マイエリア

人には言えない、つれづれ日記です

~ 遠い空の下より 愛しいあなたを想いながら ~

ビービー問題・・・k

2017-09-30 23:53:30 | 日記
またまたこんばんは


さっきのブログで一週間前の日のお話をするのをコロッと忘れていました(笑)

あの日、あなたが搭乗口の方へ消えてしまってから、少しの間、その場で立ちつくしていました。

虚無感からか、身動きが取れない感覚に見舞われてしまったのと

ひょっとして、いつかのように顔をのぞかせてくれるかなと期待したことで、その場を動けなかったのだと思います。


でも、今回そのサービスはありませんでした。

きっと、あれは泣き虫さん限定サービスだったのでしょう(笑)

ちょっと損した気分は否めませんが、今回は、最高傑作の動画も撮れたし、ギリギリな案件も処理できたし、ビービー回避の成果は大きかったと思います。




昨年、帰途につくあなたの目に光るものを見たとき、あなたはそういう人ではないと思っていたので心底驚きました。


今回の旅行も、私は、ビービー泣くと思っていました。

泣かないわけがないと思っていました。

でも、私がビービー泣くと、あなたが困るから、頑張ろうと思いました。

どんなことも全てはあなたのために…




もっと書きたいことがあるのに、睡魔に勝てそうにありません…もう寝ますね。

おやすみなさい。
コメント

思い出話・・・k

2017-09-30 21:59:56 | 日記
こんばんは

一週間前シリーズもこれで終わりだと思うと寂しいですね。

来週は、二週間前シリーズにしましょうかね(笑)

私たちは、そうやって結構思い出を語り合っていますよね。

昔のことも、一年前のことも、昨日のことも、あなたが話を合わせて一緒に懐かしんでくれる人で良かったです。

一度の逢瀬で何倍も楽しめる、ひと粒で二度美味しいって感じかな。

ちなみに、私は、一度で5,6回です。それ以上は危険領域だから(笑)



そう言えば、あなたと再会してから、あなたの優しさに気づいたのはその事がきっかけだったかもしれません。

どんな時もあなたは私(の考え)を優先してくださいますが、それ以上にそうであることを感じるのは肌を重ねている時です。

まさしく、あなたの優しさを肌で感じているのです。

歓喜の瞬間が波のように何度も何度も押し寄せてきて、気がつくとあなたの優しい眼差しが目の前にあって…



なんの話をしているのでしょうか(笑)





コメント

やっぱり逢いたい・・・k

2017-09-29 20:34:29 | 日記
こんばんは

1週間前のこの時間は、私たちの聖地を散策中でしたね。


ふと思うことがあります。

昔、今よりも頻繁に逢っていた頃、もしもブログをやっていたら

こんな風に一緒に過ごした時間を思い返したりしたのだろうかって。


滅多に逢えない遠い空の下にいるから、一緒に過ごした時間が、こんなに大切で愛おしく感じるのでしょうか。

そう思うと、離れていることも悪いことばかりではありません…なんてことはありませんけどね。



今日、初めて行ったスーパーマーケットの地下駐車場で、誰もいなかったのでヘッドホンなしであなたの動画を見ていました。

ひとりでにやけてバカじゃないのって思いながらも、2回見ないことには止められないカラダになってしまいました(笑)

あの動画の中のあなたの笑顔にやられています。

あなたが笑うと、見ている私も一緒に笑ってしまう、誰かに見られたら私絶対おかしな人ですよね。

でも、長編スペクタクルを作成しておいて良かったです。

長編だからこそ、あなたの笑顔が変化する瞬間とか、私たちの会話に於ける相性とか、私が思っていることをすかさずあなたが言ってくれるところとか、くだらない会話なんだけど、私が思うあなたの魅力を存分に感じられるのだと思います。



先日、友達に聞かれた、なんであなたを好きになったのかという本質的な答えがそこにあります。


最初に惹かれたのは、顔だったのですから、あの動画には私好みがいっぱいあるというわけです。

食べ物とか、ハマると飽きるまで食べ続けますが、それでも3ヶ月が最長記録でした。

あなたは、もう1年5ヶ月もハマっています。毎日食べ続けないから飽きが来ないのかな?(笑)



あなたに逢いたいです。

梅酒を飲んだので余計あなたに逢いたい…



ここでまたふと思う事があります。

私は、最近、あなたに対して、知らないうちに要求が多くなっていませんか?

好きと連呼するのは、私の感情をお伝えしているだけですけど、逢いたいっていうのは願望だから、あなたは負担に感じるのではないかと…そんな事を考えてしまうのです。


あゝ、恋するっていろいろ思い悩むものなのですね。大変(笑)








コメント (2)

あらためて・・・k

2017-09-29 09:18:47 | 日記
おはようございます。

私は、今日何度目のおはようを言っているのかしら(笑)
4時に目覚めて、ブログを開いたのが運のつき、
なんじゃ、このブログ、と思って追加した次第です。

あなたは、どの段階でブログをチェックなさるのかなって思っていましたが、よもやあなたに見られていたとは(笑)
でも、気にかけて頂いて嬉しいです。ありがとう。

今、猛烈に眠たいです。でも、あなたに現状報告をせねば!
うちのボスは、くだらない事いうと怒るけど(笑)

あなたが夜早い時間からおネムになるのは尤もな事ですね。
早朝より起きて、ホントおつかれさまです。
明日はおやすみだから、今日をがんばってね。


一週間前の今頃、

あなたがシャワーを浴びている間に、私はお稲荷さんを食べていました。
コンニャクのお稲荷さんをほおばったら、わっ!美味しい!って。
あなたにも半分こするべきだったと思ったけど、遅かった(笑)
いつかまた一緒に食べましょうね。

そう言えば、あの時買って来てくれたワッフル、賞味期限を過ぎて少し硬くなってしまっていたけど完食いたしましたよ。
普段の私は、そんな硬くなったものは食べませんが、わざわざ買って来てくださったあなたのお気持ちを噛み締めながら戴きました。

あのお稲荷さんとワッフルは、私の中では逢瀬の味なのです。

あの日、あなたがそれらを用意してくださった事が、あとからしみじみと嬉しく感じました。
本当にありがとうございました。


一週間前の今日は、いろいろな乗り物に乗りましたね。
あの電車に乗れて、やっぱり観光に出かけたのは正解でしたね。
観光地そのものよりも、そこに行くまでのいろいろな事が思い出に残っています。
電車の中でビールを飲みながら、座席に感激するあなたは可愛らしかったし
あなたが、あんなにアンチなのも意外だったし、いろいろな発見があって面白かったです。


眠たくなってきました(笑)
ごめんね、あなたはお仕事がんばってるのに…おやすみdarling♡










コメント (1)

睡魔

2017-09-29 06:17:38 | 日記
朝早くから、文面を追加してくれて嬉しいです。


今朝、ブログを開いてみると、珍しく短めの内容です。
どうやら、昨晩は途中でブログ更新を断念し、撃沈していることを想像していました。


ところが、暫く時間が経ってから再びブログを開くと、何と言うことでしよう!
内容が更新されているではありませんか。
早い時間からありがとうね。

このところ、私も眠い病にかかり、ブログ更新中に気絶しそうになることがあります。


貴方は何時もこんな感じで睡魔と格闘し、敗れているのかと、その状態を体感してます。
コメント (1)

一週間前の夜・・・k

2017-09-29 05:02:46 | 日記
こんばんは

おネムなのにLINEありがとう♡

一週間前の今頃は、活イカを食べていましたね。

今回は、美味しいものに恵まれた三日間でした。

あなたと一緒だと、どんなお店でも楽しかったです。



おはようございます。

あなたにおやすみのご挨拶をした途端、睡魔に襲われてしまって…やっぱり、そういう風にシステム化されてるようです(笑)

昨夜のLINEで、何してた? ってあなたに聞かれてドキッとしました。
何故かしら?
その言葉を言われた瞬間、 ドキっとして、嬉しいなって感じたのです。
普段、あまり言われない言葉だからかな?
あなたの事を考えていたことを見透かされてるって思ったからかな?

あなたの何気ないひと言に、こんなに心ときめかせて、やっぱりちょっとおかしいよね(笑)

明日はお休みですね、今日一日がんばってね。
行ってらっしゃい。

今日もあなたが大好きです♡









コメント

昼間っから

2017-09-28 18:35:11 | 日記
今日の朝、電車のホームでハイボールを片手に歩いているサラリーマンを目撃しました。
朝からいい御身分です。

そういえば一週間前、私もハイボールを飲んでいたなぁ、と昼間からお酒を飲んでいたことを思い出していました。

しかも、心安らぐ女性とともに・・・


出来ることなら、もう一度あの時間に戻って、楽しい旅行をやり直したいです。

たった一週間しか経っていないのに、既に遠い過去のようです。
昼前からお酒を飲み、ほんとに楽しい時間でした。


やはり、貴方も同じことを考えていましたか。
少し寂しいね。

でも、貴方も同じ想いを抱いていたと知り、心がポカポカしてきます。


だからと言って、梅酒ばかり飲んでいてはいけませんよ。
でも、たまにはいいか、昼から飲むお酒は美味しいしね。
コメント (1)

一週間前・・・k

2017-09-28 16:58:14 | 日記
こんにちは

今日もおつかれさまでした。

先週の今頃、あなたと手を繋いで川べりを歩いていました。

たった一週間前の事なのに、あれから随分時間が経ったように感じます。

先週の今日、空港であなたを待っている時間が懐かしいです。

リピートしたいなぁ〜♬

何度も何度も、あの日の朝が来たら良いのに…



どっちの方から来るのかなと思って、右を見たり左を見たり、キョロキョロしていましたっけ。

でも、いつも空港での待ち合わせはドキドキするのに、あの時はそこまで緊張していなかったのが不思議です。

その前に何度もお逢いしていたからかな?

あなたは歩き方に特徴があるので人混みの中にいても、歩き方で分かると思っていました。

遠くから歩いてくるあなたを見つけた時の安堵感、期待感、いろいろな感情が一気に押し寄せて来て、思わず駆け寄っていました。

あの時も、あなたはいつものように笑ってくれて

また、あの場面がやって来たら良いのになぁ〜


その2ヶ月前と4ヶ月前、ロビーを歩きながら

旅行に行きたいね〜 って言ったのに、うまくかわされて(笑)

あなたは、そんな時もほんとにソツがないと言うのか、ヘタな事は絶対言わない人

でも、その場しのぎを言わないのは誠実な証拠だと、善きに捉えて(私ってエライなぁ 笑)

あなたと旅行に行ける日なんて、多分訪れないだろうなって、空港のロビーを一緒に歩けるだけで良いじゃないかって、そんな風に思っていたのでした。

だから、今回の旅行は想定外なんて言葉じゃ足りないくらいのすごい出来事でした。

ロビーを歩く度に、旅行旅行ってうるさいし、だまらせないとって思ってくれてありがとう(笑)

まさか、こんなに早くに実現するなんて思いもしなかったです。

こういう時のあなたは、大胆で、頼もしくて、微塵も私を不安にさせません。

私は、あなたと過ごす時間以上に楽しい時間を知りません。

そばにあなたはいなくても、一緒に過ごした楽しい時間があるから、がんばれそうです。

何をがんばるかと言うと、動画鑑賞(笑)


三時のおやつに梅酒を飲んだら、ちょっといい気持です。

あなたに逢いたいな…

そうだ!そんな時は動画を見よう!

じゃあね、本日も大好きです♡






コメント

傘を開くと

2017-09-28 06:20:09 | 日記
おはようございます、昨日はちゃんとお休みできました?

今日こちらは、朝から大雨です。
久しぶりに激しい雨で、傘をさしても膝から下はビショビショになる豪雨です。


私は傘を開く時、決まって一年前の雨降りの日を思い出します。

奥の方へは立ち入れず、ごく手前からの見学となりましたが、時折雨が強くなる中、少し足早に貴方と歩きました。

傘を片手に、写真を撮ってもらったことも、よく覚えています。


先日、晴天に恵まれ、同じ場所を貴方とゆっくり歩くことができました。
二つの異なる空模様に、全く同じ行動をしているため、雨の日の出来事をより鮮明に思い出しています。



昨日は嬉しいことが幾つかあり、本当によかったです。

些細なことで、一喜一憂する貴方を可愛らしく、また、とても愛しく感じます。


コメント (1)

三喜零憂?・・・k

2017-09-27 23:03:43 | 日記
こんばんは

ここ最近、変な時間に更新するクセがついたので早めにココを開いたら、なんと言う事でしょう、想定外のあなたの更新が。

お疲れなのにありがとう。

お疲れ、と言うワードでふと思ったのですが…
お仕事お疲れさま。さぞや疲れた事でしょう。ゆっくり休んで。
って、これは本心。心の底から出る言葉です。

でもね、もっとあなたを疲れさせる事をしている人が、そんな事を言ってもなぁ…って(笑)


先ほどのあなたの記事のお話しですが

私は、あなたの体の事はあなたより知っているかもしれません。
だって、あなた自身見る事の出来ないあんな姿を見ちゃったしね(笑)


あゝ、また眠りこけていました。


お電話ありがとう。
今、とっても嬉しい気分です。

書こうと思っていた事をお伝え出来た事と、あなたのお気持ちを伺えた事と、
それからそれからプレゼントの事です。

昨日、久しぶりに買物に出かけて車のキーをバッグに入れずに、しばらく手で弄りながら持っていたのです。
無意識だったのですが、それを手にするとあなたを思い出して安心するからかな?
そんな事しなくても、私の頭の中、心の中には、いつもあなたが占領していますけどね。
でも、あなたから頂いた物を手にしていると、一緒にいるみたいで嬉しい。

と言うような意味合いから、あなたがプレゼントを許可してくださった事がとても嬉しいです。
四六時中お側にいるような気分になれます。ありがとう。
あなたも楽しみにしていてね。



今日は、嬉しい事がいっぱいあったので、これから動画を見ます。
何につけても動画を見る(笑)
あの動画があってホント良かった〜♬

おやすみなさい。今宵はまともな時間にお布団に入れそうです(笑)

コメント (1)

ビックリ!

2017-09-27 17:46:06 | 日記
よく観察しています、すぐそこに貴方が潜んでいないかと辺りを見回しました。(笑)


文字にして表すとより具体的で、目や口元の描写は私が驚くほどです!

特に笑う時、片方の口元が上がることをよくご存知と、御見逸れいたしました。
鋭い観察力に脱帽です。

何度も繰り返し、数多の動画をご覧になっておられるものだと感心しました。
いやあ、スゴい!よく見てます。


実は、私より、私のことをよく知っているのでは?と、思わずお知らせしたく更新しました。
コメント (1)

あなたの顔・・・k

2017-09-27 13:52:53 | 日記
こんにちは

今日こちらは雨が降っていて、やる事もないので、あなたの動画を繰り返し見ています。

あなたのどう言うところに惹かれたの? って友達から尋ねられて

最初は、顔。

って答えたら、そんなにイケメンじゃないじゃん、って。

誠に失敬なヤツですね。厳重抗議しておきましたので(笑)

そんな友達とのやり取りを思い出しながら、あなたの動画を見ていると、私は確かにあなたの顔が好きで、
特に、横から見たあなたの二重瞼と睫毛を見るのが、昔から好きだったなぁって。

それから、苦笑する時の口元も好きです。
笑う時に片側の口角だけが少し上がって、よりシャープな顔立ちになるのです。
最近は、シャープと言うよりマイルドな感じに変化してきましたよね。


とまぁ、我ながらあなたの顔をよく観察しているものです。
(さすが、ストーカー)

長い月日が経過しても、顔の雰囲気とか、笑う時の癖とか、忘れないものなのですね。
でも、くちびるのカタチだけがどうしても思い出せずに、ずっと気になっていました。
だから、再会した時は胸のつかえがおりました(笑)

動画の中で、沈黙する場面が何度かあって、多分その時に私たちは見つめ合っているんだと思うのですが、その時のあなたの眼差しがとても優しくて、そこから笑顔になる瞬間が堪らなく素敵です。

コメント

その前の心境

2017-09-27 06:20:55 | 日記
素敵なタイトルです。


暖かな気持ちになるブログ内容は、遥か昔の情景を思い出します。


貴方の車の助手席に乗り、二人きりの緊張した空間からスタートしました。

初めての二人きりの空間で、沈黙の時間を恐れるように、一方的に話し続けていました。
会話の間の沈黙で、気まずい思いを避けたいと考えていたようです。

二人で会うのは初めてだし、とにかくドキドキしていました。


助手席から覗き見る貴方の横顔は、優しい笑みが絶えることがなく、綺麗な女性だなと改めて感じていました。

そして、またドキドキ。


その時は、まだ、一緒に食事できることだけを考えていたのです・・・


555の話は時折登場しますが、今朝のブログを読み当時の心境が甦りました。
コメント (4)

恋ごころ・・・k

2017-09-27 02:41:33 | 日記
親愛なるあなたへ

初めてあなたと出会ってから、23年の月日が流れようとしています。
あなたと二人きりで食事をしたのは22年前の夏のことです。

その夏は何度もお会いしましたね。
一日置きくらいに楽しいお酒を飲んだ記憶が蘇ります。

あなたと一緒にいると楽しかったという漠然とした記憶も
あなたの仕草とか表情といった映像化された記憶も
何年経っても色褪せずに残っているのですから、人の想いってすごいですね。
今のあなたへの想いの始まりを思うと、自分の感情でさえ愛おしく思えてきます。


ココを開いたら、あなたからLINEが届きました。
やっぱり、ブログ活動とLINEは連動しているようです。
そして、あなたにおやすみなさいのご挨拶をすると、私も眠ってしまうようシステム化されてしまったようです(笑)
こんな時間に目覚めて、あなたの事を考えている私…
頭の中も、心の中も、あなたでいっぱいです。
好きで好きで大好きです♡

ちゃんと寝ますね、おやすみなさい。


コメント

その時の言葉

2017-09-26 06:02:54 | 日記
何時だったのか、どんな言葉だったのか、私が喜んだ会話を思い出せません。
どんな内容だった?

とても気になりますが、全く心当たりがありません。

頼みの綱は、記憶力の良い貴方だけです。 


電話で貴方と話す時は何時もそうなのですが、特に昨日は、何時までもずっと話し続けたい気分でした。

何をしていても楽しく感じられる、その理由は何処にあるのでしょうか。


貴方が書かれていたように、私達が過去に共有していた時間も大きな要因だと思います。

そして、物理的に隔離されている状況が、より深い思いやりを与えてくれているようにも感じます。
コメント (1)