夢夢散歩♪

写真・歌舞伎・音楽・旅行や、日々の出来事を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東山散策③

2006年03月30日 | お出かけ
「幽霊 子育飴」 1月の終わりに 六波羅蜜寺~六道珍皇寺 へ行った時に通りかかったのが、この飴を売っているお店です。 その時は、店の戸に鍵がかかっていて買えなかったのですが、今回ようやく買うことができました 六波羅蜜寺から六道珍皇寺へ行く途中にこの店はあります。 昔々、慶長4年京都の江村氏が妻を葬った数日後、土中から赤ちゃんの泣き声が聞こえたそうです。掘り返してみると、なんと死んだはずの妻が産 . . . 本文を読む
コメント (2)

東山散策②

2006年03月28日 | お出かけ
清水寺は平安時代に活躍した坂上田村麻呂の創建と伝えられています。 有名なのは、やはりこの「清水の舞台」でしょう 釘は全く使用していないそうです。 聞いた話では、昔々「命をかけて舞台から飛び降りれば、願い事が叶う」という噂が広まり、飛び降りる人がたくさんいたそうです。でも、そのほとんどが助かったとか… 本当か嘘かは分かりませんが、もし死んだとしても、お寺だから成仏できると考えたのかもしれません . . . 本文を読む
コメント (5)

東山散策①

2006年03月25日 | お出かけ
五条のホテルを出て、高瀬川、鴨川を越え、清水寺へ向かいました 途中、安井金比羅宮を通りました。 ここは悪縁を切り、良縁に結ばれるとして信仰されています。 縁切り縁結び碑というのがあり、様々なお願い事がはりつけられた巨大な石がありました。 写真を撮るのはちょっと怖かったので撮りませんでしたが、多くの人々の縁切り、縁結びの札が、入り乱れてはられていて、少し異様でした その後、テクテク歩き八坂の塔へ . . . 本文を読む
コメント (5)

東山花灯路

2006年03月21日 | お出かけ
昨日、京都の東山花灯路へ行ってきました。 南は清水寺から八坂神社、円山公園、青蓮院までの路に、露地行灯が綺麗に灯っていました お昼に見る東山とは一味違う、温かい灯りに浮かび上がる東山を楽しみました。 お天気が良かったので散策しやすかったのですが、人がとても多かったです ねねの道は、時折行灯が見えないほど、賑わっていました。 円山公園では、枝垂れ桜もライトアップされていました。 この . . . 本文を読む
コメント (5)

夏ノ夜ノ夢

2006年03月19日 | 歌舞伎・演劇.・映画
3月18日(土)夜の部観劇 【原作】 W.シェイクスピア 【出演】 パック:尾上松緑 オーベロン:村井国夫   タイターニア:床嶋佳子 デメトリアス:河相我聞   ヘレナ:佐藤江梨子 ライサンダー:海東 健   ハーミア:保田 圭  ボトム:マイケル富岡    クィンス:住田 隆 イジアス:菅野菜保之 【ストーリー】 アテナイの森では、戦の勝利によって、この国の大公と隣国スキタイ姫との婚礼が . . . 本文を読む
コメント (5)

モーリス・ユトリロ展

2006年03月11日 | その他(主に自然の写真)
絵画の教養がないので、ユトリロの絵画は全然知りませんでした。全体的に寂しげな絵だなと感じました。 ユトリロ(1883年~1955年)は父を知らず、母親の愛情を一生求め続けたそうです。 母親のヴァラドンはモデル兼画家で、とても恋多き人でした。 そのためユトリロは孤独な日々を過ごし、10代でアルコール依存症になってしまい、精神病院へ入退院を繰り返したそうです。 そこで医師に絵を描く事を勧められました . . . 本文を読む
コメント (3)

ひなケーキ

2006年03月05日 | その他(主に自然の写真)
ひな祭りと言えば、ひなケーキ 働く身ではなかなか平日には作れないので、お休みの日に作りました 私はイチゴのケーキが大好きなのです シンプル イズ ベスト 見ばえは悪いですが、手作りケーキって他では味わえないおいしさがあります。 家で作ったケーキはとてもあっさりしていて、いくらでも食べられそうです 泡だて器でカシャカシャと腕の痛みをこらえながら作るので、その努力のおかげで更においしく感じる . . . 本文を読む
コメント (6)

楽しいひな祭り(^o^)

2006年03月03日 | その他(主に自然の写真)
今日はひな祭りですね 私の家でも、ひな人形を飾っています 先月私は30歳の誕生日を迎え、早くお嫁に行かないといけない年頃です 早く人形をなおさないと、お嫁に行けないと言いますが、真っ暗な箱の中で出してもらうのをずっと待っていたのに、すぐになおしちゃうのは可愛そうです 見て下さい。美男美女でしょ? もうしばらく、ひな祭りを楽しみたいと思います . . . 本文を読む
コメント (6)