激に減り始め、80代になるまで

に4割も減ると言われています。

毛細血管が減るとどうなるか。細胞に栄養素や酸素が届かなくなり、働きが低下します。その影響を

受けるのが肌なのです。

続きを読む・・・は3件こちらのページをご覧ください

 

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダウンジャケット着ながら痩... | トップ | ミトコンドリアを寒冷刺激で... »

コメントを投稿

30分ウォーキングで痩せやすい体質に 体温調節が応援します」カテゴリの最新記事