夢夢散歩♪

写真・歌舞伎・音楽・旅行や、日々の出来事を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モーリス・ユトリロ展

2006年03月11日 | その他(主に自然の写真)
絵画の教養がないので、ユトリロの絵画は全然知りませんでした。全体的に寂しげな絵だなと感じました。

ユトリロ(1883年~1955年)は父を知らず、母親の愛情を一生求め続けたそうです。
母親のヴァラドンはモデル兼画家で、とても恋多き人でした。
そのためユトリロは孤独な日々を過ごし、10代でアルコール依存症になってしまい、精神病院へ入退院を繰り返したそうです。
そこで医師に絵を描く事を勧められました。
母親が画家だった事が理由かもしれません。

ユトリロはパリのモンマルトルを中心に、建物の風景を多く描いています。
母のヴァラドンがユトリロの親友ユッテルと結婚した頃から、またアルコール依存がひどくなったようです。
しかし、この時期の作品が、一番画家として充実している物だそうです。作品は白を基調とし、「白の時代」と呼ばれています。

ユトリロの作品が売れ出すと、その価値を知った母のヴァラドンと義父のユッテルは、ユトリロを部屋に閉じこめて絵を描かせたそうです。その後結婚したユトリロの妻も、色々と指示をして絵を描かせたそうです。

そういう事を知ると、ユトリロは最後まで母親に愛情を注いでもらえず、途中からは無理矢理描かされていたのかなと、悲しくなります。

今回の展覧会は「白の時代」の作品が中心でした。
同じ場所の絵が多く、通りを歩く女の人も良く似た人が多かったです。
酒場「ラパン・アジル」の絵が印象に残っています。



軽い気持ちで見に行きましたが、印象に残る絵画展でした。

オ・ラパン・アジル
   http://www.au-lapin-agile.com/index.html

現在のラパン・アジルは、毎夜生のシャンソンが堪能できるそうです。パリへ行ったら、是非ここへ立ち寄りたいものです。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ひなケーキ | トップ | 夏ノ夜ノ夢 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~。 (ともこん)
2006-03-17 19:51:27
私は絵画展はあまり行った事ないです。

学生の時に入場券をもらったり、

会社の旅行先で美術館に入ったくらいかな(^-^;

そろそろ絵画もわかる大人になりたいんだけど、

中味が子供なので・・・(笑)



ところで、バトンが回ってきたので、

るみさんへお渡ししたいのですが~。

もし興味があればよろしくお願いします<(_ _)>

面倒なら遠慮なくスルーしてね♪
癒し・・・! (ゴマちゃん♪)
2006-03-19 08:36:50
私は絵画の知識がないけれど

絵を観に行くのは好きです。

有名作品や高価な作品ばかりがいいとは限らないですね。感性は人それぞれですから。

昨日‘日展’に行き、一般の人の作品に

惚れてしまいました・・・。

ユトリロは自分の送った人生を絵に表したのでしょうか?

芸術って奥深い (るみ)
2006-03-19 14:20:41
ともこんさんへ

私もお金を出して絵画展に行った事はないような…

今回も無料の券があったので行ってきました

でも行って良かったです。

深くは分かりませんが、ユトリロの絵は心にくるものがありました。



ゴマさんへ

ゴマさんのおっしゃるとおり、芸術って人によって感じ方が全然違うから、世間がすごく評価してても??って思う事もあるし、評価されてなくても「」って思う事もありますね。

自分の心を動かされるような物に出会った時は、本当に幸せです。

コメントを投稿

その他(主に自然の写真)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事