唐史話三眛

現在唐の宰相の略伝を記述しています。
最終的にはすべての宰相を網羅する予定です。

正史の建前1 宦官魚朝恩誅殺

2018-01-14 21:06:20 | Weblog
大暦5年3月のことです。
宦官魚朝恩は神策軍を管轄し、増長し専権を極めました。代宗皇帝はその武力を懼れて
なかなかこれを制することができませんでしたが、宰相元載[これも朝恩と結託し宰相
となった人物ですが]の策によりなんとか誅殺することができました。史書では以下の
記載です。正史では自殺したことにしていますね。
通鑑は内実を書いています。[周皓は実は朝恩の護衛の將です。既に側近にも裏切られて
いたわけです。]

旧紀
詔罷魚朝恩觀軍容使。己巳,朝恩自縊而死。
新紀
内侍監魚朝恩有罪自殺。
通鑑
癸酉,朝恩將還營,上留之議事,因責其異圖。朝恩自辯,語頗悖慢,皓與左右擒而縊殺之
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 太子庶子年表を追加しました | トップ | 唐朝の皇太子 その① »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事