夢夢散歩♪

写真・歌舞伎・音楽・旅行や、日々の出来事を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天満のあがき

2007年06月30日 | 落語
昨日は、桂歌之助さんの独演会を聞きに、天満天神繁昌亭へ行ってきました。 駅から繁昌亭へ歩いてる間、土砂降りの雨&雷 歌之助さんって雨男?って思っちゃいました 演目は… 桂 佐ん吉「道具屋」 桂 歌之助「はなしか入門」 豊来家一輝「曲芸」 桂 歌之助「骨つり」 ~中入~ 桂 歌之助「祝のし」 佐ん吉さんは2回目なのですが、話に可愛らしさがとてもよく出ますね。 今回の道具屋では、首が回るおひな様で . . . 本文を読む
コメント (3)

NO NAME? PRIVATES? #5

2007年06月25日 | ライブ・音楽
一昨日、7月11日に発売されるINORANのアルバム試聴会へ行ってきました アルバムのタイトルは「ニライカナイ」。 沖縄では海の彼方に神々の住む島があると考えており、そこを「ニライカナイ」と呼ぶそうです。 1月には「NO NAME? PRIVATES? IN OKINAWA」があり、沖縄から影響を受けて作られたアルバムだというのが分かります。 「Unstoppable」や「Walk along . . . 本文を読む
コメント (2)

宗助のとびきり落語会

2007年06月24日 | 落語
昨日、SAYAKAホールへ久々に落語を聞きに行ってきました。 今までに行った中で、一番お客さんが多かったのではないでしょうか? 桂 さん都 「みかん屋」 桂 吉坊 「遊山船」 桂 宗助 「親子酒」 さん都さんは初めてでした。 私の中で、都んぼさんに「さん都くん」と怒られてるイメージが大きく(多分、こごろうさんがラジオで言ってたと思います)、おっちょこちょいなのか、ボーッとしてるタイプなのかどん . . . 本文を読む
コメント (2)

海遊館でリフレッシュ

2007年06月17日 | お出かけ
昨日、海遊館へ行ってきました。 外は太陽がカッカッと照って暑かったのですが、海遊館の中はヒンヤリ涼しく、さらに水の色と魚がスイスイ~と泳ぐ姿が爽やかで、心もリフレッシュ 土曜日なのでわりとお客さんが多かったです。でも夏休みになったら、もっと多くなるんでしょうね。 子供が多くて、ガラスにはりついてました イルカは遊ぶのが大好きなようです。 上から落ちてくる水を、口を開けて飲んでいました . . . 本文を読む
コメント (5)

コロンと可愛いけど…

2007年06月13日 | その他(主に自然の写真)
庭の葉にちっちゃな虫が飛んできました。体長1㎝もありません。 名前は「クロウリハムシ」と言います。 調べてみると、かなりやっかいな虫だということが分かりました。 ウリの葉を好んで食べるそうですが、キュウリ、カボチャ、スイカが農作物では狙われるようです。 農家の人を困らせてるようですが、ガーデニングを楽しむ人達も困らせているようです。 葉っぱも花もムシャムシャと食べるようです。 そりゃ、うちの庭な . . . 本文を読む
コメント

吽形さんの親指

2007年06月10日 | お出かけ
先週、四天王寺へ行ってきました 土曜日だったのですが、人があんまりいなくて、金堂、講堂内の仏像、五重塔、宝物館など、ゆっくりと見ることが出来ました。 五重塔は、上まで階段でのぼれるようになっています。 細いらせん階段をフーフーのぼっていくと、一番上につきます。 窓が小さいので、市内を一望~というほどスッキリとは見られませんが、五重塔からの眺めというのもなかなか面白いものです。 私が好きなのは、 . . . 本文を読む
コメント (2)

大宰府観光日記 続き

2007年06月06日 | お出かけ
太宰府天満宮へ行く前に、腹ごしらえ 切符についていた抹茶セットが食べられる「かさの家」でお昼ご飯を食べました。 私は通りゃんせという梅の温麺を食べました。 見た目も綺麗だし、梅の風味があっておいしかったです。 切符を見せると、これも100円割引です。お得です そして、大宰府と言えば梅ヶ枝餅 門前のあちこちで売っています。 でもこの梅ヶ枝餅、私は美味しくないと思っていました。 それは、以前大宰 . . . 本文を読む
コメント (2)

太宰府観光日記

2007年06月03日 | お出かけ
福岡旅行2日目は太宰府へ行きました 西鉄福岡天神駅で「太宰府散策きっぷ」(西鉄電車往復切符+かさの家抹茶セット+割引特典=1,000円)を買い、いざ出発 以前、太宰府へ行った時は、天満宮にしか行かなかったので、今回は手前の都府楼前駅で下車し、のんびり歩いて天満宮へ向かうことにしました 15分ほど歩くと「大宰府政庁跡」があります。 1300年ほど前、大宰府は西日本の守りの要として、また外国 . . . 本文を読む
コメント (5)