今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。

夢の終点は神殿

2009年07月27日 | Weblog
時代や場所を無視して、ひたすら逃げ続ける夢が多い。
隠れて逃げて潜んで、そのうち何故逃げるのか何から逃げるのか
まったく分からなくなる。

この前の夢では、最後に高い所にそびえる神殿のような壁に両手をついたっけ。

そう、こんなところだった。



古い写真を整理するといろんな事を思い出す。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ぽわぽわの綿毛にくるまれて | トップ | 私の仕事 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (May)
2009-07-28 08:33:54
夢をしょっちゅう見るという事は、疲れが取れていないんだそうですよ。
逃げる夢も疲れそうですね~。
寝る前に「願い事」を聴くといい夢が見れるかもですよ。
やってみましょう (夢日記)
2009-07-29 07:59:15
つげ義春さんの夢日記をまねしてみたことがあります。
朝起きたか起きないうちにメモするのは結構大変で続きませんでした。
時間が経つと、自分の見た夢でさえ、なんらかの修整が入ってきます。
記憶も夢も再構築によって自分のものになるのかな、と不思議です。

コメントを投稿