りん日記

ラーとか本とか映画とか。最近はJ-ROCKも。北海道の夏フェスふたつ、参加を絶賛迷い中。

連休終了っす!(敬礼)

2009-09-23 19:57:41 | 家族でおでかけ
連休最後の日、みなさんいかがお過ごし?(ミルねえさん)

くるくるさん実家に1泊してきたり墓参りを2ヶ所はしごしたり
1日ごろごろしたりしながらやっと迎えた最終日。
いささか連休疲れしてきた身体にむち打って、
今日はうちから車で1時間?くらい?もっとかな?の、
ゆにガーデンというところに行ってきました。

英国庭園が広がる風光明媚なところです。

広い。


広い。


とても広い。


ただだだっ広いだけではなく、とてもきれいに英国風庭園が造られています。
それはHPでどうぞ。→ ゆにガーデン


そして、由仁町の隣の町、長沼町で名物の長沼ジンギスカンを食べて
日帰り温泉に入ってもう一つの長沼名物、長沼アイスの家のソフトクリームを食べて
帰ってきました。
ああ連休終わったーやったーやり遂げた!
おかーさんとおとーさん、ひと仕事終わりました。

長沼ジンギスカン。


ジンギスカンって焼肉と同じに、炭火で焼くものと思ってるでしょ?
本来は湯豆腐やキムチ鍋と同じ、「鍋物」なんだよー。

まん中の鉄板部分で肉を焼き、
周囲の溝の部分に水とタレを入れて、モヤシや玉ねぎなどの野菜をそこで煮て食べるの。
鉄板部分はドーム状に盛り上がっていて溝がたくさんついていて、
肉汁や油が周りの溝部分に流れ落ちていく構造になっているのが多いんだけど、
ここの店のは鉄板部分が平らでした。

ふだん家で食べるときは、家の中ならホットプレート、外ならBBQコンロで焼いて食べてたから、
こういうちゃんとした「ジンギスカン鍋」食べるのは久しぶりだった。
おいしゅうございました。

コメント (2)

カニとメロン

2009-08-09 09:26:47 | 家族でおでかけ
6日から2泊3日で函館方面に家族旅行に行ってました。
札幌→函館260キロ、ドライブ旅行です。
夕張メロンと毛ガニをおみやげに買って帰りました。
自分たちで食べる用。

わかります、「え、なんで?北海道に住んでるんじゃないの?」でしょ?
おっしゃりたいことはわかります。

……でも。

……だって。

ふだんはどっちも食べる機会がないんだもん(笑)。

どちらも「よそゆきの名物」だからさ、日常的に食卓にのぼる食材じゃないのよ。
自分で買って食べるものじゃない。
海方面にも畑方面にも親戚がいないから、いただく機会もないし。

札幌で売ってるのよりものもイイし断然安いからさー、買っちゃった!

さぁ今夜の夕食は「カニとメロン」だぞー♪
コメント (2)

大吉。ダブルで。

2009-01-04 19:47:03 | 家族でおでかけ
今日、初詣でひいたおみくじは、大吉でした。
ずいぶん久しぶりな気がする、大吉。
やっぱりうれしい、大吉。
特にチケットの神様にすがるしかないいま、大吉はうれしい。

くるくるさんも大吉。
読み上げるのを聞くと、文章も私と同じ。
ん?と思って見せてもらったら、同じ番号だった。



すごくない? 
何番まであるのか知らないけど、同時にひいた二人が同じ番号って、
けっこう確率低いんじゃない?

何かある! ………のか?
コメント (3)

タイガーカレー

2008-11-04 22:38:53 | 家族でおでかけ
TEAM NACS 大泉洋と戸次重幸、そして女子アナまみちゃんの3人、
誰が呼んだか豚一家が全国を旅しておいしいものを食べまくる
北海道テレビ放送の深夜番組「おにぎりあたためますか」。

先日の札幌篇で放送されたスープカレーのお店、タイガーカレーにいってきました。



村野が頼んだ牛すじカレー(龍のスープ)・温泉卵のトッピング・辛さ3



くるくるさんが頼んだチーズ入りつくねのカレー(虎のスープ)・辛さ3



ちびっちょが頼んだひき肉と納豆のカレー(虎のスープ)・辛さ1


虎のスープ・龍のスープというのは、全メニューについてどちらかを選べるようになっていて、
虎はスープカレーにしてはとろみが強め(それでもルーカレーよりは全然びしょびしょ)で
味もふつうのカレーにより近く、
龍のカレーはほとんどスープにとろみがなく、カレーというよりは
ものすごーくスパイシーでダシのきいてるけど何でできてるのかよくわからないスープ、
という感じでした。

スープカレーを食べ慣れた人は龍のほうが好きかも。
三つとも全部おいしかったけど、
私はちびっちょの頼んだ納豆とひき肉のカレーが一番おいしかった。


ちびっちょ、ごはん完食。
スープカレーはごはんに対して極端にスープの割合が多いのがふつうなので、
同じ量ずつ食べてると、ごはんがなくなったときにはスープは半分くらい残っています。
それは私とくるくるさんが食べました。ライスなしでもおいしい。
辛さ1でもダシがきいててコクがあって味わいが深いので十分おいしい。


スープカレー屋さんはここ数年で札幌にずいぶんな数ができたけど、
たぶん当たりはずれがあるんだろうなー。
ここは当たりだと思います。


ただね、村野家の近くにはかなり有名な名店中の名店があって、
どこのスープカレーを食べても、「ま、でも、あそこでいいよね」ってなっちゃうんだよね。
でも近くになかったら、たぶんこの次もタイガーカレーさんに行ってたと思うよ。


おまけ。

コメント (14)

2008年東京旅行 その3

2008-09-22 22:26:06 | 家族でおでかけ
9月12~14日の2泊3日で家族で東京に行きました。
旅行記その3です。

2日目は、朝はゆっくり起きて、10時のラストオーダーギリギリにホテルの朝食へ。
和定食だったんだけど、これが品数多くて味もよくて、すごく素敵な朝ごはんだったー♪


渋谷駅直結、渋谷エクセルホテル東急の和朝食です。
ブッフェスタイルの洋食と選べるようになっていて帰る日の朝はそっちにしたけど、
和朝食のほうが断然オススメです。
泊まる機会があったらぜひ。


さてこの日、行ったのは青山こどもの城
ビル全体がすべて子どものための施設、児童館の豪華版みたいなところ。
大宮の鉄道博物館とどちらにしようか迷ったんだけど、
ちびっちょにどんなところか話して聞かせたら
こどもの城のほうにくいついたので、そっちに。
近いから楽だし♪

夜に待ち合わせて一緒に食事しに行くことになってた
お友達のyuuhiちゃん一家が、急遽こどもの城も一緒に行くことになり、
yuuhiちゃんは一人で6才・3才・0才の子ども3人連れて
電車乗り継いで来てくれました。
yuuhiちゃん自身、前からここに子供たち連れていきたいと思っていたそうなんだけど、
それにしたってエラい~
体重40キロそこそこの細っこい身体で、エラい~

で、渋谷駅で待ち合わせて、みんなで坂を上って、やってきました。


よく来たね~ 楽しいものいっぱいあるよ~ 遊んでってね~
って言ってます。かわいいのす。

館内は、音楽のコーナーや工作のコーナーやプレイルーム、屋上のボールプールなどなど。

音楽のコーナーでは、何時間かごとにミニコンサートが催される。
アンパンマンマーチやらポニョの歌やらがおねいさんたちの生バンドで
演奏されて、子どもはそれぞれ太鼓や鳴り物を手にして、
曲に合わせてぽんぽこ叩きながら歌いながらそれを鑑賞する。


みんなとっても楽しそう。
なのに。。。yuuhi家長男きっきちゃんとうちのちびっちょ・どちらも小一男子・は……

ノってない。全然ノってない。お付き合いで叩いてくれてる、って感じ。
yuuhi家の3才ちゃんと0才ちゃんはとっても楽しそうにリズムとったり
バチ振り回したりしてんのに。
結局コンサートの途中で、小一男子はくるくるさんに頼んで別のところに連れてってもらいました。
終わってから合流したら、ハイパーホッケーのちっちゃい版(木製でかわいらしい)で
汗びっしょりになって盛り上がっていた。
もう「男子」なんやのう、キミら……
 
音楽の部屋にあった手作りの太鼓たち。
何十コもあった。色がすごくキレイー。


ミニコンサートの最後ではちびっこたちが立ち上がっておゆうぎ。
ママやおうちの方を連れてきて一緒に踊ってねー♪という声に、
yuuhi家3才ちゃんは、赤ちゃんを抱っこしてるママに配慮したのか、
私のほうの手を取ってお相手に選んでくれました。


ちっちゃな子とおゆうぎする機会なんてここしばらくなかったし、
これから先もそうないだろうから、嬉しかった♪
1曲といわず、もっとこっこちゃんと踊りたかったよ。


それから工作のコーナーに行って作品作ったり
 

屋上に行って三輪車を乗り回したり


ボールプールではしゃいだり(写真は順番待ち中の三人)



昼頃行って夕方5時頃まで、満喫しました。

きっきちゃんとちびっちょは会ったの1年半ぶりだったけど、
テンションの上がり方やテンポなどが似ていて前から仲のよい友達だったから、
モジモジしたのは最初だけで、すぐに盛り上がって遊んでました。
このあんまりハッスルしないタイプの両親とだけで行くより、
数倍楽しかったと思います。


その後、私はシアタートラムで観劇のため一人別行動。
くるくるさん・ちびっちょとyuuhiちゃん一家は、昼間仕事だったyuuhi家パパと
待ち合わせの横浜に向かいました。

夜になってもきっき・ちびっちょは疲れるどころか絶好調、
夜の山下公園をすごいテンションで走り回っていたとのことです。


翌日の東京滞在3日目は、うち3人・yuuhi家5人に加え、
やはり札幌から首都圏に引っ越していったママ友HさんとOさんの家族とも
ご一緒し、総勢大人7人・子ども7人で上野の国立科学博物館に行きました。

恐竜の骨や理科実験の設備のあいだを縦横無尽に駆け回る子供たち。
その世話はパパさんたちに任せて、私たちはしゃべる・しゃべる・しゃべる……

しゃべってもしゃべってもしゃべり足りないから、写真はこれしか撮ってません。


しかも、接写モードにしたままだったからボケボケ……


午後3時すぎ、yuuhi家パパに空港に送ってもらって、帰路に着きました。



帰ってきてから、「えーっ、うっそー!知ってたら絶対行くんだったのにぃぃぃ!」
ってショックもあったけど(まだ言ってる……)、
とても楽しい旅行でした。また行きたいです。(小学生の作文ですか?でもほんと。)


今度はみんなが北海道に来てくれるといいな~



コメント

2008年東京旅行 その2

2008-09-21 23:04:38 | 家族でおでかけ
9月12~14日、家族で東京に遊びに行きました。
旅行記その2です。

初日の夜は今回の目的のひとつである、私が大好きなレストランで食事。
大好きなって、いろいろ行った上で特に好きなところが決まるのが普通だと思うんだけど、
別にしょっちゅう東京で食事したことがあるわけじゃないです。
知ってる店なんて全然一軒もありません。
でも、前に来たとき、ここのホテルのここのレストランがすごく良くて大好きになったの。

新宿京王プラザホテル2階のブッフェレストランです。
(大好きというわりに名前忘れてます。)

ブッフェレストランて、いろいろなものを好きなだけ食べられるのは魅力だけど、
味にものすごい期待はしてくれるなよ、というところが多くないですか?
少なくとも北海道のホテルやデパートのブッフェレストランはそういうところが多いです。
ある程度おいしければ大満足。
一口口に入れたとたん目を閉じてうなってしまう、ということはあまりない。

だけどここのはすごーくおいしいんだ。
ブッフェの楽しさと一流の美味が同時に味わえて大好きなんだ。
お値段も、大人一人5000円しないし。

3年前に初めて来て「ブッフェなのに何このおいしさ。しかもこの値段で。すごーい
ってなってから、今回で3度目です。


この夜のひと皿目。前菜っぽいものを中心に。

5分で完食。


二皿目。魚料理を中心に。



三皿目。メインディッシュ。

右側のフォワグラは注文してから目の前でソテーしてくれます。
甘みの勝ったソースがよく合う~とろける~


四皿目。手前はウニのリゾット。

3年前までならこの〆に行く前に1~3皿目で特に気に入った料理をチョイスして
もうひと皿食べるんだけど、今回はダメでした。
3皿目ですでにかなりお腹いっぱいだった。
でもこのウニのリゾットは絶対に食べずに帰れない。
火の通ったウニはあまり好きじゃないんだけど、これはおいしい。
生臭くない。ウニの甘みとチーズの塩気が絶妙。

ほかにも料理はいろいろあります。お寿司もあるし、
目の前で作ってくれるメニューはローストビーフ・フォアグラのほか、
アジア風麺が何種類かあるし(フォーとかトム・ヤム・麺とか。今回はソーキそばもあった)、
タイ風カレーがあるときもあるしビーフシチューみたいのも確かあったし
デザートもケーキからアイスからシャーベットから和菓子もある。

ああ~行ってきたばっかりだけどまた行きたい。


ホテルの窓から。今回渋谷に泊まりました。駅直結。かなり便利で良かった。


コメント

2008年東京旅行 その1

2008-09-19 21:30:41 | 家族でおでかけ
9月12~14日の2泊3日で、家族で東京に行ってきました。

目的1.仁さんの「悪夢のエレベーター」見る(私が)
目的2.首都圏に引っ越していった友達と会う(私が)
目的3.あるところに行って活字拾いをさせてもらう(私が)
目的4.(私が)大好きなあるレストランで食事をする

「家族で」とはいえ、全面的に「わたしわたし」の旅行です。

初日はちびっちょと私で先に東京入りし、目的3の活字拾いをしてきました。

都内某所。まだ築半年、ぴっかぴかの近代的なオフィスビルの1階の一画に、
その工房はあります。



かっこいいー
めちゃくちゃかっこいいー

真っ白の近未来的な風貌のビルの中にこのアンティークな印刷機と背後の活字棚。
かっこいいよー

まず自分の名前を拾って、はがきサイズの便箋を刷らせてくれました。

名前の字を拾って、版組する。板を乗せて軽くトントンして落ち着かせたら


印刷機に自分の好きな色をセットする。円盤状の部分に少しだけ絵の具を乗せて


がっちゃんがっちゃんレバーを動かして均等に絵の具をのばす
(途中で色が変わってるけど気にしないでください)
 

この状態になったら刷り開始。円盤の下の四角いところに版をセットし、
手前側に紙を置いて、レバーをがっしゃん。
紙をどかしてまた次の紙を置いて、がっしゃん。
一枚一枚、完全に手動。


できあがったのは、これ。
本名を刷ったので字のところをちゃんとお見せできないのが残念。
世界にこれだけの、マイはがき箋です。


途中で私は、まとまった文章を拾わせてください、とお願い。
こちらの工房では書籍の印刷ではなくフライヤーや名刺、招待状等の
デザイン性の高い印刷物を主に扱っているため、
例えばカギ括弧とか句読点とかないものが多いし、
工房自体が立ち上がって半年たってないから、
漢字もすべてそろっているわけじゃない。
(工房のお仕事でたまにまとまった文章を拾う必要ができたときは、
そのつど活字屋さんに行って新品の活字を拾って、買ってくるそうです。)
だから工房のひとも「うーーーん、できるかなーーー」とちょっと困ってらしたんだけど、
「やるだけやらせてみてください」ってお願いして、やらせてもらいました。

2時間以上かかった!
2時間以上かかってどれだけ拾えたと思う?
何とこれだけ!!



使いたいけどない記号の代わりに使える記号を探したりでよけいに時間がかかった
ってこともあるけど、それにしてもこれだけ!
やっぱり漢字を探すのが大変なんだぁ。
部首ごとにある程度まとまってはいるんだけど、
飛行機の「飛」っていう字なんて、は?部首?って感じでしょ。
棚の一番上から一番下までしらみつぶしに探すしかなくて。
ていうか、「飛」の字はそれでも見つけられなくて、
2回しらみつぶししても見つけられなくて、目がちかちかしてきて、
とうとう「飛ぶがないですー!」って助けを求めたら工房の方が
「ん?あ、あった」って2秒で見つけてくれました。
目の前でした。がくーとなりました。

2時間かけて拾って、「やり遂げた感」に浸っていたら、
工房の方が「さーこれからだぞーー」とおっしゃる。
そう、これに改行入れて、字のない部分はスペース入れて、
行間の空白もつくってやらなくてはならない。
活字と同じだけど字の刻んでないものをあいだに入れていく作業。
これが意外に大変でね、1時間弱かかったかなぁ。
ドミノみたいなもんですよ、ちまちまちまちませっかく並べたのに、
ちょっと何かに気をとられて押さえてる指がおろそかになると、
パタ!って全部倒れちゃう。
ガーン!となってるヒマもなくまたちまちまちみちみ並べたら、
またパタ!
おーまいがー!!!ですよ。

それが終わったらそれを版にはめ込んで版組して、それでやっと印刷できるんだけど、
悲しいことに版組の前の段階までやったところで、時間がなくなってしまい、
印刷できるところまではいけませんでした。。。
残念!!

でもね、まぁいいです。
アイテムとして「活字」というものがなぜかだーい好きな私としては、
あのトキワがやってた活字拾いができて幸せでした。

え?その2、3時間のあいだ、ちびっちょは何していたかって?

がっちゃんがっちゃん、ひたすら名前入りのはがき箋を印刷してましたよ。
100枚以上刷ったんじゃないかなぁ。

そのあいだ工房の方がずーーっとついててくれたんです。
本当に感謝です。
ありがとうございました。


さてみなさま、私が拾った文章の出典、何かわかりますか?


コメント (3)

沖縄旅行 いち

2008-07-12 21:18:07 | 家族でおでかけ
先月、梅雨明けまもない沖縄を旅してまいりました。

朝札幌を発ち、羽田で飛行機を乗り継いで、午後3時頃、那覇空港に到着。
那覇市内のホテルに荷物を置いてから、レンタカーでまずは首里城を見に行きました。

 首里城、守礼門。

               首里城、正殿。

 正殿内部、玉座。

これら色鮮やかな建物群は全部1980年代に復元されたものだそうです。

そしてこれが、地味だけど世界遺産に指定されている
園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきせきもん)。
1519年に造られたときそのままの姿。


首里城観光を終えると夕方になったので、那覇市内中心部に戻り、
第一牧志公設市場へ。

  

市場の2階の食堂で、晩ご飯。
沖縄の暑さには、あっさりしたオリオンビールが
一番おいしかった。 

 島らっきょう。普通のらっきょうと全然ちがう。
                     らっきょうは苦手だけどこれはおいしかった。
                     食べやすいネギみたいな。泡盛と合う。


海ブドウ。海草です。       
プチプチとした歯触りが楽しい。


 ゴーヤちゃぷるああ!ちがった、ゴーヤチャンプルー。
                    旅行中何度か食べたが、結局初日に食べたこれが一番○。


豚の角煮。              
沖縄はブタがやっぱりおいしい。

そのあと、「ねーねーず」の歌が生で聴けるライブハウスで泡盛を飲みました。



今回の旅行は私たち家族だけでなく、くるくるさんが東京にいたときの友達が
各地から集結。
というか、友達同士の旅行に私とちびっちょがくっついていった、という感じ。
中に一人、旅行の趣味が高じて普段も定住せずにホテル住まい、という
ツワモノがいて、その人にすべて旅のコーディネートをお任せ。
気分的に非常に楽な旅行になりました。ありがとう、Sちゃん。
二日目以降はまた後日。
ただし、マメに写真を撮っていたのは着いたこの日の半日だけで、
あとは暑さにボーッとなっていて、大した写真を撮っておりません。。。


コメント (2)

広い!

2008-04-06 14:23:54 | 家族でおでかけ
北海道は道路が広いことで有名かと思いますが、
中でもT市は度を越してると
来るたび思う。

誰用ですかと。
シカ1000頭用ですかと。
コメント (10)

長い!

2008-04-06 12:08:55 | 家族でおでかけ
コメント

プラネタリウム

2008-04-06 11:54:54 | 家族でおでかけ
昨日からくるくるさんの実家に泊まっています。
T市の青少年科学館。プラネタリウムなんて何年ぶりか。
コメント

ファイヤー!!

2008-03-23 19:25:46 | 家族でおでかけ
コメント (3)

うまい

2008-03-23 18:57:28 | 家族でおでかけ
うまいそうです。
コメント (2)

ここで働かせてください!

2008-03-23 18:55:46 | 家族でおでかけ
ちびっちょの卒園&入学祝いにステーキハウスに来ました。ちびっちょ注文のえっびー!!
コメント (2)

今日買ったモノ

2008-03-22 21:41:20 | 家族でおでかけ
くるくるさんには

足が何本

あるのでしょう

どうしてこんなに

靴が

必要なんでしょう

わからない

どう考えても

わからない


(村野りんココロの詩)
コメント