REAL LIFE
現在実生活が忙しくゆっくり更新のみ実施中です。リンク先の皆様、コメント&TB下さる皆様本当にすみません
 



3枚目のアルバムです。(初回限定版A) 前のアルバム以降に発売されたシングルを含む12曲が収録されてます。 ・・・が、今回はシングル曲もアルバムミックスということでアレンジに変更が入っており、今までより親切な作りになっているなあと感心しました。 しかし、DVDコンテンツが初回版AとBで、エピソード1と2に分かれているようで、またそういう販売の仕方するの~?って、ちょっと残念な気持ちになったの . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このシングルは変な売り方してたやつですよね。 確か限定何千枚だったか、すぐに売り切れてしまうような少ない枚数で。・・・まあ予想できちゃうのですけど、転売屋さんの価格吊り上げ対象になってたようですよね。 普通に売ればいいのにって心底思いましたけど、ユーザーの思いとは裏腹に商売に走り始めたようなイヤな印象が残ってました。 そしてしばらくたって、おそらく高値で見向きもされずに売れ残ったCDがかなり . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちらは、「映画クレヨンしんちゃん」の主題歌になった曲のようです。(初回限定版B) 「しんちゃん」つながりは二曲目になると思いますけど、別にそれっぽい曲というわけでもなく、普通に聴ける曲ですね。まあ、そういう意味では安心しましたが(笑)。 そして毎度お馴染みのリミックスも原曲を壊すことなく作られているので、聴きやすいと思います。 他のインスト盤、DVDのふりつけビデオも楽しめますね。 ちな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この方のシングル曲としては珍しい、大人しめの曲になりますね。 タイトルはいつもの「きゃりー」色が現れているように思いますけども、曲自体は普通の聴きやすい音楽です。 いつもの感じを期待すると、あれ?って思ってしまうかもしれないですけど、まあ、卒業ソングのようなので、なるほどとも思えます。 聴き慣れると、これもこれでいい曲だなと思えるようになりました。 1.ゆめのはじまりんりん 2.ス . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これはauのCMソングにもなってました。 正直、この頃の一連のCMのデキはイマイチだと思ってましたけど、こちらの曲の方はテンポも良いし、なかなか楽しいと思います。 そして80年代洋楽のリミックス好きとして楽しみなのは、3曲目のリミックス盤ですね。今回は「にんじゃりばんばん」ですが、毎度聴きやすいミックスでありがたいです。 本作品からはインスト盤も収録されていて、いいですね。インスト好きとして . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




映画「トランスポーター」のTVドラマ版といったところですが、映画の内容とは違い、新しい物語なのでファンなら楽しめると思います。 勿論俳優さんは違いますし、TV用の追加キャストもありますが、この辺はドラマ版によくある事だと思いますので、特に気になるような事でもないと思います。 構成としては、基本は一話完結になってます。 追加キャストとしては、愛車アウディA8のメンテを担当するメカニック(少しと . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




記憶を失った元スパイのお話ということで、最初は「ジェイソン・ボーン」シリーズみたいなお話なのかなと思い鑑賞しました。 まあ、すご腕のスパイなので、アクションシーンは安心できますし、本人を巡る謎も実はかなりおおがかりな陰謀がある模様ですが、物語は良いスピードで展開するので、意外と楽しめる作品だなと思ったのです。 ところがそれはシーズン1までで、シーズン2はまるで違う方向性なんですよね。 詳しく . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




国土安全保障省やFBI捜査官が不思議な現象を真面目に捜査するドラマ「フリンジ」を製作したJJエイブラムス氏の作品になります。 簡単に言うと、衝撃的な事件で人間らしさを失ったやり手の刑事と、実に人間的なアンドロイドの警察官がコンビを組んで凶悪な事件に立ち向かっていくドラマです。 舞台は2048年という未来なので、現在の延長線上のSFと言えますが、現在にも存在する物と、今よりある程度便利になったテ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




核戦争で汚染された地球から宇宙ステーションに逃げた人類が100年後に再度地球に降り立ち、未知の地上を色々と探索する事になるお話です。 人口が増えたり宇宙ステーションが老朽化したりで地球が住める星かどうか確認するために、口減らし的に犯罪者とされる18歳未満の少年少女ばかり100人が脱出ポッドで地球に降下していくわけですが、これが色々ありまして。 面白そうな題材なんですけど、裏事情を色々と作りすぎ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




同名の映画を見ているというのもあって、まずは見てみようかと思いました。 しかしこれは現代劇で、映画のような1700年代の話ではないので、大分違うお話なんだなあと思いましたし、首無し騎士も黙示録の4騎士の一人という設定になっているし、正直別物ですね。 主人公は1700年代に生きていて現在に甦ったイカボット・クレーン、クレーンとコンビを組んで謎を捜査する女性警部補ですが、首無し騎士も当然出てきます . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




月並みですが、あけましておめでとうございます。 更新は超マイペースで、かなりゆっくりですが、年末近くに少しは感想ネタをアップしようとしておりました。 ・・・ですが、結局できず。なんやかんやで時間が足りなくなってしまいました。(ここ何年も同じようなことを言っている気がします。)大掃除やら親や子供の世話やら、年をとると色々やることが増えていくものですね。 さてさて、2016年は色々と小難しい一年 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




「ゆうたん」の続編か?と思ったのですが、そんなに間があいてなかったので、そういった意味では、ちょっと不思議に思いつつ読んでみました。 すると、有名人である北野誠さんや山口敏太郎さん、島田秀平さんも出て来るので、そういう部分でも「おー!」と思いましたが、 ○過去の心霊ロケ等の話や(北野誠のおまえら行くな!のパラノーマルマンション滞在記の参加話) ○それなりの話数を描く事になった歴史上の人物に関係 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




怪談ライブ2004年版のDVDです。 今年版の発売後、なんだか今までのが再販になったみたいで、持ってなかった年のを見てみたくて購入しました。 10数年前のライブ映像になりますが、いや~稲川さん若く見えます。 怪談も、今じゃ懐かしく感じる話ばかりですが、この頃は、大作を話すでもなく、そこそこの長さの話を多目に話していたんですね。 今とは違う構成、懐かしめの話ということで、十分楽しめました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちらは、「クローザー」のスピンオフ・ドラマです。 シーズン1を見た限りでは、個人的には、ロス市警重大犯罪課のその後を描いているように見えるので、スピンオフと言うより続編と言いたいところです。 つまり、クローザーの主演を務めていたブレンダリー・ジョンソン本部長補佐(でしたっけ?)が退職し、その後任でレイダー警部が異動してくるというものなので、基本キャストはほぼそのままなのです。 名物のプロベ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




中東の過激派に長年捕われていた海兵隊軍曹が突如帰還したことで始まるテロ疑惑と、それを防ごうと奮闘するCIAチームのお話です。 これ、色々と複線が張られていて、ちょっと複雑さもありますが、基本的には展開スピードはまあまあ良いものの、肝心の疑惑はなかなか晴れないまま話が進行していくので、相手が見えないサスペンス特有のドキドキ感(実際に心臓がドキドキするわけじゃないですけど)が結構ありますね。 色々 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ