夢夢散歩♪

写真・歌舞伎・音楽・旅行や、日々の出来事を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LIVE FROM BEELZEBUB

2006年06月30日 | ライブ・音楽
27日にFAKE?のライブに行ってきました INORANが抜けると、お客さんも減っちゃうんですね INORANがいた時のFAKE?よりも、明らかにお客さんが少なくなっていました。 『INORANがいたからFAKE?のライブに行っていた』という人が多かったのでしょうか? 現実って厳しいです… 私がボーカルのKEN LLOYDさんを知ったのは、FAKE?が結成された時です。 INORANがいるからF . . . 本文を読む
コメント

べにこご行けず…(T_T)

2006年06月28日 | 落語
残念です 月一回のお楽しみ、こごろうさんと紅雀さんの落語会に今月は行けませんでした。 自分で予定を入れたのだから仕方ありませんが、やっぱり残念です。 今月はどんな会だったんでしょう?? 来月は必ず行かなくっちゃ . . . 本文を読む
コメント (7)

ちょっと一服

2006年06月26日 | その他(主に自然の写真)
今年初めにご紹介した南曜堂のもなかに続きまして、またまた堺名物の和菓子です。 小島屋のけし餅は私の大好きな和菓子です 表皮に付いた小さなけしの実のプチプチ感がたまりません。 食べてみないと表現できない感触です。 考えただけで、もう我慢できません。 食べちゃいましょう いっただっきまぁす 小島屋http://www.linkclub.or.jp/~internet/index.htm . . . 本文を読む
コメント (7)

こごろうのワハハ落語会

2006年06月24日 | 落語
第2回さやかミニ落語会へ行ってきました。 もう大感激です ずーっと聞きたかった動物園を、こごろうさんがやってくれました 1月に行った吉坊ノ会の時から動物園を聞いてみたくて、こごろうさんと紅雀さんのラジオ番組にも質問しました。 4月のべにこごでのアンケートに「ワハハ落語会のチケットを買いました。」と書いたら、こごろうさんが読んでくれて、「動物園、誰かにやらせよかなぁ?」とおっしゃっていました。 . . . 本文を読む
コメント (9)

日帰りバスツアー

2006年06月20日 | お出かけ
土曜日に初めてバスツアーに行ってきました とーっても楽しみにしていましたが、感想は「疲れ果てた…」の一言です。こんなに大変なものとは思いませんでした。 朝7時に、最寄りの泉ヶ丘駅でバスに乗り込み、三国ヶ丘駅、堺駅でお客さんを乗せて、まず向かったのが鳥取砂丘。 途中、お土産物屋さんによりましたが、砂丘へ着いたら既に12時をまわっていました。 かに会席を食べてから、砂丘へ 10年ぶりぐらいに砂丘を . . . 本文を読む
コメント (6)

夕焼け空

2006年06月13日 | その他(主に自然の写真)
土曜日の夕方、自分の部屋でふと窓に目をやると、窓が赤く染まっていました 窓を開けて外を見ると、とっても美しい夕焼け しばらく見とれてしまいました どんどん、どんどん、空が真っ赤に染まっていきます。 こんなに綺麗な夕焼けを見たのは久しぶりです。 朝日が昇るのは見た事がありません。 来年は初日の出を見に、どこかへ出かけようかな . . . 本文を読む
コメント (6)

こごろうの会

2006年06月10日 | 落語
こごろうさんの会へ初めて行ってきました 「どんな落語会かな?」と不安と期待を胸に行きましたが、お客さんがいっぱいでビックリ 77人来られてたそうです。すごいですね 用意していた椅子が足りなくて、こごろうさんが慌てて長椅子を取りに走っていました 今回ご出演された方々は、こごろうさん以外は初めての方ばかりでした。 ひろばさん。ぽっちゃりしていて、声が大きい~ いきなり落語が始まったので驚きました。 . . . 本文を読む
コメント (7)

カエルちゃんのベッド

2006年06月06日 | その他(主に自然の写真)
もうすぐ梅雨の季節です あじさいが咲き始めました カエルちゃんが、いいベッドでお休み中です こんなベッドなら、私も大の字になって寝てみたいです 気持ちいいだろうなぁ~ 今は静かですが、田んぼに水が入るとカエルの大合唱が始まります 静かな夜を過ごせるのも、あと少しです。 . . . 本文を読む
コメント (4)

河村隆一 ・ Fake?

2006年06月03日 | ライブ・音楽
5月24日は隆一さんとFake?、それぞれのアルバムの発売日でした 最近残業続きでゆっくり音楽を聞く時間もなく、今日全部じっくり聞きました 「evergreen~あなたの忘れ物~」 河村隆一 このアルバムはカヴァーアルバムです。 カヴァーって元々歌っている人の印象が強いので、「やっぱりあの人の方が良いな」となったり、逆に「この人が歌ってる方が良い」となったりもします。ドキドキしながら聞きました。 . . . 本文を読む
コメント (2)