REAL LIFE
現在実生活が忙しくゆっくり更新のみ実施中です。リンク先の皆様、コメント&TB下さる皆様本当にすみません
 



1984年発売(これは95年再販物)のアルバムです。 ドン・ヘンリーは、元イーグルスのメンバーだった人ですが、これは解散後のソロ・アルバムになりますね。 私はイーグルスの事はよく知らないというのもあって(ホテル・カリフォルニアを知っている位です)、特に変な先入観もなく、当時、素直に楽曲を聴いていたと思います。 この中では、「ボーイズ・オブ・サマー」が5位、「オール・シー・ウォンツ・トゥ・ドゥ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちらはダイア・ストレイツのベスト盤ですけど、私が知っているのは3曲のみです。 それは、79年に4位を記録したヒット曲「悲しきサルタン」、そして85年に1位を獲得した「マネー・フォー・ナッシング」、86年に7位となった「ウォーク・オブ・ライフ」です。 「サルタン」はまだ小さい頃どこかで耳にしたのを覚えていて、あの曲何だったんだろう?また聴きたいなあと思っていた事がありますが、「マネー・フォー・ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1995年に発売(こちらはおそらく再販)されたCDです。 あと、個人的に80年代かな?と思っているので80年代にカテゴライズしておりますが、ご了承下さい。 ディオンヌ・ワーウィックと言えば、亡くなったホイットニー・ヒューストンの叔母にあたる方だったと思いますが、やっぱりと言うか、ボーカルの力量が凄いなあと感じるアーティストです。 私が彼女を知ったのは、83年に10位を記録した「ハート・ブレイ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1988年発売のアルバムです。邦題は同じく「ヒステリア」です。 これは前作「炎のターゲット」から、満を持して登場したアルバムですね。 ヒット曲も多く、「ラブ・バイツ」では1位を獲得しましたし、「シュガー・オン・ミー」「アーマゲドン」は3位、ほかにも「ヒステリア」がシングルになっていますし、この時点で彼らは、メタル系アーティストと言う限定された存在ではなく、とてもメジャーな位置に昇ったと言ってい . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1983年発売のアルバムです。邦題は「炎のターゲット」です。 当時はハードロック、ヘビーメタルといったジャンルの音楽も色々なアーティストがヒットを飛ばしていましたけれども、デフ・レパードは、そんな中でも煌びやかと言うか、サウンドが聴きやすく、楽曲も良く、ハード系の割には、凄く入りやすいなあと思ったものです。 完全な当てずっぽうですが、それはイギリスのグループだからですかね?他のアーティスト達に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちら、「笑って!外村さん」の外村さんが通う学校を舞台にしている別作品です。 主人公は保健室の先生なのですが、予防を推進する立場なのにすぐに風邪をひいたり、勤務中に居眠りをしたりで、先生としてはなかなかの問題児な設定です(笑)。 つまり「外村さん」「サチウス」のような不幸体質をメインした作品と少々違い、先生の天然ボケを主体とした笑いを描いていると感じています。 この先生には、しっかり者の弟が . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「笑って!外村さん」の作者による作品です。 今回も、ちょっと不幸な要素を入れた作品ということになります。 やること、なすこと、ついてない目にあってしまう、まさに幸薄な主人公なのですが、友人達にめぐまれていると言うか、外村さんほど引かれてしまう要素は少ないかも? 最初は「どんだけ不幸なんだろう」と、突っつき難い印象もあったのですが、実はそれほどでもなく、意外と読みやすい作品でした。 これなら . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




漫画がそれなりに人気あるのでしょうね、ドラマCDが登場です。 まあ好きな作品ではあるので、ちと値は張りましたが(今時一枚組で3千円のCDです)手に入れる事にしました。 このテのドラマCDというやつを聴くのは凄く久しぶりです。 内容は漫画と同じで、CD化するにあたり内容を分かりやすくまとめたような感じでした。 ですから、目新しいエピソードがあるわけではありませんが、声が入った事により、より生 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これは、以前に紹介した漫画をアマゾンで見ていたら紹介されていた作品で、なんとなく気になっていたので読んでみる事にしました。 四コマ漫画というのもあってか、ちょっと「森田さんは無口」に似たような所もありますが、基本的にこちらは真面目な生徒なのに不良と思われている為に誤解されまくる内容でして、その反応のギャップをオチにしています。 まあ面白くもあり、不憫にも思えるのですが、外村さん可哀想だなあと思 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんだかよく分かりませんが、主人公「はるみ」は宇宙人で空を飛べるというヘンテコな設定のギャグ4コマ漫画です。 初見は「なんじゃこの漫画は!?」でした。ですが、とにかくインパクトがあったのです。 キャラ絵も見てすぐわかるギャグらしい感じがありますけど、この漫画の特徴は、ひたすら続く「だじゃれ」ですかね。 しかもその「だじゃれ」を何巻と続ける努力は、素直に凄いと思います。 その「だじゃれ」の質 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3枚目のアルバムです。(初回限定版A) 前のアルバム以降に発売されたシングルを含む12曲が収録されてます。 ・・・が、今回はシングル曲もアルバムミックスということでアレンジに変更が入っており、今までより親切な作りになっているなあと感心しました。 しかし、DVDコンテンツが初回版AとBで、エピソード1と2に分かれているようで、またそういう販売の仕方するの~?って、ちょっと残念な気持ちになったの . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このシングルは変な売り方してたやつですよね。 確か限定何千枚だったか、すぐに売り切れてしまうような少ない枚数で。・・・まあ予想できちゃうのですけど、転売屋さんの価格吊り上げ対象になってたようですよね。 普通に売ればいいのにって心底思いましたけど、ユーザーの思いとは裏腹に商売に走り始めたようなイヤな印象が残ってました。 そしてしばらくたって、おそらく高値で見向きもされずに売れ残ったCDがかなり . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちらは、「映画クレヨンしんちゃん」の主題歌になった曲のようです。(初回限定版B) 「しんちゃん」つながりは二曲目になると思いますけど、別にそれっぽい曲というわけでもなく、普通に聴ける曲ですね。まあ、そういう意味では安心しましたが(笑)。 そして毎度お馴染みのリミックスも原曲を壊すことなく作られているので、聴きやすいと思います。 他のインスト盤、DVDのふりつけビデオも楽しめますね。 ちな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この方のシングル曲としては珍しい、大人しめの曲になりますね。 タイトルはいつもの「きゃりー」色が現れているように思いますけども、曲自体は普通の聴きやすい音楽です。 いつもの感じを期待すると、あれ?って思ってしまうかもしれないですけど、まあ、卒業ソングのようなので、なるほどとも思えます。 聴き慣れると、これもこれでいい曲だなと思えるようになりました。 1.ゆめのはじまりんりん 2.ス . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これはauのCMソングにもなってました。 正直、この頃の一連のCMのデキはイマイチだと思ってましたけど、こちらの曲の方はテンポも良いし、なかなか楽しいと思います。 そして80年代洋楽のリミックス好きとして楽しみなのは、3曲目のリミックス盤ですね。今回は「にんじゃりばんばん」ですが、毎度聴きやすいミックスでありがたいです。 本作品からはインスト盤も収録されていて、いいですね。インスト好きとして . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ