Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

自民党がその改憲案に最も危険な緊急事態条項・国民の基本的人権制限を盛り込む!

2018年03月07日 | 日本国憲法の先進性

 

 自民党の憲法改正推進本部は2018年3月7日午前、執行役員会を開き、大規模地震などの緊急事態時に政府に権限を集中し、国民個人の基本的人権=私権を制限する案を含む5つの条文案を提示しました。

 同本部執行部は当初、私権制限を設けず、国会議員の任期延長にとどめるなど限定的な内容にするなどというアドバルーンも飛ばしていたのですが、案の定、1月末の同本部の全体会合で異論が噴出し、国民の基本的人権を制限する案が再浮上したのです。

 本日執行部から提示された5案のうち、私権制限を具体的に明示したのは、2012年の党改憲草案そのものと、この草案をベースに修正した案の合計2案となりますが、そもそも緊急事態条項を憲法に入れる狙いが国民の基本的人権を制限することにありますから、私権制限を含む案が採用される可能性は非常に高いと言えます。

 

 この自民党の2案では、国民の生命や財産を守るための措置について

「何人も、国その他公の機関の指示に従わなければならない」

とされており、国民の基本的人権が制限されます。

 たとえば、大規模な原発事故が起こった際に内閣総理大臣から緊急事態宣言が出されると、「国民の生命の安全を守るため」という名目のもとに、国民の知る権利や言論の自由が制限でき、情報統制が可能になる結果、国民にとって真に必要な情報が手に入らないことになりかねません。

 また、「国民の生命や財産を守るため」に必要だという名目で、国民の私有財産に対する財産権が奪われ、自分の土地や建物を自衛隊に問答無用で取り上げられ、使われてしまうこともあり得ます。

 さらに、この自民党の基本的人権を制限する2案に共通するのは、内閣総理大臣による「緊急事態宣言」が発せられると、内閣が

「法律と同一の効力を有する政令を制定」

することができると定め、政府への権限集中を明記した点にもあります。

 つまり、いったん緊急事態宣言が発せられると、国民が選挙で選んだ国民代表の集まる国会の立法した法律によらずに、国民が直接選んでいない内閣の発令する政令だけで国民の人権を制限できることになるのです。

 安倍首相が固執し続ける憲法改悪。

 その最も悪質な条項が、緊急事態条項であり、国民の基本的人権を奪う私権制限です。

 自民党が、まさに国民に対して牙を剥いて来たと言えるでしょう。

 こんな危険な改憲が通る可能性がある憲法改正の発議自体をさせず、絶対に葬らなければなりません

 

 

しかも緊急事態条項の改憲案5案はいずれも緊急事態における国会議員の任期延長が盛り込まれています。

つまり、こんな基本的人権が制限される状態が選挙の審判もせずに延々と続くというわけですから、国民の人権が邪魔で邪魔で仕方がない自民党にとっては天国を出現させるのが緊急事態宣言と言えます。

これが自民党改憲案の本丸!

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

社会・経済ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ政治社会問題ランキング 

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

自民改憲本部

緊急事態条項を協議 権利制限明記で一致

 自民党憲法改正推進本部は7日午前、党本部で役員会を開き、大規模災害などに対応する緊急事態条項の条文案について協議した。国会議員の任期延長に加え、政府への権限集中や国民の権利を制限する規定を設けることで一致。同日夕の全体会合で、本部長一任を取り付ける方針だ。

 細田博之本部長は役員会の冒頭で「緊急事態の規定が存在する国は多いが、日本国憲法にはない。議論が重要だ」と強調した。執行部は役員会で、国会議員の任期延長▽議員任期延長に加え、政府権限を強化--を軸にした複数の条文案を提示した。うち大規模災害時に、生活必需品や物価の統制など国民の権利を一部制限できる案に支持が集中。現行の災害対策基本法でも記された内容で、憲法に盛り込めば「人権制限との批判をかわせる」(執行部)と判断している。

 推進本部は当初、他党の理解を得やすい「議員任期延長」にとどめるつもりだったが、石破茂元幹事長らの「(権限強化や国民の権利制限を盛り込んだ)2012年党改憲草案に沿うべきだ」との異論に配慮。一定の政府権限の強化は必要との判断に傾いた。【田中裕之、小田中大】

 

 

自民改憲案、緊急事態時に「私権制限」

 自民党の憲法改正推進本部は、改憲項目のひとつに掲げる大規模災害などに対応するための「緊急事態条項」について、一般市民の「私権の制限」など、政府権限を強化する規定も条文に盛り込む方針を固めました。

 「緊急事態条項」の憲法への新設をめぐっては、当初、国会議員の任期を延長する案に絞る方向でしたが、自民党内で「国会議員の身分保障だと思われかねない」などの異論が相次ぎ、意見の集約が見送られていました。

 こうした経緯を受け、党の憲法改正推進本部は7日朝、役員会を開き、国会議員の任期延長に加え大規模災害などの緊急事態が発生した際に政府・自治体が迅速に対応するためとして、一般市民に対する私権の制限に関する規定を盛り込む方針を固めました。午後の全体会議で意見を取りまとめたい考えです。

2018年3月7日 TBS

 

 

緊急事態条項で条文案5つ提示、自民党憲法改正推進本部役員会 午後の全体会合で本部長一任取り付けへ

2018.3.7 11:42 iza

 自民党の憲法改正推進本部(細田博之本部長)は7日午前、党本部で執行役員会を開き、大規模災害などに備える緊急事態条項について議論した。執行部は国会が機能不全に陥った際、政府に権限を集中できる規定などを盛り込んだ条文案を5つ提示し、協議した。午後の全体会合で細田氏への一任取り付けを目指す。

 細田氏は会合冒頭で「緊急事態対応は現行憲法で欠けている部分だ。民主主義、立憲主義の観点から望ましいことはではない」と述べた。

 関係者によると、執行部は5つの条文案を(1)私権制限などを含む平成24年党改憲草案を踏まえた案(2)大規模な自然災害が発生した場合に国会議員の任期延長と政府への権限集中などを規定した案-の2つに大別した上で示した。

 緊急事態条項は国家の存立が脅かされるような事態が生じ国会が機能しない場合、政府に法律と同じ効果を持つ政令を制定できる権限を与える規定だ。

 

 

改憲、政府権限強化案で集約へ 緊急事態巡り自民本部

2018年03月07日11時29分 (更新 03月07日 12時47分)西日本新聞

 自民党の憲法改正推進本部(細田博之本部長)は7日午前の執行役員会で、改憲を目指す4項目のうち緊急事態条項の新設を巡って協議した。細田氏は大規模災害時などの国会議員の任期延長と、政府の権限を強化する内容を盛り込んだ具体案を提示した。同日午後の全体会合で意見を集約し一任取り付けを目指す方針も確認した。

 細田氏は役員会冒頭で「緊急事態対応は現行憲法で欠けている部分だ。どのように調整するかは大変大事な問題なので、審議をお願いしたい」と述べた。役員会後、幹部の一人は「災害対策基本法の内容を憲法に盛り込むだけだ。細田氏の方針でまとまるのではないか」との見方を示した。

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

社会・経済ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ政治社会問題ランキング 

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

ジャンル:
憲法・法律
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 3月6日(火)のつぶやき | トップ | 3月7日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自民党に国会で最っと凄いことを言える人? (cooooookun)
2018-03-08 17:32:13
全員意見しろ!
遂に牙を剥いた (リベラ・メ(本物の))
2018-03-08 21:45:06
自民党、遂に牙を剥きましたね。このニュースを聞いた時「遂に本性を現したか!」と思いましたよ。此れからの戦い、油断大敵ですね。
Unknown (篝)
2018-03-08 22:23:32
その後私権制限明記はせず
になったからましにはなりました。
しかし私権制限設けないじゃなく
私権制限明記せずですから
明記せず解釈次第で私権制限できるようになれば同じ事
気を緩めず反対し続けましょう。
東日本大震災の対応の遅れがきっかけだそうですがあれは余りにも大規模災害だったことと政府の不作為で緊急事態条項が有れば何とかなったかと言えばそんなことは有りません
事実被災自治体へのアンケートで1自治体除き緊急事態条項で対応が早まる事は無いと答えてます。
やろうと思えば半永久的に私権制限できる緊急事態条項なんて要りません。
私権制限 明記を見送る (バードストライク)
2018-03-08 23:31:34
篝さん(おひさしぶり〜)の投稿を見て、もう一度下の記事を読み直してみると・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000143-jij-pol

ほんまや、「明記を」見送る、となっている!
これ、自民得意の詐欺商法やんけ。
公明、維新も懸念を示す、とか賛成せず、とか言っていても、これも恒例の「結局賛成」祭りになるんじゃん(既視感ありあり)。

ホント、こいつらみんな目ェ噛んで鼻かんで死んじまえ 👊

で、アヘが大臣も議員も辞めたら、改憲を巡る国民投票は止めるのですかね?
アヘよ、お前はもう死んでいる。
クネクネと同じ年月収監されて2度と娑婆に出てくんな!!!
自民の腐れ議員ども、貴様らこそ憲法の指示に従え! (タカニシ)
2018-03-09 00:07:29
>「何人も、国その他公の機関の指示に従わなければならない」

国民をなめてかかるのもたいがいにしろ!

そして我々一般国民!自民党の腐れ議員どもになめられるのもたいがいにしようぜ!
バードストライク様へ (篝)
2018-03-09 16:16:38
仰る通り詐欺的手法
仮に安倍総理及び今の内閣にそんなつもりは無くても時の内閣が簡単に悪用出来る憲法なんて改憲じゃなく懐憲です。
海外では緊急事態条項は当たり前なんて意見有りますが海外は議員達が勝手に延ばせないから別物です。
質問です。 (通りがかり)
2018-05-04 18:27:19
そもそも、国家緊急権は私人の権利を制約することによる憲法体制保障の方式な訳で、人権を制約しない国家緊急権なんてないと思いますが?
この記事は、国家緊急権そのものにたいする批判ですか?
それとも自民党がやってるからという趣旨の批判ですか?

国家緊急権自体、現状の憲法でも明文にないだけで、肯定する学説もありますが、立憲主義を守るための方式を、明文にすることが駄目なんですか?

というより、政令で人権が制約されたって、違憲訴訟は起こせるのではないですかね?
だったら国会で審議されないだけで、どのみち国民としては争えるのだから、具体化した政令を潰せば良いと思いますよ。

つまり、何を問題視したいんです?
Re : 質問です (バードストライク)
2018-05-04 23:43:10
ツイッター、ちだい(選挙ウォッチャー)@chidaisan より

> ネトウヨはイデオロギー的な「右派」ではなく、情弱をこじらせた末に思想が偏ったアホであり、恥じらいもなくウンコみたいなツイートをまき散らす害悪です。
今、日本に大量発生していて、シロアリのごとく国家を蝕んでいるので、早急な対策と駆除が必要だと思っています。/

まさにこの言葉どおり、全き見本のようなコメントですな www
質問(いちゃもん)の前に、まず自助をオススメ。
このブログの下の方に検索窓があるから、
「緊急事態条項」と入れて記事を出して読め。

もっとも、国家に人権を剥奪されるのが嬉しくてたまらないのならば、中国か北朝鮮への亡命を推奨いたします 😂


日本人はこの憲法を選んだ (バードストライク)
2018-05-06 08:59:32
安倍や改憲派はよく「現行の憲法はアメリカからの押し付け憲法だ、みっともない憲法だ」なんて言ってるけど(そのくせアメリカに売国してるんですけどぉー)、ウソでした www
ちゃんと憲法調査会の会長が肉声でそう語っています。

ツイッターより

《 インドア派キャンパー 》
> 憲法はGHQに押し付けられたもの、という議論に終止符を打った憲法調査会。関係者が存命していた時代に訪米まで行い、800頁に及ぶ詳細な聞き取り調査の末に、「それは誤解」として憲法調査会の会長が報告している。必見
↓ ↓
NHKスペシャル"憲法と日本人"よりの引用抜粋
1分38秒
2018.5.3(憲法記念日)放送
https://mobile.twitter.com/I_hate_camp/status/992713143926210565


さようなら、安倍!
約束どおり総理も議員も辞めたら、もういっぺん成蹊大学に戻って、履修していない「法学部生必修の憲法学」を取り直してくれば?
あと、時間と資産はたっぷりあるんだから、ぜひポツダム宣言を “つまびらかに ” 読んでもらいたいものです。
あ、それから「云々」を「でんでん」なんて読まないように、小学国語からやり直し、な。
再び歴史修正主義(ネトウヨ史観)に陥らぬよう、歴史教育も受けないと。
各方面から批判の高いお食事マナーも、ね。
あの汚い食い方で各国元首らと会食していると思うと、美しい国の臣民として身が縮む思いだから。
安倍、喜べ、やることがいっぱいあるぞ!!


さすが、バードストライクさん (時々拝見)
2018-05-06 13:07:48
>国家に人権を剥奪されるのが嬉しくてたまらないのならば、中国か北朝鮮への亡命を推奨いたします
おっしゃる通り。自主奴隷売国憲法を制定して、冷戦時代の独裁国家もどきにするより手っ取りばやいと思いますし。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本国憲法の先進性」カテゴリの最新記事