“体温調節”のチカラを背中に発見! 脂肪は寒いと燃える。熱を逃がして冷ます。気流を生む第3の下着「背中クールタイ」

寒冷刺激すると脂肪燃焼して痩せる褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が遭遇して考案者がで実践しているブログです

不思議発見 ! !“痩せる脂肪”の極意」がNHKの番組着けるだけで.....................恒常性の維持向上が期待できる健康器具です。

2018-04-17 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

発見!“痩せる脂肪”の極意」がNHKの番組で放送されます。

4月3日

NHKの番組ダイエットの常識が変わる 「発見! “痩せる脂肪”の極意」を見て。 

"今回のカラダ新常識"は、痩せるにつながる褐色脂肪の寒冷刺激大実験でした。

 内容が背中クールタイと同じでビックリしました。

クリックしてご覧ください。

 

背中に気流を生んで不思議発見!

背中に風が入ったら

「ゾクッ!」「風邪ひく~」

「何っ!」「アッタかい」「目が覚めた」

・・・などの経験をお持ちでしょう

 

背中クールタイの試作品を作り着けたら汗が逃げ黄ばみが消えました。

背中に冷気を入れた比較実験では「どうして痩身差が出るの?」

背中クールタイは着けるだけです。

個人の体の仕組みで期待できます。

比較実験などは豊富ですのでカテゴリ―グラフ見える化かからご覧下さい。

(脂肪燃焼・痩身差など実験の結果を記載していますが約束するものではありません)

 

 

見えない背中に気流を起こすと

背中の温熱環境は安定して自律神経の支配下で

暑いと熱を逃がし冷まし

寒いと脂肪から熱を産み

生命を維持しています。

  

気流を生むと体のしくみで

冷ます、痩せる体質になるなど効果がたくさん

あります。

 

背中クールタイの風を出し入れする流れと網目の柔らかい筒の構造断面を下から見る。

背中に通した筒の中を温熱環境・寒冷環境・風により気流が発生します。

 

 背中クールタイから入った冷気が体の仕組みで

褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を増やします。 

 

増やす方法は寒冷刺激して活性化することです。

寒中水泳、背中クールタイ、温冷水シャワー、

保冷剤、ペットボトルなどがあります。

 

 褐色脂肪細胞のある部位

 燃焼は運動ではない! 寒さを刺激して

脂肪分解!が優先!!して熱を産みだします。

 

背中クールタイの漫画です。 

 

 

 知られていません?脂肪を分解してのエネルギー消費のメカニズム

固定概念を覆した全く新しい方法をまとめ動画Youtubeniに公開しました。

UCP-1褐色脂肪細胞での熱産生とエネルギー消費・肥満

 

 

 

 ここに注目してください!暑い環境下で、着けると体を冷ます背中の皮静脈

気化熱で冷ます汗はどこから?経路をまとめてみました。

 

背中クールタイは肋間静脈の皮静脈から放熱された熱を放出します。 

 

 肩甲骨周りにある痩せる褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が

"寒い!"と感じると脂肪を熱に変えるのに燃やします。

中性脂肪が減る。太りに気い体質、痩せやすい体質

が簡単にできそうですネ。

   

恒常性の体温調節を温熱・気流で負荷して促して脂肪を熱に変え減らします。

わかりやすいようにそれぞれの動画を用意しましたのでご覧ください 

動画YouTube 1~3分で13本です。クリックして覗いてみてください。

   

  新発想の開発商品で背中に空気を入れることでこんなに変わります。

  

簡単背中に着けるだけウソみたい

でも

体のしくみ恒常性の体温調節で交感神経の働きで勝手にやってくれます。1本で2役

「背中の汗が消えた?」・・・暑熱環境で熱溜まりを放出して冷ます。

「脂肪分解ダイエットが」・・・寒い環境で体熱を生むのに脂肪を消費する。

背中に入った空気が鍵を握っているのです。

日常の活動で暑い時に汗の悩みを解消して、

脂肪を落とそうと思い始めた有酸素運動に、お役に立てれば嬉しいですね。

効果などカテゴリーに分けてありますのでご覧下さい。

 

お知らせコーナー

WBS ワールドビジネスサテライト トレたまに紹介さた背中クールタイを東京ビッグサイトで直売します。7/31~8/2

7月19日(水) WBS ワールドビジネスサテライトのトレたまに紹介されました。 

 お電話でのお申し込みが出来るようになりました。

  購入のお申込みからお願いします。

 ご注文のさいはサイズのご確認をお願いします。

  このページの下段に記載していますので目をお通しください。

 

更新された最近のブログのページです。

魔法の「背中クールタイ」は基礎代謝を高めるのに体温調節で応援します。の1年後の感想です

 「発見!“痩せる脂肪”の極意」がNHKの番組で放送されます。

パンダの赤ちゃんシャンシャン初めての夏の暑さ心配ですねどう過ごすのでしょうか?

安心してお買い求め頂くために全額返金保証をお付けします

30分ダイエット。より詳細を伝えるのに

天皇皇后も愛読される「医心方」の呼吸法のなかから

ホメオスタシス、恒常性の維持の作用から発見された新商品です。

自然治癒力でダイエット。動画特集:孫の手は便利。背中に着けるだけダイエット便利なグッズ登場!

ゴルフで膝の痛みの解消法

自然治癒力でダイエット背中クールタイ特集

体で試せる"おもしろい現象"で☑痩せたい☑脂肪を減らしたい方法をマンガにまとめてみました。

 UCP-1、褐色脂肪細胞での熱産生とエネルギー消費・肥満について

健康でイキイキと過ごす為に私たちの体を構成する細胞と食事

クールビズって義務じゃないんだから、ネクタイをしたい人はすればいい。小泉進次郎に直接聞いてみた

背中クールタイがテレビ東京WBSの“トレたま”に取り上げられました。

 

動画始めました。YouTube お時間あれば ご覧ください。 

UCP-1褐色脂肪細胞での熱産生とエネルギー消費・肥満

褐色脂肪細胞ダイエットは寒冷刺激がポイント活性化して脂肪を熱にして痩せやすい体質に方法が発見されました。

ホンマ!でっか?少し肌が見える方が冬太りにくい売ってる背中クールタイ 

地球温暖化で糖尿病が増える?今から褐色脂肪細胞を増やすことで痩せる体質にする。

痩せやすい体質になる方法を動画で見る。褐色脂肪細胞を刺激

孫の手は便利。「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞を刺激して痩せる体質にします。

糖尿病予防に 褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せる体質にして

10分ほど寒さを感じるとエクササイズ1時間の消費カロリーと同じ効果が

寒冷刺激ダイエットが四季を通して出来るk動画 

打ち水の気化熱の効果を活用して体を冷ますアイデア商品は?

私はこれで?汗ジミ、黄ばみが消えました。着けるだけで簡単な方法です。

 熱い場所で暑い時に熱中症対策に魔法の背中クールタイ を公開しました。

背中の汗を気化熱で冷まし体を冷まし体に森の中のな爽やかさを。魔法の「背中クールタイ」

地球温暖化で糖尿病が増える?今から褐色脂肪細胞を刺激して痩せる体質に

背中クールタイの着け方動画で見る 

 


にほんブログ村

 健康グッズブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

 必要は発明の母でした。

このブログは背中ハッピー(本人のブログ名)が膝の炎症を和らげるのに筋力をつけて

体重を落とすことを目的に始めました。

続けているある日、干してある下着の背中部位に着いた汗の黄ばみにビックリして

この汗なんとかならないの?と考えたのです。

そして、汗の悩みを解消しようと思って考案したのが「背中クールタイ」です。

散歩して汗を掻くのが当たり前だと思っていたのが

汗の悩みを解消してくれました。(*^。^*)  

世の中便利になりにネットでいろいろ調べられます。

背中に関係することを調べているうちにドキッとすることがありました。

そう、脂肪を燃やす褐色脂肪細胞があることを知り「背中クールタイ」で比較実験をして

偶然に痩身差を確認したのです。目から鱗でした。

しばらくぶりに会う人には「どこか具合でも悪いのですか?」って聞かれます。

5Kg痩せると変わりますね。本人は至って健康ですが誤解される時もあります。

 

「背中クールタイ」ってなんでしょう。

 

背中にキーポイントがあるように思います。

命を守るのに寒さを感じ熱を作る褐色脂肪細胞のある部位から見ると見えてきます。

体内部では心臓、腎臓の周りです。

成人約5ℓの血液を心臓から送り出し腎臓で浄化して約1分で心臓に戻ってきます。

生ビールはビアサーバーで冷やされ美味しく飲めるように

ヒトの体に当てはめますと体温を維持するのに人間ビアサーバー(恒常性温度)が

腎臓にあたりますので褐色脂肪細胞が全身循環して

冷えた血液を感じ脂肪を燃焼して熱を作るのはうなずけますね。

 

体外部では首の周りと脇の下と肩甲骨の周りと言われて

胴体を恒常性の維持で生命を守っています。

肩甲骨周りと背中クールタイが重なり、

又、発汗も背中から始まる人も多いです。

気化熱や放射された熱が背中には溜まりますから

煙突効果で出してあげる発想が今迄なかったことです。

 

ミトコンドリアの細胞学者のO教授からは「簡単な器具だね」

もうお一方のK教授からは「おもしろい現象に良く気が付いたね」

「研究してください」ってエールを頂いております。よくテレビに出ていらっしゃいます。 

Dr、 S様にはアパレルを薦められてから実験を重ね

衣服内気候の比較実験はブログに書いてある通りです。

 

有酸素運動して最初から脂肪を燃やし褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を増やし

痩せる元気になる方法は他に見当たりません。

あるとすれば背中丸出しで歩くか冷たい思いをしての寒中水泳です。

 

NHK 大河ファンタジー 「精霊の守り人」 の原作者と医師との対談です。

 

「健康」って、なんだろう? 上橋菜穂子x津田篤太郎

両氏の対談からも気になる「運動をしましょうとか」「コレステロールのお薬飲んで」に

の対話を抜粋しました。健康の考え方が客観的に見えてくるものがあります。

 

技術が幸せを生み出しているわけではない

・・・・・「略」・・・・・ 

上橋 : 先ほど「お客様としての患者」のお話が出ましたが、患者がずっとお客様視点だというのは

いけないんじゃないかと思っているんですね。学ばないといけないことも、たくさんあると思う。

たとえば「患者さんがこれをしたらいいのにな」と思うことは、お医者さんからするといかがでしょうか?

 

津田 : 塩を少なめにとか、運動をしましょうとか、そういうことはいくらでもあるんですけどね。

でもそういうことだけではなくて、「病気を治すとはどういうことなのか」を考えることが

必要な時代になってきていると思います。

 ・・・・・

津田 : コレステロールのお薬を飲んで 、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らす。10年から20年先のことを考えて、

今はなんの症状もない人にお薬を飲ませているわけです。

なので、「エンドポイント」をどこに定めるかで、何が理想の解決なのか、

そのためには何をしないといけないのかがずいぶんと変わってしまうんですね。

(文中敬称略)参考文献みんなのミシマガジン

 

津田先生との対談もそうですが、

健康に関しては背中ハッピーもアンテナを張っていますから

特に「運動をしましょう」とか「有酸素運動しましょう」は

ドクターからテレビ、雑誌でよく聞かれるのですが、運動の詳細については触れていません。

皆さんも運動さえすれば健康だと思っている方がほとんどです。が、

それも良いのですが脂肪を燃焼するのは実際には違うのです。

同じ運動をしてコレステロールを減らすのに寒い環境にして減ることは

まだマウスの実験の段階で世間にはあまり知られていません。

私個人の体感実験からの意見では

脂肪を燃焼させるのには運動に最初から寒さを感じさせることで

優先的に溜まっている脂肪を燃やすことです。

比較実験グラフにも記載していますので見て下さい。

血流を良くすることにもつながり健康になれます。

 

「健康」って、なんだろう?

自分の細胞の中にいるミトコンドリアを増やすことです。

 

おもしろい現象ですが簡単なことですよね。

暑いから汗を掻く、寒いと熱を作る。

ホメオスタシスに負荷する。促すグッズが登場した。

ただ、それだけのことです。

詳細はカテゴリーにあります覗いてください。

 

自分の体を信用して目的に合わせてご利用ください。

 

 ホームページ

http://senaka-cool.sakura.ne.jp/

 

にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱資源、脱原子力燃料のクーラーのいらない生活の提案です。

2018-03-09 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

脱化石資源、脱原子力燃料のクーラーのいらない生活の提案です。

3.11東日本大震災が発生して7年目を迎えます。

そこで住まいにエアコンのいらないノウハウを衣服内に取り入れた生活を提案します。

 

●衣服内気候を考えた第3の下着「背中クールタイ」

「背中クールタイ」は衣服内気流を生むこと

によりこもる熱溜まりを逃がして冷ましてくれます。

その結果得られるものは化石燃料や、

原子力燃料をを使わないでCO2削減に

貢献。体も体温調節で冷ますので

お客様の中にはクーラーの冷え過ぎから

開放された人もいます。

 

体の仕組みで冷ますことが出来る「背中クールタイ」

 福島の原発事故の教訓は? 

エネルギー問題は?

そんな思いから今できることから

「背中クールタイ」を作りました。

 

衣服内の快適温度は32℃±1℃です。

この温度位までクーラーは使わないで

済みます。

体幹温度約37℃を維持するのに自律

神経がコントロールして体温調節しています。

37℃の猛暑でも静止状態では衣服が

汗で濡れませんでした。オドロキです。

体を冷ます方法、使い方   

 ●エアコンを稼働している場所、

 32℃前後まではエアコンをつけない。

そこで扇風機で風を循環するよう

向きを考えてください。

背中の熱溜まりも逃げるので暑いけど

汗は掻きません。部屋には直射日光は

避けたいですね。

温度が上がり暑いと思ったらエアコンを

点け室温と湿度を下げてください。

30分位で十分です。冷えた証拠で

クシャミが出ます。

その一例をご覧ください。

28℃の事務所での背中クールタイを着けて

衣服内に気流を出し入れした温度・湿度の

記録です。

  

肌と衣服の間にすき間(バイパス)を施し、

こもる熱を出し入れにエアコンをためした

結果です。さらに湿度が5%下がると体感温度が

2℃強下がります。

湿度37%だと背中の体感温度は22.4℃です。

クシャミが出ますね。

室温32℃湿度60%風速1mで27.8℃です。

無風で29℃です

計算は"http://keisan.casio.jp/exec/system/1257417058"こちらで出来ます。

 

クールビズの室温が28℃です。32℃の室温でも

風を循環させ風速1mで体感温度が27.8℃です。

背中クールタイで湿度が55%になると27.4℃です。 

デスクワークでは汗を掻きません。     

 ※冷え過ぎから解放されたい方には特におすすめです。

エアコンが無くても扇風機で風を循環させれば

体幹温度が下がります。背中の熱を逃がせば

さらに下がります。寝る時も温冷のギャップもなく

眠りに入れます。

●熱い場所や日常の活動して暑い時、汗対策に

暑いと思ったら着けてください。

ショルダーバック、リュックなどのベルトで

背中クールタイを抑えると効果は出ませんので

工夫が必要です。体温調節は放射、伝導、蒸発ですが

体温より高くなると蒸発だけですので発汗を促して

やることが大切です。猛暑の中の衣服内の

温度湿度の記録です。

 

 炎天下で散歩しての記録です。熱をこもらせると

衣服は濡れ始めますが逃がしてあげると湿度は

下がり汗の気化を促しているのが推察されます。

静止状態だと汗は掻きません。

 

●気流を生む第3の下着とは進化する吸水即汗、

吸湿発熱の新素材とは発想を変えました。

衣服は熱が 肌→衣服→外 へ熱伝導で伝わります。

本商品は  肌↑↓衣服 ストレートに出し入れします。

この発想が今迄無かった事です。

裸になれば別ですが。

但し空気を出し入れしますからつぶれない

繊維と構造で出来ています-その結果商品は

吸水即汗の衣服より早くこもる熱を出します。

参考になる比較グラフです。

発汗して背中を濡らし高湿度にして背中クールタイを着けて実験

 

背中クールタイは濡れた衣服も着ながら乾きます。

こちらからお申込みできます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットを応援します。間褐色脂肪細胞を寒冷刺激して体重差を記録しています。

2018-02-28 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

ダイエットを応援します。

知られていない背中クールタイで

30分間褐色脂肪細胞を寒冷刺激しての

体重差の実験記録しています。

  

同一運動して背中クールタイを着けた日と

着けない日の運動前後の体重差の記録

が、今迄の計測が40分から30分に

50g単位が20gに変わりました。

分かってきたことは?

差が出ることです。 

な~んでかな?

ホームページで記録を公開しています。

ここに注目をしてください。

 

ホームページの左上にあります。から

ミトコンドリアのページに移動しました。

 

 

ホームページを詳しく見ると。

 

同一運動を背中クールタイを着ける。着けないで体重差の

記録から脂肪を熱に消費されての効果か推察されます。

太りにくい、痩せやすい体質は簡単に

コントロールできます。

 

外気温度、湿度、風、摂取した食べ物によっても痩身差に表れます。

途中買い物した時の釣銭も計算しています。

1円 1g 5円 3.75g 10円 4.5g 50円 4g 

100円 4.8g 500円 7g

参考の為に

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30分間でダイエット応援します。同一運動でなんで体重の差が出るの?

2018-01-12 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

30分間でダイエット応援します。

同一運動でなんで体重の差が出るの?

今迄の秤はは50g単位で記録していましたが

これからは20グラム単位で報告します。

(予算が無いので)

背中クールタイは健康器具ですので

薬機法(薬事法)もあり脂肪燃焼しますなどの

制限されます。

そこで皆さん

背中が「痒いっ」と思った時に孫の手があれば使いませんか?

痒い時は掻けば収まりますので超便利です。

そして

背中に寒さを感じると痩せる褐色脂肪細胞があり

体の仕組みで脂肪を燃やしてくれる知識があれば

どうされますか?

 

痩せたいと思ったら探しますよね。

大学、研究機関もマウスの実験で学会に発表されていますが

人体実験では数少ないです。

 

その褐色脂肪細胞を背中クールタイで

寒さを感じさせで

同一運動をしてbifour,afuter の実験結果を

体重差を公開しています。

脂肪が熱を産んでいる

カロリー消費されている?

かは想像にお任せします。

 

褐色脂肪細胞に関する論文は

主にマウス実験です。

ヒトの実験は16℃前後の冷室での実験と

海外からの実験報告です。

背中クールタイと言う簡単な器具があり

偶然に脊髄にある褐色脂肪細胞と

重なり自律神経を刺激することで生まれました。

 

私は太る体質なので背中クールタイで

太るのを抑え、油断して正月に太りましたが

背中クールタイを着けですぐに戻りました。

このように、一工夫するだけで自己防衛、自然治癒力で

体重はコントロールできます。

 

簡単にダイエットが?

体重差の報告を楽しみに見てください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇皇后も愛読される「医心方」の呼吸法のなかから

2018-01-01 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

天皇皇后も愛読される「医心方」の

呼吸法のなかから一つについて

(冷え性解消、スポーツの前などに)

 

身体を伸ばして仰向けに寝る。手は親指を

中にして軽く握る。鼻から臍下丹田に吸い

こんで息を止め、心の中で数をかぞえ、

200になったら口から静かに気を吐く。

 

200までだと大変ですが、無理のない範囲で

私は40くらいが限度ですが

朝起きて布団から出る前に実践すると

起きるのが楽になりました。

 

なるほどと思えるのは血液が

体の隅々まで酸素を送り循環しています。

これをストップするのですから細胞内では

どうなるのでしょうか???

このような酸欠負荷をかけると細胞も

対応をしてある作用を起こすのでしょう。

その結果冷え性も解消できるのですね。

 

寒さを負荷すると脂肪を分解して

熱・産生します。

 

今年も皆様にとって良い年でありますように。

元旦

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ ダイエットの秘密が背中に発見されました。

2016-10-26 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

  

ダイエットの秘密が?

背中に発見されました。

  

  お知らせ 

アワード背中クールタイの取り組み<生活習慣病予防分野>の内容ご覧ください。

10月25日「ミトコンボディ」ネットショップのご案内再編集

化学的根拠について書き込みました

10月24日有酸素運動より体脂肪を燃やす商品が誕生

10月21日 体のメンテナンス大革命です。

9月10日のカテゴリーの「褐色脂肪細胞を寒冷刺激で活性化第一位」です。

8月30日健康寿命を延ばそう!アワード<生活習慣病予防分野>に応募しました。

スマート・ライフ・プロジェクトとは

厚生労働省の健康づくり大キャンペーン

健康づくり推進本部の取り組みの一つ生活習慣病を知ろう!です。

生活習慣改善の為に3つのアクション+1

適度な運動

適切な食生活

禁煙

+健診・検診の受診・・・です。

 

カテゴリーもご覧ください。

 

8月9日楽天市場にもオープンしました。

 

 クールビズで考案した背中クールタイが褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を

寒冷刺激をして脂肪を燃やすのを偶然に発見 してしまいました。

日本初! 若返りの鍵を握るミトコンドリアを活性化します。

少しきつめの運動を負荷して若返るのは筋肉細胞の中のミトコンドリアでした。

発見したのは体に寒さを負荷して感じさせる(寒冷刺激)方法です。

今迄の寒中水泳から背中に着けて活動するだけでできるようになったことです。

簡単に脂肪を燃やせれば背中クールタイ1つで役に立つことがたくさんあります。

ネットで検索すれば、体を温める、基礎代謝を上げ痩せる体質になる・・・・・・

皆さんの思い当たる案件があると思います。

 

偶然発見の理由とは

写真は褐色脂肪細胞の部位を示しています。PET/CT

 

褐色脂肪細胞のある部位は首の回り、脇の下、肩甲骨の周り、 脊髄の廻りです。

ウィキペディア参照

背中クールタイを着けるとどうでしょうか

脊髄の窪みに割って入り気持ち悪いくらい重なります。

背中に入った冷気が寒さを感じさせ刺激します。

このことの効果が、左記のカテゴリーにあります。ご覧ください。

褐色脂肪細胞の研究は各大学でマウスを使い実験中で

成果が学会等で発表されています。

 体温調節の神経回路

中村和弘教授(京都大学→名古屋大学)

ヒトを含めた哺乳動物(恒温動物)では、体温を一定に保つために、体内から環境中へ

の熱の放散を調節し、必要な時には体内で積極的に熱を産生する。・・・つづきを読む

 褐色脂肪細胞においてエレルギー消費を促す新たなメカニズムを発見

京都大学・生理学研究所リリースより

脂肪細胞には、いわゆる皮下脂肪や内臓脂肪などの白色脂肪細胞用語1と、褐色脂肪

細胞用語2の2種類が存在します。この2つの脂肪細胞は、同じ脂肪であるにも関わらず

対照的な特徴を持っています。

色肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を

分解し、熱を産生することで体温の調節をします。特に寒い環境下では、交感神経用語3

の活動が高まるにつれて褐色脂肪細胞が活性化し、体温が下がりすぎないよう熱を

産生します。・・・京都大学の研究成果を読む

 脂肪細胞の分化メカニズム

筑波大学大学院遺伝子制御学研究室 

近年、欧米諸国を中心に肥満が社会問題となっており、日本でも肥満者の割合が年々

増えています。肥満は糖尿病や循環器疾患などをひき起こし、医療費の高騰にもつな

がるため、治療法の開発が早急な課題となっています。

我々の体内には大きく分けて2種類の脂肪細胞、すなわち白色脂肪細胞と褐色脂肪

細胞があります。・・・つづきを読む

 

各大学で求める脂肪細胞の研究内容とは違い、

背中クールタイは交感神経を促し脂肪の燃焼を促すことで痩身差を確認しました。

 

魔法の「背中クールタイ」のホームページ公開しました。

http://senaka-cool.sakura.ne.jp/index.html

 

 

 

自社開発商品の総合案内


カテゴリーにも商品の温熱環境の効果が詳しく載っています。



魔法の「背中クールタイ」

寒冷刺激で脂肪を燃やすことが簡単に出来る商品です。

ダイエットの強い味方です。

汗の悩みも解消します。

眠気も冷まします。

自律神経を作用させるから不思議な事が起こりますネ。

 ウッソ ! マジ? 信じてもらえませんね。

脂肪をメラメラと燃やし脂肪をはぎ取ります。

これってホラ?

皆さんどうしようもなく暑いときには汗が滲み出ますよね。かなりの量です。

これって体温調節で恒常性の維持によるものです。

反対に体が冷えると温めようと貯まる性質の脂肪を燃やします。かなりの量です。

寒さに比例して燃えます。(目に見えないのが残念ですが)

これも交感神経が寒さ、暑さに反応して体温調節で

恒常性の維持によるもので、まったく新しい商品の登場です。

 

ホラ?

開発製品は褐色脂肪細胞に寒冷刺激を負荷することで活性化する

自然治癒力でのダイエット、体が甦る、眠気を覚ます効果が出るのです。

 

定められた社会の中で進化していく衣類業界にの中に

さらには医療界に迄に横穴を入れて騒ぐのですから

「ホラ」と思われるは覚悟しています。

そう思われてもホラでないことを裏付けるのに、大学の

学会に発表された論文に基づき「背中クールタイ」で

脂肪燃焼の実験をして確認した実験データを紹介します。

 

カテゴリーの「グラフで見える化背中の温度痩身差」をご覧ください。

(電車の中、歩き、ドライバーの眠気対策、エコノミークラス症候群、肩甲骨体操・・・・・)

                     

 

開発商品はなんぞや?紹介します。



すご~く カンタンです。

写真のように背中に着けて頂くだけで「痩せる」などの効果が期待できます。
背中に数々の不思議発見です。

寒冷刺激をして褐色脂肪細胞の中のミトコンドリアを増やすことから

商品「背中クールタイ」はお客様の脂肪を刺激することでこんな悩みを解消してくれます。

☑「ダイエットが続かない」

☑「ダイエットに挑戦しても挫折。低体温改善も・・・」

☑「スタミナ付けて若返りたい」

☑「猛暑の中、身体に優しく体を冷ましたい」

☑「生活習慣病で、医者に言われちゃった。カンタンに痩せる方法ないかなあ」

☑「運転中に襲ってくる睡魔どうしようもない」

☑「ピンピンコロリしたいなあ」


☑ジカ熱の感染が心配だ





褐色脂肪細胞内に多く含まれるミトコンドリアを活性化するのに

 今までの常識を覆した新しい方法を開発しました。

人間の身体の仕組みで「寒いっ!」と感じると熱を作るのに脂肪を燃やします。

このように背中に寒さを感じさせるだけで体温調節を促す商品は他に存在しません。


 アマゾンブランド登録商品です。



利用の仕方次第で +α こんな悩みも解消してくれます。

☑吸湿発熱の衣服(ヒートテック等)を着た時の運動中の汗の悩み

☑汗の臭い

商品の効果がグラフで確認できます。

痩せる

若返る

眠気を覚ます

体を冷ます

吸湿発熱とコラボ

吸水速乾とコラボ
の効果は比較グラフで見える化しています。


(ホームページ、ブログに公開します。ソフトメール発信中)

 


細胞の最先端
ips細胞による創薬、手術が期待されます。

でも「遺伝子組み換え大豆」を使った食品は安全なのか?

と心配する人は「ips細胞って安全なのか」と思うでしょう。

ips細胞とがん細胞はよく似ているという話を聞くと転移して

がん細胞になる可能性もあるそうです。

(養老孟司参考文献)


小保方氏のSTAP細胞の刺激惹起性多能性獲得細胞は

弱酸性溶液に浸す実験などの外的刺激を与えての研究でした。



「背中クールタイ」

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化する方法を背中に発見しました。

寒さを負荷して恒常性の維持を促し体温調節をする仕組みを取り入れた

まったく新しい健康グッズです。



「皆々様の健康」を

「背中クールタイ」が応援します。

厚生労働省の健康づくり大キャンペーン

スマート・ライフ・プロジェクト健康寿命をのばそう!に参加しています。 

 

灯台下暗し、人間の体の仕組みでこんなに健康寿命をのばせる商品が有りました。

ご自分で、お世話になったお方のプレゼントに喜ぶ顔が見たいから。

こちらからお買い求めできます。

 

  

 
街の工務店のオヤジが日本で一番「住み心地のいい家」の工法を

ヒントに「衣服内環境を快適にして健康な体にする健康グッズ」を開発しました。

 

 

※当ブログに掲載されているすべての文章・画像の許可なく

転載・転用することを禁じます。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都大学で褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促して痩せる新たなメカニズムを発見!

2016-02-23 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

 

 

褐色脂肪燃焼のある部位と背中クールタイが重なり学会の発表内容と重なります。

 

褐色脂肪細胞の研究が学会に発表されています。増やす方法。活性化する。寒冷刺激する。

脂肪燃焼も解明されてきました。

褐色脂肪燃焼のある部位と背中クールタイが重なり学会の発表内容と重なります。

 

カテゴリーも覗いてみてください。データがたくさんあります。

京都大学研究グループの研究成果が、ヨーロッパ分子生物学会誌EMBO Report誌(2016年3月1日号)

に掲載されるそうです。

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見 されたようです。

(京都大学ホームページより)はこちらから 

ホームページを見させていただき今回の発見で参考になったのは

冷たい刺激4℃にさらされると起こり交感神経の活動上昇に伴い増加することが分かったとのことです。

 

このことは自ら痩身の比較実験をするうえで寒冷刺激の温度差が何℃というのが課題でした。

いろいろ実験しても解明できなかった温度です。

早速、今迄の痩身差の月平均の記録と月平均の温度を合わせて見ました。 

27年 1月  126.7g   ( 5回)  4.1℃ 

27年 2月  162.7g   (16回)  3.9℃

27年 3月   48.21g  (11回)  8.5℃

27年 11月  54.1g   ( 7回)  12.3℃

27年 12月  87.5g   ( 8回)  7.2℃

28年  1月  92.8g   (14回)  4.0℃

40分間、寒冷刺激をしての痩身差は平均温度が低ければ痩身差が大きいことが分かります。

ビックリしましたが哺乳動物は恒常性の維持の体温調節がることの証明です。

京都大学研究グループのマウスでの研究で4℃からというのをと重ねると

正しく人体実験でも痩身差が温度に影響してくることも分かるような気がします。

ですから散歩中に時には"脂肪をメラメラと燃やす"ように思え発言するのです。

痩身差の脂肪が燃えるんですよ?

衣類の中の快適な温度は

32℃±1℃です。

夏も冬も大型店舗内の温度はブログでも書きましたが24℃です。

8℃の温度差ですから比較実験からの痩身差も分かってもらえるかもしれません。

それに

今回の発見にエレルギーの消費量が少ないために肥満になりやすいことも分かりました。とあります。

このブログのカテゴリーの生活習慣病予防に重なります。

簡単に着けるだけで寒冷刺激をするものが無かっただけに

「背中クールタイ」の使い方でより効果の出る方法など健康な体に導きをリードすることが

できると思って体感実験を重ねています。

より詳しくはhttp://senaka-cool.sakura.ne.jp/

 

こちらからお買い求めできます。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ2 背中に脂肪を燃やす不思議発見!

2016-02-05 | ここからご覧ください。気流を生む第3の下着【背中クールタイ】のご案内です。

 

 

お知らせ2

新しいページが追加されています。

カテゴリーをご覧ください

 

あけましておめでとうございます

衣服でもなく衣服以上に快適にしてくれるものが誕生します

よろしくお願いいたします。

                       

 

 お知らせ2 中に脂肪を燃やす不思議発見!

 

「背中クールタイ」

「背中クールタイ」は着けることで

冷気が背中に入り

痩せる、若返るなどスゴイ効果が出るのを発見しました。

細胞の中に入っているミトコンドリアを活性化して

恒常性の維持ホメオスタシスを促し健康を取り戻し幸せにする

全く、新しい発想の開発商品です。

 

ips細胞の創薬であれば即売れるでしょうが・・・

でも褐色脂肪細胞の中にあるミトコンドリアを

しかも、恒常性の維持を促す商品は初めてです。

 

幾つかの大学でマウス実験をして学会等で発表している段階です。

私は、大学教授でもないので「理論」などはありませんが

考案した「背中クールタイ」で体感実験中に不思議を発見したのです。

背中の部位にある細胞ミトコンドリアを寒冷刺激したことで偶然にも遭遇して

体感実験を重ね比較してみることで確認したのです。

 

恒常性の維持の体温調節を促しての体重の前後の痩身差は

脂肪燃焼によるものなど、学会で発表しているマウス実験の

発表しているのと重なります。

いろいろな効果が私の体で確認出来たのです。(グラフ参照)

医療で言えば待機的治療かもしれません。

もちろん私自身が実験台ですから

えこひいきと言われるのは覚悟しています。

 

でも、人間の比較実験での結果が紛い物であれが

大学でのマウス実験は?

論より証拠です。

着けるだけで細胞の治癒力を促す素晴らしさを

ただ、皆様を幸せにしたいと思っております。

 

恒常性の維持を促して活性化する仕組み

 

暑い環境になると

煙突効果で

汗を出して

体を冷ましてくれます。

 

より詳しくはhttp://senaka-cool.sakura.ne.jp/index.html

 

こちらからお買い求めできます。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加