だれ守る?私の健康 ひと工夫!でできる。

体の仕組をひと工夫するだけ!暑い時は放熱した熱を逃がすと爽やかに。褐色脂肪細胞を寒冷刺激するダイエット。

まさか!ダイエットが引き起こす腎臓の悲劇・肝臓の悲劇

2019-03-14 | まさかの悲劇!カンジンなダイエット

 

まさかの悲劇ダイエットの失敗!

健康でイキイキと過ごす為に私たちの体を構成する細胞と食事、細胞膜の活動には幅広い栄養素が必要です。

正常な細胞の構造です。無理なダイエットをすると細胞に影響します。

ウェブ上でダイエットの一例です。

 

酸化作用によって炎症を受けていく細胞の様子

まさか!ダイエットが引き起こす腎臓の悲劇!

プロテインやアミノ酸は腎臓を壊す!?不自然な大量摂取は逆効果 

人工的なたんぱく質にパウダータイプなどの筋肉がつくプロテインや疲労を取り除くアミノ酸があります。人工的に作られた商品には大量のタンパク質が含まれています。 

日常的に摂取していれば、腎臓を壊す可能性が高いようです。 

肝臓も気になれば腎臓も気になりますね。怖い理由で医者がオススメしないのはプロテインがあります。人工的なたんぱく質は腎臓を疲弊させる危険性があるようです。 

タンパク質は、私たちの血肉をつくる重要な栄養素です。ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。 

これらの毒素は腎臓のろ過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。 

もし腎臓のろ過機能がだめになれば対中に毒素が回る尿毒症となって死に至るそうです。人工的に大量のタンパク質を摂取することは、腎臓に強要し疲弊させ、重要な被害を生みかねません。 

ガッテン!:まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇 を見て肝臓にかかわる内容で非常に興味のある番組でした。

先日のブログの書き込んだばかりの体脂肪を燃やすのと肝臓の脂肪も共通するところがあるのでびっくりしてしまいました。

 番組では自称ダイエットで成功した誇らしげな達人25人を調べたらなんと11人の肝臓が脂肪肝の状態になっていたという恐い話でした。

なんで?

原因は? 

急に痩せるのはよくない、とのことでした。3Kg痩せ、5Kg痩せ、10Kg痩せは肝臓の悲劇になる人はモズク・キャベツダイエット、コンニャク、トーフ、炭酸水・・・も要注意のようです。

(2016年10月12日NHKガッテン番組参照)

今回のお役立ち情報です。

ダイエットで肝臓がパンパン=脂肪肝に?

肝臓は体のエネルギーを「脂肪」の形で蓄える臓器です。たくさん食べると血液中にエネルギーが増えすぎるので、その余ったエネルギーを肝臓が回収して蓄えます。

これが長期間続くと「脂肪肝」になっていきます。一方、極端に食事を減らすような急激なダイエットをすると、飢餓状態と感じて全身の脂肪細胞や筋肉がエネルギー源を放出します。

その結果、ダイエットをしているつもりでも、肝臓に脂肪が貯まりやすい状況になってしまうのです。

さらにダイエットの後で食べ過ぎてしまうと、脂肪が貯まりやすい状態に更に食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が進行すると考えられています。 

肝臓に優しいダイエット方法 

肝臓に優しいダイエットの目安は「半年で10Kg減」ゆるやかなダイエットです。女性や通常の体格なら一月で2Kg減ぐらいまで、大柄な人で3Kgぐらいにしましょう。

すでに大幅な減量をしてしまったという人は、今の体重をキープするのが大切です。 

コワーイ脂肪肝、どうやって見つける? 

脂肪肝は昔は太った人や、お酒を飲む人がなるとと考えられていましたが、今は普通の体系の人でもなることがわかってきました。放っておくと肝硬変やがんのリスクが上昇します。

 短期間でOK!脂肪肝撃退法とは?

では、脂肪肝を治すにはどうすればよいのでしょうか。まずはゆっくりと体重を減らしてください。半年から1年をかけて体重の7~10%を落とすと脂肪肝が改善と考えられています。

その方法は!

1、運動

2、食事

3、睡眠 最低でも6時間しっかりと睡眠をとること。夜更かしも厳禁です。

しっかり寝ると体が脂肪を燃焼するモードに切り替わります。寝る前に食事をするのは要注意!脂肪が減りにくくなります。

 ガッテン!参照

肝臓も腎臓も重要でカンジンですね。健康に痩せるダイエット商品が誕生しました。脂肪を燃やす環境を作れば体の仕組でできます。

体の仕組で脂肪を熱に(エネルギー代謝)変えます。が基礎代謝のエネルギーを使うので体に優しくしかも体を強くする方法です。

脂肪燃焼(エネルギー代謝)を担うのはミトコンドリアです。

エネルギー代謝は寒い環境で使われるのと、運動空腹時のエネルギー不足時に貯えてある白色脂肪細胞を熱エネルギーに変えます。 

運動 :キツイ運動をしても身体活動量のエネルギーが優先的に使われてから分解された脂肪遊離脂肪酸を使用します。

空腹 :ガッテン!で紹介した急に痩せるダイエットは摂取カロリー(1日のエネルギー消費量に充当)を抑えたことで、肝臓に脂肪が貯まりやすい状況になってしまうとのことでした。

寒い環境 :寒さを負荷すると体温調節で使うのは基礎代謝のエネルギーで寒さを感じたらすみやかに脂肪を体のヒーターに消費します。

着けるだけで 基礎代謝のエネルギーを使いダイエットが出来ます。

1、運動:運動に30分着けて寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果にカラダのしくみでダイエットが出来ます。

2、食事:健康でイキイキと過ごす為に私たちの体を構成する細胞と食事

https://www.youtube.com/watch?v=9lJlfqfoMdc

3、睡眠:最低でも6時間しっかりと睡眠をとること。夜更かしも厳禁です。

こちらからお買い求めできます。

 

 参考文献 ガッテン!:細胞の世界NeoLife Japan 「医者が教える食事術」

 

コメント