背中に痩せる褐色脂肪脂肪細胞が有り脂肪燃焼効果を魔法の「背中クールタイ」で研究しています。

学会に発表された学者の動物実験をヒントに実践。脂肪を燃やす効果がスゴイ!一日30分ウォーキングで生活習慣病、癌予防も

「がん劇的寛解例に学べ」 背中クールタイが?

2016-08-02 | ガンと「背中クールタイ」

「がん劇的寛解例に学べ」

和田洋巳からすま和田クリニック院長(BUNGEISHUJU 2016.6)を読んで

初めて聞く言葉です??? 「寛解」とは

がんの症状が良くなった時の表現の方法として「治癒」「完治」

「寛容」があるようです。

完治と治癒はほぼ同じ意味であり、最も望ましい状態ですが、

ガンの種類によっては寛解が最大限の治療結果と言うこともあるようです。

 

和田先生は京大で肺がんの手術を山ほどされましたが4割ぐらいの患者は、

手術が奉功せず、再発するそうです。

外科的にはがんを完璧に取り除いたはずなのになぜ治らないのか。

根本的な疑問を抱きつつ、それでもメスを振るっていたそうです。

今思えば、「まさに医者の驕りでした」と反省しています。

なぜ「がんが治らない」のか、こんな治療を続けていいのか?

「どうすればいいのか?」

がん治療は「答え」から出発すべきではないかと考えたようです・

(患者の声でに賛同します)

例にとって、核心に触れています。

受験指導のプロは正答から出発して、正解に至る解放の体系を

構築して、受験生に提供しています。

がん治療も同じで、これだけやっても成果が上がらないのなら、

数は少ないながらも確実に存在する成功例を出発点に、

院長はなぜそのようなことがおきるのかを真摯に

見直しを考え開業に至っています。

(○○の壁を越えた先生に賛同です)

出発点になる「答え」が「劇的寛解例」と言うことです。

末期がんで亡くなる人の多い中

例えば余命半年と思われた進行肺がんの患者が5年後に表れて、

驚き「何をしたの?」と尋ねると、

「食生活を改めただけです」

(患者の声です)

目の前に劇的寛解例に感動し

標準がん治療の体系の中で仕事をして、その体系のルールから

外れることはタブーであったそうです。

院長の治療は「食生活の改善を中心」に進んでるようです。

 

5つのファクターがあります。

が興味のある第二のブドウ糖は?

がん細胞にはブドウ糖輸送機が正常細胞の十倍以上も存在し、

輸送機から取り込んだブドウ糖をエネルギー源にします。

PET検査でブドウ糖に似た物質を注射し、それを取り込んだ

がん細胞を確かめるのもその為です。

ブドウ糖は生きるために必要な成分ですが、

必要量を超えて体内に取り込まれると、

それらはがん細胞に流れ込んでいきます。

だから、甘いもの(ブドウ糖そのもの)はむろんのこと

すぐに吸収されて血糖値を上昇させる白米などの

大量摂取は、がんには禁忌なのです。

私が吸収の緩やかな玄米などを患者に進めるのは

その為です。   (下線は原文のまま)

過去の臨床経験や論文研究などから

「がんは生活習慣病である」と考えています。

 

玄米を薦めるのは血糖値を抑えるためです。が

その一端を背中クールタイが貯め込んだ脂肪を燃やします。

背中クールタイを着けて運動する人は

着けない人より痩身差が認められます。

簡単に、サプリでもなく、血糖値を抑えられたら

気が付かなかった背中からものすごい発見です。

 

もっと詳しくはこちら

脂肪燃焼の論文はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加