背中の褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を燃焼する“おもしろい現象”を発見! 煙突効果にふいご作用を促進して冷ます効果も

学者の動物実験をヒントに実践。ホメオスタシスを促進すると効果がスゴイ!寒さを負荷して脂肪燃焼。暑さを感じ体を冷ます。

お買い求めて頂いたお客様に役に立つ情報です。ためしてガッテンをご覧になりましたでしょうか。

2016-07-23 | 血液改善で美肌、疲労回復、万病健康グッズ

 

褐色脂肪細胞を増やす方法は活性化することです。活性化する方法は幾つかありますが、褐色脂肪細胞に

寒冷刺激することです。脂肪燃焼もエビデンスが無いから“おもしろい現象”になりますよね。

脂肪燃焼は日本でのヒトの実験、研究が少ないから疫学先進国海外から研究報告が入ってきます。

 

お買い求めて頂いたお客様に役に立つ情報です。

ためしてガッテンをご覧になりましたでしょうか。

 

アンチエイジングの新常識毛細血管ケアSP

家にいたので背中ハッピーももちろん見ました。

報道された画像に加えて比較しながらもっと役に立つことを

背中ハッピーが画像を加えて説明していきます。

アマゾンに出店してからも注文が入りはじめました。

購入されたH様始めM様G様・・・・ありがとうございます。

追って、楽天にもただ今出店準備中ですのでお楽しみにお待ちください。

(NHKの番組HP参照)

小野文江アナウさーが毛細血管を指していますが血液を送るのはポンプです。

そう心臓です。

ガッテンでは

○体の老化=毛細血管の劣化?!

○"血流UP"が毛細血管ケアのカギ!

○毛細血管ケアに効力が期待される食材

がテーマでした。

 

若さと健康の大きなカギ「毛細血管」

実は毛細血管も加齢とともに減っていき、肌の中の細胞が

酸素&栄養不足になってしまい大問題になります。

当然肺や肝臓などの臓器、そして脳にまで影響して、

肝臓病や認知症など、様々な症状の引き金になると考えられています。

 

そこで今、大きく注目されているのが「毛細血管ケア」という新発想です。

若い状態でキープすることで老いや病を防ぎ、アンチエイジングの切り札とするものです。

カギとなる「血流アップの極意」を、ガッテンならではの徹底した大実験と実証を行いました!

「血管ケア」で老いと病気を食い止めましょう!

 

NHKの番組と記事を付け加えます。

上の画像か毛細血管の捕えられた画像です。

花火が打ち上げられたように元気に突出しますが(動脈)

帰り(静脈)は画像に写ってません。

毛細血管の先端の画像を重ね見てください。

動脈と静脈が理解できます。

動脈で酸素栄養素を送り静脈が老廃物を回収している構図です。

(画面を左90℃変えて想像してください。)

正常に活動しています。

暑いときは体の仕組み体温調節で発汗、汗の気化熱で体を冷まします。

寒い時は本陣(頭部、胴体)の体温を維持するのに

毛細血管の仕事はお休みでバイパスで逃げます。

長く続くと肌は凍傷になります。

植村冒険家も体熱維持と何が何でも登頂するんだという狭間で

体熱の消耗(脂肪燃焼)を計算できずに命を落としました。

心臓の動脈と静脈です。

 

○体の老化=毛細血管の劣化!

 

最新の研究で分かってきた驚きの新事実。それは"毛細血管は

年齢と共に減っていく"ということです。

毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体のすみずみまで

送り届ける大切な働きを持っています。

ところが加齢とともに毛細血管が減少していくという話です。

減ればシミ、シワなどのお肌のトラブルです。

肝臓や肺などの臓器、さまざまな機能低下や病気が起こる可能性もあります。

 

運動生理学を研究されている鹿屋体育大学の山本正嘉教授によれば、

20歳の体力を100%だとすると、1歳加齢するごとに体力は1%減少していくそうです。

(文芸春秋悠々山歩きより)

 

○"血流UP"が毛細血管ケアのカギ!

毛細血管の減少や劣化を防ぎたい!なんとか復活させたい!そんな願いに

こたえるカギは「血流UP」です。

ガッテン流に「そのばスキップ」が第2の心臓と言われる「ふくらはぎ」の

ポンプ機能が紹介されました。

早歩きで27%↗

各運動により平均51%↗

入浴により8%↗でした。

「えっ?」と思ったほど低くびっくりしました。

体を温めるともっと血流が良くなると思っていましたから。

 

番組で毛細血管が問われてきましたが血液を送るのはポンプです。

心臓がカギを握っています。

心臓始め基の細胞に行きつけばミトコンドリアが浮かび上がっきます。

ガッテン風の運動も、また、少しきつめの運動を負荷すれば若返ります。

ためしてガッテン ミトコンドリア 8月26(過去にガッテンで報道済み)

 "http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20150826.html

疲れやすい体にサラバ!スタミナUP若返り術
 細胞内のミトコンドリア効果について大公開!されました。

 

さらに寒さを負荷すればそれ以上に効果が期待できます。

  

今日のガッテンの番組のテーマ

○体の老化=毛細血管の劣化?!

○"血流UP"が毛細血管ケアのカギ!

で報道された運動は上記の自律神経による血流の違いの1F部分です。

寒さを負荷すれば2F部分に当たり脂肪を燃焼して熱を

体の隅々まで血液を運搬することが出来るからです。

 

こんな商品世界にたった一つ有ります。

こちらからお買い求めできます。

 

 

ホームページはこちら

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美肌を保つ。疲労も回復、魔法の「背中クールタイ」は万能健康グッズです。

2016-03-24 | 血液改善で美肌、疲労回復、万病健康グッズ

 

褐色脂肪細胞を増やす方法は活性化することです。活性化する方法は幾つかありますが、褐色脂肪細胞に

寒冷刺激することです。脂肪燃焼もエビデンスが無いから“おもしろい現象”になりますよね。

脂肪燃焼は日本でのヒトの実験、研究が少ないから疫学先進国海外から研究報告が入ってきます。

 

               

美肌を保つ。疲労も回復、魔法の「背中クールタイ」は万能健康グッズです。

 

目から鱗の新しい常識

ワッ! こんなになっちゃった。

あのころの膚のツヤが

若いつもりでいても、ひょんなきっかけでそう思うことがあるのではないでしょうか

だるい・疲れた

最近元気がないネ

年齢と共に細胞、毛細血管は衰え減少していきます。

疲労症状もお肌も共通点があります。

全身に酸素、栄養素が送ったり、老廃物を排泄したりするのに

血流悪化も原因です。

血流を改善するには血流を悪化させる原因を直すこと以外に、運動、栄養、

生活習慣の見直しなどがあります。

 

美肌効果の関係について

運動して血流を良くすれば改善されるのですが運動方法を考えます。

 

入浴で体が温まり発汗することにより、血管が拡張され、血流が良くなり

新陳代謝が活発になりお肌の細胞が生まれ変わりきれいになります。

 運動も体温調節を促し血流を良くして入浴と同じようにきれいになります。

 

 さらに運動に寒さを負荷して温度を下げてから上げて戻し、また上げて下がることで

基礎代謝を上げてより美肌効果を、より若返る方法です。

寒さを感じさせ脂肪を燃焼して体温を上げることで血流を改善される運動方法です。

褐色脂肪細胞に多いミトコンドリアを活性化して増やします。

 

 

昔から寒い季節に皮膚を露出させて乾布摩擦をしたり

タオルを冷たい水にぬらして絞ってから皮膚をこする

冷水マッサージや、風呂上がりに水をかぶったりする冷水浴などが有りました。

これらは、刺激を与えることで反射機構の強化をねらったものと考えられます。

 

皮膚をこすらないで寒冷刺激です。

薄着より暖かい恰好で背中クールタイを着ければ出来ます。  

 

寒くなると指先などは体の中心部の体熱を保持するのに毛細血管の

血流を抑えます。その時の感触は痛っ痒くなリます。

そして運動して体が温まると温かい血流が指先迄流れ痒く感じます。

交感神経の指示で毛細血管を開閉します。

寒さを感じて脂肪を燃やして熱を産み

血流が手足の指先から脳まで血流が熱を運んでいるのです。

 

さらに温まると入浴で体が温まったようにお肌の細胞が生まれ変わりきれいになります。

 

同じ運動をしても寒さを負荷して体温を上げることは血流も活性化され繰り返すことで

基礎代謝を上げることにもつながります。

血流改善が出来れば疲労や、体のだるさも回復します。

血流量が増加すれば新たな毛細血管が生まれたり、

利用されていなかった毛細血管が再生され、血流量も増加します。 

 

美肌も疲労回復も鍵を握るのはミトコンドリアを活性化することです。

 

着けると効果のでる背中クールタイこちらからお買い求めできます。
                                                                        
                  
                                    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加