店長のひとりごとⅡ

大好きなミニカーでいっぱいの居酒屋店長のひとりごと
ホームページ hitorigoto.jp

ixo ランボルギーニ カウンタック LP500 Walter Wolf

2008-10-07 02:53:04 | ixo


ixo ランボルギーニ カウンタック LP500 Walter Wolfです。



これは2号車のブルーですが、1976年当時の仕様ではありません。



では少しWalter Wolf仕様のカウンタックLP500Sについて振り返ってみましょう。



この赤のカウンタックが初代Walter Wolf仕様のカウンタックLP500Sです。

カナダの石油王ウォルター・ウルフが自分のために作らせた特別仕様のカウンタックです。

シャーシナンバー1120148

LP400をベースに、超偏平タイヤ「ピレリーP7」の装着を前提に各所に大幅な改造を加え、

ウラッコ・ベースのプロトタイプに装着されていたアルミホールを使用。

この極太タイヤを覆うためにアルミ製オーバーフェンダーを装着しました。

エンジンは開発途中でお蔵入りになった5Lのプロトタイプエンジンを徹底的にチューン。

こうしてLP500Sと呼ばれることになりました。



その後、ブルーのシャーシナンバー1120202をオーダー。これが2号車です。

5Lエンジンは1号車から載せ替えられました。



そして3号車、シャーシナンバー1121210。

このカウンタックはLP400Sをベースにしています。

LP400Sはウルフカウンタックを量産型にしたものです。

やはりエンジンは5Lエンジンに積み替えられています。



ixoのこの2号車は残念ながらLP400Sをベースに作られているため、残念ながら実車とはボディの形状が異なります。

現在この2号車はレストアされて、サイドミラーが特異な形状に変更されました。

ixoモデルはこの特異な形状のサイドミラーを再現しています。



実車はドイツのロッソビアンコ コレクションに展示されているそうです。

3号車はスイスにあるそうですが、5Lエンジンはどちらにも積まれていないそうです。



カウンタックについて色々調べていたら、面白いものを見つけました。

最後までじっくり御覧ください↓

江頭2:50念願のカウンタック購入?




このナンバープレート「PROVA BO380」は、ランボルギーニ社の当時の試作車用仮ナンバーだそうです。



織田無道が1号車を所有しているとは・・・。

織田無道・・・恐るべし。

レプリカカウンタック・・・あの出来で500万なら良いんじゃない!?

本当に江頭買ったの??





『ミニカー・模型』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 第2回東海ミニカーオフ会開催... | トップ | ixo ランボルギーニ カウン... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれいいなぁ (Model_Car)
2008-10-09 00:51:38
500万で手に入るなら、あれでもいいかもと思えてきました。(笑)
コメント有難うございます。 (店長ひろみ)
2008-10-09 17:30:27
Model_Carさん、コメント有難うございます。

でかいミニカー買うつもりでModel_Carさん是非ご購入を。
オフ会でのお披露目、楽しみにしております(笑。
Unknown (パーちゃん)
2008-10-10 01:46:35
織田無道、名古屋まできて整備しにくるそうですよ
腕利きのメカニックがいるショップですが・・・
トヨタ博物館さんから連絡ありました (鶏)
2008-10-10 05:59:21
10/15~11/3新館1階大ホールにて
カウンタックアニバーサリー展示らしいです。

11/5~11/24まではミウラP400展示とのことです。

現物なかなか良いですよ!!この機会に是非!!
はじめまして (MITSAN)
2008-10-10 08:53:45
今月号(既に先月号かも)のRossoでは、イオタをメインにウルフカウンタックの記事が載ってますね。
一号車はもう何年も前に横浜にあるVeloceとかいうショップに渡り、広報車みたくなってます。
ですが、それからは取材がしやすくなったのか、たまに試乗記を見かけますね。
コメント有難うございます。 (店長ひろみ)
2008-10-12 22:31:46
皆さん、コメント有難うございます。

>パーちゃん
名古屋にそんなショップがあるのですね。
中川区の家のそばにフェラーリやランチャなどを
いつも整備してる小さなショップがありますが・・・。

>鶏さん
今日は御来店、有難うございました。
トヨタ博物館でカウンタックとミウラの展示ですね。
カウンタックもさることながら、ミウラのあの曲線はたまりません。
時間があれば見に行きたいですね。
それよりも鶏さんが言ってたトヨタ博物館のバックヤードが見てみたいです!!

>MITSANさん
はじめまして!コメント有難うございます。
Rossoの記事気になりますね。
1号車は織田無道の手を離れたと言うことですかね。
イオタの記事も気になります。
情報有難うございます。本探してみます。
トラックバックしました。 (野球応援親父)
2012-06-26 20:42:03
ランボルギーニLP500繋がりで、訪問しました。
そして、胸ときめかせましたので、トラックバックしました。少年の頃、胸ときめかせたスーパーカー。今でも、思い出せます。
また、あそびにまいります。

コメントを投稿

ixo」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ランボルギニーカウンタックLP500S (がんばれ野球少年たち! 応援ブログ by 野球応援親父G2)
子供のころ、胸をときめかせたスーパーカー。   ランボルギニーカウンタックLP500S。                         ガルウイングのドアとリアウイング。 ...