イーハトーブ国王の巡回

国王自ら王国内の野草や動物などの健全性を調べた記録である。度々記録に出てくるテニスは王国の国技であることを申し添える。

カドミウム超集積植物 ハクサンハタザオ

2015-05-03 20:13:52 | 趣味・特技
アブラナ科(Brassicaceae); シロイヌナズナ属(Arabidopsis); ハクサンハタザオ(A.gemmifera)
学名: Arabidopsis gemmifera
和名: ハクサンハタザオ(白山旗竿)

 愛隣館の裏山を散歩しているとき、小さな白い花が群生しているのに出会った。
 最初は白花スミレだと思った。しかし、スミレには一本の花茎から総状に花が出る種類は無い。花を良く見たら4弁花なのでこれはアブラナ科の植物に違いない。よく調べてみたら、どうもハクサンハタザオという聞き慣れない植物が最も近いと思われた。良く似た種類にミヤマハタザオというのもあるが、茎葉の形が到披針形で茎を抱かないことなどの特徴からハクサンハタザオと判定した。
 興味深いことにこの植物はカドミウムを吸収する性質があり、カドミウムで汚染された土壌を浄化するための研究が行われている。


愛隣館の裏山でハクサンハタザオを見つけた。(花巻市鉛西鉛愛隣館、2013年5月25日)



同上
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すだれのように垂れ下がる花... | トップ | 名前のとおり食べると甘い味... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味・特技」カテゴリの最新記事