日々彩々

暮らしの雑感。写真もあり

ひとつでもイイコトあればよっしゃー!と明日へ

2021-02-16 23:26:30 | 日記

ぶちぶちとコロナの文句言っててもどもならん。心が喜ぶことなんか見つけないとなあ。コロナ禍の巣ごもりのなか、テレビ映画を観るのが楽しみ。
往年の名画、追憶、ドクトル・ジバコに恋の切なさを思い出す・・・。新聞のテレビ番組で「飢餓海峡」を見つけた。若いもんは石川さゆりさんの代表曲だと聞き流す。けど昭和ド真ん中生きたオババン女子は知っている。忘れられない名画が題材だ。監督は巨匠、内田吐夢。東北北海道の荒れ狂う海、恐山、東京の戦後の猥雑な市井,舞鶴などのを背景に追われる男、出会う女、老刑事を軸にドラマは展開する。伴淳三郎、三國連太郎、左幸子、健さん・・・。みんな今は亡い名優だ。洋画ファンの私。封切当時はパス。のちにテレビ映画で観た。以前はスリリングな話に引き込まれはしたがジックリ観てはいなかったんだ。ところがまいったのは高倉健さんの若い日のイイ男っぷりだあ。健さんといえば有名な鉄道員、動乱,海峡、任侠ものなど男盛りの作品でみる姿しか思い浮かばないよ.で映画の後半で登場する若い刑事姿の美しさったらハンパない。イイ男とか軽々しくはいえないよ。今時の若いもんはきゃしゃだよね。三浦春馬さんは当節きっての美しい男だった、やさしさに溢れていた・・・。けど健さんはガタイがいい。役柄もあるけどキリリ,凛としてる。甘さがない。映画の話のつもりはなかったのに若い日の健さんにたっぷり魅せられました。やられました。

ご法度を守ってるので一人ランチ。一年ぶりで蕎麦粉食堂バックウイートへ。恐る恐る行ってみた。江ノ電が見える2階にある。これもご馳走だよ。少々顔見知りなんでコロナ禍になってもしや、と…気になり足が遠くなってた…。だけどネット予約の若いカップルをはじめお客さんは絶えない。調理人はオーナ―だけ。あきらかに人手不足。なので断ってた・・・。がっかりして帰る友達同士が目立ってた。千円ちょいランチはガレットとパスタ2コース。季節の野菜のポタージュ、手焼きのフォカチャ、そして深い器にたっぷり盛られたオリジナル・ドレッシイングのサラダ、コーヒーはちょっと濃いローマの粉。代官山にも同じ粉をつかって店があると。オススメのチーズケーキも美味しい。十年目を迎えると聞く。よかったね、おめでとう。

これもお久しぶりのヨーカドー。気になってた「マスクの森」へ。おうちでマスク、暖かマスク、お友達にマスクを・・・などのキャッチコピ―の下にいろんなマスクがずらり並ぶ。平日の昼間で誰もいない。もうマスク運動も珍しくない。みんな数枚持ってるし最近はやっぱりポイ捨てのが一番といわれだした…。マスク不足からマスク過剰へ。世は移り変わった。
バスを待つ時間があった。でスパーに入ろうとして入り口の花売場で足が止まる。ピンクベージュのまあるい花弁の薔薇が5本、150円。安い。ょっとくたびれているけど2束をそっくり買う。出かける矢先なんで預かってもらう。お気に入りのブルーの波形の縁取りのある手作りの金魚鉢に入れた。スケッチし写真も撮る。久々にキャンバスに向かおう。。大人の顔した薔薇、、、。.ふんわり優しい甘い姿を止めたい。たった一度の出会いなんだからね。







入り口正面には暖炉風の電気ストーブ












一目惚れした薔薇


コメント

運・・・これは神様仏様も手が出せない領域のようで

2021-01-02 12:26:18 | 日記

や・な・ぎ・み・さ・と、ではなく、ゆうみりさん、と恥ずかしながら最近知った。ミーハ―のわたし、受賞作もエンタメ性の高いものはほぼ目を通してる。  全米図書賞受賞ってどんな本かな、と野次馬根性むくむく沸いた。新聞広告が出た数日後に本屋に電話する。と売り切れだけど今日の午後入荷するというので、翌日に入手。読み始めた…。けどのっけから切なくて胸が締め付けられる。最後に上野公園でホームレスとなる主人公の独白として(いつも疲れていた。疲れていない時はなかった)。次の頁には(不運なことが耐え難かった。運がなかった。)とある・・・。
東京オリンピック前の集団就職全盛の頃を象徴する歌謡曲がある。
「ああ上野駅」だ。中学卒の赤いホッペの男の子女の子が東北から上野
に着く。金の卵と呼ばれながら。(くじけちゃいけない人生があの日ここから始まった…上野はおいらの心の駅だ)とくるから泣けるよねえ。
リーマンショックの頃、都美術館の帰りだったと思う。広場では救世軍の炊き出しがありホームレスとうかがえる人々が静かに並んでる。ごく普通のオババン女子仲間はしゃべりながら駅に向かう。上野駅公園口改札からは目の前の文化会館へオペラを観に行くオシャレな服装の男女が出てくる・・・。上、中、下流層。人々の縮図が上野公園にはっきりとあった・・・。コロナ禍の今、あの日であった光景がよみがえるんですよ。
●昨年12月には昭和歌謡界の巨星たちが宙へ
作曲家・また遭う日まで、の筒美京平さん/喝采、の中村泰士さん。
作詞家・なかにし礼さんは石狩挽歌、人形の家、時には娼婦のように、など聞く人の心をザワザワさせる詩を紡いだ。
●年末のTVで何度も、また遭う日までを熱唱する尾崎紀世彦さんを見た。彼は小学生の頃,わたしの同級生と一緒に近所まで遊びにきていた。色白でキャシャな子。お父さんがハーフでバレエダンサ―だと聞いたっけ。運があったんだ!レコード大賞までとれたんだもんね。

今年はみんなが少しでも前向きになれる社会でありますように・・・。


ーーー柳美里さんや藤原新也さん他、おススメの作家さんの本ーーー


話題のベストセラー小説



イチ押し!珠玉のエッセイと写真の1冊



珍しい男目線の片づけ術の本と、話題のコミュニケーションについての本



愛読している女流作家(例外は谷崎潤一郎さん)の短編集、カフェなどでもちょっと読むのにもおススメ



お正月用の花
コメント (2)

食べるが一番、飾るは二番目のお楽しみ

2020-12-15 11:38:22 | 日記

コロナ禍になって食い意地のはった私メはずーっとラーメンを断っていた。もちろん家では作ったけどプロ手作りとは遠い味・・・。なんだってラーメン屋さんの店はほとんどが小さい。密密で袖すり合わせて麺をすするのがふつうの光景じゃん。ちょこっと電車のるにも不要不急と言われちゃうと考えちゃいますよ。ましてや高齢者高齢者の注意掛け声が連日耳に残るしさ。
やんごとなく病院に行くことになり嬉しいチャンス到来!テラスモール湘南のフードコートであの伝説のラーメンが食べられるんだよ!なんたってスープがウマイ。もち醤油味の定番だ。はじめの店は歩いても近くにあったから当時、高校生だった長男とたまに行ってた。大声でしゃべくってると怒られた・・・。たしかに気合を入れて作った料理は味わって食べてほしいし料理人へのマナーだと思う。ただ舌を滑り抜け胃袋に流す食べ方では味覚障害者になるよ。子供の頃からテレビ見ながら食べてれば甘辛酸味苦味、食感の違いなどに鈍感になるよねえ。
で「野の実」は故佐野実さんの名前からとった店名。静岡から兄さんの住む藤沢に来てらーめん道を究め、「横浜ラーメン博物館」の初代館長になった・・・。王道の醤油味がオババン女子の好みだけど年明けは近くに行くので他のメニューも食べよーっと。
歩いて行ける駅前に美味しい蕎麦屋さんがある。西行法師の歌から名前を付けたらしい「鴫立庵」はまだ若い夫婦で営む。店内の花や掛け軸、椅子や食器がセンスがいい。だいたいウマイ店はほとんど店内が小ぎれいだ。ま料理はセンスだから当たり前かもしれない・・・。欲張りなわたしはいろんな食材が楽しめる、おかめが好きだ。もちろん蕎麦に限るよ。
.赤い縁取りのかまぼこ二枚をおかめの両目に見立てポンとあしらい後はいろいろな食材が入っている。いろんな店で食べたけどこの丼の中はビッシリいろんな野菜、たまご、なんとあっさり煮た鶏肉が入っている!で目も喜ぶんですよねえ。食い意地はった身にはたまらんよ。近くで美味いモンに出会うなんてJkじゃなくても、ぴえんぴえん!

●産地に魅かれた何十年ぶりかのご飯の友、のりの佃煮。新しいであいもん醗酵バター。白いご飯とバタートーストがやけに美味くてデブったら困るなと(笑い)でもね美味しいことはイイことじゃわ。

●新しくクラスマス飾りの仲間にしたタオル地のポケットチーフ。


●なぜかシクラメンをゲットしないと落ち着かない12月。とんがった花弁と透明感があり深いシックは赤に魅かれわが家につれ帰る。ルン!







佐野実さんの顔写真が店内に



















コメント (1)

過去の人と未来ある人と、二つのドキュメンタリー

2020-11-05 00:02:11 | 日記
思い出したきっかけは9月の新聞での書評。中村高寛さん著「ヨコハマメリー」を褒めていた。横浜開港以来の風俗の変遷と、戦後をその町で生きた一人の女子を巡る話で構成され、彼女の映画を作った労苦が濃密に書かれている。

彼は大船松竹撮影所で助監督として働いていたけど将来の展望が見えず悶々としていた30歳の時、ふとしたことから中学生の頃に伊勢佐木町辺りで見かけたメリーさんを思い出す。ぼーっと映画の構想が浮かんだ。メリーさんの姿はとっくにない。図書館に通い詰め、資料をあさり、これはと思う人達を訪ね歩く。借金もしてアルバイトも欠かさず5年もの歳月をかけ秀作を作り上げた。

オババン女子は若い頃も子育て中も彼女をときどき見かけたよ。白塗りの顔に白いロングドレスで老女は横浜駅周辺や馬車道、伊勢佐木町界隈を背を丸めて歩いていた。役者かなと思った。街娼とは知らなかった・・・。
映画好きは映画情報を見落とさないよ。ずっと前に今はない横浜テアトルへ友達と見に行ったけど内容は忘れてたとジャック&ベティへ。3月の「男と女」以来コロナに耐えての勇み足。(周りの風俗店はコンビニや焼き肉屋になったりで様変わりしてた)

オババン女子思うに作品の肝は人の情だね。街娼を生業とする彼女を毛嫌いすることのなかった人たちの懐の深さ。映画の語り部といえるシャンソン歌手、元次郎さんには脱帽もの。台湾から神戸に引き揚げ10代で歌手を目指し,大御所の深緑夏代さんにも師事、横浜で初心を貫き店を持ったゲイの彼。ハンパなくやさしい。ゲイの人はやさしいと聞くけど友達にいたらなあと思うよ。店では戸川昌子さん淡谷のり子さんも歌い、淡谷さんなどは彼の作るふろふき大根を亡くなる年まで届けてもらってたと本にある。メリーさんは1995年に故郷に帰り弟さんの世話で老人ホームに入る。6年後癌を患う身で老人ホームを訪れ,マイクを握る。持ち歌の最後に静かに淡々とマイウエイを歌う。なんとも切ない場面が流れる。そこにメリーさんはいない。日常に満足しながらも凛としたオーラを発つ素顔の老女がいた・・・。
映画は公開前ににぎわい座で上映され元次郎さんも観た。上映後に最後のライブがあった・・・。元次郎さんは2004年65歳で彼女は翌年83歳で世を去った。
映像は戦後しばらく栄えた歓楽街の妖しさ、ざわめき、嬌声、ジャズ、ざれ歌、港の風景、美しい建物…を描き情緒にあふれスリリング。最後までどっぷり浸かってしまったよ。

もう一作品は巨匠故大島渚監督と小山明子さんの次男、元フジテレビディレクターだった新さんの「なぜ君は総理大臣になれないのか」だ。
香川出身の現役の立憲民主党衆議院議員・現在5期目、49歳の石川淳也さんを追ったもの。たまたま監督の奥さんと彼が高校の同級生の縁でただ撮りためていたフィルムを撮りためていたと。それが3年前の民主党時代に起きた希望の党騒ぎで翻弄され悩み抜く彼の姿に触発されて映画化のカタチをとったという。若干32歳で、国民のためという思いなら誰にも負けない、との自負だけで初当選する。2人の娘さんも恥ずかしいだろうに「娘です」のたすきをかけ雨の中で声をからす。議員宿舎の冷蔵庫の中はガラガラ、香川の家は質素で高級感のある家具調度はない。昨年は国会答弁で統計王子とよばれるようになったとか・・。問題の学術会議問題を討議するテレビ番組で橋本徹さん、木村章大さんと並び熱く語っていたなあ。49歳5期目。忖度根回しもろもろありの魔界といわれる政治の世界に長くいても染まっていないと映る。たから、君はなぜ総理大臣になれないのか、のタイトルが意味ありげだ。清潔感があるある。オババン女子は清潔感にヨワイよ。好感度がメチャ高い。上映の後に壇上に上がって語った監督も気負いがなく誠実な人柄と見たよ。全国でいろいろなカタチで上映を重ね3万人という予想以上の観客数に驚いていると。渚監督の「母」というドキュメントを見た。新監督は母の小山明子さんのためにメガホンをとるのだろうかね。藤沢で育った彼、いまも母は暮らしている。

中村監督、大島監督、石川議員。
お三方にはぜひ頑張って欲しい。フレーフレー!!








館内のディスプレイ



イラストは宇野亜喜良さん







大島監督



駅前のハロウィンの飾り付け

コメント (1)

半端ないダルさ。疑ってこそホントのことがわかる!

2020-09-25 23:18:34 | 日記

きっと経験あると思うな、医者に訴えてもだるい疲れるはまともに相談に乗ってもらえない・・・。ちょっと老化が人より進むのが早いタチかあ、とあきらめてた。
だんだん歩くのが辛く遅くなった。コロナ渦が始まった春から体が思うように動かない。
昨年末の右手首骨折以来かかりつけの整形医がレントゲン写真と血液検査からコレは病気だと。7,8月は三か所の医療検査機関でエコ、CT検査。原因性副甲状腺腫機能亢進症と判明した。
母方からの女子だけに遺伝する2,3千人に一人の病だった!母にはその遺伝はなかった。

骨と筋肉からカルシウムが血液に。骨がもろくなり筋力が低下、倦怠感、脱毛その他の症状がでる・・・。前から症状は出ていたのだ。4回の骨折、尿管結石だもんねえ。内科医に骨折の回数なんて言わないし、そもそも疑っての検査でなければ病気はわからない。
健康チェックのため検査ではわかりにくい病巣も。検査に検査を重ねこの病気を担当する外科医のいる病院を紹介された。手術執刀医の手によるエコー検査で患部が初めてクリアになった!ここでは3年ほど前に左手首の骨折でチタンを入れた。
麻酔医の女医さんは、先生の手術はキレイあなたはケロイドも大丈夫そうだしと私の左手首の手術跡を見てくれた。喉仏そばの小さい病巣。執刀医には短い手術だけど全身麻酔、もしかしたら声がかすれるかも、と言われた。ドラ声かあ、と彼のきれいな細い指を見ながら心配したね。まだ手術後の検査日が来ないけど声はOK!

入院なんてしないほうがいいに決まってるよ。痛いけど私は内臓にメスをいれたわけでないのでイタイイタイを連呼するほどではない。辛かったのは手術前後に10時間ほど水が飲めなかったこと。4人部屋の病室は6階。大きな窓が大和市方面に開け、夜は遠い先まで赤や青、黄色、オレンジ、緑がピカピカ、きらきら、ぽわーんぼわーんとクリスマスの輝き!花火やお祭りも禁止のコロナ時世にひょんな私へのお見舞いかあ、と一人喜ぶ。

●サプライズもまだまだあった!持ち込んだラジオを耳に当て偶然聞いたのは高田純次さんたちのトーク番組であのエルビス・プレスリーの特集をやっていた!今も大好きな歌の数々。有楽町駅前にあった日劇でハワイ公演の様子が上映されたときは大行列で入館を待ったものだ!アレは私の若い日の一大イベントだった。当時まだ21、2歳のデビュウー、白いジャンプスーツだった。腰を振る様子がセクシーすぎるとアメリカではテレビでは下半身をうつさなかったんだってさ。ハートブレークホテル、ハウンドドッグ、ドントビークルーエル、ラブミーテンダーなどなど。映画にもでたけどやっぱ歌歌歌。

●深夜便の歌特集で秋の歌10曲という番組も聞いた。それこそ秋を代表する百恵さんの秋桜を筆頭に魅力的な歌が流れた。
その中で私の心にズッズズーと入り込んだのは、

誰でも過去は辛いですね。だから明日のこと話してみませんか。・・・
ひとりぼっちだったから優しい人が好きでした。・・・
あなたを見失いたくないのです。

などの歌詞。なんと初めて聞くジュリーの歌。ザ・タイガーズの歌は洋楽好きなのでべつどうということはなかった。けど流石にソロになった彼のインパクトのある歌と派手な振りで、勝手にしやがれや危険な二人なんかはテレビからガンガン流れていて印象に残る。
で退院してからパソコンを開いた。若い頃のロン毛時代から旬の年頃ノビジュアル系に変身して歌うライブ映像を見るとやっぱ稀代のスーパースターだなの思う。とくに世界中のテノール歌手が競うアマポーラにはうっとり。山下達郎さん、石井竜也さんも歌っているけど甘い歌声と色気はジュリーのほうがすこぶるいい。花丸二重丸。最近の彼はライブのキャンセルで態度デカイとか言われてるね。舞台ではルックスがいいほどいいにきまってるよ。オババン女子だってイケメンとはいわないがイイ男がいいよ。
でも歌手は声だ歌だね。往年のジュリーファンはそこを愛してるんだよね。



病室



福岡の友人からの、お見舞いの成金饅頭
ボタ山と石炭船の描かれた包装紙



秋風になびくパンパスグラス



夏の名残の百日紅(サルスベリ)
コメント (2)