goo

スミレまつり報告②

申し訳なかったのは、初日が年度末の平日だった事。
普段の、ロビオさんの足引っ張りアシスタントのお仕事があった
のでした。

私が行けた2日目は初日に比べれば混雑していなかったのだとか。
初日はすごいことになっていたらしい・・・。



画像
壁にかかっているのが完成した庭作業着です。残り1着になるのですが
サイトでご紹介予定です。我ながら、ぼんやりしてる割に速攻思いついた
のがボタンです。サンプルチェックをした日に、ちょうど手元に届いて
間もない紫のアンティークボタンがあったのでした。

作ってくださったKさんは、オリジナルの襟に工夫を加えて下さったり、
水を通すと風合いが良くなるからと数回水通しもしてくださったものです。

左の作品は、uriさんの作品です。売れないんじゃな~い~~~と
冷やかしていたのですが、やっぱり商品にしなかった、その位家族との
思い出の時を見てきた作品です。



画像
uriさんが染めて作ったスミレのコサージュ、kanameさんのキャンドル、
watayaさんの焼き菓子が生花と一緒にディスプレイされています。

カルトナージュは、近々ご紹介いたしますね。

ひげさんのハンコは抽選で貰えることになったので、早速しっかりと
申し込み用紙に記入して参りましたが、当たるかしら?
チェリーさんのアクセサリーもお嫁入りしたのでありました。

こうしてみると画像が少なくてすみません。

足を運んでくださいました皆様有り難うございました。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

スミレまつり報告①

3月27,28日の「スミレまつり」が無事に終わりました。
足を運んでくださいました皆様、メッセージを下さった皆様
有り難うございました。

報告①はプレゼント(2回目)の当選者様からの温かなメッセージ
から。

「当選のご案内」・・・最初は、よくある迷惑メール?!
と思ってしまったのですが(ごめんなさい)、
よく見ると差出人がロビングッドフェローさんだったので、
すごくびっくりしました。

早速ブログを拝見させていただきましたら、プレゼントは
期間中、1名様だけに当たるのだと知りました!!
つい先日、初めてお買い物をさせていただいたばかりの私が・・・
他の方にとっても申し訳ない気持ちでしたが、
やっぱりすごく嬉しかったです♪

シュクレさんの鍋つかみ、大好きなティッキングも入った
可愛いパッチの、ふっくら柔らかくて手作りの温かみのあるお品で、
画像で拝見する以上にすごく可愛くて、素敵!!
春らしいピンク系なのがまた嬉しいです。
使うのが勿体ないですが、大切に、愛用させていただきますね。

そしてとってもいい香りの、丸山さまの手作り石けん。
実は私、手作り石けん大好きで、洗顔も洗髪も全身を洗うのも、
食器洗いにも手作り石けんを使っております。
特に肌が弱いというわけではありませんが、悪いものが何も入っていない
安心感と、使い心地の良さが気に入って、もう市販のシャンプーや
液体石けんには戻れなくなりました。
と言っても自分では作っていません(笑)ので、今回はとっても

嬉しかったです♪
とても良い香りの素敵な石けん・・・こちらも大切に使わせていただきますね。

今回は思いがけず大変嬉しい驚きと幸せをいただき、
本当にありがとうございました♪
手書きのメッセージもとても嬉しく頂戴いたしました。

先日お送りいただいた定規はすでに愛用しておりますし、
素敵なファブリックも、とってもお気に入りです♪

こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
また更新を楽しみにしておりますね。

-----
こちらこそ、メッセージを有り難うございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

流れがまとまっていく不思議

昨日ジャルダンのmamiさんと話した時、

watayaさんの焼き菓子がすごい!!!!!
と叫んでいたので画像は今日あたり見られると思います。
良かったらどうぞブログを見に行ってみてください。

そして、期待大は、
kanameさんが見せるキャンドルの素晴らしい世界、
uriさんの作品の繊細さ、まとまりの良さ。

こうやって、
パーツパーツをそれぞれのメンバーが用意して、
ジャルダンのご夫妻が選ぶ花たちと
mamiさんのディスプレイセンスが全体の作品(イベント)
を作り上げていくのですね。

小さな流れがまとまっていく不思議。
誰がどうリーダーシップをとるなんてことなく
(昨日のイチローのインタビューみたいだ)
なんだか出来上がって行く感じ。

長い間思い出してもらえるようなイベントになるように、
印象深い素敵なイベントになるように、
気持ちを送り続けよう。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カルトナージュを作ってもらう③

カルトナージュを開ける時、
開ける度に中の仕上げが違っている。。。
いえいえ、そんな事はないのですけれど、

開ける度に、プレゼントを開ける時の、
あの嬉しい感じがするのです。

そして、田中さんが作ってくださった
カルトナージュたちも、もちろん。

凝った作りではなくて、開ける度に作り手の
丁寧な作業が快く伝わっていくような感じ。



今回納品していただいた作品の多くを
スミレまつりでご紹介するのですが、まだ
製作を御願いしている分があります。それは
サイトでもご紹介したいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スミレ祭り

スミレ祭りに向けて準備ですが、私の場合には、
発送もだいたい終わり、一段落しました。

片付けやら、フランスから届いた沢山の布の整理
など、仕事てんこ盛りなのですけれど、なぜか今朝
引き出しの整理など始めてしまいました。。。

ふと手が止まったのは、最初のホームクチュリエ
イベントのお知らせ葉書を見つけた瞬間。懐かしかった!

kanameさんの情けで、参加のお声掛けを頂くこのイベント
ですが、ここ数年、オープンとともに入場する多くの
方がまっしぐらに足を運ぶのがTiny Cocoさんですね。

創り出される作品は、どれもオーナーさんのuriさんのセンス&
人柄、そして、某編集者さんがこっそりと教えてくれたのですが
納得が行くまで綺麗に仕上げる姿勢、が超人気の秘密だ
という事。

去年からお話をさせてもらうようになったのですけれど、
なるほど~、と聞いていた事は本当だったと分かりました。

ロビングッドフェローにも来てくださったのですが、uriさん
の手にかかると、編んだ糸でくるまれたボタンが素敵な
オブジェの一部になるのです。(ちなみに私が作ると素朴な
てるてる坊主になります・涙)

作品は、どうぞスミレ祭りでご覧になって下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カルトナージュを作ってもらう②

スミレ祭り開催地であるジャルダンさんのブログを
楽しませてもらっておりますが、何やらそこに描かれる
「ロビンさん」というのが自分とは別人格であるような
錯覚を起こしております。
あの。。。本人は、いたってなんてことない人なのです。

イベントに顔を出して、がっかりさせないように!

今朝から奮起して、日頃のおしゃれを大切に(おいおい、
そこへ行くか。。。笑)・・・。

さて、カルトナージュですけれど、
オルゴールの箱に似た形、ブック型と言われる本に似た
形を多く御願いしました。そして、フランスのキャニスター
にも見られる入れ子式のも。

キルトを解いた布や、アンティークリネンシーツ、
アンティークファブリックやビンテージの洋服の一部など、
今までサイトでご紹介してきた布たちに、
アンティークキルトカットピース、チロリアンテープ、
イニシャルモチーフなどを組み合わせ、入れ子式のモノには
田中さんの手持ちの素敵な紙を組み合わせています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カルトナージュを作ってもらう①

カルトナージュを、私が用意できる布やレースなどで作ってみたい、
そう思っていたのは去年の事でした。

紆余曲折の後に、kanameさんが教えてくれたのが田中さんです。

早速サイトを拝見して、連絡させてもらって、こ~んなアイデアで
御願いします!というリストを作って、材料かき集めて(笑)。
一応(えへん)こだわって選んだ古い布なので、形はシンプルで
十分だと思いましたし、カルトナージュって開けるのが楽しみだから
開けるのが楽しみというのも大切な要素だというのが基本の考えでした。

お会いした田中さんは、聡明な女性で、見せてくださった作品からは
誠実な人柄があふれ、作品を作り出す姿勢が美しかった!
そして、相談すること数時間。不思議な事に、相談が進むにつれて、
アイデアが鮮明に浮かんで来たのが印象的でした。

別段、締め切りはなかったのですが、春ぐらいには出来るでしょう、
という事だったので、スミレ祭りに準備できるのは、このイベントで
ご紹介することにしたいと思ったのです。

納品されて来たのは、どれも手元に残しておきたいような作品ばかり。

でも、こんな素敵なお品が、私の所から紹介できるのだから、これは
すごい幸せな事だ!!!と昨日は、ワラワラと準備。普段なら、疲れ
切ってしまうのに、どこからかエネルギーが届く感じでした。

素敵な物たちのエネルギーと、きっと楽しみにしている方のエネルギー、
そして、仲間のも。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あのね

「あのね」
こんな言葉がこの陶器のオブジェから聞こえてくる感じ。

本当に素敵なカルトナージュがフラワーガールの田中さんから
届き、昨日決めていたようにセッティングして、撮影をしてから、
「あのね」を持ってきてポンと置いたら、なんとなく可愛かった。

田中さんのカルトナージュ。
もう少し画像を明日ご紹介しますね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ほのぼのストーリー 二つ

新しくカテゴリーを増やしてみました。

ほのぼのとする話 です。


最近郵便屋さんが頻繁に我が家にやって来ます。
ある時、そろそろロビオさんが帰ってくる時間だ~
とパンを切る準備を始める事にしました。そして、
ブレッドボードを手に取った瞬間に、足音が聞こえたのです。

ブレッドボード片手に玄関ドアまで行き、
「おかえり~~~~」とそれはそれは脳天気に
ブレッドボードを振ったのでした。

玄関のドアのガラス越しに、あちら側でも手を振る人が!

あ。。。

お茶目な郵便屋さんが期待に応えて、手を振っていてくれた
のでした。片手に箱を持って。

ほのぼの。。。より、とほほでしょうかね。この話は。。。(苦笑)


郵便屋さんが運んでくれるモノのトラブルがこの所相次いで
おります。冠水や破損です。まあ、仕方ない事です。

先週届いたモノは破損しておりました。平身低頭に謝る郵便屋さん、
この方の名刺が2枚も重ねて引き出しにあるのは、頻繁にやって来る
ようになったって事?(笑)

そして、昨日書類の事で別の方がやって来ました。年は40代後半位。
まじめそうな方でした。

補償額の計算をして記入する、という所で、この方は携帯でユーロから
円への計算をしてくれたのですが、ちらっと見えた待ち受け画面は
奥様の画像。

にや~~~っと私。

ほのぼのとした一時でした。

画像は、イベント用に準備しているアイテムです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

手抜きなし

昨日、watayaさん宅で、4月のwatayaいちにちマルシェen voyageの準備作業が
ありました。可愛らしいお家で、とても綺麗な家です。住む人の人柄が良く
現れていて、どこもきちんとしています。
そうそう、手抜きなし、なんです。それも苦痛なく、それが普段の事なのです。

家に帰ってきて、バタバタと私が相変わらず、なんだかな~(苦笑)という
感じに作業をしていると、ロビオさんは、折り目とシミでぼろぼろになった
料理本を開いたページがパタンをうっかり閉じないように置いて、美味しい
パスタを作ってくれました。この方も、ここは(これはポイント。爆)
手抜きなし。

夜、kanameさんからメールがありました。
イベント用のために、素敵なものを私のために作ってくれているという事。
ああ、この方は、職人さんです。これは、手抜きなしの3段構え(全然意味
をなしてない言い方ですが。とほほ。。。)。

ふと、庭用の作業着をリプロしてくださっているKさんも、今週ここでご紹介
できるかと期待大の田中さんも、布作家のuriさんだって、そうそう、ひげ
さんも、ジャルダンのmamiさんご夫妻も。手抜きなしなんですよね。

私は。。。
う~~ん、そうだ、イベントに向けての納品作業に「手抜きなし」の心構え
ができるぞ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ